年収500万円でレクサス購入できる?:サムネイル
GPS 56 from New Zealand [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons
レクサスを狙うアナタが年収500万円台であれば、オフロードとオンロード各1台のモデルが候補に上がります。

 

RX 車両価格495万円〜742万円

 

IS 車両価格470万円〜630万円

 

この2車種の平均購入額を610万円にすればこんなシュミレーションができます。

 

支払総額610万円
頭金180万円
月々返済額5万円 x 60回
ボーナス返済額13万円 x10回

 

これならRXもISも中間グレードを狙える支払方法です!

 

ローン60回は5年払いなので、5年間にアナタやご家族に大きな変化がなければこの支払方法で行けます。

 

もし、5年間に転職、結婚、子供の成長などあれば、もっと楽な支払方法を知っておく必要があります。

 

そんな今と未来の現実を踏まえてのレクサス購入シュミレーションをしていきましょう。

 

⇒関連記事「保証継承の手続さえすれば安心な未使用車と中古車購入!」

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

年収500万円でレクサス購入計画

数年前までは自動車ローン年間支払の限度額は給与の30%でしたが、不況の現在は25%が安全です。

 

この25%は年間支給総額か手取り額に対してなのかはどこも書いていませんが、手取り額の25%だとお考えください。

 

アナタの額面年収総額が540万円、独身ならこのような手取り年収になります。

手取り年収額約419万円
年間に使える25%の金額約105万円
月間に使える25%の金額約9万円

 

年間に105万円を車に使えるなら手取り年収540万円の1/4なのでピッタリ、そして5年間なら630万円になるので支払えそうですが、結婚、家族が増える、転職などを考えると少しギリギリです。

 

もし貯金があっても頭金を180万円より多く出せれば安心でも、万が一の予測不能事態を考えれば使わずに持ってた方が安心です。

 

もう1つ、ローン以外の車維持費を考える必要があります。

 

次で車維持費シュミレーションを確認して下さい。

レクサスRX、ISの維持費が怖い

ローン以外に1年間でこれだけの維持費がかかってしまいます。

各種コストコスト内容予想出費金額
ガソリン年間7,000キロ走行、17キロ/ℓ
単価@140円
58,000円
オイル交換12カ月に1度交換11,000円
自動税2.0ℓの税金45,000円
任意保険33歳、11等級198,000円
車検費用3年後の金額を3等分61,000円
タイヤ他3年後の交換金額の3等分51,000円
駐車場毎月8,000円96,000円
高速料金等 10,000円
合計金額 530,000円

 

年間維持費の約53万円を毎月にすると約4.5万円となり、毎月のローン9万円と併せれば13.5万円にもなってしまいます。
※年間に使える105万円をボーナス無しで均等払いにした場合。

 

ボーナス併用してもしなくても、年間で105万円の出費を考えると少しキツイと感じてしまいます。

 

独身なら問題ないかもしれませんが、既婚、結婚予定であればこれから5年間に支出は増えても減ることはありません。

 

少しでも支出を減らすには新車ではなく、中古車購入&車値引き交渉、ローン金利値引交渉、そして初めから低金利カーローン等を利用することです。

オーディオやナビまで5年間保証

通常の車は3年間保証、そして追加料金を支払えばもう2年間保証ですが、レスサスは違いマス。

 

初めから5年間保証、10万キロ無償修理になっているのと同時に、なんとオーディオ、エアコン、ナビの電装品も無償修理!

 

この保証なら通常3年過ぎから心配になる故障やトラブルにも対応してくれるので余計な出費がありません。

 

そんな多項目に渡る5年間保証であれば、3年、4年落ちのレクサスを購入しても安心だと思いませんか?

 

3年落ちを購入しても、まだ2年間も完全すぎるメーカー保証が受けられる中古車は超少数派です。※関連記事「保証継承」をお読みください。

 

中古で買っても売っても価値が下がりにくいのがレクサスなんです。

中古レクサスならお金が貯まる

5年間保証なら一般中古車店やディーラー系中古車店のどこで購入しても、万が一のトラブルではメーカー保証が受けられるのはとても大きなメリットになります。

 

5年保証は、トップにある関連記事「保証継承」を読みください。

 

中古の3年か4年落ちのレクサスなら半額近辺で購入可能であり、ローンを組んだとしても毎月の支払額は新車の半額です。

 

つまり年間の自動車ローン返済額が手取り年収の25%以内に収まり、維持費を加えても金銭問題を解決してくれます。

 

レクサスはトヨタの最高級&最優先ブランド、そのために必要なサービス、修理サポートは全て完璧に行なわれる、そうお考え下さい。

 

レクサスが約束した5年間は車の価値を維持する、守る、その為に車オーナーが変わっても車を完璧な状態で乗って欲しい、それがトヨタの精神であるのが分かります。

 

従って、レクサスは中古になっても極端な値下がりをしません。

レクサスに乗る意味

昔のトヨタ最高級車はクラウンであり、キャデラック、ベンツ、BMWなどに対抗できる高級車がありませんでした。

 

そこで、1989年アメリカに登場したのがレクサスでした。

 

発売当初はあまり良い車ではなく、私のSC300(ソアラ)も塗装ミスやオーディオ不具合、走行性能など問題あって1年も乗らずに売却しました。

 

でも&しかし、レクサスはデザイン&性能、そして品質&サービスを最大限強化しながら完全にブランド確立した価値ある車に大変身!

 

車の価値を表現する方法にこんな言葉が昔からあります。

 

ベンツやBMWはどんな古くなってもベンツ&BMWなのは変わらない

 

それと同じに「レクサスがどんな古くなってもレクサス」、そう誰からも思われる価値が備わっています。

 

だから中古でも高値取引される、そうなっています。

 

レクサスに乗ることは他の日本車に乗るのとは意味が違う、でもベンツやBMWに乗るのと同じ、そう考えます。

 

実際にそうです。

 

レクサスなら初めから5年保証があり、それは電気製品であるオーディオやエアコンにまで適用されるのは驚きでしかありません。

 

そうなら中古4年落ちでも安心して買えるレクサス、そうなります。

 

⇒大手中古車店の非公開車情報で中古レクサスを確認してみる【利用無料】

 

※非公開車とは仕入れて7~10日以内のフレッシュな車を意味します。

レクサス=G-LINKの意味とは

レクサスを所有すれば、G-LINKサービスが使えます。

 

ひょっとしたら、それがレクサス購入の本命かもしれません。

 

1年365日、24時間オペレーター対応であり、ドライブに必要などんな情報も即座に教えてくれる世界一のサービスと言えます。

 

それが中古レクサス(5年以内)であっても、手続きと年間使用料を払えば使えるのでハッピーしかありません。

 

旅行や不意の行き先変更でのナビ設定してもらえるのもべんりですが 、一番は事故などの緊急時に役立ちます。

 

昔のTV番組で、レクサスオーナーが深夜の誰もいない場所で大事故にあった話をしていました。

 

  • 「事故で身動きの一切ができない」
  • 「事故信号を検知したG-LINKオペレーターが呼びかける」
  • 「ドライバーからは一切の応答なし」
  • 「オペレーターが至急に救急車手配し命拾いした」

 

レクサスに搭載している位置情報装置によりピンポイントで救急車を手配できた、そう番組説明がありました。

 

実はベンツも似たようなサービスにトライしましたがアウトでした。※2台のベンツ所有経験より

 

レクサスのG-LINKサービスには膨大な維持管理コストがかかる、それをペイさせるのはムズカシイ、それどころかペイしていない。

 

ペイしていようがいまいが、G-LINKはドライバーの大きな安心感になる、だからトヨタはG-LINKを必死で維持している、そう理解できます。

 

少なくとも、欧米の車メーカーにはできません。

 

理由は、欧米人の宗教思想からも来ていますが「自己責任」、その論理&思考だからす。

 

我々、日本人は基本「無宗教」もしくは「神道」であるからこそ、「人を思いやる」「自分よりも人を想う」、そうなりました。

 

だから、G-LINKと考えます。※個人の意見

 

レクサスは使えます!

年収500万円台のレクサス購入まとめ

レクサスなど価値が下がりにくい車、人に自慢できる車、乗って安心&安全な車を選べれば大きなメリットになる、そう思いませんか?

 

それは絶対にそうです!

 

本当はどんなに値下がりする車でも愛すべき車であり、それなりの価値があります。

 

でも、こんな時代にプラスの価値を維持できる車、値下がりしにくい車を選ぶのは正しい選択であると考えます。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー