車現金一括払いの割引・値引きは大きい?:サムネイル

車の現金一括払いをディーラー営業マンに伝えても良いことはありません。

 

ニコニコ現金払いなら値引されるどころか逆になるのはナゼなんでしょうか?

 

値引に応じてもらえないのは何故でしょうか?

 

答えはこうです。

 

アナタがローン利用なら、販売店はローン会社から手数料がもらえるからです。

 

現金一括払いなら手数料をローン会社(信販クレジット会社)からもらえません

 

販売点営業マンからすれば、車販売とローン手数料ダブルで利益を期待していたのに、、です。

 

でも&しかし、お金があるのに金利を払ってまでローン組むなんてあり得ない、そんなアナタへアドバイスをさせてください。

 

私が経験したローンのメリットとデメリット併せてご紹介します。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

車現金一括払いの割引・値引きは大きい?

現金一括購入ならローン会社選びや金利も考える必要がなくて楽で便利です。

 

しかし、現金購入のメリットはそれだけかもしれません。

 

もちろん、ディーラー営業マンから「上顧客」とみられる、購入後に良いサービスを受けられるのはほぼ間違いありません。

 

それだけなく新車情報もいち早く届くのも確かです。

 

まずは現金一括購入のメリットを経験含めまとめました。

車を現金一括払いで購入するメリット

現金一括購入メリットは金利がゼロであること、そして毎月の車維持費に車ローン金額を入れなくて済むことです。

 

毎月の生活費から4万円のローン支払いが有ると無いのでは大違いだと思いませんか?

 

個人の経験ですが、ディーラーは現金一括購入のお客にあまり値引ができなかったとしても、店の上顧客リストにアップされる、そう感じました。

 

そうであれば、いや、そうであったからこそ、私好みの新車が発売になる度に営業マンから必ず連絡が入っていたんだ、それを覚えています。

 

新車購入した直後、半年、1年後であっても営業マンから新車情報やサービスの連絡があったので、そう思い込んでしまったのかもしれません。

 

そんな現金客=上顧客の論理があるなら、誰より早く新車情報が入手できるのと同時に、2台目の新車は現金でもローンでも有利な値引き交渉ができる、そんな可能性もあります。

車を現金一括払いで購入するデメリット

車を現金一括払いで購入するデメリットは、特に恩恵がないということであり、このことは販売店に利益がないので割引や値引きの適用がないということです。

 

昔は現金だと喜ばれる風潮もあったので、現金一括払いは特典があるような風潮が現代でも受け継がれています。

 

実際はと言えば、ローン購入するほうが販売店にとって都合が良いのです。

 

そういったこともあり、せっかく現金一括払いで車を購入したとしても、割引や値引きなどを受けられないことが現金一括払いで購入するデメリットとなります。

 

また、別の点ではカーローンは低金利であることが多く、そのような低金利で借りられるローンを使わないということも人によっては、現金一括払いで購入するデメリットになります。

 

次にローン利用のメリット・デメリットは何なのか?

 

それらも経験踏まえお伝えしていきます。

ローン利用のメリット

ローン購入では金利交渉、審査など煩わしいのですが、実は良いところもあるんです。

 

ローン金利6%、7%(信販会社)とかあっても、車はローン元金が小さく支払い期間が3年~5年と短いために支払う金利も小さくなる

 

それをご存知でしたか?

 

例としてローン金額190万円を3年36回払い、金利7%で借りても毎月の金利部分は5千円だけです。

 

5千円はアナタが行く居酒屋のお金1.5回分ほどの金額だと感じませんか?

 

つまり現金一括購入でもローン購入でも実質的な大差はありません。

 

もしそれが住宅ローン3千万円なら、35年間も払い続けるので金利7%なら支払総額は借入金額の倍以上になるかもしれません。

 

従って住宅ローンは金利0.1%の違いにもシビアにならざるを得ません。

 

でも車なら現金やローンでもシビアにならなくても大丈夫です。

ローン利用のデメリット

これはディーラーや中古車店でのローン(信販会社)に限った損をお伝えします。

 

ディーラーや中古車ローンを引き受けるのは信販会社です。

 

そんな信販会社ローンなら、もしものローン条件変更では手数料をシッカリ取られてしまう損が発生します

 

ローン条件変更には、これらが該当します。

 

  • ローン期間を短くする
  • ローン期間を長くする
  • 他のローン会社に変更する

 

ローン条件を変更すれば、数万円など高額な手数料を要求されるとお考えください。

 

理由は、ローン条件変更することで信販会社の儲け(金利)が減る、だから高額手数料発生!

 

もしこれが銀行マイカーローンなら、どんなローン条件変更でも手数料ゼロ円、若しくは数千円など少額で済みます。

 

車購入を現金かローンにする場合、そこにあるのは精神的に「楽か」「楽じゃない」それを感じるかどうかだけかもしれません。

 

そうであっても、ローンか現金一括か、もう少し考えていきましょう。

車を買うとき「ローン」か「現金一括」か?

ここからは低金利ローンを利用した方が良い、そのことをことをお伝えします。

 

あなたが消費者金融や消費者向けのカードローンを利用したことがあれば分かるでしょう。

 

「目的がないフリーローンでは金利が年利10%超などになる」

 

車購入で銀行系ローンを利用すれば低金利の2%から3%!

 

車は使っていると故障したり事故でお金がかかることもありますので、低金利で借りられるローンというのは使っておいても損はないということになります。

販売店キャンペーン金利は比較的有利な場合が多い

ディーラーのローン購入(信販会社)ならキャンペーン金利を絶対に利用して下さい。

 

ディーラーや中古車店がキャンペーン金利(金利値引)を実施する時期です。

 

  • 3月本決算、
  • 7月ボーナス販売期、
  • 9月中間決算、
  • 12月の年末商戦、

 

最も多くの車を売りたいためにローン金利を数%下げる、これがキャンペーン金利です

 

車値引き交渉だけでも苦労しますが、最後の最後に行うローン金利値下げ交渉をしなくても金利が安くなっているのであれば、楽です!!!

 

そうであれば疲れを残さずにお盆休みや新年を迎えられる、そうなります。

 

この計算式を使って、金利2%、3%下がればどんな得になるか試算して見て下さい。

 

⇒簡単な車ローン返済シュミレーション

キャンペーン金利の比較方法

ディーラーや中古車店でのキャンペーン金利時期はお伝えしました。

 

そんなキャンペーン金利時期はこのように違います。

 

  • 新車販売時期にキャンペーン金利を実施する
  • ライバル店と競合しないようにキャンペーン時期を変える
  • ディーラー運営会社が違えばキャンペーン金利時期も違うケースある
  • ディーラー運営会社は市町村ごとで違う

 

従って、○○トヨタ、〇〇ホンダなどの○○名が違えば、運営会社が違うとなります。

 

同じメーカーでも運営会社が違えばこんな多くの「違い」があります。

 

  • 経営方針が違う、
  • キャンペーン時期も違う、
  • ローン金利も違う、
  • 値引率も違う、

 

同じメーカー名のキャンペーンでも場所が違えば全て違うとお考え下さい。

 

そんなディーラーや中古車店のキャンペーン金利にも敵わないのが、銀行オートローン金利の2%〜3%です。

 

銀行オートローン金利が一番安く、車所有権も始めからアナタ名義、従ってローン返済中でも車売却ができてしまいます。

 

そんな銀行オートローンの仮審査5分でも、本審査に時間が掛かるのを嫌い現金かディーラーローンを選ぶ購入者がとても多いのが現状でしょう。

 

しかし、審査が通れば金利負担はディーラーローンの1/2〜1/3、銀行への信用構築にもなり将来の別件融資にも効果があります。

車を買うとき現金一括払いとローンはどちらが多い?

現代において車購入の場合に現金一括払いはなかなか選択されません。

 

これは車購入者の「経済的理由」と「ローン利用の利便性向上」にあります。

 

車を購入しようとすればローンを利用するのが当たり前になり、しかも昔みたいに頭金を多く入れるような傾向も小さくなっています。

 

そのため、今ではローン購入がほとんどになり、また販売店としても自分のところで提携しているローンを売りたがっているので、お互いに都合が良いためにローン利用が多くなっています。

それでも現金一括購入が選ばれる理由

車ローン購入ではローン元金が小さく(住宅ローン比較)金利も低いので、190万円の36回払いであっても、毎月の金利負担は5千円ほどだとお伝えしました。

 

そんな小さい金利負担であればローン車購入もお得であると考えます。

 

じゃあ、何故に現金一括購入をする人が多いのか?

 

それはこれら理由からです!

 

  1. 毎月ローン支払いの不便さ

  2. そのローン支払い分を差し引いた生活になる

  3. 今までとは違う生活になってしまう

  4. そうなると、できない&買えない&使えない、だらけになる?

 

190万円の車ローン元金と金利を併せ毎月約6万円の出費が3年間続くこと、それを今の現実に重ね合わせた結果として、現金購入に踏み切った人達も多いのではないかと想像してしまいます。※プラス車維持費もあります。

 

現実的なローン金額+車維持費を毎月数万円とすれば、モォオー大変状態を予想してしまうのかもしませんね?

 

それであっても現金一括購入とローン購入のメリットもリスクも半々であると考えください。

 

理由は個人の価値感(含む生活)による優先順位はその人だけのモノであり、良い悪いのリスクもそれに準じるからです。

 

それでも現金さえ持っていれば、万が一でも切り抜けられる、そう考えています。

現金を持っていることの安心感

私個人の経験も踏まえてお伝えしたいことがあります。

 

勤務してお給料をもらう生活なら毎月の生活不安や漠然とした不安はあまり感じません。

 

それは毎月25日などお給料日に決まったお金が振り込まれるのが分かっているからです。

 

フリーランサーなど自営業やアルバイトなら、毎月の収入は不安定どころかゼロ円の可能性があるかもしれません。

 

それを一言で表すと「不安」です。

 

そんな不安定な心と生活であれば、ある程度の現金を持ってさえいればしのげます、つなげられます、生きられます。

 

しつこい様ですが、もう一度お伝えします。

 

「ある程度や少額の現金さえ持っていれば何とかなる」、それは間違いありません。

現金を残しておく利点とは

ローン購入で現金キープすれば、「自動車保険」に加入できます。

 

個人で2回ほど事故をしたので、保険の有難さは人の何倍も感じていきました。

 

強制加入の自賠責保険なら、総額でも3,000万円程度しか補償がありません。

 

それってシビアな事故の弁護士費用にも足りない程度の金額なんです。

 

万が一の事故を考えれば(加害者でも被害者であっても)、億単位の補償は必要になるとご理解ください。

 

日本の自動車保険なら無制限補償なのでとても安心です。

 

これが北米なら有限補償しかありません、いくら高額な保険料を支払ったとしてもです。

 

個人的に何年もの北米生活があったので知っています。

 

  • 車は我々を楽しませてくれる、
  • 便利に短時間で移動できる、
  • 独りの車では叫べる!?、
  • 移動事務所にもなる、

 

そんな車でも、万が一では凶器になる可能性があります。

 

それをヘッジするためにも、キープしてある現金で任意の自動車保険に加入してください。

 

もし車両保険に加入するなら、保険料金2倍になるので止めてください!?

現金一括での支払い方法の種類

現金一括払いの話をしてきましたが、これら車購入する場合の支払い方法について今一度確認しましょう!

 

  1. 現金一括購入
  2. 借り入れ(ローン=銀行・クレジット=信販会社)
  3. 現金と借り入れの混合(多額の頭金や半金など)
  4. 金利が付かない短期支払い先延ばし(一番お得な方法)

 

最後の【金利が付かない短期支払い先延ばし】については、次の項目で詳しく説明しています。

 

車購入する場合は借り入れか現金か、またはその混合かという選択になるわけですが、最適な支払い方法についてはアナタの状況によります。

 

お金があっても金利を払いたくないという方であれば当然現金一括払いという選択になりますが、お金がない場合は借り入れをする選択といった具合です。

 

ただ、お金が多少なりともあるので、有利に購入する方法を考えたいとなれば選択肢は増えます。

 

では現金一括購入での先延ばし方法など、裏技をご紹介します!

車現金一括払いの振り込みを「遅延払い作戦」

車代金190万円を現金で支払うのにメリット有る無しなんて関係無い、そう考えてはいけません

 

現金一括購入では、納車時、または登録手続き完了時点で全額を支払うのが一般的です。

 

しかし、それは原則であり、アナタの交渉次第で数回の分割支払いにしても「現金一括購入」とされるのをご存知でしたか

 

もちろん3回、4回ローンを組んだ訳ではないので金利はゼロです。

 

私の経験は、3回に分けての現金支払でした。

 

  • 1回目は納車時に半金支払、
  • 2回目は一カ月後に残金一部を支払、
  • 3回目は翌月ボーナス時に残金全て支払、

 

併せて3回でお願いしました。

 

その時の私は現金分割払いが必要だったので、そうディーラー側にお願いをしました。

 

ローンの車購入では金利支払いがもったいない、そう考えた私でしたが約190万円は手元にありませんでした。

 

そこで、ディーラーで車選定し値引交渉、そして支払の話になった際に現金の分割支払いのお願いをしました。

 

結果的にディーラー店長承認を得て、このようにな「現金三括払い??」の支払計画にしてもらいましいた。

 

  • 注文した新車登録手続き完了時に100万円振込む
  • 納車一カ月後に50万円振込む
  • さらに一カ月後ボーナス時に40万円振込んで完済

 

これら全てを支払終えるまでに約三カ月必要となりましたが、車検証名義人(所有者)は私の名前です。

 

支払い方法のポイントは3回全てで「何月何日に支払い実行する」、それをディーラー側にシッカリと書面で伝えることです。
※支払方法「銀行振込」「振込手数料は自分持ち」も明確にしました。

 

ちなみに現金3回払いの理由は、車購入時期に新たな未確定出費が予想されていたことも理由でした。

クレジットカード払いも数か月遅れて払える

実は現金一括払いにはもう1つ方法があります。

 

中古車(国産&外車とも)のクレジットカード一括購入がそれです。

 

これも1度経験済なので誰でも使えます。

 

これが方法です。

 

  1. 中古車店にクレジットカード払いOKかどうかたずねる(ほとんどの店でOKです)
  2. 車購入金額が決まったらクレジットカードの利用限度額を確認する
  3. 中古車購入金額がクレジットカード利用限度額以内なら1枚のカード
  4. 中古車購入金額がクレジットカード利用限度額より上なら2枚または3枚のカード
  5. もしそれでも支払に足りなければカード会社に電話して、こう伝えます、そう
  6. 大きな買い物があるので、今月だけ利用限度額を〇〇万円に上げてください

 

1~6まで簡単に書きましたが、問題なく普通に使えます。

 

アナタはそんな簡単に利用限度額アップに応じてもらえるのか、そう思っていませんか?

 

ご安心ください!

多くの人が知らないクレジットカード利用方法

カード会社は信用あるアナタに千円でも一万円でも多く使ってもらいたい!

 

そう考えているのは間違いありません。

 

私個人では車で一回、海外渡航では何十回(仕事なので)も利用限度額アップお願いをしてきました。

 

そんなクレジットカード利用のメリットです。

 

  • クレジットカードを請求締日の翌日以降に使えば、請求は1カ月か2カ月後になってお得
  • クレジットカードを高額品購入に使えば見たこともないような大量ポイントが付く!
  • 翌年度のクレジットカード利用限度額が確実にアップしている(上顧客なので!)、

 

アドバイス(注意点)はこうです。

 

絶対にリボルビング払(均等分割払い)を使わない!(金利15%など超高金利なので損をする)

 

現金でもクレジットカード支払いでも便利に使える、そう思いませんか?

 

それでも現金とローン比較すれば、ローンだけにあるメリットが使えます!

車現金一括払いの割引・値引きは大きい?まとめ

本当は欲しい時に、欲しいモノを買う、それが精神的にベストなのを承知していても支払は別です。

 

それは自分の精神をベストな状態に維持するための生活費=お金が優先的に必要だから。

 

従って現状生活維持を完璧にするための現金払い、または現状生活に大きな影響を及ぼさない低金利での数年ローン、その両方で考える必要があります。

 

そのどちらかを選ぶかは、今の仕事と将来の自分を想像することで答えが出ます。

 

想像とは誰もが人生で経験する転職、結婚、家族を持つ、病気や事故などです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

⇒関連記事「車を現金一括で買って損をした」

⇒関連記事「中古車ならクレジットカードで買える!一時的な限度額アップとは?」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー