外車の納車期間は超長い!【代車は借りられるのか?】:サムネイル

外車は在庫または入庫予定リストから購入するのが一般的です。

 

でも&しかし、それでは納得できない、カラーや装備にこだわりたい時は注文になります。

 

そこで問題になるのが、注文車両が届くであろう4ヵ月後5カ月後などの愛車下取り額、そしてと長期に渡る代車が可能かどうかです!

 

私個人の経験踏まえお答えします。

 

読み時間1分です。

外車の納車期間が5ヵ月など長い理由

注文車両が現地工場で製造、そして出荷され迄に数カ月、そから貨物船に乗せられます。

 

多くのドイツ輸入車はドイツやオーストラリアなど各国工場から約40日ほどかけて関西の三河港などに到着します。

 

特にドイツからの貨物船は幾つもの港を経由するので40日など長い航海日数がかかる訳です。

 

貨物船が日本の港に着いたら終わりではなく、ここから作業が行われます。※ベンツ営業マンに確認済

 

  • 輸入通関
  • 車両作動検査
  • 郵送中に付着した鉄粉等の除去作業
  • その後に普通洗車
  • 内装、外装、各機能検査、下回り検査
  • 必要に応じた補修
  • ディーラーオプションなど装着
  • ボディ磨き作業

 

上記の全て完了後に各ディーラーへ配送され、さらに数日かけて確認作業が行われます。

海外出荷されるので厳重に養生(ようじょう)される車

以前ディーラーから「ご注文の車が到着しました」、そう連絡を受けたので散歩がてら見に行きました。

 

その車のボンネット等に白い大きなシートが貼られていたのを覚えています。

 

それは、日本での検査完了した車が国内輸送中にキズが付かないようにするモノだったようです。

 

輸入車注文では3~4カ月は普通にかかる、さらに特殊な車種や装備なら4~5カ月もかかってしまう訳です。

 

実際、私は5ヵ月近く待ちました。

5カ月間も代車を借りられるのか?

5カ月間など長期間の代車は普通できません。

 

1カ月ほどなら代車を出す店もあるようですが、それは良い店、若しくは販売する車がとても高額な場合など限定的である、そうお考え下さい。

 

販売店側としても、代車目的で保有している車はほぼありません

 

従って、試乗車の一部を代車にしたり、下取車に任意保険を付けて貸し出すしかない訳です。

 

つまり代車にはコストがかかる長期間の貸し出しはできない、そうお考えください。

 

そんな代車なら任意保険に入っているのが普通でも、必ず事前確認して下さい。

 

もし、万が一の事故もあり得るからです。

下取り車があったらどうするのか?

愛車を5カ月先に下取りに出す「購入契約」なら、5カ月間も愛車を維持しなくはなりません、売れません。

 

しかし、その間に下取価格が下がる可能性がある、可能性と言うか下がるのが普通です。

 

そうであっても、上手い方法があります。

 

注文書の備考欄に、この様な記載してもらって下さい。

 

「下取り車を、いつでも他に売ることを認める」、これだけです。

 

車は人間の様に時間経過と伴に年を取ります、旬があると当時に時価もあります。

 

厳密には約3~4週間で値下がりを繰り返すのが中古車、そう業者は話します。

 

従って、新車が届く5カ月後ではなく、この今に車を売る方が10万円、20万円も高くなる、その可能性を考えて下さい。

納車を待ってから売るのでは遅い!

では注文外車を待つ間に車売却するとなれば、どこへどう売れば良いのでしょうか?

 

一番高く買い取ってくれる業者に売るしかありません。

 

それを可能にするのは、各業者の買取価格を比較する方法、それを考えます。

 

ディーラー下取り価格は最安値になる可能性もあるので、中古車買取店を2軒か3軒回って比較するようにします。

 

現実として「ディーラーでは高く下取りできないんです」「買取店での売却をお勧めします」、そう営業マンからアドバイスされた昔の私でした。

 

自宅に居て全てを済ませるなら、一括査定業者を3社ほど呼べば業者間でのライバル意識が働き、値段交渉しなくても自然とベストプライスになり得ます。

 

⇒ 価格交渉なし、努力なしの高値売却が可能な同時一括査定を確認する【利用無料】

一番カンタンで安い車の借り方がある!

注文会社が届く前に車が高く売れたとしても、今の足、日々の足をどうするのかです。

 

一番安い方法は必要な時にカーシェアする、それしかありません。

 

カーシェアが一番安い車の借り方です、以下;

 

  1. ネット予約は24時間できる
  2. 料金は15分で206円、ガソリン代込み
  3. 直前キャンセルも利用1分前でOK
  4. 近所のタイムズなど駐車場で予約した車をピックアップ
  5. 返却は車内のゴミを片付ける程度で元の駐車場へ戻す、給油不要

 

レンタカーの様に係員が一切介在しないので、一番楽な車利用方法です。

 

もし、アナタの車使用頻度が週に数回ならカーシェアをお考え下さい。

 

カーシェアにも外車が多くあり、ひょとしたら購入契約したのと違う外車を気に入、そんなる可能性がないとも言えません!?

 

⇒ いつでもどこでも売却義務なしの一括査定を確認してみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

外車の納車期間は5ヵ月など超長い場合がある!:まとめ

個人的にも注文した外車を5ヵ月近く待った経験がありました。

 

車が届くまでとても楽しみで、連絡もないのに不定期にディーラー駐車場を眺めていた記憶は今でもあります。

 

大好きな外車に現地メーカー装備満載!

 

日本で一般的でないカラーをリクエスト!

 

従って、メーカーへ注文するしかありませんでした。

 

その際には、担当ディーラー営業マンから「お乗りの車は下取りにしないで、直ぐにどこかの買い取り店で査定してもらって下さい」、そうアドバイスされました。

 

こうも言われました「弊社では高い下取りができないんです」、、、、

 

営業マンがそうアドバイスすると言うことは、外車や日本車に限らずディーラー下取りはかなり安い、高くは売れない、そう理解できました。

 

⇒ そうなら査定受けても売却義務がない一括査定でいくらか確認してみよう!【利用無料】

 

本日の記事が、少しでもアナタのお役に立てたのなら幸いです。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー