アナタにとって初めての車ローン購入なら絶対に知って欲しいことがあります。

 

ほとんどの車ローン手続きは購入の流れの中で行われるので、何も知らずにどんどん契約だけが先に進んでしまいます。

 

もし何も知らずに200万円の車ローンを組めば、高いローン金利によって10万円や15万円も多く支払わなくてはなりません。※金利が安いローンに比較して

 

そんな高いローン金利なら、せっかくの車値引き交渉も水の泡の可能性大。

 

従って車販売店に出向く前に、ローンの種類と金利、借りても良いローンと悪いローン、絶対に使ってはダメなローンを知ってください。

 

読み時間2分です。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

借りても良い悪いローンの順番です

アナタが使うべきローンは1番、その次に使っても良い=一般的なローンは2番です

 

1番、銀行マイカーローン(オートローンともいいます)※OK

2番、信販会社ローン(新車ディーラーと中古車店で利用するローン)※セーフ

 

使ってはダメなローンの順位です。※1つしかりありません!

 

1番、残価設定ローン(アウト)

※自社ローンと呼ばれるモノもありますが、論外なので書きません。

 

では各ローンがアナタにも使えるか、どんなメリットとデメリットがあるのか1つずつ説明します。

銀行マイカーローンの良い悪い

ディーラーや中古車店では絶対に紹介してくれないのが銀行マイカーローンです。

 

どうしてアナタに紹介してくれないのか、アナタにこんな得になる低金利なのにナゼなのか?

 

それは銀行マイカーローンはアナタと銀行との直接契約だからです。

 

ディーラーや中古車店がその契約に関わることはできません、あり得ません。

 

ディーラーや中古車店なら、アナタを信販会社ローンに紹介するだけで簡単に手数料が入る、そんなシステムなんです。

 

そんな紹介手数料も何も含まないから、銀行マイカーローン金利が一番安いです。

 

では銀行マイカーローンの良い悪いを知って、アナタにつかえるかどうか判断をしてください。

良い部分

  1. 銀行マイカーローンだけが金利2~3%と一番安い。※信販会社ローン金利比較で
  2. ローン購入しても車所有権(車検証明名義)がアナタ名になるので、ローン支払い途中でもいつでも売却できる。
  3. アルバイト、パートなど非正規雇用でも1年程度の勤務実績と定期収入があれば借りられる。
  4. 次にローン借りる際には、金利含めた貸出条件や審査が緩和される※車ローンに限らず
  5. 銀行マイカーローンなら車両+税金など諸費用+年間維持費まで借りられる
  6. 銀行マイカーローンで仮審査にさえ通れば1年間の利用猶予期間があるので途中キャンセルできる

悪い部分

  1. ローン審査=許可までに約10日間が必要なる
  2. 会社での勤務実績(パート、アルバイトでも)が1年未満や不定期収入なら使えない

 

⇒銀行マイカーローン:低金利での返済シュミレーションしてみる【利用無料】

 

もし返済シュミレーションが手間なら、記事最後にある【自動車ローンの「借入金額・金利・期間」全比較で分かること!】をご覧ください。

 

借入金額、金利、期間別で60のシュミレーションが見れます。

 

次は車ローンん購入で一番利用率が高い「信販会社ローン=ディーラーローン&中古車ローン」です。

信販会社ローンの良い悪い

とても多くの人達が利用する、車販売店が手続きするのが「信販会ローン」とよ呼ばれるモノです。

 

実際はローンではなく俗称クレジットと呼ばれるべきシステムなんです。

 

月賦をイメージするクレジットより技巧が貸すイメージのローン=正式な借入手続きをする、その方が通りが良かったからそうなったのかもしれません。

 

どうして車販売店が信販クレジットを使うかと言えば理由は2つしかありません。

 

信販クレジットの良い悪いを知ってください!

良い部分

  1. 車販売店側がアナタの個人データを入力して数分、長くても5分程で許可される=借りられる
  2. アナタの個人信用に少し問題があっても信販クレジット組める場合がある

悪い部分

  1. 信販クレジット金利7%や10%の中から、数%の手数料バックが販売店にもたらされる、
  2. アナタが支払うローン金利部分が大きくなる(銀行マイカーローン比較で)、
  3. 信販クレジットでは車所有権(車検証名義)が信販会社若しくはディーラー名なので、ローン完済するまで売却も譲渡もできない、
  4. 信販クレジット完済しても、車検証名義はそのままなので信販会社などにお願いして名義変更する必要がある、
  5. いつか同じ信販会社を使うことがあっても、貸出条件緩和などは関係ない

 

車販売店での信販クレジット(ローン)が便利でも、金利が高かいのは問題と感じる人は多いのではありませんか?

 

じゃあ金利値引交渉をすれば何とかなります。

 

信販クレジット金利が7%として銀行金利3%なら、4%差があります。

 

そんな4%に販売店手数料があると考えれば、値引金利はその範囲内で可能になるとお考え下さい。

 

どんに少なくても金利2%値引きはGOです。

 

次は問題の残価設定ローンに突入です。

残価設定ローンの良い悪い

残価設定ローンの売りは、車の50%部分など金額限定し、その部分だけに対する返済+金利となっていませんか?

 

でも&しかしウソです。※正確な表現ではありません。

 

さらに2%や3%低金利でセールスしてきても、車値引きがほとんどゼロ円なので意味がありません。

 

普通なら車値引き+ローン金利値引が当然なのにそれが一切ありません、ダメです。※残価設定ローンと信販会社クレジットは同じです。

 

あまり書くことありませんが良い部分からスタートします。

良い部分

  1. 毎月の返済額が小さくなる

 

以上です。

悪い部分

  1. 車値引きもローン金利値引も何もない=とても高い買い物
  2. 初めからローン金利が車全体(100%)に対してかかっている(残価50%にも金利適用される)、
  3. もし少しでも車にダメージあれば、数年後に設定した買取予定額が大きく下がる=追徴金ある
  4. 好きなオプション含め改造の一切ができない、したら査定額が下がる
  5. 車のダメージを考えれば高額な車両保険加入も必要になる
  6. 毎月や年間走行距離に大きな制限がされる=自由に乗れない&使えない

 

こんな多くの車利用規制があるなら、愛車とは言えません。

 

愛するモノは労わりながら、一緒に自由に時間を過ごせなければ意味がありません。

車ローン購入なら知ってくださいまとめ

ローン記事は多く書いてきましたが、日本人のとても多くが収入減と物価上昇(少しずつ確実に上昇中)に苦しみ始めている、そう実感することがありました。

 

そうであれば、人生で二番目に大きな買い物となる車購入で車両値引+安いローン金利(ローン金利値引含め)が少しでも安く済めば助かる、そう考えました。

 

アナタの車購入では「比較」テーマで交渉してください。

 

車デザイン、色、装備、保証、価格、ローン金利、店側のサービス、営業マン個人のサービス、それら全てを比較すれば良い車に出会えます。

 

いつも最後までお読み頂き、本当にありがとうございます。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

 

⇒関連記事:自動車ローンの「借入金額・金利・期間」全比較で分かること!

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー