新車や中古車にはディーラー(信販系)ローンをおススメします!

 

趣味の車、生活の車だからこそ心にストレスを抱えないのがディーラーローン。

 

金利は銀行マイカーローンより高くても、金利値引も可能なのはディーラーローン。

 

車は選びは真剣でも、支払い方法は楽ちんで行きたいと思いませんか?

 

読み時間2分です。

銀行ローンよりディーラーローン

時間が大切、ストレスを感じたくないアナタならディーラーローンしかありません。

 

お金を銀行から借りた人なら分かるんですが、審査がキビシイ、銀行の雰囲気が苦手、ジーンズ&Tシャツ姿でローン申込みできる雰囲気じゃない。

 

銀行ローンの審査期間や提出する書類の多さだけでも大変です。

 

それとは逆に、ディーラーローン(中古車店含販売店ローン)なら数分、長くて30分程でローン審査完了などメリットが多くあります。

 

過去に全てのローンを経験したから言える借入方法メリットとデメリット知って下さい。

各ローンのメリットとデメリット

銀行とディーラーローン(信販会社)の違いをチェックして下さい。

ローン種類&詳細 銀行ローン ディーラーローン
中古車店ローン
借入審査時間 約7日間 数分から30分
借入用提出書類 多い 少ない
審査方法 キビシイ カンタン
ローン金利 2~3% 5%~6%
金利値引の有無 無し 有り(可能)
保証人 不要 不要
最長返済期間 72回以上あり 72回以上あり
定職 必要 必要
車所有権 所有者名義 ディーラー名義
ローン中の車売却 可能 不可能

 

上記、各項目への質問に対する返答はこれらになります。

 

  • 銀行は個人の信用に対する融資なので担保不要、しかし審査時間や融資条件がキビシイ
  • ディーラーローンは車を担保とするので審査時間や融資条件がカンタン
  • 銀行は信用ある個人への融資なので貸出リスクが小さい=金利が低い
  • 銀行は個人の信用に対して融資し、車所有権も個人名なのでローン中でも売却可能
  • ディーラーローン期間中の車所有権は個人にないので、ローン完済後に売却できる

 

もしアナタが必要とする返答が含まれない場合はお詫びします。

短い審査時間のディーラーローン

ディーラーローンならお仕事が派遣、アルバイト、パートでも融資を受けられます。※国産と外車ディーラーの営業マン両方に確認済

 

アナタに一番大切なのが時間なら、どれだけ時間を有効活用できるかを考えませんか?

 

銀行ローンは長い審査時間と多くの必要書類となり、時間がモッタイナイ、そうなります。

 

もし中古車購入でディーラーローン(販売店ローン)を使うのであれば、審査30分以内、車は約1週間で納車されるので早過ぎです!?

ディーラーローンの金利問題

ディーラーローンの提供元は信販会社です。

 

まず貸出の仕組みを少し知って下さい。

 

  1. ディーラーは車ローン希望者を信販会社に紹介する
  2. 信販会社はローン希望のアナタを審査し融資手続き開始する(30分前後)
  3. 信販会社はディーラーへ顧客紹介手数料を支払う

 

つまり信販会社はディーラーへ顧客紹介手数料を払っている、ディーラーは車販売以外で儲けている。

 

従って、アナタはその儲けの一部を値引で還元してもらえる、その論理です。

ディーラーローン金利値引方法

ディーラーローン金利が何もしないで値引されるのはキャンペーン期間しかありません。

 

それは12月年末商戦、そして3月本決算期、次は9月中間決算期です。

 

ディーラーはそれら商戦時期に合わせて優遇金利=キャンペーン金利のサービスを展開します。※信販会社とコンビを組んで。

 

キャンペーン期間であれば黙っていても金利数%は下がり、銀行ローン並みの低金利が見込めます。

 

新車、中古車とも販売店ならどこも決算期に売上を増やしたい、良い決算を迎えたい、営業マンはいつもの倍を売り上げたい!

 

従って、キャンペーン金利は真面目に使えます、利用しない手はありません。

 

しかし車ローン金利なら3%でも5%でも支払総額があまり変わらないことをご存知ですか?

 

住宅ローン35年間で金利2%と3%の違いなら最終的にスゴイ支払差額(損)になってしまいます。

 

それが車ローン金利3%と5%なら少ない支払差額にしかなりません。

 

理由は金利適用期間(ローン期間)が3年、4年、5年と短い+借入金額が少ない、それが答えです。

 

金利の高い安い以上に、借入金額の大きさx借入期間の長さ=支払金額にとんでもない差額がでる、、となります。

 

もちろん、安い金利なら助かるのでキャンペーン利用や金利交渉はお忘れなく!

 

まとめ前に、比較で銀行マイカーローンならどうなるかをお伝えします。

銀行マイカーローンならこうなる

銀行マイカーローンとディーラーや中古車店(信販会社)ローンの違いはお伝えしました。

 

し・か・し。決定的な違いはまだあります。

 

それは信用です。

 

信用とは銀行がアナタに対する評価とも言えます。

 

銀行マイカーローン審査に通り、完済すれば信用をゲットできます。

 

信用はディーラーや中古車店ローン(信販会社)では絶対にゲットできません。

 

理由はこれらです。

 

  • 銀行マイカーローンは審査を受けて借りる「正式なローン=借入」
  • 車販売店ローン(信販会社)は簡易審査で融資する=月賦販売

 

車販売店ローン=月賦販売に近いシステムなので高金利+車を担保に取る、そうお考え下さい。

 

従って「信用」などゲットできるはずもありません。

 

それが銀行マイカーローンならこうなります。

銀行が提供する信用とは

銀行マイカーローン完済後に、こんな電話が銀行からありました。※個人の経験より

 

「いつも大変お世話になっております。○○銀行でございます。」

「何か新しい資金需要がございましたら、いつでもお申し付けください」

 

おわかりでしょうか?

 

正式なローン審査に通り完済したので「信用」ができたんです。

 

一度でも信用を得られれば、新たな融資も受けられる、車ローンに限らず事業資金も借りられる、そうなります。

 

そんな銀行マイカーローンなら、車購入が決まっていなくても申し込めます。

 

ローン審査に通れば1年間の利用可能期間があるので、余裕をもって新車や中古車選びが可能になります。

 

⇒銀行マイカーローンが使えるか簡単5秒診断で確認する【利用無料】

車を買うならディーラーローンのまとめ

ディーラーローン(販売店ローン)ならローン返済完了まで車売却ができなくても、直ぐに必要な車を入手できます。

 

ローン支払い中でも改造も好きにできてしまいます。

 

銀行ローン審査に比べ短時間、借入確率はとても高い、時間をとても有効に使える、だからディーラーローンとなります。

 

もしアナタが残価設定ローンや自社ローンなどをお考えであれば止めて下さい。

 

理由はリスクが高い、損をする、本当に車を買ったことにならない、それしかありません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー