銀行マイカーローンなんて使ったことがない!

 

でも車屋さんローンよりこんなにお得です。

 

「低金利=車屋さんローンの半分以下」

「維持費も一緒に借りられる」

「ローン仮審査に通れば1年間の有効期間がある」

「車検証は自分名義=自由に売れる」

 

そうなら審査時間が約1週間でも我慢できるのではありませんか?

 

読み時間1分でお伝えします。

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

銀行マイカーローンが一番簡単な理由とは

銀行マイカーローンんならこんな必殺技が使えて簡単です!

 

取引のない初めての銀行で使えるようになっている

ネットなので自宅から1000キロ離れた銀行でも問題なく使える

ネットだけで全手続きが完了する

車購入を現実に決めてなくても申し込める

借りられるかどうかの5秒簡単診断がある

5秒簡単診断でOKになれば仮審査へ進む

仮審査に通れば1年間の使用有効期間がある

購入車(新車・中古)が決まっていれば本審査をする

 

ネット入力だけなので、車屋さんローンの様に申込書に手書きすることは一切ありません。

 

次は銀行マイカーローンだけにあるメリット、お得な部分をお伝えします。

銀行マイカーローンだけにあるメリットとは

車屋さんローンに比較し、銀行マイカーローンには多くのメリットがあります。

 

ローン金利がわずか2%前後であり、車屋さんローンの1/2~1/3

購入車が決まっていなくても自由に事前申し込みができる

仮審査に通れば1年間の使用有効期間がある

新車・中古車に関係なく使える

車代金、諸費用、年間維持費などローンに組み込める

車に担保設定しないので、車検証名義は購入者名となる

保証人を必要としない(例外あり)

車検証名義が購入者なら、いつでも自由に売却できる

 

上記は銀行マイカーローンだけにあるメリット、お得な部分です。

 

言い方を変えれば、ディーラーローンには存在しないメリット、そうご理解ください。

 

「銀行マイカーローンにデメリットがないのか?」

 

そんな質問が聞こえたような!?

銀行マイカーローンにもデメリットがある

銀行マイカーローンがスーパーに便利で使いやすくても、これらローン申し込み条件があります。

 

定期収入がある20歳以上から使える

年収ベースで約200万円ある

職種は正社員、派遣、請負、アルバイト、パートなど問わない

同一会社での勤務歴1年以上(未満もある)

債務不履行(信用問題)が近年にないこと

 

上記はデメリットと言うより、普通のローン申し込み条件と考えます。

 

そんな銀行マイカーローンには特筆するメリットがあるんです。

新車・中古車・維持費・免許にも使える

車屋さん(ディーラー)ローンなら、新車+諸経費しか借りられません。

 

銀行マイカーローンならこんなに使えます

 

新車購入

中古車購入

購入諸経費

駐車場やガソリン代などの維持費

免許取得費用

 

どう考えても銀行マイカーローンは使えます。

 

次は銀行マイカーローン利用の手順をお伝えします。

マイカーローン利用の流れ

ほぼ全てのネット申し込みはこうなります。

 

  1. ネット5秒簡単診断でOKになる
  2. ネット仮審査に申し込む(仮審査通れば1年間の)
  3. 正式申し込み
  4. 融資(個人口座へ入金若しくは車屋さんへ振り込まれる)

 

ポイントは全てネットで行えるので銀行窓口に出向かなくてOKなことです。

 

必要に応じて書類郵送があるくらいとお考え下さい。

 

次は意外と気付かないマイカーローン利用の注意点です。

マイカーローン利用回数とボーナス払いに注意

多くの人が現状の自分基準に物事を考えるのは当然です。

 

でも&しかし、そんな未定の将来変化を考慮したローン(借入)計画が必要です。

 

もし若い人であれば、3~4年で変化があるので、それより先のビジョンは見えない&読めないと考えます。

 

こんなビジョンを想定してください。

 

勤務先変更で給与が下がる

アクシデントで働けなくなる

引っ越しで家賃が上がる

結婚して支出が増える

子供が生まれて違う車が必要になる

サラリーマンから自営業になった

親の介護が必要になり車を乗りかえる

 

そんなビジョン想定するのであれば、ローン期間は3~4年がベストとなります。

 

さらにボーナース返済は無にしてください。

 

経験からも言えますが、ボーナス支給月に限って特別な出費がある、だからです。

 

そんな銀行マイカーローンが使えるか直ぐに判明します。

 

⇒低金利マイカーローンが使えるか簡単5秒診断してみる【利用無料】

 

次は毎月のローン金額でアドバイスさせてください。

ローン金額は手取り月収の25%~30%以内

個人の給与額は様々でも、そこから可能になる車支出を設定することが大切だとお考え下さい。

 

手取り給与が20万円ならこうなります。

 

25%は5万円

30%は6万円

 

おっ、意外とローン支払える、そう感じましたか?

 

それでは、ローン金額に車維持費を加えたらどうなるでしょうか?

車維持費計算に驚く?

アナタの車維持費を算出する方法です。

 

購入車種が決まれば、車屋さんから見積書をもらってください。

 

そこを見れば、自動車税、重量税、自賠責保険が載っています。

 

車検費用も車屋さんに聞けば、およそで教えてくれます。

 

項目1~5の税金と保険はカッコ内〇〇ヵ月で割れば1カ月分が、そして12で割れば1年分が分かります。

 

項目6の車ローンが残っていれば同じように毎月や年単位で加算します。

 

項目7~10はおおよその各月実費を加算してください。

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  6. 毎月のローン金額(ボーナス併用は12カ月に割り振ってください)
  7. ガソリン代(毎月の平均)
  8. 駐車場(毎月分)
  9. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  10. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

 

多くの車ユーザーは上記を知らないままローン購入している、だからモー大変になるんです。

 

今のアナタは事前計算できるので安心してください。

 

次はまとめです。

銀行マイカーローン利用のまとめ

銀行マイカーローンが一番簡単でメリットあるのはお分かり頂けと考えます。

 

し・か・し・多くは車値引交渉の流れのままに車屋さんローンになってしまいます。

 

もし車屋さんローンを使うのであっても、バカ高い金利値引はするべきではありませんか?

 

ローン購入する車両金額にもよりますが、車屋さん金利7%と銀行金利2%では10万円や20万円などの差額発生する可能性大。

 

アナタは超簡単な車屋さんローンと少しだけ手間がいる銀行マイカーローン、そのどちらを選びますか?

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー