車値引きは見積書を他社に見せたほうが効果的?:サムネイル

車値引交渉で「ライバル店の見積書を見せてください」、そう言われたことはありませんか?

 

実は見積書を見せても値引にはつながらない、逆にマイナスになる、その事実ご存知でしたか?

 

もし、そうなら、数店舗からもらった見積書はどこでどうやって使えば良いのでしょうか?

 

私が昔からやっている有効な見積書の有効利用方法をお伝えしていきます。

 

読み時間2分です。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

見積書は他社に見せないのがルール!

値引交渉が苦手営業マンに強く値引を迫るのは悪い気がする、そんなアナタにお伝えします。

 

私も営業経験ゼロであり、交渉が全くできない&交渉することさえ知らない人間だった、だからこそアナタの気持ちが分かります。

 

そんな私の今はこうなりました!?

 

「モノを1円でも安く買うのは正当な権利であり、それを行使しない理由は存在しない」、です。

 

車より値段がはるかに安い家電は競合店ネット価格を見せながら値引交渉するのに、家購入に次いで2番目に高額な車値引をちゅうちょするなどあり得ません。

 

た・だ・し「初めから他店見積書をライバル店に見せながらの値引交渉」、それには問題があるんです。

営業マンはアナタの心を見抜いている!

値引交渉中に営業マンが「ライバル店の見積書を見せて下さい」、そうアナタに要求するのはフリをしている単なる営業手法」でしかありません。

 

プロの営業マンはアナタをテストしているんです、それは信頼できるお客様かどうかをです。

 

もし、営業マンに見積書を見せたら;

 

「あっ、このお客様は他の店でも同じことをしているんだ」

 

きっと、そう思われてしまうでしょう。

 

結果、アナタに対する値引はなくなります!

 

あるのは「ほんの少しの値引」「オマケ程度の値引」、それだけになるでしょう!

 

それ以前に、アナタが他店でもらった見積書には突っ込んだ値引条件は一切記載されていません!

 

そんな見積書をライバル店に見せても意味がありません。

 

理由は、営業マンの値引金額は口頭でしかアナタに伝えられない、だからです。

見積書を見せない値引方法とは?

ディーラー営業マンの頭には、こんなルールがあります。

 

  • できれば値引したくない、
  • 少ない値引で車を売りたいと考えている、
  • もし大きな値引きなら口頭だけで伝える、
  • 営業マン名刺に値引数字だけ書き添える、車種名もモデル名も無しで、

 

それらが一般的です。

 

もし見積書に¥マーク付き値引金額やサービス記載すれば、他店での値引き交渉に利用される、そう考えるからです。

 

従ってアナタも見積書を見せずに他店の値引額&サービスを口頭で淡々と伝える、その繰り返しで構いません。

 

もちろん相手の目を見ながらの笑顔で!※私はいつもそうしてます!

 

もしアナタが真面目すぎる&硬い表情の人なら、その値引交渉現場には緊張感しか生みません。

 

くれぐれも、ソフト&リラックスの笑顔での交渉お願いします。

見積書を見せる値引方法もある!?

見積書をライバル店に見せる、この方法は値引交渉の最後の最後にダケで使えます、一度切りの方法です。

 

これを「合い見積もり」といって、交渉相手に競合店見積もりを見せれば最大効果がある、その時にだけ使います。

 

交渉当初は見せない見積書であっても、最終段階になればどこの店でどんな交渉をしている、それを証明するために名刺でもメモ書きで添えれば交渉の効果が高くなります。

 

し・か・し・その方法が使えるのは1ディーラーに1回だけ、若しくは2つの車でどちらかを選ぶその時にだけ使える、それを忘れないでください。

 

私の場合は、第一本命の車値引きの最後の最後にだけ使います。

 

その時も笑顔でこう営業マンに伝えます。※思い出すといつも同じセリフかもしれません。

 

「私が本当に欲しいのはこの車なんです」

 

「もし、○○○の値引より大きければ購入決断を今します、持ってきたハンコを押します」

 

そんなセリフでもすぐに「分かりました、値引します」、とは言ってもらえません。

 

営業担当者も少し考えたフリなどして役者します、、が、、大丈夫です。

 

だって、この今に100万円、200万円の契約が取れるかどうかの大きな瀬戸際だから、、です!

 

何か、ここで結論をお伝えしましたが、そんな交渉過程に必要な知識を以下でお伝えします。

値引交渉では誠意を示すしかない!

値引交渉は論理的、機械的な交渉だと思っていませんか?

 

ディーラー営業マンの頭には交渉回数と使った時間の機械的値引もありますが、それだけでは大幅値引は見込めません。

 

アナタの値引交渉がキチンとした姿勢と笑顔で行われ営業マンがアナタの熱意を認めれば&気に入れば大幅値引につながる、その可能性大となります。

 

さらにアナタの交渉態度に「強い熱意&誠意がある」、そう営業マンから評価されればこうなります。

営業マンと長く付き合うメリットとは?

「一度だけではない長く付き合えるお客様」、そう感じてもらえることで長期的サービスを受けられることにもつながります。

 

長期的サービスとは何でしょうか?

 

  • 一般顧客に伝える前に、得意客だけに案内をする特典情報(新車発売予定など)、
  • 故障では車引取り手配と納車までしてくれる
  • 不定期な電話で車の調子を聞いてくれる
  • 優先的な修理スケジュールや車検手続きの設定
  • たまに飲む!?

 

このお客様なら何とかしたい、協力をしたい、そう思える感じられることが度々あった」、そう昔の車営業マンから聞いたことがありました。

 

それって、どう言うことなのでしょうか?

好きな営業マンと好きな車はシンクロする!

今はホンダN-WGNでロードバイク大好きオジサンでも、本当に好きな車はベンツです。

 

ベンツ性能が素晴らしいもありますが、営業マンが良かった、だからベンツはずうっと好きな車になりました。

 

我々が車を購入する理由は便利な生活、趣味、通勤などあっても、万が一の事故やトラブルではとても手間がかると同時に気を使ってしまう乗り物でもあります。

 

でも&しかし、気の合った優秀&親切な営業マンが担当なら、電話1本で全ての手配&手続き完了してくれます。

 

それは私が過去2回遭遇した事故で経験済です。

 

親切な営業マン、これって本当に本当に「楽ちん&便利」な車生活につながる、そう覚えていてください。

ダメな営業マンは即交代してもらう!

だからでしょうか? 

 

少しでも気が利かない&不親切な営業マンは即交代&次の営業マンにチェンジするしかありません。

 

親切&誠意ある営業マンからなら、またいつか車を買いたい、そんな気持ちに大変身!?してしまうのは私だけではありません。

 

営業マンもそんな顧客心理を知っている&感じているはずです(想像部分あり)!?

 

だから、昔のベンツで担当だった彼は私と同じロードバイカーになってしまいました。

 

これでいつかベンツに戻る時には、大サービスが待っているかもしれません!?

 

次は新型コロナ関係での車ニュースです。

新車も中古車もコロナで大幅値引きなのか?

新車は日本含め世界中で売れてない、だから各国工場で大幅生産調整中です。

 

中古車は国内や輸出用を調達するオークションでの成約率が45%などと絶不調。

 

そんな中古車オークションでの成約比率は国内向け60%、そして輸出向け40%、通常ならそうなっています。

 

でも&しかし、国内&国外向けであってもオークションで成約しない、輸出用の船も運行してない、アウトな状態が今であります。

 

そんな中でも新車の大幅値引きは無理でも(仕入れ原価有るので)、中古車なら定価が存在しない、そして同じ車種、年式、走行距離でも仕入れ価格がバラバラ。

 

従って、中古車なら在庫減らしで大幅値引き可能、そのストーリーはある、そう考えませんか?

 

私はそう考えます。

 

事実、都内の大手中古車販売店では15~20%値引いた値札が貼ってある、それはニュースにもなっていました。

 

そうであれば、新車に限りなく近い未使用車(新古車)を選べば、安く買える、です。

 

⇒ 中古車の最大手ガリバーで未使用車を確認してみる(検索&利用無料)

 

未使用車購入なら、新車見積書比較で15%以上の値引交渉は当然になる、その理解で構いません。

 

ほぼ新車=未使用車を買うのなら、そうして安く買うのも「あり」、となりませんか?

 

次は、2021年6月の現状をお伝えしましょう。

中古車価格は上がるのか下がるのか?

2020年のコロナ禍では中古車価格は売れずに大きく下がっていました。

 

それは中古車オークションでも販売店も同様にです。

 

でも&しかし、2021年6月現在は違います。

 

何が違うのかと言えば、家族に個人に必要な車、その現実が見直されてきたからです。

 

どんな天気でも早朝でも深夜でも、家族を運べる、仕事に向かえる、父母を病院へ連れて行ける、そんな車の有難さがコロナリスクを上回ったからそうなりました。

 

車は我々の生活になくてはならい必需品、それが再認識された、そうなります。

 

だからこそ、コロナ禍でも中古車需要が戻りつつある、です。

 

そんな必需品の中古車なら在庫が多い段階、選べるうちに車種選択+値引交渉する、それしかありません。

 

そんな中古車を選ぶポイントは他店在庫をネットで調べ、モデル、年式、走行距離、装備が近いモノを比較してください。

 

もっと必要なポイントは、販売会社毎に違う保証期間と保証内容(=保証ヵ所)の比較です。

 

⇒ ガリバーで新古車(未使用車)の最長保証10年もある車を確認してみる(検索&利用無料)

 

実際は、未使用車に長期保証あっても、その分として値引いてもらってください。

 

じゃあ、車保証はどうなるのか? ですよね。

 

その場合は下記をお読みください。

 

未使用車には無くてはならないメーカー保証を直接受ける指南書!?です。

保証継承ほど大切な中古車購入手続は他にない!【未使用車や3年以内の車なら絶対です!】

では、まとめです。

車の値引交渉では相見積を使う方法がある!:まとめ

初期段階の値引交渉ではライバル店の見積書を見せる必要はありません。

 

最終段階、最終決断の時にだけ見せればそれで済みます。

 

正しい姿勢と笑顔、そして誠意を持っての値引交渉をして下さい。

 

もう1つは、営業マンとアナタの相性が合うかどうかも大切なポイントです。

 

中にはダメ営業マンもいる、口だけの軽そうな営業マンもいる、そう感じた時には店長へ伝え担当チェンジしてもらいましょう。

 

アナタの誠意に答えてくれそうな営業マン、それを感じられる営業マンとなら長い付き合いも可能になる、そうお考え下さい!

 

私は気の合った営業マンと10年以上の付き合いがあり、そしてロードバイクもする仲になりました。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー