車エアコンの簡単メンテナンス方法:サムネイル

今の車は全てが良くなっていて滅多になことでは壊れません。

 

カーエアコンはもっと壊れませんが、来年の夏場に使用する迄には消耗しているのは確かです。

 

メンテ不要なカーエアコンでも、少しだけケアすればトラブルなしにもっと長く使える、そんなカンタンなメンテ方法お伝えします。

 

暖房から冷房に切り替える直前の今が楽々メンテのチャンス、そうお考え下さい!

 

記事にはメンテ以外にも安全に直結する外気導入やエアコン利用方法も書きました。

 

読み時間は1分でも、必用な項目チェックなら15秒です。

カーエアコンを少しだけ知れば修理不要になる!

カーエアコンが家庭用エアコンよりハイパワー、その事実は意外と知られていません。

 

広い部屋に使う家庭用エアコンパワーが2キロワット〜4キロワットに対し、カーエアコンは4キロワット以上のハイパワーなんです。

 

車は狭い空間であっても、薄い金属とガラスだけの箱、太陽や外気からの影響を直接受けてしまう空間、だからのハイパワー&瞬時の温度コントロールが必要となるんです。

燃費を良くする設定温度がある!

オートエアコンで好みの温度設定にしておくのが一般的ですが、それでは燃費は良くなりません

 

カーエアコンで空気を暖めるにはエンジンからの余熱を利用する、従ってエネルギー損失になりません

 

では冷房はどうなのか、ですよね?

 

空気を冷やす冷房ではエネルギー消費が大きい、だから燃費が悪くなってしまいます。

 

でも&しかし、エネルギー損失にならない温度調節が存在するんです。

 

それは国産車と外車では違っています。

 

車メーカーによれば、その温度調節は車製造国によって違います。

 

日本車25℃」「ヨーロッパ車22℃」であり、これが燃費効率の良い温度となります。

 

日本より北に位置する(寒い)ヨーロッパ(ドイツ等)では年間平均気温が低目なので22℃だと考えられます。

 

日本は四季がシッカリある国なので25℃なのかもしれません。

 

あっ、そこで思い出しました。

 

その昔、大先輩方のドイツ車エアコンの効きがとても悪かった、たまに窓開けて走っていた、それです。

 

話を戻します。

エアコンガス交換は本当に必要なのか!?

エアコンガスは基本的に10年前後は使える、メンテなしで行ける場合がとても多いモノです。

 

従って、ガソリンスタンドで夏前頃にエアコンガス交換を勧めてくるのはお断り、そうなります。

 

そんなエアコンガス量はプロが圧力ゲージでチェックするのが本当でも、ドライヤーと呼ばれる丸い筒状パーツのガラス越しに透明なガスが小さい泡と伴に流れているのが確認できればOKです。※車種によっては確認できません。

 

もし大きな泡ばかりブクブクであれば、どこからか漏れているので配管などを調べてもうらう必要があります。

 

そうは言われてもですよね?

 

従って、エアコンガス要補充かどうか不明な居合は、ガソリンスタンドではなく大手カーショップなどで確認してもらって下さい。

 

そんな大手カーショップで、店員と一緒に泡がとうなのか確認すれば安心となります。

 

加えて、ガソリンスタンドより格安なガス補充ですからね?

絶対に必要な外気導入とは何か?

夏場のエアコンならば熱い外気導入して空気を冷やすより、冷えやすい車内の空気を使う内気循環の方がエネルギー消費が少なくなり、同時に燃費も良くなります

 

しかし、内気循環は車内の空気を使い回しているので、酸素濃度が微妙に低くなってしまう傾向があります。

 

人間は酸素を吸って二酸化炭素を吐き出すので、それが狭い車内で長時間続けば酸素濃度減少、結果としてドライバーの眠気を誘うことにつながります。

 

国産車は内気循環設定するとそのままが多くても、ヨーロッパ車を内気循環設定にしても、いつの間にか(自動的)外気循環に戻るシステムを多くの車種が採用しています。

 

これも日本より北に位置する寒いヨーロッパならではの知恵であり、長時間の内気循環と長距離運転がドライバーの判断能力にどう影響するのか、それを理解した上での自動切換えと考えます。

 

だから外気循環が基本システムなのだ、そう考えられます。

カビ発生が一番体に悪い!

カビが体に良くないことは周知ですが、特に乳幼児やお年寄りには一番危険です。

 

日本の夏は湿度が高いので、結露が原因となり、どうしてもエアコン内にカビが発生してしまいます。

 

そんな結露を発生させない乾かすには車を降りる前にエアコンを送風にすれば水分が飛びカビ発生は抑制されるので是非お試しください。

 

更に、これから冬に向かうい暖房メインであっても、たまにエアコンを意図的に作動させることで機械を正常に保つ効果が得られ、カビ抑制にも役立ちます。

 

しかし、もしカビが発生していたなら、臭っていたならエバポレーターという空気を冷やす部分や配管にカビが付着&増殖しているのが原因なので、市販されている泡状洗剤をスプレーし丁寧にふき取ればキレイになるのでご安心ください。

 

詳しくは、カーショップに聞けば、ゼロ円で教えてくれます。

 

まとめ前に、特に中古車購入に際してのエアコンチェック方法をお伝えします。

中古車購入のエアコンチェック方法はシビア!

とても簡単すぎて書くのもおこがましいのですが、こうやって下さい!

 

  1. エアコンONにして作動するか確認する
  2. いつの季節でもあっても冷房と暖房の両方ONにして作動確認する
  3. もしエアコンが作動しない若しくは効きが悪いなら無償修理をしてもらう

 

上記にの1,2,3は中古車購入時に必ず行う、そうすれば夏場になってエアコン使えない、それを防止します。

 

新車であれば不要なエアコン作動確認でも、中古車購入では必然になる、そうお考え下さい。

 

理由は、中古車購入後では絶対に対応してもらえない、修理してもらえない、だからです。

 

中古車の宿命とも言えますが、購入するアナタが全てにOKを出したのでお金を支払った、商談成立した、それがルールだからです。

 

多くの人達が誤解するのは車保証です。

 

中古車店の保証は走行に関する部分だけに限定されます。

 

従って、エアコン、オーディオ、パワーウインドウなどは電気製品は保証に入っていません。

 

中古車購入ではくれぐれもご注意ください。

 

⇒ 日本最大手ガリバーなら電気系統含め販売前点検に力を入れているので安心です!【無料検索】

 

では、まとめです。

車エアコン簡単メンテナンスは超使える!:まとめ

カーエアコンにはエアコンフィルターで花粉や排ガス粒子などを除去するタイプもあり、もしもエアコンの効きが悪ければフィルターも疑って下さい。

 

カーエアコンはメンテさえしていれば5年でも10年でもメンテ不要ですが、万が一の場合はガソリンスタンドはパスしてカーショップで見てもらって下さい。

 

自動車電装品販修理では費用が気になりますが、部分修理で安く済むカーショップなら安心です。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー