忙しいアナタは、車ローン審査が楽なとこで借りたいと考えていませんか?

 

そうなら、最初はカンタン審査のディーラーローンにトライ、それがムズカシイとなれば消費者金融や銀行フリーローンしかありません。

 

しかし、ディーラーローン金利は通常6%前後、フリーローンなら14%にもなってしまいます。

 

特にフリーローンは借りる人の信用によって大きく金利変動するので、金利13% や14%が普通なんです。

 

アナタが考えているカンタン車ローンを使うとどんな損をするかまずチェックしてください。

 

さらに審査がキビシイと言われる銀行マイカーローンで借入できれば、金利+αの得があることもお伝えします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

ローン金利次第で高い買い物になる車

金利が安い銀行マイカーローンを使おうとすれば、申込みから審査完了期間は約10日間が2018年の平均です。

 

アナタは約10日間を待たなくてはなりませんが、ローン支払いではこんな得しかありません。

 

ローン金額:200万円

支払回数 :48回(4年間)※ボーナス返済無し

ローン種類金利毎月の支払額支払総額
銀行マイカーローン2.4% 43,740 2,099,520
ディーラーローン6.0% 46,970 2,254,560
フリーローン14.0% 54,653 2,623,344

 

毎月の支払差額は3千円や1万円でも、4年間払い続ければiPHONEやラップトップ数台は買えるほどの金額差となります。

 

もっと大きなことは、ディーラーローンを扱う信販会社やフリーローンの銀行系&消費者金融でお金を借りてもアナタの信用構築にはなりません。※信用構築=過去の取引実績から信用を築く=将来の借入が楽にできる

 

銀行マイカーローンで借入を実行し、問題なく完済すれば金利が安い以上に「信用構築」のメリットがあるんです。

 

2018年、2019年、2020年、もっと不況は続きます、給料アップの材料ほとんどありません。

 

そんな中でも、車ローンや事業資金を借りたい人がどんどん増えますが、信用構築を意図的にしてこなかった人にはキビシイ審査基準となり借入不可や高金利になる可能性大でしょう。

 

銀行でお金を借りて問題なく返済完了した人は、信用構築がなされている、そうご理解ください。

 

従って、新たな融資案件でも良い条件でお金が借りられるメリット&可能性大となります。

 

そんな借りて返してを問題なく続けることで、さらに大きな信用構築へつながり、短い審査時間、融資金額増大、低金利などメリット数も増えて行くと考えてください。

 

どうですか?

 

少しずつでも銀行マイカーローンに興味がわいてきませんか?

銀行を選んでマイカーローンにトライする

大手都市銀行のローン審査はいまだにキビシイのでおススメしません。

 

昔の銀行マイカーローン審査はキビシク、時間も手間もかかって借りたくないローンのナンバーワンでした。

 

例外としては、アナタの給料振込先が都市銀行=取引銀行なら、マイカーローン申込みしてください!

 

それ以外のアナタにおススメなのは、地方銀行などでネットシステムが使いやすいところです。

 

ネットシステムが使いやすい地方銀行なら、短時間審査+融資基準も緩和しているのとこが多く使えます。

 

マイカーローンに積極的な銀行はネットがとても使いやすいのが共通点です。

 

使いやすいネットシステム構築には、アイデア含め巨額資金を投じている=融資に積極的、そ考えられます。

 

さらに独自の審査基準を設けているので(緩和している)、仮審査も本審査もとても早いという特徴があります。

 

銀行は20年以上も続く不況で企業融資先がなくなり、残るは個人融資しかありません。

 

もし個人融資がしにくい&審査が遅くキビシイ銀行はサヨナラしかない、それは銀行側も良く理解しています。

 

だから他銀行より早く簡単に融資をしないと自分の銀行が生き残れない、そんな現実からアナタは有利な立場にあると考えて間違いありません。

 

今は、どこも銀行経営がキビシクなり、銀行マイカーローンの審査基準や手間もこんな楽になりました。

 

  • まず審査基準が大きく緩和され借りやすくなっている(地方銀行など)
  • 簡単診断5秒
  • 仮審査申し込み時間10分前後
  • 本審査時間が10日間ほどに短縮された
  • 職種を問わず、勤続半年~1年ほどでOK
  • パート&アルバイトは勤続年数によってOK、
  • 年収基準も200万円+で借りられる(借入金額による)
  • オートローン金利2%~3%以内で借りられる
  • 多くの手続きをネット&郵送で行えるようになった

 

こんなに審査基準が緩和されているなら借りれる、そう考えるのはアナタだけではありません。

 

実は、銀行マイカーローンはもっと進んでいました。

銀行マイカーローンの審査基準が激変中!

銀行マイカーローン借入年齢基準の20歳以上は同じでも、審査基準&用途含めこんなに激変中です。

 

  • パートやアルバイトでも借りられる
  • 新社会人で借りられる(勤続0日)
  • 新しく務める会社内定者段階でも借りられる
  • 取引銀行でなくても借りられる(これは普通です)

 

さらに銀行マイカーローンぼ用途が広い。

 

  • 新車や中古車の車両代金
  • 自動二輪新車や中古車の車両代金
  • 自動車やバイクのオプションなど購入諸費用
  • 車検や修理費用
  • 免許取得費用
  • カー用品購入費用
  • 自動車ローン借り換え目的費用

 

借入金用途もほとんど自由&制限がない、これがマイカーローンです。

 

銀行マイカーローンが最低金利であるメリットは知ってもらいましたが、もっと究極のメリットお伝えします!

 

⇒銀行マイカーローン:現在の金利を確認する

銀行マイカーローン究極のメリット

銀行マイカーローンなら、車検証名義はアナタの名前になります。

 

つまり車所有者はアナタなので、ローン支払い途中でも、購入直後でも車売却ができます。

 

ディーラーローン他なら車検証名義は信販会社かディーラー名なので、ローン完済して名義変更するまで売却も何もできません。

 

銀行ローンを組めば良いことだらけのようですが、昔の銀行マイカーローン希望者はシビアな審査を受けざるを得ませんでした。

 

  • お金を貸してやるぞ的な銀行員の横柄な態度、
  • 融資まで4週間以上もかかる、
  • 何回も銀行で出向き、必要書類含め手続き、

 

個人的に昔の「しぶしぶお金をかしてやるぞ」そんな時代に借りた経験がありました。

 

記憶では「横柄な銀行マン、嫌なヤツラ」そんなことを覚えています。

 

2018年は、銀行の生き残りかけてローン審査基準を緩和し多くの人達に借りてもらいたい、それは上記「審査基準激変」が証明していると考えます。

もしマイカーローン審査に通らなかったら

アナタが正社員、パート&アルバイトでも20歳以上なら銀行マイカーローンを使えることを説明してきました。

 

でも&しかし、ブラック以外でも何らかの理由でローン審査が通らいケースがあるのも確かです。

 

それに対応するテクニックはこれしかありません。

 

  • ネット銀行&地銀ネットシステム完備(使いやすい)銀行マイカーローンを最低3行はトライする!

 

理由は、お金を貸したい銀行には各々の審査基準とその幅があるからです、この様に。

 

  • 勤続年数を重視する
  • 短期間での勤務先変更などを重視する
  • 年収と総借入額のバランスを重視する(総量規制等)
  • 収入と総借入額と各借入に対する支払完了時期を重視する
  • 過去の債務不履行などを重視する(年数をさかのぼり過ぎる等)

 

銀行によって、上記のどこを重視しているか若しくは総体的に見ているか、それら基準はマチマチです。

 

それら審査基準で審査が原因でローンが通らないもあるでしょう。

 

ただ1ついえることは、若いアナタが完全&完璧条件でローンを組めることはありません。

 

それは企業に長年勤務した人でも公務員でも皆同じであり、みんなそれぞれ信用情報に凸凹こそあっても完璧はあり得ません。

 

だ・か・ら・最低でも3つの銀行でトライする必要があるんです。

 

⇒借りられるか5秒で確認したい人はこちら

車ローン審査は銀行から受けるまとめ

銀行マイカーローンに落ちる落ちないは、各銀行の審査基準違いが大きな原因です。

 

そうであれば、ネットシステム完備(使い勝手の良い)銀行2つ3つでトライしてください。

 

各銀行の審査基準の違いが審査に大きく影響するのは確かです。

 

昔の銀行は横柄な態度でお金を貸してやる的でした。

 

2018年の銀行はお金を貸したい、お金を借りて下さい、何とかこの人にお金を貸せる条件はないか、そんな論法なのを知ってください。

 

アナタがブラックで無い限り、銀行マイカーローンにトライする価値があります。

 

大切なお金を低金利で安く借りられるのは、日本に住むアナタの権利だと考えてください!

 

いつも最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー