C-HR人気は衰えていません!

 

あの遠くから見ても分かるデザイン、100回以上見ても飽きないデザインなら長く乗り続けられる、そう感じました。

 

今朝に見たC-HRイエローは、遠くからでもハッキリ強い個性を表現していました。

 

そんな人気C-HRはターボかハイブリッドのどちらを選ぶべきなのか?

 

車性能と使い勝手はどうなのか?

 

そして未使用車や中古車の選択方法もお伝えします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

どのモデルを選べば良いのか?

ガソリンではなく人気のハイブリッドを選べば1カ月納期、それは発売当初の話でした。

 

2019年1月現在なら納期は短いので、性能で選ぶかしかありません。

 

改めて両モデルを確認してください。

 

C-HRスペック&価格

グレードS     /     GS-T     /     G-T
パワートレーンハイブリッド
1.8L直4+モーター
98PS / 53KW
ガソリンターボ
1.2L直4ターボ
116PS / 18.9KG
駆動方式 FF 4WD
車両重量 1,440KG 1,470KG
トランスミッション無段変速CVT
JC08燃費 30.2Km/L 15.4Km/L
 価格 264万6000円(S)

290万5200円(G)

 251万6400円(S-T)

277万5600円(G-T)

 

上記スペックで分かるのはこうです。

 

街乗りならハイブリッドの勝ち

高速巡航で長く走るならガソリンターボの勝ち

 

そうなる理由は走りもですが、ハイブリッド(HV)なら10年ほどで電池交換となり数十万円の費用がかかるからです。

 

もちろん、ガソリン上がる可能性もりますが、HVの小型リチウムイオン電池の方が世界的資源不足で価格上昇が止まらない&止められない方が心配です。

 

そんなハイブリッドとガソリンの性能差は次の税金記事の後に書かせてください。

ハイブリッドもガソリンも同じ価格になった

ハイブリッドとガソリンの価格差は10万円~15万円ほどあっても、ハイブリッドは自動車取得税と重量税が免税なので支払合計差はほとんどありません。

 

ただし車を3年、5年と所有し続けるなら自動車税の安いガソリンターボが気になりませんか?

 

ハイブリッド自動車税39,500円
ガソリン自動車税34,500円

 

まあ、どちらを購入しても新車価格が約300万円は少しキツイかもしれませんが・・・

ハイブリッドとガソリンの注意点とは

人気のハイブリッドのメカはプリウス譲りなので「ゼロ発進の加速パワー」そして「EVの静粛走行+燃費」は魅力的であっても駆動はFFしかありません。

 

FFは雪の多い地域でも安定して走れますが、悪路走行ではいささか不安が残る、そう言わざるを得ません。

 

ガソリンの方はと言えば、伸びの良さと、オーリスでは実現できなかったレギュラーガソリン対応もウレシイ点!

 

さらに4WDターボなので悪路でも雪道でもどんと来い、その感覚がたまりません!!!

 

従ってガソリンの方がスポーツ志向好みと言えるモデルです。

 

購入注意点としましては、駆動方式のFF/4WDで選んでしまうとパワートレーンが決まってしまうので、使い道で悩むことがありそうです!

 

FF=ハイブリット(エンジン+モーター)

4WD=ガソリンターボ

 

あと、不思議なんですが、C-HRは何回見ても、飽きません。

 

個人的に普通のトヨタ車は直ぐに飽きてしまうのに、そうなりません。

 

最近はサーフボードやラゲージシェルをルーフに乗せながら走る姿に「カッコいい」そう呟いてしましました。

 

C-HRは欧州輸出もされるのでデザインには巨額のお金をつぎ込んだ、それしか考えられません、カッコいいんです!

 

もう1点は、ダウンサイジングターボ乗り味は普通でもボディ剛性が高く感じられるのは欧州輸出を意識している、そう感じてしまいました。

機能装備では上級グレードがお得!

グレードSとGを比べるとSでも満足するのに、Gはもっと豪華なので価格差25万円も納得しました。

 

Gに装備される本革シートやLEDランプはもちろんでうが、予防安全措置のブラインドスポットモニター、クリアランスソナー&バックソナーは安全運転には素晴らしい装備、私なら絶対に付けます。※個人的感想

 

ただしSでもGでもオーディオとナビはディーラーオプションなので、カー用品店で安いモノを探すことをお奨めします、ディーラーはバカ高いから。

 

ちなみにSグレードとGグレードの基本装備を比較して見てください。

 

S & S-T 基本装備
17インチアルミホイール
ハロゲンランプ
スマートエントリー
フェンダーライナー(フロント)※前後欲しい

 

G & G-Tには以下の装備も追加される
18インチアルミホイール
フェンダーライナー(リア)
ピアノブラック&メッキモールディング
車名表示イルミネーション(足元)
ハーフレザーシート
電動ランバーサポート
内装ピアノブラック

 

やはり、高価なナビとオーディオはどこかで入手しないとデートには使えません。

 

しかし発売から2年経過したC-HRは中古車として多くみかけます。

 

大手中古車店ならナビやオーディオ装備のC-HRがあります。

 

⇒オプション装備のC-HR中古価格を確認してみる【利用無料】

C-HRを中古(未使用車)で買えばどうなる

未使用車で走行距離10Km以内が市場にあり1週間程で手に入るでしょう。

 

価格的には品不足からのプレミアムがなくなった今なら、新車より10%引きは交渉できます。

 

以前は人気から値引ゼロがあったと聞きました、マイガッド!?

 

もしノーマル装備=オプションが少ない未使用車であっても、ディーラーにはドレスアップパーツが豊富にある。

 

そしてカスタマイズパーツには人気のモデリスタもあり、購入後に相当に楽しめるのは間違いありません。

 

さらにディーラーパーツが高ければ、カーショップが使えます!!!

 

そんなC-HRを未使用車(中古)購入する際のテクニックをお伝えします!

新車と未使用車は乗り出し価格で比較する

この方法なら中古車屋さんでの未使用車購入でダマされません!

 

  1. 中古車店でお気に入りの未使用車の乗り出し価格を見積もってもらう
  2. 新車ディーラーに行って未使用者と同じグレード&装備で見積もってもらう
  3. 上記2-1=10%~15%安いなら未使用車は買いです

 

多くの車購入者は車両価格比較しかしないので、高い未使用車(中古車)を這う羽目になるパターンを見かけます。

 

この方法なら車両+税金+その他料金の全て入った「乗り出し価格」なので高い安いの比較が簡単にできます!

 

これで未使用車を安くゲットして下さい。

 

⇒大手中古車店で未使用のC-HR乗り出し価格を確認してみる【利用無料】

C-HRはカッコいいから飽きない

都内や関東圏を走っていてC-HRは100台以上も見た記憶があるそれくらい人気なのは間違いありません。

 

C-HRの発売当初はこう思っていました。

 

「カッコいい車は直ぐに見飽きるだろう」

 

と・こ・ろ・が・C-HRデザインを車内から前後左右を何回も眺めていて気付いたことがありました。

 

「いつどんなポジションから眺めてもっカッコ良く見えるC-HR」

「カッコ良いデザインに飽きがこないなら本物だ」

「海外有名カーデザイナー(事務所)に大金を払ったんだろう」

 

そうなんです、日本だけじゃなく車激戦区のアメリカやドイツにも輸出するデザインだったことに気付かされました。

 

ちなみに海外ではこんな価格帯のC-HRです。

 

EUの基本車両価格が2万ユーロ(約250万円)

 

アメリカの基本車両価格が2万2,500ドル(約250万円)

 

そんな輸出目的が大きいC-HRなら、メリットがあると考えます。

 

理由は世市場で売れるためのデザインと性能を持っている、巨額開発費を投じた車だからです。

欧米に輸出できるメリットは何か?

ご存知かもしれませんがEUではレクサスは全然売れていません、2017年(1~12月)データで3003台のみドイツへ輸入されましたが実売数は不明です。

 

理由は簡単でベンツ、BMW、アウディとの性能差がある、それだけです。

 

もちろんブランド含め知名度もあるでしょうが、少なくともドイツ人はとても堅実な性格(ケチ)なのでこうなります。

 

車に限らず性能が良いモノしか購入しない

長く使い続けられる=ペイできるモノしか購入しない

同じ性能なら1ユーロでも安い方を購入する

 

そんな海外、特にドイツでそこそこ売れているなら、C-HRはスゴイと考えます。

 

理由はEUで強く意識されている環境問題改善に寄与する車がメインにあるからです。

 

C-HRのHV(ハイブリッド)がドイツなどEU現地の環境意識にピッタリの車なんです。

 

アメリカもEUと同じくらいに高い環境意識をもっているので同じです。

 

エンジン+モーターのHVはトヨタが本家です。

 

だからC-HR輸出となります。

 

そんなC-HRのHV輸出に大きく貢献するのが「カッコいいデザイン」「飽きのこないデザイン」、そうなります。

 

海外でも人気あるC-HRなら将来の売却でも、輸出用として高値売却も可能となります。

 

⇒飽きがこないC-HR中古価格を確認してみる【利用無料】

C-HRは新車か中古かまとめ

C-HRは久しぶりに見たデザイン性がとても高い車、それを最終的なコメントとさせてください。

 

しつこい様ですがもう一度言います!

 

「C-HRはすごくカッコいい」

「デザインに飽きがこない」

 

だ・か・ら・C-HRはいつ見ても新鮮&魅力的だと考えます。

 

アメ車やドイツ車ばかり乗ってきた私にとって、初めて飽きないデザインかもしれません。

 

ドイツ車のようにモデルチェンジしても気にならいほど素晴らしいデザインかなのもしれません。

 

そうなら新車でも中古でも価値ある車に間違いありません。

 

アナタもそう感じているのではありませんか?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー