新型ミライースは2017年5月の発表から見ていますが、とても気合が入った車、その感覚は忘れていません。

 

回はアルトとの比較でしたが、新型ミライースの勝利であった、それを先にお伝えします!

 

⇒関連記事「新型ミラーイース記事はこちらもご覧下さい!」

 

⇒関連記事「新型N-BOXカスタム試乗でショックだったこととは」

 

新型ミライースとアルトの対決スタートです!

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

安全装備の進化がスゴイことに

普通の軽自動車に自動ブレーキが装備されていても、一番安いコストの赤外線レーザーしかありませんでした、アルトも同様に。

 

新型ミライースには、世界最小ステレオカメラ(スマートアシストⅢ)装備で歩行者も検知するシステムに進化しました。

 

さらにフロントとリア各2個のコーナーセンサーも標準装備なので、狭い道や駐車場でも安心です。

 

軽自動車のキビシイ市場で勝ち残るため、低価格のミライースにも高価な安全装置投入の決断をした、それです。

パワー不足を補う軽量化が更に進化した

新型ミライースでは、なんと80Kgも軽量化され、車両重量は700Kgを大きく下回り670Kg!

 

その軽量化は、前回アルトのモデルチェンジでした軽量化60kgをはるかに上回っています。

 

軽量化は燃費に好影響でも、走行質感ではロードノイズ拾いやすい、ボディパネルが薄い感覚を受けてしまい、少し残念かもしれません。

 

出来れば、少し車重が増えてもボディ強化、衝突安全性アップを期待したいところです。

 

しかし、ダイハツが既に着手している次期モデルは安全性も強化、それが上記の関連記事にあります。

座席と室内どう変わったのでしょう

新型ミライースの後席はアルトよりも座り心地がベターとなります。

 

前席の座り心地は両車引き分け!

 

両車とも明るく解放感がある室内、それらは共通ポイントです。

 

しかし、小物入れの数が多く便利なのはミライース。

 

ミライースはオープントレイ、そしてカップホルダーは運転席&助手席&後席にもあり、アルトより便利に作り込まれていました。

運転感覚と走りの質感はどうか

普段使いの乗り心地やハンドリングは引き分けです。

 

高速のミライースがゆるい収まり感で安心感与えていても、ハンドリングの正確さではアルトとなり、その差は小さい、従って引き分け。

 

しかし、新型は前ミライースに比較して80Kgの軽量化もあり発進と加速は良くなっています。

 

走りの結論としては、室内空間、座席シート、軽量化などの進歩により、街中、長距離運転ともにミライースが良い、そうお伝えします。

実走行した燃費データを比較する

ミライースVSアルト 燃費テスト(ℓ/キロ)

ミライース G SAIIIアルト X
JC08燃費34.239.2
市街地走行燃費24.825.4

燃費は引き分けです。

 

厳密にはミライース車重670Kgに対してアルト車重650Kgなので、もっと引き分けかもしれません。

新型ミライースVSアルト総合テストポイント

これら項目別の点数をご覧下さい!

ミライースアルト
安全装備43
運転しやすさ44
走りの質感33
前席座り心地33
後席座り心地43
外装レベル43
内装レベル43
室内使い勝手43
合計30 25

※評価 : 5点満点

 

いかがでしたか?

 

新型ミライースは安全装備を中心に強化し、運転のしやすさ、室内外の質感アップで勝利しました。

 

しかし、新型ミライースのシリーズには無くて、アルトには備わっている武器があります。

新型ミライースとアルトまとめ

その武器は「ターボ」!

 

アルトのターボ仕様なら、坂道、4人乗車+荷物、そして高速道路であっても素晴らしい走りを見せてくれます。

 

今回テストは同条件なのでノンターボでしたが、素晴らしい走りのアルトターボRSもお忘れなく!

 

さらに2017年8月末に発売となる、フルモデルチェンジのホンダN-BOX とカスタムのレポートも早めに上げますので、ご期待下さい。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」で会いましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー