12月や1月は銀行オートローン、そして車ディーラー共々キャンペーン金利を打ち出し車購入最大チャンスなのはご存知ですか?

 

ディーラー通常金利が6%や7%であっても2%や3%値引もあり必死で集客をする12月、そして1月です。

 

金利が高いディーラーローン(信販会社系)では数分でローン合否判断できるので、車購入の60%が使っていると言われています。

 

60%の中にはもっと金利が安くお得な銀行マイカーローンが使えるのに、何故か使っていません。

 

しかも12月、1月は銀行マイカーローンも特別キャンペーン金利があるので更にお得になります。

 

実は銀行オートローン最大のメリットはアナタの将来につながる有効な社会的信用度が増すこと、2番目が金利が安いこと、そう考えます。

 

読み時間1分で〇〇万円が特になるお話をします。

銀行マイカーローンの何がお得なのか

銀行マイカーローンと信販会社系のディーラーローンの何がどう違うのか、損得は何かを知って下さい。

審査内容等銀行マイカーローンディーラーローン
仮審査時間ネット入力5秒で判断無し
本審査数週間数十分以内
ローン金利2%前後が多い6%前後が多い
保証人不要不要
定職必要必要
借入範囲諸経費+車両代金諸経費+車両代金
車の所有権
(車検の名義)
始めからアナタの名義で登録信販会社名またはディーラー名で登録
車売却自由度
(ローン中含む)
いつでも売却可能ローン完済後に売却可能

 

銀行マイカーローンとディーラーローンの大きな違いは時間とお金しかありません。

 

もしアナタがお金より時間が大切であればディーラーローンを選びます。

 

アナタが時間を要してもお金が大切にするのなら銀行オートローンを選びます。

ローン審査内容と意味を知る

ローンとはモノを買うためにお金を借りる行為です。

 

お金を借りる相手は銀行、信販会社(ディーラーローン)であっても、それら機関に共通な貸出ルールが存在するのを知っていますか?

 

  1. 貸出にはリスクがある、
  2. リクスはヘッジしなければならない、
  3. リスクヘッジの基準設け貸出相手に求める
  4. 設けられた基準内容が金利の大小や所有権の有無となる
  5. リスクヘッジ困難と判断すれば貸出しない

 

次は銀行とディーラーで大幅に審査時間が違っても、どちらのどのメリットが役に立つのかお伝えします。

ローン比較でわかること

銀行オートローンとディーラーローンを比較し違いを知れば、アナタにどちらが合ってあるかが分かります。

銀行オートローン
  • 低金利融資の代わりに確実な信用をアナタに求める
  • 信用調査に数週間単位の時間をかける
  • 借りるアナタに時間と手間が必要になる
  • お金を貸す相手はアナタ自身なので、車はアナタの所有名義
  • 車検証名義はアナタ名なのでいつでも車売却可能
  • 万が一の返済不能では法的責任を負う
ディーラーローン
(信販会社系)
  • 金利が少し高い代わりに融資決定時間は数分から1時間以内
  • 信用調査が短時間な理由は車を担保とするから
  • 借りるアナタに時間と手間はほとんど不要となる
  • 車検証名義はディーラーか信販会社なので完済まで売却不可能
  • 万が一の返済不能では法的責任を負う

 

上記から分かわかるのは、アナタの時間と手間をかける&かけないでこうなることです。

 

時間と手間をかければ

  • 低金利お金をセーブ出来る
  • 車名義はアナタとなる
  • 今後の金融系信用調査で信頼度が増す

 

時間と手間をかけないのならば;

  • 高い金利を支払う
  • 車名義はディーラーか信販会社
  • 金融系信用調査の評価は普通

 

上記の時間と手間をかけられるかどうかは何気ない習慣で決めてしまうがちです。

 

個人的にはスーパーでドリンクを買えば安いのに、ついつい近場のコンビニで買ってしまう、要するに手間を惜しんでしまう行為、習慣が影響しています。

 

しかし、高額商品を購入する場合に時間と手間をかければ必ず大きな金額差になるのは間違いありません。

金利で分かる支払総額の差

数年間の車ローンでもこんなに支払総額が違ってしまうのを確認して下さい。

 

  • 借入金額180万円
  • 借入期間4年間(48回払い、ボーナス返済なし)
  • 借入金利: 銀行オートローン2%
  • 借入金利: ディーラーローン6%

 

 毎月の支払額支払総額
銀行オートローン2% 39,051円 1,874,448円
ディーラーローン6% 42,273円 2,029,104円
差額 銀行-ディーラー = +154,656円

 

金利が安くなると約15万円がお得になりました。

 

もし時給千円のアルバイトなら150時間分にもなります。

 

低金利でお金を借りられるのなら、大切な時間を150時間もセーブしたといえます。

 

⇒ローンの試算をする場合はこちら

 

車ローンのまとめ

車は新車でも中古でも数十万円、数百万円など家に次いで高価な買い物に間違いありません。

 

ただし家と違い借入金額と期間が短いので、大きな借入リスクには感じられません。

 

しかし、車に限らず銀行ローンで借入&返済完了を続けるのなら、同銀行含めアナタの大きな社会的信用構築していることになります!

 

ディーラーローン(信販系)ではアナタの個人の信用構築にはつながりません。

 

車購入の流れでディーラーローンにする前に、どれだけ金額的に得かを金利計算ソフトで試算すれば分かります、感じられます、その支払総額の違いを。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー