アナタが20歳前やアルバイトなら車ローンが組めないかもしれません。

 

ディーラーや中古車店は何とか車を買って欲しいから、「保証人付ければローンOK」とのコメント。

 

アナタには保証人を頼める親しい友達はいない、親も地方に住んでいて豊かではない。

 

どうしますか?

 

車をあきらめるか、それとも無理やりでも誰か保証人になってもらうか、悩むのはアナタだけではありません。

 

まず最初は保証人と立てて車を購入する意味があるのか、ないのかを判断できるお話をします。

 

次の保証人なしの車ローン購入の可能性とテクニックをお伝えしましょう。

 

⇒関連記事「車ローン審査が何回も通らなかったら、これしかない!」

読み時間1分30秒です。

車が欲しいから買うだけが理由

人は考えて行動するといわれますが、現実は最初に欲しい感情スイッチONで「車を買いたい」となり、考えや論理は全て後付けでしかありません。

 

この欲望は急に食べたくなる好物と全く同じと考えて下さい。

 

でも、何かをゲットするにはお金が必要なので、欲しいモノを買えるお金があればGOでも、無ければ待ち状態かあきらめるしかありません。

 

人間社会にはお金を借りる方法があっても、見ず知らずの人がお金を借りるには担保を入れたり保証人が必要となります。

 

保証人を引き受ける人がいても、万が一にアナタがローン支払ができない場合は、支払い責任の全ては保証人となり、アナタと保証人の人間関係はアウト。

 

アナタは車ローンを組むために、担保、保証人、金利まで支払って車をゲットしようとしています。

 

そこまでしても、車ゲットなら次へ読み進めてください。

車ローンの保証人手配方法

アナタが保証人を家族、親せき、友人、同僚にお願いしても迷惑をかける確率があります。

 

アナタが絶対に迷惑はかけないと考えて保証人を頼んでも、世の中全てのことは確率論以上の数値でトラブル発生するのは計算式でも証明できています。

 

従って、「個人保証代行会社」に保証人を引き受けてもらえば、車ローンの保証人になってもらえます。

 

保証代行会社への支払いは車ローン金利より高い可能性もありますが、近しい人達へ万が一の迷惑をかける確率はゼロになる、そうお考えください。

車ローンで保証人不要にする方法

アナタが20歳未満、アルバイト等で定期収入がない、定職でも年収200万円以下などならローンに保証人を求められます。

 

もし保証人を求められたら、ディーラーや中古車店に下記を実行すれば保証人なしえでローンを組めるか問いただしてください。

 

  • 頭金を入れる&増やす
  • ローン金額を少なくする
  • 車購入代金の50%を現金払い、残り50%をローン
  • 予定より安い車の変更してローンを組む

 

車ローン希望者の多くが保証人を要求されても、どうして保証人が必要なのか、どうすれば不要になるのかの何もディーラーや中古車店に質問していません。

 

保証人なしのローン可能性を探す行為をしてください。

 

そして、アナタが何をどう質問してもローン保証人を要求されるのなら、経営母体が違う別の地域のディーラーや中古車店で同じ行動を繰り返します。

 

理由は、車販売会社ごとに経営方針が異なる、違うローン会社を使っているからです。

 

単純論理でも、場所が違えば、会社が違えばモノへの判断基準も違ってきます、高い確率で。

 

さらに車が売れてる店、売れてない店があり、どうしても売上をアップしたい会社ならローン会社(信販会社)と相談しながらも、ローン審査基準を緩和する可能性があります。

 

どうですか?

 

少し希望が持ててきたのではありませんか?

 

ただし、未成年、未就労の単独ローン(保証人なし)はギブアップするしかありません。

 

余計なコメントですが、車ローン審査をするローン会社(信販会社)が使う信用情報機関によって判断が違うのもあります。

保証人なしの車ローンまとめ

もしも最後まで車ローン保証人を求められるなら、ディーラーや中古店がアナタに伝えた保証人を必要とする理由を改善するしかありません。

 

それは年齢、定職、収入、などの安定化です。

 

定職には長期間のアルバイトや派遣も含まれるので、安心してください。

 

日本の労働人口約6,500万人の半分近くが非正規雇用なので、ローン会社が考える定職基準も変化しています。

 

日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー