親せきの子が車を買うのでアドバイスを求められました。

 

話の中で自動車保険は高いので入らない、義務の自賠責保険だけにする、でした。

 

それを聞いて危険が危ない、そうアドバイスした内容を読みやすい順序でお伝えします。

本当にありがたい日本の自動車保険

アナタが自主的に加入する任意保険の基本は無制限補償、だから万が一の事故でも安心です。

 

しかし無制限補償があるのは日本とヨーロッパだけなのをご存知でしたか?

 

アメリカなら全て有限補償しかない、それも支払う保険料にり補償内容が違ってきます。

 

日本の何倍も多く車が走っているアメリカは有限補償、万一の事故では補償されない部分があるなんて信じられません!

 

有限補償しかないアメリカでレンタカー借りるのは不安、そうなります。

 

日本は無制限補償なので、医者や弁護士などとの事故でなれば大丈夫です。

 

※記事は保険宣伝とは無関係なのでご安心下さい!!!

アナタが任意保険に加入しない理由

自賠責は義務だから加入、でも任意は高額過ぎる、そう考えていませんか?

 

親せきの子も一応は任意保険を見積もってもらったそうですが、車両保険まで入れたらあ然だったそうです。

 

任費保険8万円としたら車両保険もおよそ8万円で合計16万円・・・

 

車両保険加入で保険金額が倍になったらあ然しかありません。

 

そんな彼に、もし任保険未加入ならこんなリスクがあることを伝えました。

 

※〇 補償 △ 少し補償 ✖ 補償なし

保険対象補償対象自賠責保険任意保険
事故相手へ補償死亡、ケガ
車、モノ×
自分、同乗者へ補償死亡、ケガ×
車、モノ×
その他示談交渉など×
ロードサービス×

 

交通事故で死亡や後遺症を与える結果になれば億単位のお金は必要であり、弁護士費用だけで数千万円もあります。

 

車は楽しく役立つ乗り物でも、万が一を考えると怖い、それをご理解ください。

自動車保険は通販型と代理店がある

通販型はTV宣伝で値段の安さとサービス内容を強調しているアレですが、日本で通販型に加入しているドライバーは全体の約8%前後と言われています。

 

代理店はアナタのお住いの町のどこかに事務所を構えていても目立ちませんが、90%近いドライバーが加入していることになります。

 

自動車保険料金が安い高いは複雑であり、通販型だから安い、代理店だから高いとは言えません。

 

任意保険は補償内容の組合せで保険料が違ってくるのでTV宣伝の様に高い&安いは一言ではいえません。

 

従って「保険全部セットで〇〇万円です」「37歳のアナタならこの金額です」こんな人をバカにした売り込み、勧誘はダメです。

 

「アナタに必要なコレとアレの補償を組合わせるとこの金額、不要な車両補償を外せばこれだけお安くなります」、この様な説明ができない保険屋さんはダメです。

 

通販型、代理店のどちらで加入するにしても、数社以上の見積もりを必ず取ってから決めて下さい。

 

理由は、同じ保証内容であっても保険金額は各社でマチマチだからです。

 

次は、事故の場合に通販型と代理店のどちらが頼りになるかお話をします。

頼りになる自動車保険はどれ?

「万が一の事故では誰もパニックになり、自分が冷静であると思っても実際の行動はそうならない」、そう保険代理店の担当者から言われたことがありました。

 

そんな時に電話した保険屋さんは事故状況を聞き、相手の車などの詳細を聞いた後でこう言ってくれました。

 

「では全て手配しますのでご安心下さい、尚、状況に変化が有り次第にご報告申し上げます!」

 

まるでTV宣伝のようでも、実際に電話で伝えられた通りの言葉です。

 

このようにケアしてくれ、車の処理、修理、事故相手との交渉すべてを行ってくれるので、事故ショックにある当事者はとても助かります。

 

日頃から面識がある近所の保険代理店ならば、万が一ではとても助けてくれる、それは私の経験から学んだことです。

 

通販型では担当者との面識がない分として、万が一の事故で何をどうしてくれているのか、大丈夫なのか?それらを不安に思うかもしれません。

 

だ・か・ら・通販型保険のTV宣伝はユーザー不安を見越した内容になっています。

 

個人的感情も入りますが同じ街に住んでたまにお菓子を持ってきてくれる保険屋さん、それに対して一度も会ったこともない通販型保険屋さんは違い過ぎます。

自動車保険のレッカーサービスは?

通販型でも代理店でもレッカーサービスがありますが、私は民間ロードサービスもJAFも加入しています。

 

理由は通販型保険屋さん手配のレッカーサービスは民間会社なので作業着だったり、事故での顧客心理を分かっていなかったりとTV宣伝とは違うことが多いからです。

 

JAFなら修理機材も完璧にシッカリ積んであり、対応も適切&迅速であることを数回経験しました。※JAFトラック積載機材は本当にスゴイ!

 

民間ロードサービスは1度だけお願いしましたが、JAFとの違いを疑問に思ったことがありました。

 

もちろん、緊急事態ならまずはレッカーなので、民間ロードサービスでもJAFでも早く来れる方を手配するしかありません。

初めての自動車保険の落とし穴まとめ

初めての自動車保険は高くなりますが、通販型でも代理店でも多くを比較しながらベストな保険に加入できれば、運転中でもどこでも安心です。

 

車購入すれば税金、ガソリン、駐車場、メンテ費用とお金が出て行ってしまいますが、万が一で全てを失わないためにも任意の自動車保険に加入してください。

 

親せきの子の保険話でしたが、昔、アメリカで無保険の車を運転していた時代があり、事故にも遭いましたが加害者でなかったのでセーフでした。

 

今思えば、無制限補償や有限補償以前に恐ろしいことをしていたなぁあ、、それしかありません。

 

今日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー