高年式=安い車=ボロイ車=壊れやすい=買っても損をする、このルールは間違ってます。

 

そのルールが正しいとするのなら、50万キロ走行で廃車になる日本のタクシーが海外輸出され、第二の車生を30万キロや40万キロと走れるのは何故なんでしょうか?

 

理由は定期的メンテナンスを受けている車なら50万キロ、80万キロでも楽々と走れる、それしかありません。

 

ドイツ、フランクフルト空港のベンツタクシー走行距離が50万キロを超えていたのを知った&見たのは私でした、間違いありません。

 

その走行距離に驚いた私に年配ドライバーはこう言いました。

 

「こんなもんじゃないよ、メンテさせすれば70万キロ、80万キロだって走れるよ」

 

実は日本にある中古車が世界中で一番安くて安全な理由をお伝えします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

日本ほど中古車が安全な国はない

日本で乗られている車は2年に一度(新車は3年目)の車検を受けるルールであり、車検内容は安全に走れる検査に特化したものです。

 

その車検制度が少し高額なのは問題でも、検査内容は世界一と言われています。

 

だからこそ日本の中古車はとても安全と言える訳なんです。

 

日本人ほど真面目で律儀な人種はいません。※多くの国々でそれを言われました、感じました。

 

だからトヨタ生産方式の車製造なら最小の部品在庫で最大生産効率と完璧に近い製品管理、それらを同時に行えます。※国内外メーカーの多くもトヨタ生産方式を採用しています。

車はどれだけ丈夫に作られているの

日本車で2000年以降に製造された車なら安心して10年でも20年でも乗れます。

 

理由は2000年以降にPC生産管理が導入され、部品&車製造技術向上+プラグインするだけ車健康状態が分かる、そんな技術で製造&メンテ可能となったからです。

 

そんな車製造技術や車検で管理されてきた車であっても、定期的にディーラーや整備工場でメンテしてもらう必要があります。

 

オイル交換、バッテリー交換、ブレーキシュー交換など行わなくても走ってくれますが、いつか&どこかで大きなトラブルとなって返ってくる可能性大、そうご理解ください。

 

つま調子が悪くなる前に部品交換をすれば10年落ち、15年落ちの車でも走り続けてくれます。

中古車が何故こんなに安いのか?

日本はドライバー人口に対して車が多く生産され過ぎている、売れ残った新車は新古車(未使用車)として中古市場に流され余っている。

 

さらに車は故障せず10年、15年でも普通に走ってくれる、だから徐々に中古車が余り価格も下がっています。

 

とくに7年落ちなら基本査定ゼロ円にもなってしまいます。

 

長引く不況で新車&中古車とも売れないもありますが、中古車が安い一番の理由はこうです。

 

日本車メーカー最大の売り先は北米とアジア市場であり、そのために少し短いサイクルでも新車発表&生産し続けなければならない、だからどんどん車が余る、そんな構造です。

 

アナタに査定ゼロ円の車はおススメしませんが、大手中古車店で販売している10万円や20万円の車なら最大170項目を整備し、保証も半年、1年、3年、5年、最長10年もあります。※車購入価格による

 

そんな走行距離が短く車検を受け続けた中古車であっても、車に乗る人のメンテナンス意識が低い&高いで「長持ち度合」が大きく違ってくることを次で知ってください。

高年式になるほど増える交換部品

これらが車を長く乗り続けるために必要な交換品とその時期です。

 

半年&5,000Km ごと

  • エンジンオイル交換
  • ワイパーゴム交換
  • ウインドウォッシャー液交換
  • タイヤローテーション

1年&10,000Kmごと

  • エアコンフィルター交換
  • バッテリーチェック&交換
  • オイルフィルター交換

2年&20,000Kmごと

  • スパークプラグ交換
  • ATFオイル交換
  • ブレーキオイル交換
  • ラジエター液交換

5年&50,000Kmごと

  • ベルト系の交換
  • エアクリーナー交換
  • パワステオイル交換
  • ショックアブソーバーオイルのチェック

10年&100,000Kmごと

  • ブレーキディスク交換
  • ゴム(ブッシュ&ブーツ)交換
  • エンジンマウントのゴム交換
  • タイミングベルト交換
  • ラジエーターホース交換

10年以上150,000Kmなら

  • オルタネーターブラシ
  • オルタネーターベアリング
  • サーモスタット
  • プラグコード水温センサー
  • フューエルフィルター
  • ブレーキキャリバー
  • ブレーキマスターシリンダー
  • サイドブレーキワイヤー
  • クラッチディスク
  • ホイールベアリング
  • タイロッドエンド
  • マフラー

 

こんなに交換するモノがあるんだ、そう感じましたか?

 

でも大丈夫です。

 

全部が全部をルール通りに交換するのでなく、ディーラーやオートショップの整備士さんと話し合いながら最小の交換で構いません。

 

つまり交換時期になっても、そうした方が良い場合とそうしなくても良い場合を整備士が判断してくれます。

 

従って交換品目が多くあっても、年間平均にすれば1万円~2万円程度の費用とお考えください。※大きな故障は別です。

 

アナタが高年式の中古車購入するのであれば、車の部品交換が必要かどうかをお店で確認してください。

 

もし大手中古車販売店なら整備スタッフも多く、交換の必要性の有り無しをアドバイスしてくれます。

 

さらにサービス(無料)で行ってくれるモノもあるでしょう。

 

それが中小や個人店であれば、有料もあります。

 

⇒大手中古車販売店の車保証期間と内容を確認する

高年式の中古車で得をするまとめ

中古車は個人から買う方が2割ほど安くなるのを知っていても、私はそうしませんでした。

 

理由は安く買えても車保証がゼロであり、車を受け取ったその時点で一切のクレームができないのを知っていたからでした。

 

そんな車が車検を受けていたとしても、無認可の整備工場であったらどうしますか?

 

車保有者が故障はない、事故も起こしていない、そう口頭で伝えてきてもどこにも証拠がありません。

 

車をお店より2割安く買えても万が一の保証が無いなら4割も損になるかもしれません。

 

そうなら個人売値より2割アップでも保証付の車を考えます。

 

いつも最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー