貯金なしで車購入は買えるの?:サムネイル

貯金がゼロでも車購入しようとするアナタには理由があります!

 

理由もなしに感情だけでの車購入ならばリスクが高いのでおススメしません。

 

車購入可能な方法はいくつもありますが、そのためにお金を借りるのであれば金利が高かったり、保証人など厳しい条件が求められてしまうでしょう。

 

借入可能であってもローン期間中にお金を返せない、そんなことになれば大きなトラブルにもつながりかねません。

 

それでも車が必要なアナタに少しでも協力させてください。

 

全部を読んでも2分以内です。

お金が少ないときに車を買う場合

車を買う状況では「車を買うこと」に注目しすぎて、その後に維持することはあまり考えませんが、実はこれ危険です。

というのも、車を買ってからお金が掛かることが多く、ましてやローンを使った場合には支出にローン支払いが追加されますので、最悪なケースでは「せっかく車を買ったのに使わない」なんてこともあり得ます。

このため、出来れば安い車の方が良いですが、安すぎて保証が付かないとなれば、故障した場合にお金はかかるし車もつかえないという状況になってしまうのです。

そんなときに便利なのが保証期間が長い車を買うことで、今はネットの時代で店舗コストが掛からないためなのか、最長10年保証の中古車も売られています。

もし、あなたがお金が少ないときに車を買うならば、出来るだけ保証期間が長くて、かつコスパの良い中古車を探すようにすることをおすすめします。

⇒最長保証10年!ネットで賢く中古車を買えるサービスの詳細【利用無料】

貯金なしで車購入は買えるのか?安い車を買った場合

大手中古車販売店で安くても保証付の車を買えば少しは安心です。

 

どうして大手かと言えば、上場企業であったり社会的信用を求められる会社だからです。

 

社会的信用を維持するには事故車や未整備の車は売れない、車両価格に相応しい保証を付ける、それが必要となります。

 

タダの車は売っていませんが、数万円や5万円そして10万円の車なら沢山売っています。

 

一度、大手中古車店を見学すると在庫の多さと価格帯の広さに驚くでしょう。

 

中古車店は商売なので、タダ含めどんなに安く仕入れた車であっても必ずメンテナンスしてから販売する、保証も付記してくれるので安心です。

 

保証は車なりが付いてきても、保証3カ月や半年なら無いよりはマシです。

保証が付かない中古車は要注意!

マシな理由は、車のどことどこを保証するのか明確に書かれた保証書をくれる、だから少し安心になります。

 

中古車店は仕入れた車を必ずメンテし保証付けた後に販売します。

 

それがヤフーオークションなど個人取引とは大きく違う点です。

 

そんな中古車の走行距離ですが10万キロやもっと走っていても、定期点検と車検さえ受けていれば何ら問題ありません。

 

定期点検と車検を受けていて、整備手帳には過去のメンテ内容がシッカリ記載されてあればOKとします。※整備手帳の無い車を買ってはダメです。

 

欧米でも走行距離20万マイル(32万キロ)やそれ以上の車でも何も問題ありません。

 

それは定期&不定期なメンテがされている、だから乗り続けられます。

多少高くても車を店舗で買う理由

車はどこからでも購入できますが、基本は少しでも信頼できる&保証のある実店舗から購入することです。

 

ヤフオクなど個人間取引なら、事故車であっても何でもあっても購入後の保証はありません。

 

大手中古車販売店なら保証範囲も期間も中小や個人店より長いので安心です。

 

そんな大手なら車毎の保証期間提示あるので使えます。

 

⇒希望車種の保証内容を大手中古車店で確認する【利用無料】

 

中古車店は頭金なしローンも完備していますが、車値引と同時にローン金利値引も忘れないでください。

 

中古車店なら大手含め金利10%は当たり前なので、モー大変です。

 

最低でも2~3%金利値引交渉は絶対ですよ!

貯金で欲しい車を購入する方法

安い中古車で今を乗り切る、それはとても正しい判断です、無料の車くふめて。

 

では、もう少し先の将来はどうしますか?

 

おススメは数年落ちくらいで便利な車を買うことです。

 

新車は3年もすれば半額かそれ以下になってしまいますが、そこからの下落率は1年で15%程度であり、中古車購入はお得になります。

 

中古車の数年から5年落ちであれば現行モデル範囲内で見栄えも良く、メーカーオプションフル装備や新車時に有りがちなトラブルの全てが解決済です。

 

昔から私はそんな車の選び方だったからなのでしょうか? 

 

外車、国産車、今の軽自動車含め多くの楽しい車達に安いコストで乗ってこれたんだ、そう思っています。

 

但し数年落ちの車購入では、お金を貯める期間が長くなるのは仕方ありません。

 

ではローンなら貯金は不要なのでしょうか?

ローン購入のリスクを考える

お待たせしましたが、やっとローンの話をします。

 

ローン購入するのであれば必ずこうして下さい、私もそうしました。

 

まず頭金がゼロ円でも問題ありません。

 

頭金ゼロ円でもローン金利値下げ交渉は必ずして下さい、しなくては損になるからです。

 

値下げ目安は金利の2~3%前後とします。

 

アナタが値下げ要求できる根拠、値下げ可能になる根拠はこれらです。

 

ディーラーや中古車店は、信販会社にアナタをローン顧客として紹介する見返りに手数料をゲットしている

 

ディーラーや中古車店がローンを引き受けるのではなく、信販会社がローンの引受先となる

 

そんなローン金利値引目標は数%ダウンなら良しとしましょう。
※2%~3%値引きを目標にします。

 

車販売店側はアナタのローン金利値引交渉に対してこう言うでしょう。

 

  • 「ローン金利値引なんて聞いたことがない」
  • 「決まったローン金利はお値引きできません」

 

などとウソぴょーん言っても信じてはいけません。

 

さらにディーラーや中古車店で金利キャンペーンが行われていたら数%は下がっているので必ず使って下さい。

 

キャンペーン時期はマチマチですが、1月~3月末はやっています。

 

理由はどのディーラーや中古車店でも3月末本決算なので、売り上げアップに注力しているからです。

 

もしディーラーや中古車店で金利値引がムズカシイ場合は、担当者にこう言ってやってください。

 

「こんな高いローン金利なのに数%程度も値引できないなんて信じられない」

 

「銀行マイカーローンなら金利3%以内らしいので、そちらに聞いてみます」

 

この方法は真面目に使えます!

金利が安い銀行マイカーローン

銀行マイカーローンは金利3%以内であり、一番安いローン金利なのは確かです。

 

マイカーローンなら車所有権=車検証名義はアナタになるのでローン期間中であっても車売却できます。

 

ディーラーや中古車店ローン(信販会社系)ならば、ローン返済完了しなければ車売却したくてもできません。

 

理由は車所有権がディーラーや信販会社名義になっているからです。

 

そんな便利でお得な銀行マイカーローンでも、派遣、アルバイト、パートなど定期収入さえあれば誰でも使えるのはあまり知られていません。

 

昔は本審査(数週間)しかなく厳しいイメージの銀行マイカーローンでしたが、今は違います。

 

そんなネット仮審査がある銀行マイカーローンをいくつもトライする方法があります。

マイカーローンが更に使える申込方法

いくつものマイカーローンにトライする方法があります。

 

いくつもトライする理由は、銀行によってローン通す&通さないの審査基準が微妙に違っているからです。

 

過去に定期収入なくても新しい就職先が決まっていればローン可能だったり、アルバイトでも長く続けていればOKなど多くの審査基準が存在しています。

 

ネット仮審査をいくつもトライして、融資してくれる&金利の低い銀行に決めれば得しかありません。

 

特に地方銀行ならマイカーローンが通りやすい、そう認識されつつあるのをご存知ですか?

 

地方銀行マイカーローンの中には、他と違う審査基準(少し甘い基準)が必ずあるからです。

 

どうして甘い審査基準があるかと言えば、他の銀行より多く貸し出して競争に勝つ、それが目的です。

 

そんな数打てば当たる方式は少し大変でも、当たれば大ヒットです!

マイカーローン申し込みの注意点

複数マイカーローンも仕込みでは守って頂きたいことがあります。

 

  • 同時に複数のマイカーローン申し込みは禁止
  • マイカーローンは1つ結果を見ながら申し込む
  • 一番初めにOKになった銀行マイカーローンを使う

 

どうしてそうするのでしょうか?

 

もし複数銀行に同時申し込みすれば、どのマイカーローンもアウトになるからです。

 

特に仮審査に申込むば「個人信用情報」を必ず調べられます。

 

そんな信用情報会社は日本に3社しかありません。

 

仮審査(本審査前の予備審査)段階でアナタ名の個人情報審査依頼がいくつもバッティングすればどうなるでしょうか?

 

  • 「この人は同時に複数銀行でローン申し込みをしている」
  • 怪しい人、要注意人物」

 

などとなりマイカーローン仮審査段階で落とされる確率大となります。

 

気を付けてください!

車ローン購入なら任意保険が必要

車ローン購入なら、万が一の事故で車が無くなる可能性に備えなくてはなりません。

 

さらに自動車事故の加害者になる可能性もそうです。

 

そんな交通事故では自賠責保険がカバーする最高補償額3千万円、4千万円では裁判の弁護士費用にもならない程度です。※保険屋さんから聞きました。

 

さらに億単位の大きな損害を被害者に与えてしまう可能性も否定できません。

 

だからTVでは任意保険加入の宣伝を毎日やっています。

 

従ってアナタ自身、車、事故相手を守るためにも任意保険加入は必要とお考え下さい。

車購入後の額維持費を計算する

これが車所有期間中に払い続ける維持費の全てです。

 

下記の各金額を12か月や24か月で割れば、毎月の車関係費用の総額が求められます。

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月※下記車検費用参照
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  6. 毎月のローン金額(ボーナス併用は12カ月に割り振ってください)
  7. ガソリン代(毎月の平均)
  8. 駐車場(毎月分)
  9. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  10. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

 

最後の10番と11番の内容にはこれらがあります。

自動車の消耗品名と交換時期

エンジンオイル 普通車は1年、ターボは半年で交換
エンジンオイルフィルター オイル交換2回に1回交換
エアクリーナーエレメント 50,000キロごとに交換
バッテリー交換 セルモーターが廻りにくい時
冷却水交換 2年ごと
スパークプラグ 20,000キロごと
タイヤ交換 タイヤ溝が1.6㎜以下の時
オートマオイル 30,000キロごと
ブレーキフルード 2年毎
ブレーキパッド(前後) 40,000キロごと
ブレーキシュー 40,000キロごと
ワイパーブレード 1年に1回

※各費用はディーラー、中古車店、オートショップでマチマチです。

 

どうですか?

 

上記全てをアナタの車に当てはめながら計算してください。

 

多くの車初心者は購入後の維持費を計算しない(できない)ので、しばらするとアーレーになる場合がとても多くなります。

 

これを知ったアナタはアーレーにはなりません。

 

車購入額+維持費を考慮しながら毎月支払う車費用を想定してください。

 

毎月の車費用が手取り月収の25~30%ならカーライフを楽しめる範囲と考えます。

 

⇒購入可能な車を最大手販売店サイトで確認してみる【検索無料】

買わないで車を手に入れる方法

今のアナタに車が直ぐ必要なら、軽いメンテで乗れそうな無料の車も1つの手段であるとお考え下さい。

 

私もそうでしたが、兄弟や友人関係で廃棄予定の車、査定ゼロ車でも車検さえ残っていればタダでもらえばOKです。
※昔の私はタダでもらえました。

 

車検があれば自賠責保険も生きているので、万が一の事故でも少しは安心かもしれません。

 

タダでもらえるのは有りがたいことですが、タダにはタダの理由があるので十分注意して乗る必要がある、それは間違いありません。

 

どこを注意するのかですか?

 

特にエンジン、各種オイル、ブレーキ、バッテリー、タイヤ等々が重要です。

 

ブレーキの効きが悪い上にタイヤ溝のスリップラインが出ていたら「危険が危ない」ので直ぐには乗れません。

 

まずは中古タイヤ4本ゲットでしょうか。

 

エンジンが普通にかかるならバッテリー交換は後でも構いませんが、エンジンオイルが真っ黒だったり、減っていたら、取りあえず安いエンジンオイルに交換しておきましょう。

 

大手カーショップなら工賃とオイル代金を合わせても1,500円前後です。
※ディーラーやガソリンスタンドは2,000~3,000円

もらった車のメンテナンス方法

知り合いからもらった車であればメンテ含め何の保証もない、あるとすれば何らかの機械的リスクかもしれません。

 

もらった車なら全てに注意が必要、何が起きても自己責任となる、それは覚えておいてください。

 

ただし知り合いや友人なら、事故歴があるかどうか位はちゃんと教えてくれるのがメリットとなります。

 

理由は大きな事故歴ある車は完全修理がムズカシイ、乗ったら危険が危ないからです。

 

そうでない中古車なら直ぐにカーショップで簡単チェックを受けてください。

メンテ不足が招く故障状況

もしメンテされてなければ、こんなに怖い症状があるでしょう。

 

  • 停車中の振動が凄かったり、
  • ボンネット内部かどこからか変な音がする、
  • ブレーキの効きが悪いと思ったらタイヤがツルツル状態、
  • サイドブレーキのバネが伸び角度45°の引き具合等々、
  • 何か焦げたような臭いがする、

 

それら含め運転に支障があると思われる部分をカーショップが指摘してくれます。

 

もし全てを修理&調整するにはお金が足りない、そうならお店の人にこう言えばOKです。

整備費用をどうしても減らしたい場合

「安全運転に問題がある部分だけ修理&調整してください」

 

その一言でお店のスタッフは理解してくれます。

 

余談ですが、そんな無料の車はキズ、凹み、少しつや消し塗装になっていたりと美しくない場合いが多いと考えます。

 

それってみんな同じなので気にする必要ありません、私もそうでしたので。

貯金ゼロの車ローン購入まとめ

ローンであれ、現金であれ、少しでも支払が安く済む方法がアナタの得になります。

 

従って車両本体値引&ローン金利値引もする、そうお考え下さい。

 

さらに金利が高いディーラーローンではなく銀行マイカーローンが使えれば金利3%以内となりお得です。

 

でも&しかし、車購入は大変だと思いませんか?

 

買うまでに大変、維持するのも大変。

 

それでも10万円の車に1年車検あれば2つの仕事を掛け持ちできます、どんな天気でも移動できます。

 

そしてたまの休みには違う町まで出かけたり、好きな所へ24時間移動可能となります。

 

そんな便利に使えて、ひょっとしたらお金も貯められる中古車なら、何回でも試乗を繰り返して選んでください。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー