2019年5月、ダイハツ「スマアシ乗りかえ割8万円キャンペーン」がTV宣伝しています。

 

軽自動車下取りはとかく安いので「8万円下取り=どんな軽でも」には興味ある、そうではありませんか?

 

ダイハツであれば安全装置スマートアシスト標準装備!

 

⇒ ダイハツサイトで安全装備を確認してみる

 

新車か中古か、それともローンか現金購入か悩むのはアナタだけではありません。

 

ダイハツ車ローン購入するなら、何がどう得なのでしょうか?

 

ダイハツはローン金利が高くて、8万円値引キャンペーンも役に立たないのでしょうか?

 

1分ほどお付き合いください。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

唖然、ダイハツには残価設定ローンしかない!

ダイハツはトヨタの完全子会社だからでしょうか?

 

軽自動車専門メーカーだからでしょうか?

 

一般的な自動車ローン取り扱いがありません。

 

唯一あるのは、使ってダメな「残価設定ローン」それだけです。

 

残価設定ローン利用なら得よりも損になる可能性大、リスクになるであろう部分が多すぎてお勧めしていません。

 

残価設定ローンの危険が危ないの詳細は最新記事をお読みください。

 

 

そうであっても、ダイハツ車にはトヨタクレジットが使えるんです。

 

理由はダイハツがトヨタの子会社だから。

 

し・か・し・トヨタクレジットもあまりお勧めしません。

トヨタクレジットの高金利がぁああ

トヨタクレジットなら、車ローン金利7%+などと高すぎる、だからアウト。

 

トヨタクレジットのローン金利がどれほど高いかを比較しました。

 

車メーカーのローン金利比較
  • トヨタ約7%+(非公開)
  • 日産4.9%
  • ホンダ3.5%
  • マツダ3.9%

 

お分かりですか?

 

ダイハツ車ローン購入しようとすれば、トヨタと同じ7%+の高いローン金利を払うことになるのを?

 

そんなトヨタのローン金利詳細は弊社記事をお読みください。

 

 

個人的な意見です。

 

スマートアシストⅢと呼ばれる素晴らしい安全装備標準のダイハツにローン選択余地があまりにもない、それって残念すぎます。

 

残価設定ローンの危険が危ないは、お読み頂けたでしょうか?

 

何がどう危険かを、ここでもお伝えします。※詳細は上記の最新記事参照ください

残価設定ローンは危険が危ない

残価設定ローンの発祥地はアメリカです。

 

そんなアメリカでの残価設定ローン現状を知ってください。

 

通常の車ローン購入より簡単、少ない支払いで乗り続けられるのが「残価設定ローン」でした。

 

人気が出たのも事実です。

 

し・か・し・残価設定ローン破綻者が増え続けている数年前より、こう呼ばれています。

 

第二のサブプライムローン

 

アメリカ経済を破壊し、2009年リーマンショックの原因だった言われるのがサブプライムローン(低所得者向け住宅ローン)でした。

 

残価設定ローンには、サブプライムローンと似た要因があるんです。

 

  1. 一応の低金利+残価設定(車両価格の50%分)により毎月の支払額が少ない
  2. 残価設定ローン対象部分は車価値50%だったはずが、金利適用部分が違っていた
  3. ローン金利の適用部分は、初めから車両価格100%に対する金額だった
  4. だんだんと毎月の支払いがキツクなる
  5. 3年後に残価で売却しようとしても、ムズカシイ現実が判明する
  6. 理由は走行距離オーバー、キズ、故障、事故等々
  7. 結果、残価(予定価格)で車が売れない、支払えない、自己破産など

 

簡単にローンが組めて毎月の支払いが安くても、3年や5年後の買取では危険が危ない。

 

契約書にある残価50%を維持するのは、す・べ・て・自己責任になる。

 

いつもボディーに傷がないか確認する、改造なんてとんでもない、もしもの事故なら1円でも買い取ってもらえない、それが残価設定ローンなんです。

 

通常のトヨタローン金利7%と高すぎる、残価設定ローンもリスクが大きい!

 

どこでどうローンを組めば良いのでしょうか?

 

ダイハツ経由で組めるトヨタローンと一般的な銀行マイカーローンを比較してみました。

トヨタローンか銀行マイカーローンか

トヨタローンと銀行マイカーローン比較すれば、こうなります。

 

銀行トヨタローン
総量規制対象外対象
借入限度額各銀行による年収の1/3以内
金利2~3%前後7.0%+
審査時間約7日間即日など
借入の難易度少し高い低い
車検証名義本人トヨタファイナンス
購入車の再販時期いつでも可能ローン完済後に可能

 

上記比較から何が分かるのでしょうか?

 

  • 銀行マイカーローンは金利が安くても審査に時間が掛かかってしまう、
  • それでも車検証名義(車所有権)はアナタとなる
  • ローン支払い中でも自由に売れる

 

  • トヨタローンは金利が高くても(銀行マイカーローン比較)即日など審査時間が短い、
  • しかし車検証名(車所有権)はトヨタファイナンスなのでローン完済までは売れない

 

上記だけではどちらが自分に合っているか、得になるかは分かりません。

 

次で判断できると考えます。

トヨタフィナンスの特徴

これら特徴に特殊なモノはありません。

 

ごく一般的なディーラーローン内容とお考え下さい。

トヨタファイナンスの条件等
  • ローン審査が数分~1時間ほどで完了する
  • ローン手続きは必ず販売店で行われる
  • 金利約7.0%+と高い
  • 保証人不要(車が担保なので)
  • 金利値引交渉にあまり対応してこない
  • ローン完済するまで車所有権がない=売却できない
  • 連帯保証人を付ければ18歳からローン利用可能

 

トヨタファイナンスを使えるかどうかのポイントは、金利値引交渉ができるかできないかです。

 

トヨタローン金利7%+は高すぎる、そう考えください。

 

次は比較で銀行マイカーローンですが、ここは金利値引はできません。

 

理由は初めから低金利+車所有権(車検証名義が自分)、そうなっているからです。

銀行マイカーローンの特徴

これらも一般的な銀行マイカーローンの特徴です。

 

加えてネットで申し込めるので、全国どこに住んでいても好きな銀行へ申し込める。

 

手続きもネット、そして必要書類もデータ送信となります。

銀行マイカーローンの条件等
  • ローン審査時間は約7日間と長い
  • 簡単5秒審査あるので、借りられるか直ぐ判明する
  • ネットなので全国どこからでも24時間申し込める
  • ネットだけで手続きがほぼ完了する
  • 金利は2~3%台と低い
  • 保証人不要(信用調査をするので)
  • 金利値引交渉は不可(低金利なので)
  • 車所有権はアナタなのでローン支払中でも車売却は自由
  • 1度でもマイカーローン完済すれば、2回目からは無審査で借りられる
  • 基本的にローン利用年齢は20歳から
    ※保証人あれば18歳も可能

 

ちなみに静岡銀行マイカーローンなら、仮審査に通るだけで(融資可能な状態)、1年間の利用猶予期間が与えられます。

 

1年の間に車探ししてもOK、1年後に仮審査キャンセルしてもOKと便利に使えます。

 

⇒静岡銀行マイカーローン:簡単5秒診断を受けてみる【利用無料】

銀行マイカーローンにしかないメリット

銀行マイカーローンはアナタの信用調査をシッカリと行う、だから車所有権は初めからアナタにある、ローン途中でも売却できる、そうお考えください。

 

銀行はアナタを信用したので無担保+保証人無しでお金を貸します。

 

そんな銀行とアナタの間に築かれた信用はすぐに壊れたり変更されたりはしません。

 

従って、アナタが銀行マイカーローン返済完了すれば、次はどんなローンでもほぼ無審査で利用できます。

 

理由は、銀行がアナタを信用したからです。

 

将来に別資金必要になっても、マイカーローンで得た信用が大きく役立つのは間違いありません。

 

残価設定ローンを何回利用しても得られないメリット、それが銀行に積む信用だとお考えください。

 

どうしてそれを断言できるかと言えば、私がマイカーローン完済後にほぼ無審査で事業資金まで借りれた、それが証拠です。

 

そんな信用につながる第一歩が5秒診断だけで分かります。

 

⇒銀行マイカーローン:使えるか5秒診断で確認する【利用無料】

 

5秒診断でOKになれば、仮審査申し込みでも進んでも進まなくても問題ありません。

 

もし仮審査に進んでOKになったとしても、保留状態のまま&1年間の使用猶予期間があります。

 

さらに1年後になっても本審査に進まないでキャンセルもできるので安心です。

 

アドバイスとしてはこうです。

 

  1. 仮審査OKになってから車探しをスタートさせる、
  2. 好きな新車や中古車が好条件で見つかったら本契約を結ぶ
  3. もし1年後まで好きな車が見つからないのならローン申し込みキャンセル、

 

使えるアドバイスと思いませんか!?

ダイハツの自動車ローンまとめ

ダイハツ残価設定ローンはおススメしない、その理由はお伝えしました。

 

危険が危ないからです!

 

一般道を普通に走っていても飛び石で車にキズがつく、高速道路なら猛スピードでなんでも飛んできます!?

 

そんな残価設定ローンリスクを思えば、ローン購入翌日から車100%が自分のモノになる銀行マイカーローン考慮しても損はありません。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー
下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー