世間ではリボ払い問題を、そろそろ提起しだしてきましたね?

 

車をリボ払いで購入した! 

 

そんな記事もネットにはありましたが真実は不明。

 

理由はクレジットカードで外車は買えても、国産車は買えないからです。

 

国産ディーラーでも数十万円分なら、部品代、修理、車検費用と等でクレジットカードは使えますが、車は買えません。

 

ここは車サイトなので、リボ払いの記事をアップするかどうかを考えましたが、どうもカード会社の意図が見え見えなので是非にも書かせてください。

 

車であれ何であれ、アナタにリボカードは絶対に使って欲しくない、取得もして欲しくありません。

 

それは、リボカードには車の残価設定ローンと同じ匂いがするからです。

 

読み時間2分以内です。

リボ払では借金が減らない現実

金利15%〜18%とリボ払いの異常に高い実質年利率を知っていましたか?

 

アナタが使った代金を毎月支払う分割払いとは全く違うシステムです。

 

リボ払いは、アナタが毎月支払える金額を設定さえすれば、借入期間、年数に関係なくつかえるので、一回の経返済金額を小さくできるのが最大のメリットといえるでしょう。

 

その代わりに借入残高は金利も超手伝って、減るどころか増え続けるリスクがあります。

 

リボ払い使用例として ;

 

リボ払い使用金額が100万円であっても、アナタが決めた毎月の定額1万円、5千円を支払い続ければOKではあります。

 

しかし、100万円の金利15%は毎月だと12,500円にもなり、この時点でアナタが定額返済1万円を支払っていたとしても、100万円+2,500円となり、増えちゃってます。

 

さらに、アナタは毎月の買い物を続けることで、合計使用金額+金利15%が加算され続け、やがて巨大な雪ダルマは間違いありません。

 

つまり、リボ払いのシステムでは、どこかで全額返済しない限り、一生に渡り払い続ける義務を負ってしまいます。

 

これじゃあ、車を買うどころではありませんね。

リボ払いが誕生した理由

銀行も不景気が長年続き、お金を貸す先に困っていました。

 

大企業も中小企業も赤字決算であり、銀行が安全にお金を貸し出す先がありませんでした。

 

そこで銀行が目をつけたのは一般サラリーマン!

 

この不景気に給料は上がらない、仕事とは増える、そんな困窮するサラリーマンをターゲットに作られたのがリボ払いです。

クレジットカードの一括払い

分割払い

リボ払い

 

このような流れで、ユーザーの表面的な毎月の支払い金額を減じていけば、カード利用が高まる、お金を借りてくれる、そう銀行は、カード会社は考えたのでしょう。

 

TV宣伝「リボ払いなら毎月のお支払楽々」は覚えていらっしゃるかもしれませんね?

 

しかし、お金は不思議なモノです。

 

1万円札は1万円札の価値しかないはずなのに、どこへどう貸し出すかで金利が倍にも10倍にも、もっと高くなってしまうからです。

リボ払いの最大注意点

アナタが持っているカードが知らぬ間にリボ払い設定になっているかもしれません。

 

国民生活センターに多く寄せられたリボ払いクレームの大半が ;

 

「リボ払いとは知らなかった」

 

その知らなかったの仕組みはこうです。

 

カードでは一括払いとリボ払いが選べるようになっているモノ、そしてリボ払い専用の2通りがあります。

 

リボ払いのリスクは書面などでシッカリ説明する必要がありますが、現実にはこんな問題が起こっています。※国民生活センターに寄せられた相談の一部

 

「リボ払いにするかどうかの確認項目がなかった」

 

「リボ払いの金利=手数料の説明が小さかった」

 

「外での勧誘&口頭でカンタンに説明されてカード申込みをした」

 

なにか、カード会社の意図を感じずにはいれませんね・・・。

大切なカードは考え抜いてから加入

リボ払いも、残価設定ローンであっても、その一時は支払が楽になったと勘違いをしてしまう傾向がありますが、その現実は、「苦」 であります。

 

少しでも楽になるために働く、食べる、寝る、買い物をする等々を長く続ける訳ですが、それに必要なお金関係では必ずワナが仕掛けられてあります、至る所に・・・。

 

友人の中に、クレジットカードがどんなに便利であっても持たない、そんな人間がいました。

 

理由は、個人情報は必ずどこかへ漏れ、利用されているから、、でした。

 

そんな彼は、なんと金融のプロでした、、今でも。

 

でも&しかし、生活に必要なクレジットカードに加入する際は、雑誌等にあるカード比較を見ながら、アナタに取って一番メリットがあって、リスクが小さいモノを選ぶようにしてください。

 

まずは、お手持ちにリボ払い専用カードがないかどうかチェックしましょう!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー