外車を買える年収とは【年収300万円からの中古外車購入】:サムネイル

30歳代で独身、年収300万円台、そうであれば買いたい車ではなく、買うべき車、買っても良い車がある、そう考えられませんか?

 

そんな外車とは3年から5年落ちまでの中古外車、それもドイツ車限定とさせて頂きます。

 

もっとお得なのがドイツ車10年落ちなのですが、その理由は後述します。

 

中古&新車外車を7台ほど乗り続けた経験からお伝えします。

 

3分間ほどお時間を下さい。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

年収300万円台のローン支払を考える

アナタが就労でも自営でも年収300万円や300万円台なら金利が一番安い銀行マイカーローンが組めることは最初にお伝えします。

 

アナタが独身で税込み年収が約300万円なら、毎月支給額は25万円、手取りが22万円近辺でしょうか?

 

こんな購入方法を考えました。

 

  • 税金&諸費用込みの車購入代金を税込年収の80%(240万円)までにする
  • 毎月の返済金額は自由に使えるお金の50%までとする
  • ローン返済期間は最長5年までとする(ボーナス返済無しで)
  • ローン借入先は銀行または中古車店の信販会社ローンのどちらかにする
  • 借入金利の目安は銀行3%以内、中古車店は6%前後とする
  • ボーナス返済は何かあっても見動きできなくなるので使わない

 

これら条件なら車両本体価格200万円前後、そして毎月の返済額3万円台から5万円以内で所定期間のローンが組めるでしょう。

 

これはあくまでもアイデアなので、毎月別途かかる駐車場、ガソリン、そして1年1回の自動車税も計算に入れながら車購入金額を決めて下さい。

 

そして車購入資金を少しでも小さく安くするには低金利ローンを組むしかありません。

こんなにあった車維持費に驚く

車を選ぶ前でも後でも、これら維持費を必ず計算しておけば、ローン途中で車を手放すことには絶対なりません。

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月※下記車検費用参照
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  6. ガソリン代(毎月の平均)
  7. 駐車場(毎月分)
  8. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  9. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

 

車に必要なお金は毎月、年に数回、1年に1回、2年に1回などまちまちなのを1カ月分に按分(あんぶん)してください。

 

こんなにある車維持費+毎月のローン金額を購入前に知っておけば、ほぼ大丈夫です。

 

では外車(特にベンツなどドイツ車)の魅力を知ってください。

中古外車の気になる走行可能距離

ドイツ車や日本車に限らず、車は50万キロでも70万キロでも走るスゴイ基本構造&性能なのを多くの人達が知りません。

 

つまり30万キロでも50万キロでもメンテさえすれば問題なく走り続けます。

 

ドイツでどうして高額なベンツやBMWやAUDIが売れているかご存知ですか?

 

それは安全で良い車なので高額でもペイするから30万キロでも50万キロでも走れて長く使える車=ペイする車だからなんです。

 

ドイツでベンツやBMWタクシーに乗れば数十万キロどころか50万キロ走行のメーターなど当たり前です。

 

車検も有って無いようなドイツでも、適時のメンテや修理だけで50万キロは一般的な走行距離です。

 

ちなみに日本のタクシーが廃車にされる走行距離も70万キロ前後なのをご存知でしたか?

 

車って丈夫なんです!?

 

そんな丈夫なドイツ車がドイツやアメリカで故障しても問題ありません。

 

理由は修理部品も工賃もとても安いからです。

 

しかし日本だけバカ高いので、3年や5年保証が無くなった外車はこうやって安く修理します。

外車修理は整備工場を使う

こうすればドイツの数倍もする高い部品代を安くできて修理費用も同様です。

 

  1. ベンツやBMW修理が得意などとある整備工場をネットで探す
  2. 修理見積もりをディーラーと整備工場の2カ所で取る
  3. 当然に整備工場の見積もりが安い
  4. さらに安くなるように高額部品ら個人輸入をする(とても簡単です)

 

上記を行えば安くできます。

 

車販売店の儲けは高い修理費用もありますが、一番高いのは部品代金です。

 

ドイツの倍どころではありません、以上に高いのは輸入元の作戦なのでしょうか?

 

ドイツと日本の価格差は3倍、5倍、10倍だってあるからです。

 

こうすれば部品も安くなります。

 

整備工場にお願いして修理に使う部品名と部品番号を教えてもらってください。

 

「高額部品を個人輸入したい」、そう整備工場に伝えれば事情を理解してくれます。

 

アナタは「auto parts」とネット検索し、イギリス、ドイツ、アメリカのオートパーツショップから個人輸入するだけでOK。

 

ほとんどのオートパーツサイトはこんな順番で部品検索&注文します。

 

メーカー名

車種名

年式&モデル

どのカテゴリーの部品か選ぶ(整備工場で教わった部分名&品番入力もできる)

カテゴリーからさらに詳細に選ぶ

クリックしてカートに入れる

クレジットカードで決済

日本の届け先入力&輸送方法を選ぶ(EMS、DHL、FeDEX等々)

 

私にもできたので誰にでもやれます!※AUDI部品購入時に利用

 

でも&しかし、ムズカシイのであれば整備工場にお願いしてもやってくれる可能性大です。

 

まぁあ、その場合は菓子折りかもしれません。

どんな中古外車を選べば良いのか

10年落ちのドイツ車はスーパーに安くても故障しないお話はしました。※2006年以降のベンツ

 

もっと若い車なら新車保証3年、延長保証5年のどれかが残っている中古車を選んで下さい。

 

3年から5年落以内の車を探せば、万が一の故障でも無料保証期間が残っているので安心です。

 

⇒関連記事「中古車にこそ必要な保証継承の手続き方法」

 

自動ブレーキなど安全装置は高機能モノが昔から搭載されているので5年落ちでも優秀なままです。

 

中古価格に関してはディーラーの知り合いから良いニュースがありました。

 

2018年も新車販売が超不振で中古車価格も下がり続けいるために、3年落ちで半額以下、5年落ちならもーーっとなので、今は希望の中古外車を安く買えるチャンスかもしれません。

 

それ以前に外車の値下がり率は国産車に比較して大きい、その事実は外車ディーラーの営業マンから教えてもらいました。
※その営業マンは私と同じロードバイク仲間です

 

しかし、中古車店ではそれなりの価格を付けているとこも多くあり、ネットでの価格チェックとお店での値引き交渉は絶対です!

 

⇒大手中古車販売店で希望する外車の価格を比較する【利用無料】

 

ここでまとめと思いましたが、どうしてドイツ車が優秀なのか少し補足させてください。

ドイツ政府が巨額資金援助する自動車工業

ドイツ政府は最先端技術の電子部品やロケットなどよりも、中間産業の車に巨額援助を昔から続けています。

 

日本政府も直接&間接でトヨタなどを援助していても、ドイツ政府のそれは金額が桁外れに大きいモノなんです。

 

ドイツ車はEU全体どころから、極東の日本ふくめ世界中で人気ある超高性能な工業製品なんです。

 

ちなみに2017年に日本からドイツへ輸出されたレクサス台数は、ドイツで販売される車の0.1%未満でしかありません。

 

その0.1%レクサス輸出台数とはわずか3003台。

 

昔、東南アジアの人がこんな話をしていました、「ベンツに乗っていれば交通事故でも死ぬことはない」

 

上記は極端コメントでも、ベンツなどドイツ車イメージは「高級」「最も安全」「いつの時代も最新技術を採用している」それらはいつも変わりません。

 

⇒究極の高剛性ボディと安全装備の中古ベンツを確認する【利用無料】

若い時こそ外車に乗る必要がある

ベンツ、BMW、AUDI、フォルクスワーゲンなどは日本車に比較し多くの面で高性能であることは間違いありません。

 

それは上記メーカー全て各1〜2車種を保有した経験から分かります!

 

外車は故障が多いのでは?  

 

それは2006年前後かもっと前の話です。

 

そんな車達は素晴らしいボディ、足回り、パワーでどんな道でも楽々と走破、万が一でもアナタをシッカリ守ってくれます。

 

若いアナタであれば、ロングドライブ、旅行、みんなでワイワイもありますが、それが安心&安全な車であれば楽しみ方がもっと増える、拡大していくのは間違いありません。

 

さらに20代や30代で外車保有経験あれば、将来に購入するであろう国産車との比較ができます、安全で乗りやすい車を選べるようになってます。

 

もし日本車しか知らない人生ならレクサス最高しか言えません ← 私はそう思いません!

 

私の1台目と2台目はアメ車でしたが、多くのドイツ車や日本車保有の経験から、車の良さを比較できます、自分の好みも分かります、ハイ!

年収300万円台の中古外車購入のまとめ

ドイツ車の走行性能、安全性はお分かり頂けたと思います。

 

でも&しかし、収入に対して支払がキツイくなるそんな車購入はオススメしません。

 

無理のない購入条件で、車を楽しめる、有効に使えることが前提となります。

 

最後にローン返済期間5年以内の意味は、将来の結婚、家族ができた等の環境変化で車も変えざるを得ないケースがある、だからです。

 

従って収入に対して高額な車を長期ローン購入はダメと考えます。

 

5年後には!?大好きなドイツ車は売却して国産ミニバン、そんな選択をするアナタかもしれません。

 

やはり、10年落ちなど中古外車に乗れるのは、今でしょう!?

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

 

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー