【保証継承の手続き方法】:サムネイル

アナタが購入したい中古車(含む未使用車)が3年落か5年落ち以内なら、メーカー新車保証を継承できるのをご存知でしたか?

 

メーカー保証さえあれば定期点検はもちろん、もしもの故障でも無料なので安心しかありません。

 

もちろん、走行距離たった8キロの未使用車にも絶対必要な保証継承です。

 

中古車購入で「保証継承」手続きさえ完了していれば、こんなに安心なんです。

 

  • 新車一般保証は電装系など一般部品保証が3年間または60,000キロの早い方までを保証!
  • 新車特別保証はエンジンなど基本部品を5年間または100,000キロの早い方までを保証!

 

私は15台+?の車に乗ってきましたが、奴らは少し不思議でデリケートなマシンです。

 

理由はこうです。

 

所有者が変わり以前と違う運転方法や扱われ方にダダこねる、不具合が起きる」、だからです。

 

そんな中古になったばかりの車達にこそメーカー保証継承がなされるべきなんですが、それが適用される車とされない車があるんです。

 

購入予定の車が未使用車や数年落ち中古車なら、保証継承手続きしてください。

 

さらに購入予定の中古車が中古車店保証かメーカー保証かの違いだけで将来の売却価格に大きく影響する、そのこともお伝えしていきます。

 

知れば得するしかない保証継承を2分で説明します。

不良中古車を買いたくない方に朗報!最長10年保証可能!

どんなに良い車で安くても故障が多ければ、その修理費用で得した分がチャラになってしまいますので中古車選びって難しいですよね。(もちろんお金を払えば故障してもよいなんてことはありませんが…)

そういった中で自信をもって最長10年保証が付けられる業者って頼もしくありませんか?

ネットから無料で相談できるので、これから車を購入するという方は比較対象としても見ることをおすすめしますよ!

⇒安心のガリバーに優良中古車がないか相談する【完全無料】

未使用車(中古車)が保証継承を受ける条件

購入予定の車が3年や5年の新車保証期間にあるのなら、これが可能です。

 

「未使用車や中古車に関係なくディーラーの新車保証に切り替える=保証継承の対象車」

 

そうお考え下さい。

 

車ディーラーに電話連絡して、このように問い合わせ&手続きを行ってください。

 

  1. 車種、年式、走行距離などを伝え、保証継承ができるかどうかを聞く
  2. 上記OKならディーラーで保証対象かどうか12カ月点検と同じ細かな点検を受ける
  3. 問題なければメーカー保証書にディーラー店名ハンコが押されてOKになる

 

たったこれだけなんですが、、、

 

ただし、年式が若くても事故車や改造車などは保証継承を受けられません

 

もう1つ大切なことは、メーカー指定12カ月や24カ月点検を受けていることも「保証継承」の条件です。

 

それも含めて整備手帳を見たり、ディーラーでも確認してもらいましょう。

保証継承を受けるための費用

保証継承に必要な車点検と書類手続きには1万円から2万円以内が一般的です。

 

とても安い金額だとは思いませんか?

 

大手中古車店なら売却前に点検整備をして販売店保証も付けてくれます。

 

し・か・し・万が一の修理ではディーラーの方が安く完璧な修理をしてくれます。

 

理由はメーカーには、これら強力メンバーが揃っているからです。

 

  • メーカー工場から直接購入する安心の正規部品
  • 車種毎にシステム完全チェックできる専用PC
  • 誰にも気づかれたくないトラブルは無言で勝手に修理する
  • 技術優秀なメーカー専門整備士が常駐している、

 

だからです。

 

もし中古車店なら、お金になる修理を無言ですることはありません。

 

そうでなくても、中古車店は自社保証と整備工場を使って欲しいと考えているんです。

 

それは儲かるから次の販売につなげられる可能性を考えるから、そうご理解ください。

 

ここまで分かればメーカー保証継承を受けるとなりますが、次もお読みください。

保証継承を引き受けるディーラーの心理とは

ディーラーは中古車店などで購入されたメーカー車をどう考えるのでしょうか?

 

保証継承を引き受けるのことに前向きなんでしょうか?

 

答えはこうなります。

 

「保証継承を引き受ければ、将来の新車乗りかえに役立つ」

 

従って保証継承条件さえ合えば、ディーラー側は無条件で引き受けます。

 

もし、保証継承に良い顔をしないディーラーあれば、こう言ってやってください。

 

隣町のディーラーにお願いするので、こちらでは結構です!

 

隣町で同じ車を販売するディーラーはライバル、経営者が違う宿敵であり、担当者が焦るのは間違いありません。

保証継承を引き受けるディーラー側のメリットとは?

ディーラーが保証継承を引き受けることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

ディーラーメリットはこれらです。

 

  • 保証が切れた後は一般整備などで利益がある
  • 保証中もタイヤ、オイル、バッテリー交換などで利益がある
  • 車検をディーラーで受けてもらえる可能性大
  • 車検に合わせディーラーで自賠責保険や任意保険加入もある
  • 新車購入でディーラーを使ってもらえる可能性

 

それらメリットがディーラーにあるなら、一切のちゅうちょなしに保証継承手続きをしてください。

 

保証継承することでハッピーしかないディーラーなので、安心して手続きしてください。

 

では車販売した中古車店側はどうなんでしょうか?

中古車店は保証継承をしたくない?

個人の意見ですが「中古車店は保証継承をアナタにススメたくない」そう考えています。

 

中古車店が提供する保証や修理で儲けたいもありますが、これら理由からです。

 

  • 中古車に保証付とするだけで高い価格設定ができる
  • 保証範囲外の故障なら修理で儲かる

 

中古車店とメーカーでは保証内容&範囲&修理技術に差があります。

 

技術だけでなく修理コストにも差があると考えます。※保証継承外修理の場合

 

従ってどちらの保証を選ぶべきかは考える間もありません!

 

メーカー保証は中古車店より良いに決まっているので、保証継承手続きする方が安心、それに間違いありません。

 

以下の様に考えることで中古車店保証が分かります。

 

  • 中古車(未使用車)の価格構成要素には保証費用も組み込まれている保証は無償サービスではない!
  • 中古車店値引交渉では、保証ゼロにすることで更なる値引が可能になる!

 

でも&しかし、保証内容には保証期間も併せて考慮しなくてはなりません。

大手中古車店の長期保証を考える

メーカー新車3年保証、延長で5年保証があります。

 

大手中古車店は、なんと7年や10年保証もあります。

 

その場合はこう考えてください。

 

  • ディーラーで保証継承するなら、ほぼ無償で完璧整備してくれる(とても広範囲保証)
  • 中古車店なら7年や10年保証もあるが保証範囲は限定的

 

もし慎重を期すなら、ディーラーと中古車店の保証内容(項目と期間)を比較してください。

 

但し、整備技術と機器は比較できないことはご承知ください。

 

次は保証継承を受けられる車をどこでどう探すかです。

保証継承を受けられる車の探し方

保証継承できる車を見つける方法はこの2つです。

 

  1. ご自身で年式や走行距離、事故車か否かを確認しながら保証継承車を探す
  2. 大手中古車販売店に「希望車種」+「保証継承できる車」を条件に探してもらう

 

1の方法ではアナタご自身の時間を使ってしまいます。

 

2の方法では中古車販売店の費用が掛かるので事前確認をおススメします。

 

もし個人で保証継承できる車を探すのなら、メーカー指定12カ月や24カ月点検を受けていることを整備手帳などで必ず確認してください。

 

それを確認するには、やはり大手中古車店にお願いする方のが正解かもしれません。

 

理由は、事故車や改造車は仕入れない&扱わない、そして仕入れて2週間程度で売れなければ再度オークションに投げる、だからです。

 

中古車店で「保証継承」可能な車が見つかれば、次にすることは中古車に付いている保証を外してもらう、保証分を値引してもらことです。

 

次は保証継承を使った値引方法をお伝えします。

保証継承を使った値引方法とは?

中古車店保証からメーカー保証継承を希望する場合はこのようにできます。

 

  1. 中古車店だけで有効な車保証を無しにする代わり、更に値引いてもらう
  2. ディーラーにお願いし、新車一般保証3年か60,000キロ、新車特別保証5年か100,000キロの車を手に入れる
    ※注意点は希望する車内容を予めディーラーに問い合わせてから車購入を考えることです。

 

上記1では、中古車価格10%より大きい値引要求しても良いと考えます。

 

理由は3年から5年以内の中古車(未使用車含む)はまだまだ高額であり、10年保証を付ける中古車店もあるからです。

 

10年保証するならば、最低でも1年に1万円程度の中古車店保証コストを想定するべき、それが私の考えです。

 

そんな保証には完全な定価がないので、値引交渉がムズカシイと思われますか?

 

大丈夫です。

 

中古車店側も保証関係の定価(定額)を持っていません。

 

保証関係費用の原価計算もしていません。

 

正しいと言える保証関係費用は決まっていません。

 

そうであれば、10年保証の車は年間コスト1万円として保証費分値引お願いして問題ありません。

保証継承を使えれば高く売れる

アナタが購入する中古車にメーカー保証があり、車検もディーラーで受け続けるのなら、将来の車売却でも査定額プラスは確かです。

 

プラスに働くのはこれらです。

 

  • メーカー保証書には保証継承を引き受けたディーラーのハンコ
  • 整備手帳にはディーラースタンプや担当者名がある

 

買い手がプロなら間違いなくメーカー保証の車、保証継承された車なら高く評価されます。

 

理由は、その車にとって最善&最良のメンテナンスを受け続けてきたことで安全性や信頼性につながる、高く売れるからです。

 

そんな保証継承ができる車ならメリットがあるとお考え下さい。

保証継承車なら個人売買で高く売れる

車で一番高く売買可能なのはヤフーオークションなど個人間取引です。

 

  • 個人間取引で最大の注目ポイントは事故車かどうか
  • ちゃんと整備されてきた車かどうか

 

そんな車の整備手帳にディーラースタンプが押してあればどうなるでしょうか?

 

100%どころか120%で相手を信用させることにつながる、高く売れます!

 

逆に中古車店スタンプが整備手帳に押してあればどうですか?

 

値引交渉されてアウトかもしれません。

 

保証継承さえすれば損することはありません。

 

保証継承を受けた車なら高く売れるで思いだすのがレクサスです。

 

次は、購入経験あるレクサスに保証継承が使えるお話です。

レクサス保証継承が最高な訳

レクサスなら認定中古車店でも一般中古車店から購入しても、製造から5年以内なら新車継続保証が受けられます。

 

レクサス全て5年保証しかないので使えます。

 

それもエアコン、オーディオ、ナビなど電気製品まで5年保証なのはレクサスしかありません。

 

高級なレクサスはCPO(認定中古車)じゃなと保証継承ができない、そう考えるのは違います。

 

レクサスディーラーの車両点検で問題なしと認められれば、どこで購入したレクサスでも保証継承が受けられます。

 

個人的に最も使いたいのは、レクサスにしかないG-LINKサービスです。

 

これさえあればオペレーターに何でも教えてもらえます、探してもらえます。

 

万が一の事故で動けなくなっても、意識を失っても自動対応で救急車が駆けつけてくる魔法のようなサービス、それがG-LINKなんです。

 

従ってG-LINK使用料さえ払えば保証継承の車に使えます。

 

ちなみにベンツも同じようなシステムを持っていますが、レクサスには敵いません。

 

最新記事「中古レクサスに保証継承を使う」に詳しく書きました。

 

保証継承デメリットをメリットへ

ここまで保証継承のメリットばかり書いてきましたが、デメリットもあります。

 

それは「中古車店で購入した車を、初めての新車ディーラーで保証継承をお願いする」、そのことです。

 

ひょっとしたら、保証継承を少しだけ受け付けたくないディーラーがあるかもしれません。

 

アナタが保証継承をディーラーに申し込む際に、こう伝えてください。

 

  • 前から欲しかった〇〇〇をやっと購入できました
  • この車が好きなのでモデルチェンジでは早目の情報をください

 

上記をディーラー側に伝えれば、アナタは将来も有望なお客様になる保証継承も快く受付けてもらえる、そう思って間違いありません。

 

そのストーリー検証するためにも、3年以内の中古車購入となります。

 

まとめ前にもう1つお伝えします。

新車購入で使える過去の保証継承ヒストリーとは?

保証継承をしてまで、中古車(未使用車)を手に入れたアナタなら、新車ディーラーからこう見られます。

 

「将来も有望な顧客の1人である」

 

アナタの大切な時間と手間、そしてディーラーに1万円(車種による)も支払って新車保証継続した、そのことが認められない訳がありません。

 

こうお考え下さい。

 

数年後に同ディーラーから新車購入しようとするアナタは、初めてのお客さんではありません。

 

常連さんです。

 

常連さんに不義理をするディーラーなどありません、少なくとも日本には。

 

保証継承は使えます。

保証継承の手続き方法のまとめ

中古車の保証継承がこんなに簡単にできるのなら使ってみたい、そう思いませんでしたか?

 

車は安く買えればウレシイのは誰も同じですが、それはその場限りで終わってしまいます。

 

それよりも買った車が故障して何万円、何十万円も出費する方がどれほど大変かキツイかです。

 

もし、購入したい車が保証継承を受けられるのであれば是非トライして下さい。

 

それが可能になったのなら、車保有の安心感が根本より違ってくるからです。

 

さらに将来の新車購入でも役立つ保証継承です。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

⇒関連記事「ガリバーで車を買うのには理由があった」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー