ドライブレコーダーの進化が止まりません。

 

衝突事故では前方衝突が全体の30%にしかすぎず、残りの70%は側面や後方からなのをご存知でしたか?

 

事故の時は気が焦ってしまい、そんな「もしもの瞬間」を冷静に覚えている人はほとんどいません。

 

それが前方からならいざ知らず、側面、後方からの衝突は見えない、見れない、事故状況を記憶する以前の話になってしまいます。

 

さらに衝突事故よりもたちが悪いニュースに高速道路でのマナー違反から始まり、嫌がらせ、イカク、脅し、暴力も毎日報道されていて、ドライブレコーダ―必然時代になってきました。

 

2017年9月、10月発売の最新ドラレコからそれら最新機能と買うべきドラレコを見て行きましょう。

どうしてドラレコが必要なのか?

誰も事故を見ていない、不利な証拠しかない、それらをカバーする第三者の目としてドラレコは必要です。

 

車の衝突事故で多い側面と後方を記録するには360°録画機能は必然です。

 

TVの宣伝にあるように、事故の半分は追突事故、残りは側面と正面の範囲となります。

 

どんな天気、朝晩、雨であろうと衝突して来た車の車種、色、そして自転車や歩行者であろうと全てを録画してくれます。

実は映像と音声も記録している

映像記録だけかと思うかもしれませんが違います。

 

ドラレコは第三者の目として車両周りの状況である信号の色、歩行者ら、そして車内でアナタが乗員が発した生のリアルな言葉まで録音してくれています。

 

車同士の事故以外でも、対自転車での過失割合は車70%、自転車30%、そして対人では車過失70%前後となってしまうでしょう。※対人の交通規則により過失率変化する

 

不況の日本では誰もが急いでいる、ミスをしやすい、そして保険金目的での当たり屋も考えればドラレコはカーナビに続く必需品といえます。

高速道路のトラブルにも役立つ

アナタのマナー違反や運転技術でもトラブルは起きますが、危険運転、パッシング、追いかけてくる、車を当ててくる、そんな嫌がらせから犯罪までもドラレコが証明してくれます。

 

昔のドラレコは前方範囲しか撮影&記録できませんでした。

 

今は360°を撮影できるのでドラレコも多く発売されているので、アナタの車側面、後方もシッカリ記録に残せる、裁判に使える、そうなっています。

 

一般道なら誰かが見ている、証人を探せる可能性があっても、高速道路ではとてもムズカシクなります。

 

最近のTVニュースに流されている高速道路の車トラブルも後を走る車のドラレコか携帯映像です。

 

アナタが交通違反をしなくても、被害者になる可能性が低い、無いとは言えません。

 

そうであれば証拠が必要になります、、誰も見ていなくてもです。

ドラレコに必要な基本性能

高画質は詳細情報を漏らさず伝えてくれるので、基本は高画質であることです。

 

基本はフルHD(1920x1080)と言われる一般的なHDこれでも問題ありませんが、その上には3M(2303x1296)で超高解像度になります。

 

もっと上を見れば、これら性能もありますが上を見たら切りがありません。

 

  • HDR(ハイダイナミックレンジ)もあり画像補正が必要なら自動的に処理をしてくれる
  • WDR(ワイドダイナミックレンジ)と言われる解像度の明暗を補正し見やすくしてくれる機能

 

さらにドラレコ機能付きのカーナビもエクリプスやカロッツェリアから発売されいるくらいであり、現在ドラレコがどれだけ重要視されているのかが分かります。

役立つドラレコ機能と価格

価格的には2万円前後から5万円代が一般的です。

 

高画質&高機能モデルを選ぶべきなのはお伝えしました。

 

旧型や普及機種なら前方画像しかカバーしないので、側面、後方衝突は記録されないために最新360°録画機能は絶対に必要です。

 

上級機種にはGセンサー(加速度計)機能があり、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作の全てが記録されるのでアナタの証言正当性、主張をさらに高めてくれます。

 

GPS機能があれば事故現場と時刻を正確に記録、現場での走行スピードも確認できます。

どのタイプのドラレコが安全か

ドラレコには2種類あります。

 

  1. 全機能がオールイン一体型のモデル、
  2. セパレートタイプでカメラ、スピーカー、GPSユニットが別々のモデル、

 

流行りは1のオールイン一体型ですが、万が一の大事故ならばデータ保存を優先する2のセパレートタイプを選んで下さい。

 

セパレートタイプは小さく目立たないのでスッキリとレイアウト可能です。

 

しかし一体型オールインも小さく取付カンタンなのでお店で確かめて下さい。

ドライブレコーダーまとめ

最新ドラレコの上級機種の多くに付いている機能に驚きます。

 

  • 前方衝突警告
  • 車線逸脱警報
  • 発進遅れ(前方車が発進して気づかない時)

 

もし自動ブレーキなど安全装置がない車でも、上級ドラレコさえ装備すればそんな安全装置の代わりになってくれます!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー