新車でも中古車でも任意保険に加入するかどうかで迷ってしまうのはアナタだけではありません。

 

任意保険だけでも十分に高いのに、車両保険に入れば2倍以上の金額になることもあります。

 

アナタが車両保険に加入するかどうかの判断材料としてお読みください。

新車ローン購入なら車両保険は必然

アナタがディーラーローン(主に信販会社系)で新車購入をしたなら、ローン完済までの車所有権はディーラーか信販会社が持っています。※これよりディーラー&信販会社をディーラーに統一します。

 

もしローン期間中に事故で車破損して車両保険に未加入なら、必ず修理して元どうりにしなければなりません。

 

理由は、ローン支払い中の車所有権は車検証名義のディーラーだからです。

 

それが事故どころか廃車になれば、ローン残債全てを一括返済しなければなりません。

 

そして事故車の廃車手続きには、車所有権者ディーラーの承認が必要だからです。

 

アナタが車両保険未加入のままなら、万が一の事故ではローン残債の100%自腹になってしまうでしょう。

 

『下取り額が安すぎ!』その理由とは・・・
下取り見直しバナー 実は下取り基準は低く作られていて、高い査定を期待することは難しく、車を高く売ろうとしても売れないのは低い基準の中で交渉しているからなのです。
そのため、車を高く売りたいならもっと査定額基準の高い、下取り以外の査定を利用しなければいけません。
もしあなたが車を高く売りたいなら、下取り以外の査定で本当の車価値を確認してください!

今すぐ車価値を確かめるならこちら【無料】

エイチーム車査定

新車の車両保険未加入リスクは沢山ある

ローン支払中の車両保険未加入リスクがこんなにあるのを知っていましたか?

 

  • 車同士の事故(衝突や接触を含む)
  • 電柱など固定物に衝突などの単独事故
  • ガラスを割られる、ボディーにキズをつけられる
  • 落書き、イタズラ
  • 落下物による傷
  • 盗難
  • 当て逃げ
  • 台風、洪水、竜巻、高潮
  • 転覆、崖から落ちる
    ※車両保険には多くをカバーする高額な「一般タイプ」、補償内容を限定する安価な「エコノミータイプ」2つがあって選べます;

 

車両保険はこれらを補償し、万が一の全損でも保険金支払いとなりローン一括返済に使えます。※事故状況により保険金額は変更されます。

 

車の使用頻度が月に数回なら、全損しても何とかなるかもしれませんが、車が日々の足ならば車両保険は「まさに保険」、そう言えるでしょう。

 

新車の車両保険料金が高くても、ローン返済期間中だけは維持するしかありません。

 

そんな高額な車両保険の掛け金は年々安くなっていきます。

 

車両価値が購入1年後、2年後、3年後と下がることに合わせ、車両保険金額も補償金額も同時に小さくなるので少しは安心です。

 

そしてローン完済し車検証名義がアナタに変更されれば、車両保険は必要に応じて止めて問題ありません。

 

次は、頭を悩ます中古車の車両保険をお伝えします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

中古車ローン購入の車両保険をどうするか

中古車を現金購入するなら、車の所有者=車検証名義がアナタなので車両保険に加入するしないはご自身の判断で構いません。

 

しかし、ローン購入なら事故などを想定して車両保険加入をおススメします。

 

中古車の車両保険金額は購入価格でほとんどが決定されるので、新車ほど高額になることはありません。

 

もう1つ覚えて頂きたいことは、新車でも中古車でも車両保険金額は万が一の支払い限度額となることです。

 

車の車両保険金額は保険会社独自の判断で全て決定するので、車ユーザーからの要望は一切できません。

 

理由は、会社ごとに保険金額の算定基準が違うためです。

 

同年式の同車種&グレードであっても、中古車店ごとに価格が違うのと同じことだとお考え下さい。

 

従って、アナタが中古車販売店を何軒も回って価格交渉をするように、車両保険見積もりも何カ所かで行って下さい。

 

それが高い車両保険を安くする秘訣であり、それしか方法はありません。

 

手間な車両保険にも一括査定があればですが、全てネット見積もりで完了するので良しとお考え下さい。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

新車と中古車の車両保険まとめ

車両保険が特に高いのは新車です。

 

新車でも中古車でもローン支払中だけは、車両保険加入が必要であることもお伝えしました。

 

そんな高い車両保険でも、新車なら少しだけ保険料を安くする手立てがあります。

 

保険会社は新車に付属するナビ、オーディオ、安全システム、フロアマットなど備品全ての合計金額を元に車両保険を決定します。

 

そうであれば新車オプションは最小にして、車両保険加入後に必要装備を取り付けて下さい。

 

中古車なら豪華オプションのフル装備であっても、年式と車種&タイプごとの価値で車両保険が算出されるので新車とは逆に安くなります。

 

上記までの説明で1つだけアドバイス不可能なことは、いくらの中古車なら車両保険に入る入らないの判断基準です。

 

それはアナタの価値感次第である、そう最後に申し上げます。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー