【車を4年ローンで買うと得ができる?】5年ではだめなのか:サムネイル

車ローンは4年の48回払いが楽でお得であり、車も高く売れるのをご存知ですか?

 

車購入金額の多い少ないだけでローン期間&支払い回数を決めているのなら要注意!

 

そんな車ローン最短は半年の6回から最長は7年の84回もあります。

 

ローン期間が長ければそれだけ毎月支払が楽になったように見えても、金利も加わり総額で損しかありません。

 

長期ローンの金利負担はもちろん損ですが、最適なローン期間で支払い完了すれば車を一番高く売れる、そうなら気になりませんか?

 

そんな支払回数と売却時期でアナタに最適なローン回数をチェックしていきましょう!

 

関連記事にはローン金額別、支払い回数別、金利別の支払いデータが大量に掲載してありますので参考にしてください!

 

読み時間1分がスタートします。

平均ローン支払回数を知れば楽になる

車ローンで良く利用されるのは3年の36回と5年の60回であると言われています。

 

それは3年目と5年目の車検前にローン完済する目的なのですが、大体はこうなります。

 

  • 3年ローンなら毎月の支払がキツクなり、
  • 5年ローンなら新車延長保証も切れるので売却の高額査定とはなりにくい、

 

従って、4年ローンなら新車延長保証内もあり高く売れる、そうなります。

 

さらに、3年と4年ローンを比べても、総支払額があまり変わらない事実があります
※後半の記事をお読みください

 

4年の48回ローンは使えます。

売却タイミングとローン支払回数を合わせるメリットとは?

もし3年また5年ローンで完済して車売却しようとすれば、初回車検3年目と2回目車検5年目に重なってしまい、車売却では少し損をしてしまいます

 

3年や5年ローン完済後に車検を取らないで売却しようとすれば、その分として安い下取りや買取価格になってしまいます。

 

それが車検後の売却なら、支払った車検代金は査定額に考慮されず損になる可能性大。

 

逆に車検前の売却なら、今度は買取る中古車店側が支払うであろう車検代金を考慮し、安い査定額になる可能性大。

 

どっちもアウトになる、それしかありません。

 

4年ローンであれば3年目と5年目の車検には一切無関係になります。

 

加えて2回目車検迄には1年間の猶予期間があるので、最適なタイミングでの車売却が可能となります。

 

そんな4年ローンのメリットは大ですが、実はもう1つのメリットがあるんです。

 

それは車高値売却を可能にする新車保証なんです。

 

新車保証メリットをお金に変えられるのは4年ローンだけなんです。

4年ローンの車に5年の新車保証を付ける意味とは?

新車保証期間3年プラス延長保証2年としておけば、4年ローン完済時であっても新車保証がまだ1年間残っている、それが車売却にとても有利に働きます。

 

中古車購入するユーザーの最大関心事が故障に関わるモノであり、新車保証1年と車検1年間が有効な車は誰もが欲しがります。

 

新車購入4年ローンに2年間の延長保証+するだけで、4歳の車が高額査定となる、そうご理解ください。

 

そんな新車保証期間中の中古車は、ユーザーが欲しいと探しても中々見つかるものではありません。

 

つまりアナタの車は希少価値となり、高額査定、そうなるでしょう。

 

⇒ もしもの車売却では高額売却になる一括査定をチェックしてみる【利用無料】

 

とてもメリットある4年、48回ローンですが、3年と5年ローン比較の総支払額の差はどうなるんでしょうか?

ローン年数違いの支払総額差はミニマム!

メリットのある4年ローンですが、3年と5年ローンとの支払総額の比較がどうなるか気になりませんか?

 

3年、4年、5年ローンの毎月支払と支払い総額をご確認下さい。

 

ローン金額 200万円 / ローン金利5%
※ボーナス返済なし

支払年数(支払回数)毎月返済額支払総額
3年(36回)59,9422,157,905
4年(48回)46,0592,210,812
5年(60回)37,7422,264,548

 

ローン金額例は200万円ですが、注目は3年、4年、5年の支払い総額にあまり差がないことです。

 

同金利で3年、4年、5年と支払期間が違っていても、毎月の負担は4000円程度しかありません。

 

お伝えしたいのは、そんな少額のローン負担差であれば、4年ローンには大きなメリットがある、それです。 

 

そんな4年ローンのメリットはこれらです。

 

  • 「売却前後に車検不要」
  • 「高値売却につながる新車保証1年間残っている」

 

それらが新たな高額査定につながります。

 

加えて、新車購入時に4%など低金利ローンを使えば、もっと大きなメリットが生まれます。

 

従って、新車をローン購入する場合は、金利値引交渉を必ず行ってください。

 

もし、ローン金利値引きに応じないような販売員なら、こう言えば撃沈できます。

 

ローン金利値引が無理なら、低金利の銀行マイカーローンにするよ

 

その一言で効果てき面、それに間違いありません!

 

また、同じ一言は中古車購入でも使えます。

 

ご存知かと思いますが、中古車購入でも銀行マイカーローンが普通に使えるからです。

 

⇒ 安心安全のガリバーで新車より約15~20%安い未使用車(ほぼ新車)を確認してみる【検索無料】

 

では、まとめです。

車を4年ローンで買うと得ができるのに!:まとめ

アナタが購入する車によっては、4年ローン利用がムズカシイ場合があるかもしれません.

 

それでも車検と新車保証の「空白地帯」の車売却に有効な4年ローンはおススメです。

 

最後にローンのボーナス返済を利用してはダメ、それはお伝えします。

 

個人の経験もあり、何故かボーナス時期にお金が急に入用になる、それは過去に何かいもあり、とても不思議でした。

 

そんなボーナスを使わないで済むのなら、貯金にまわせて安心もあります。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう。

⇒関連記事「車ローン金利比較」計算不要で支払の損得がスグ分かる!

⇒関連記事「中古車が高く売れる保証継承手続きの方法」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー