マツダ車を見て試乗、見積もり、その流れで契約は「マツダクレジット」となる前に少しだけ心配してください。

 

マツダクレジットって得なの損なの?

 

マツダクレジット金利3.9%が高いのか安いのか?

 

それらマツダクレジットを使うメリットとデメリット全てお伝えしていきます。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

マツダクレジットで知って欲しいこと

ローンが簡単に借りられるほどに金利が高かったり、値引が渋かったり、いろいろと理由があるからなんです。

 

それらはマツダさんだけの理由であり、本来ユーザーには関係ありません。

 

車購入契約前に、マツダクレジットの下記内容を確認してください。

 

  1. 金利が安いか高いか
  2. 金利値引はできるのかどうか
  3. ローン審査が楽かどうか
  4. ローン途中の一括返済可能かどうか
  5. ローン一括返済可能なら、手数料は有料か無料かどうか

 

もし確認が手間なら、続きをお読みください。

 

マツダクレジット詳細をお知りになる場合は、下記マツダサイトを確認下さい。

 

⇒マツダクレジット

マツダクレジット金利が安いか高いか

マツダの一般車ローン金利は3.9%となっています。

 

しかし、絶対に誤解してダメなのは、マツダクレジットのサイト右下にある「マツダスカイアクティブプラン 金利2.99%」

 

スカイアクティブプランとは、使えば必ず損する残価設定ローンの金利だからです。

 

スカイアクティブプランは一般ローン金利とは違う、残価設定ローン専用金利です。

 

どうして残価設定ローンを使ってはダメなのか、大損するのかは下記参照してください。

 

 

ここでのまとめは、マツダの一般車ローン金利3.9%なら安いです。

 

し・か・し・本当に安いかどうかは次をお読みください。

マツダクレジットで金利値引できるの?

マツダ車ディーラーで勧められる「マツダクレジット」は、もちろんマツダ系列会社であり利益を得なくてはなりません。

 

マツダのローン金利3.9%には利益が入っています(ディーラーとクレジット分)。

 

従いまして、車値引きと同様にローン金利3.9%にも値引交渉しないといけません。

 

いくらに値引するのかですか?

 

ディーラー営業マンのトークを予想しながら、こう伝えてください。

 

「3.9%は安いけど、車購入全体予算もあるので金利3.0%にしてください」

「ベンツやBMWなら黙っていてもローン金利2.99%や1.99%ですよ」

「もしローン金利値引無理なら、銀行マイカーローンを使うしかありません」

 

ちなみに「銀行マイカーローン」なら変動金利2.4%、固定で3.4%であり、車所有権(車検証名義)まで個人名なのでローン中でも売却できます。

 

次はローン審査が簡単かどうかです。

マツダクレジットのローン審査は通りやすいか

マツダに限りませんが、ディーラーローン=信販クレジット=担保を取る(車)=簡単な数分審査で借りられる、こうなります。

 

マツダ等ディーラーローン(信販クレジット)は、簡単に借りられる代わりにメリットの他にデメリットもあります。

 

  • メリットは簡単に借りられる。
  • デメリットはローン金利が高い(銀行マイカーローン比較)+車を担保に取られる=ローン中は売れない。

 

次は問題ありの一括返済か繰り上げ返済に関してです。

ローン途中の一括返済可能か

ここではローン一括&繰り上げ返済、そして関係手数料を合わせてお伝えします。

 

マツダ含めディーラーローンで一括返済や繰り上げ返済しようとすれば、モー大変しかありません。

 

どこがどう大変なんでしょうか?

 

それはディーラーではありません。

 

ローン提供する系列会社「マツダクレジット」の手続きが超大変だからです。

 

何が大変なのかですか?

 

ユーザーが組んだローン金利、ローン期間、ローン手数料等で利益をゲットする予定だったのに、、、

 

途中で一括や繰り上げ返済されたら想定利益がぁああ飛んでしまう、、、

 

だからです。

 

マツダクレジットに限らずローン引き受け会社(信販会社)は、想定利益を少しでも守るために「高額な一括&繰り上げ返済手数料」を要求してくる可能性あり、そうお考え下さい。

ディーラーローンとマツダクレジットは違う!

マツダで車ローン購入すれば、自動的にローン金利3.9%が適用されるのではありません。

 

マツダディーラーでも、一般信販会社の6.0%や7.0%などの高金利ローンを勧められることもあるので要注意です!

 

えっ、なんでそうなるの、、、ですよね?

 

ディーラー契約カウンターには、オリコやセントラルファイナンスなど信販会社名が印刷されたスタンドも置いてあります。

 

ディーラーはその中から、出来るだけ儲かる信販会社でローンを組もうとする場合もあるからなんです。

 

そうでなくても、マツダクレジット審査に通らなかったら高金利であっても他の信販会社ローンを勧める場合もあるでしょう。

 

どちらにしてもディーラーはローン金利(手数料)からの儲けも期待しているんです。

 

ディーラーが儲かるローンとはなんでしょうか?

ディーラーローンは口利きビジネス

基本的にディーラーがローンを組むことはありません。

 

ディーラーは、ローンを引き受ける信販会社にアナタを紹介する、口利きする、それが役目です。

 

それがメーカー系列クレジットでも一般信販会社であってもです。

 

ローン顧客紹介するだけで手数料ゲット、オイシイ商売と思いませんか?

 

アナタがそんな口利きビジネスに参加する必要はありません。

 

従って、ローン金3.9%%と安いマツダクレジットを使えば問題ありません。

 

そうであっても車両値引+金利値引は意識して実行してください。

 

最後にディーラーローンとは全く違う銀行マイカーローンを参考にしてください、比較してください。

マツダクレジットと銀行マイカーローン比較

同じローン名称であっても、ディーラーが提供するのは正式名「信販クレジット」です。

 

銀行が提供するのが正式名「ローン=貸付=信用取引」、です。

 

マツダクレジット(ディーラローン)と銀行マイカーローン比較すれば、こうなります。

 

銀行マツダクレジット
総量規制対象外対象
借入限度額各銀行による年収の1/3以内
金利2~3%前後3.9%
審査時間約7日間即日など
借入の難易度少し高い低い
車検証名義本人マツダクレジット
購入車の再販時期いつでも可能ローン完済後に可能

 

上記比較から分かるのはこれらです。

 

銀行は金利が安くても審査に時間が掛かかってしまう、それでも車検証名義(車所有権)はアナタとなる=いつでも自由に売れる。

 

マツダクレジットは金利が高くても(銀行ローン比較)即日など審査時間が短い、しかし車検証名(車所有権)はマツダクレジットなのでローン完済までは売れない。

 

ここからはマツダクレジットと銀行マイカーローンのメリット&デメリットです。

マツダクレジット(ディーラーローン)

最終的に損が多いディーラーローンでも、簡単に使えるのは間違いありません。

 

それも踏まえてのメリットとデメリット判断願います。

マツダクレジット
  • 金利が高い3.9%(値引交渉可能)
  • ローン審査が5分など簡単にできる
  • 保証人は基本不要
  • 連帯保証人あれば18歳など未成年でも利用可能
  • ローン審査が簡単な分として高金利になる
  • ローン審査が簡単な分として車が担保になる
  • 車売却する場合はローン返済完了後に担保解除する

次は銀行マイカーローンです。

 

自宅近くの特定銀行でない、全国どこに住んでいても使えるネット銀行の内容です。

銀行マイカーローン

マツダクレジットは数分〜1時間程度の審査時間(手続き)なのに、銀行マイカーローンは約7日間も必要とします。

 

そうであっても、これらメリットとデメリットから総合判断願います。

ネット銀行マイカーローン
  • 金利が安い2~3%台(値引不可)
  • ローン審査は約5日~7日間必要
  • 保証人は基本不要
  • ネット銀行なので取引無くても全国から申し込める
  • ネット銀行なので提出書類全てデータ送信
  • ローン審査がある分として低金利になる
  • ローン審査がある分として一切の担保は不要
  • 車が担保にならないのでローン途中でも車売却できる
  • ローン完済後は更に銀行から信用される(経験者は語る)
  • 新ローン組む場合はより低金利+無審査メリットがある

 

銀行マイカーローンはアナタの信用調査をシッカリと行う、だから車所有権は初めからアナタにある、そうお考えください。

 

銀行はアナタを信用したので無担保+保証人無しでお金を貸します。

 

そんな銀行とアナタの間に築かれた信用はすぐに壊れたり変更されたりはしません。

 

従って、アナタが銀行マイカーローン返済完了すれば、次はどんなローンでも簡単審査で利用できます。

 

どうして、そうなるのでしょうか?

銀行に信用される意味とは

理由は、アナタが銀行に信用されたからです。

 

アナタがいつか別資金を必要になっても、マイカーローンで得た信用が大きく役立つのは間違いありません。

 

マツダクレジットを何回利用しても得られないメリット、それが銀行に積む信用だとお考えください。

 

どうしてそう断言できるかと言えば、私がマイカーローン完済後に事業資金まで借りれた、それが証拠です。

 

そんな信用につながる第一歩が5秒診断だけで分かります。

 

⇒銀行マイカーローン:使えるか5秒診断で確認する【利用無料】

 

5秒診断でOKになれば、仮審査申し込みでも進んでも進まなくても問題ありません。

 

もし仮審査に進んでOKになったとしても、保留状態のまま&1年間の使用猶予期間があります。

 

さらに1年後になっても、ローン申し込みキャンセルできるので安心です。

マツダの自動車ローンまとめ

車ローンの話ではありませんが、こんな例えがあります。

 

「光が強ければ強い程、できる影も黒く濃くなる」

 

車ローンも同じです。

 

「簡単にローンを組めても、その分として金利が高い」

「手間がかかるローンであっても、金利が安い、信用構築までできる」

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー