新車が売れていません、中古車需要は回復しつつあっても、まだまだです。

 

そんな新車でも中古車でも、ローンを組むことが多くあります。

 

今回お伝えしたいのは、日本の車ローン金利は安い、更にディーラーや中古車ローンなら金利値引交渉ができる、その2つです。

 

それら比較では、アメリカの車ローン金利を参考にお伝えしていきます。

 

アナタがそれを知っていればローン金利値引に使える、結果、ローン年間支払額や総額支払いで数十万円は得になる、です!

 

読み時間2分です。

新車ディーラーのローン金利は高い安い?

日本のディーラーローン金利はメーカー毎でマチマチです。

 

大きな括りでは、安いのはホンダの3.5%から高いのはトヨタの約7.5%となります。

 

ただし、ホンダは全国ディーラーでローン金利3.5%に統一していても、トヨタは県ごと、地域毎でローン金利に違いが、差があります。

 

さらに、日産、マツダ、ダイハツ、スズキなどのローン金利はホンダとトヨタの中間に位置し、やはり県ごと、地域毎でバラバラなので表記できません。

 

でも&しかし、日本の車ローン金利は安いアメリカの車ローン金利に比較して安い、それを次でお伝えします。

差別あるアメリカの車ローン金利とは何か?

アメリカは個人主義の国、多種多様な人種が入り混じる国、従って、そこには良い悪いではない評価&分類システムが昔から(私が住んでいた頃から)存在しています。

 

それがお金に関係するモノならこうなっています、以下;

 

  • 信用できる人には低金利適用、
  • こいつ怪しいぞには高金利適用、

 

それです。

 

そんな低金利、高金利を表すアメリカのクレジットスコア(評価)をご覧ください。

 

クレジット評価点数車ローン金利
Super Prime780~8503.8%
Prime661~7804.8%
Non-Prime601~6607.6%
Subprime501~60011.5%
Deep Subprime300~50014.3%

 

上から、点数が高い程に信用がある、低金利でローンを組める、、、

 

まさに経済主義のアメリカと思いませんか?

 

そして下の方には、Subprime(サブプライム)とありますが、この意味は「優良顧客ではない」「だから高金利適用する」、です。

 

Subprimeの下、Deep SubprimeではトップのSuper Prime 比較で3倍以上の金利が課せられてしまいます。

 

10ほど前、アメリカでサブプライムローン問題が発生、貸した住宅ローンのお金が大量に焦付き不良債権になった、アレと同じ意味です。

 

そんなアメリカの個人評価システム(クレジットスコア=信用評価)に比較し、日本のディーラーローン金利はとても安い、そう思いませんか?

 

もし、上記の高金利11.5%や14.3%適用されれば、モー大変、危険が危ない、そうなるでしょう。

 

日本で最も使ってはダメなカードローンや毎月定額払いの高金利と近くなる、だからです。

 

そんな日本の高いと言えない車ローン金利であっても、1つ良いところがあります。

 

それはローン金利の値引交渉ができる、それです。

ディーラーローン金利は値引交渉できる!

ディーラーでローン組むと言っても、ディーラーが我々にお金を貸すのではありません。

 

お金を貸すのは一般の信販会社やメーカー系の信販会社、そのどちらかです。

 

どうしてディーラーでローン金利値引交渉できるかと言えば、こうです。

 

  1. アナタがディーラーでローン申し込みする
  2. 申込データが信販会社に送られ&簡単審査を受ける
  3. 審査に通れば、車納車前に信販会社からディーラーへ車代金が支払われる
  4. 同時に、信販会社はディーラーへ手数料を支払う、
  5. ディーラーは手数料収入でも儲かる※車販売とローンの往復ビンタで

 

アナタがディーラーとローン金利値引交渉が可能なのは、信販会社がディーラーに支払う手数料(顧客紹介料)の一部を、ローン金利値引に使ってもらう、だからそうなります。

 

まぁあ、ホンダはローン金利3.5%と低くいので、あまり値引期待は出来ませんが、、、

 

その他車メーカーのローン金利なら5%以上、MAXはトヨタの7.5%もあるので、金利全体の10%~30%を目安に値引交渉可能になる、そうお考え下さい。

 

私なら、まずは30%値引きで交渉開始します。

 

30%値引目標する理由は、ホンダのローン金利が3.5%だからです、その金利でも損しないホンダだから、それを目標に想定します。

 

実は30%値引目標には、もう1つの理由があります、以下;

 

ディーラーは車両とオプション販売で儲けている、更に何もしないでローンの口利き手数料ゲット、、紹介料が手に入る

 

だから金利30%値引から開始します。

 

あっ、そんな金利値引のタイミングは、車両値引の全てが完了した後にしてくださいね!

 

では、やっと問題の?中古車店ローンについてお伝えしていきます。

中古車ローン金利が10%に統一されている訳とは何か?

中古車ローン金利は全国ほぼ統一され10%です。※2021年ならガリバーがローン金利9%に下げました。

 

どうして10%の高金利かと言えば、これら理由からです。※個人の意見含む

 

  1. 新車より中古車購入者の方がローンに通り難い場合がある、
  2. ローンが通り難い=信用不足の可能性もあると考えられる、
  3. 個人の信用不足を補うために、信販会社は高金利ローン提供でヘッジする、
  4. 信販会社から中古車店へ支払う手数料も高くする

 

それらあって、中古車ローン金利は10%と高め統一されているんです。※個人の意見含む

 

そんな信販会社から中古車店へ支払われる顧客紹介手数料は、取引規模や金額によるので不明ではあります。

 

でも&しかし、ディーラーローンと同様に、ローン金利の値引交渉は必ずしてください。

 

じゃないと、シッカリ損します!

 

まずは何も深く考えず30%値引から始めましょう。

 

それで難しかったら、オマケして25%か20%値引きで決着する、でしゅ!?

 

そんな中古車ローンの金利値引の参考に、中古車屋さんの儲けがどうなっているのかお伝えします。

中古車屋さんは儲かっているのか?

どんな商売でも売れれば儲かりますが、中古車ほど原価計算不明&アバウトな商売もありません。

 

少し違う表現では、中古車ほど価格構成が不透明なモノはありません。

 

もちろん、主仕入先は全国で開催されるオートオークション(中古車)中心です。

 

その他では、お店での車買取り、そして一括査定などで仕入れています。

 

オートオークションはプロ同士の戦いであり、とてもシビアな場です。

 

車仕入れる側は、オートオークションに際し想定販売価格を設定することで、どの位で落札したた良いのか、そんな仕入目標を決めています。

 

でも&しかし、オークション参加者全員が良い車を安く仕入れたい、だから激安仕入れは不可能です。

 

では、想定販売価格、目標販売額に対し、どの位の価格で落札しているんでしょうか?

 

知り合いで整備工場兼中古車販売している彼に聞いた話があります。

中古車店の儲けは15~20%程度なのか?

車のプロから聞けたのは(行きつけのバー)、目標販売価格の20%ダウン程度を仕入れ目標にしている、それがあります。

 

簡単な例では、100万円で売りたければ、仕入れは80万円まで、とかです。

 

仕入れた車は運搬し、点検修理、部品交換など施す、そして3ヵ月、半年、1年、3年など保証を付ける。

 

それら様々な手間ひまとコストの集大成が「中古車販売価格」、となります。

 

でも、それって手間ひまかける割には少なすぎる利益だと思いませんか?

 

私なら、そんな手間ひまかけて15%や20%利益は嫌です!

 

最低でも30%の利益は欲しい、そうなります。※個人の意見

 

そこで、利益増大に一役かってくれるのが、個人から直接に車買取る方法です。

 

中古車店での買取、一括査定で個人宅へ訪れての買取、それらで安く買取ればラッキー、利益増大に直結します。

 

だ・か・ら・店舗買取や一括査定など個人対象の買取宣伝が多い、そうなります。

 

少し、脇道にもそれましたが、新車ディーラーローンと中古車ローン、それら金利が値引できる根拠をお伝えしました。

 

次では、金利値引不可能な銀行マイカーローンについてご説明します。

銀行マイカーローンが最良なのはナゼか?

銀行マイカーローンの金利は2%とか3%程度が一般的です。

 

尚且つ、銀行でローン組んでも車所有権(車検証名義)はアナタなので、ローン支払い途中でも、いつでも自由に車売売却できます!

 

それら好条件なら「ヤッターマン」ですね!?

 

でも&しかし、審査が少し面倒、審査に約6日間必要になる、それを手間に感じる人もいるでしょう。

 

そうであっても、金利が2%や3%程度なら、少ない金利支払いと引き換えに時間と手間を惜しまない、そんなアナタなら絶対にお得なローンです。

 

このサイトは銀行マイカーローンとは無関係でも、お得になるであろうお話をもう1つします。

銀行マイカーローンの使い道が多くある!

銀行マイカーローンなら、メガバンクなど大手の銀行は借りにくい、敷居が高い、そうなるで使う必要ありません。

 

一番、借りやすい(安い金利、割と簡単な手続き等々)のが地方銀行です。

 

地方銀行を検索すると多く出てきますが、そのどれも県名、都市名など付いたものが地方銀行となります。

 

もう10年以上も前から(特にリーマンの後)経営がムズカシイ地方銀行であり、2021年現在に101行あっても、既に合併吸収されたところもあります。

 

そんな地方銀行マイカーローンなら、これらメリットがあります。

 

  • ローン審査通っても、1年間は借りる&借りないの猶予期間がある
  • 最終的にローン借りなくても、使わなくても、ペナルティーも何もない
  • ローン目的は新車や中古車購入の他に免許取得、将来の車検費用など多岐に使える

 

つまり、ローン申し込み時に用途を伝え、多めに借りることができる、それが現在の銀行マイカーローンなんです。

 

それを銀行側の声として伝えれば「一般の人達に出来るだけ多くのお金を貸したい、使ってもらいたい、そうしてもらわないと倒産する!」、それです。

 

2021年以前から超キビシイ地方銀行なのもあり、例えば東京のアナタが北海道の地銀で借りられます、、青森のアナタが茨城の地銀で借りられる、そんな状況です。

 

それら可能にしているのがネット申し込み、必用書類の多くをコピペする、簡単だからです。

 

⇒ もし金利安い銀行ローン使わなければ、ガリバーなど大手中古車店でローン金利値引交渉開始です!

 

では、まとめです。

車ローン金利がとても安い日本!:まとめ

日本ならアメリカのように見えない身分制度もない、人種や仕事でローン金利が高い安いもない、物価もとても安い(欧米比較)、だからまだ何とかなる、そう考えます。

 

まぁあ、物価が長く上がってない=賃金も上がってない、その論理もありますが。。。

 

新型コロナのアメリカなら、大都市圏でもテント生活者増大中(ロス・アンゼルス)、車生活を強いられる人達も多くいる(サンフランシスコ)、超大変です、心配です。※現地に住む友人から聞いています。

 

日本も超大変でも、治安含め欧米とは比較にならないほど良い、だから路上でも車中でも生きられます。

 

こんな治安が良いのは我々日本人の国民性による、それしかありません。

 

従って、何わなくとも車さえあれば、しのげる、今を何とかやり過ごせる、生きられる、そうお考え下さい。

 

何か、車ローンのお話からワープしますが、車さえあれば何とかなる、でしゅ!?

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」で会いましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー