高速道路料金は高すぎる?:サムネイル

アナタは高速道路料金が高いと感じませんか?

 

私は免許取得も車運転開始も高速道路完全無料若しくはほとんど無料の海外だったので、帰国後の日本の高速料金には驚くしかありませんでした。

 

車と関係費用の全てが突出して高い日本の現状を知れば、アナタの車選びにも役立つかもしれません。

 

読み時間2分です。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

高速道路料金が高い理由とは?

日本は長く細く山岳地域が75%以上、平地が25%弱であり、高速に限らず一般道建設にも大変な労力と時間が必要だった、それは想像にかたくありません。

 

土地が狭くて多くある山にトンネル掘り、橋を渡し、高架橋を作り、どの国よりも建設コストが突出しているのはご想像の通りです。

 

日本は地震国でもあり、地震対策を施した建築施工と管理が必要なのも原因でしょう。

 

もう1つコストアップ原因がありました。

 

極東の島国の日本人は世界で一番特殊な人種であり、その完璧主義&精神が道路建設にも現われているからです。

 

海外の高速道路、特にアメリカでは予算不足で道路がボコボコでも日本は違います。

 

日本人の特殊性は、私が訪れり住んだりした20ヵ国以上で感じていました、これらを。

 

  • 個人より周りを気にする&大切にする日本人、
  • 仕事や約束を強く優先する日本人、
  • 心の中は不安でも火の車でも顔は笑っている日本人、

 

私の知っているアジア、東南アジア、北米、ヨーロッパ、北欧の人達の多くは個人主義者(日本人比較で)だった、そう記憶しています。

 

海外の彼ら&彼女らは自分を最優先する人種であり、それが当たり前&普通なんです。

 

でも&しかし、日本人だけは全く違います。

 

だ・か・ら・「自分より周りのハーモニーを気遣う日本人は優しい」、なーーんて言われてしまう訳です。

 

我々だって色々と疲れているんですけどね、、、

 

自己主張をもっとできればどれほど楽になるかなんですけどねぇ、、、

 

話はそれましたが、各国と日本の高速道路を比較してみました。

世界の高速道路の総延長を比較する

主要各国の高速道路は無料と有料まちまちです。

 

その中で、高速総延長距離が長いアメリカとドイツが無料なのはスゴイです!

国名高速道路総延長距離Km 有料・無料
アメリカ 99,005 無料
ドイツ 12,819 無料
フランス 11,392 有料
日本 9,318有料
イタリア 6,668 有料
韓国3,859有料
イギリス 3,570 無料

※国交省資料参考
※日本調査年度2017年、海外2010年または2011年
※高速無料にも数%の低額有料が含まれる

 

そんな、高速道路の総延長比較と無料&有料だけでは分からないことがあるんです。

 

それは1km走行単位で比較した高速料金なんです。

 

次の資料をご覧ください。

世界の高速道路の料金を比較する

無料の高速道路であっても、一部道路有料や大型車のみ有料など1km単位の走行料金データです。

国名高速利用料金
1Km 単位
備考
アメリカ3.3円一部道路のみ有料
ドイツ16.8~34.3円大型車のみ有料
フランス13.1円代表道路平均
日本24.6円全国平均
イタリア7.6~9.0円平地と山岳部
韓国3.3円全国共通
イギリス9.9円一部道路のみ有料

※国土交通省資料参考
※調査年度の為替レートに影響される

 

上記、有料道路でも日本の高速道路料金が突出していました。

 

アメリカ、ドイツ、イギリス高速道路は基本無料なので、一部道路&大型車だけに課金する仕組みです。

 

日本の高速道路は全線有料、さらに料金の高さも世界一なんです。

 

更にさらに、自動車重量税は道路建設や補修にも使われているんですから、、、

 

唖然となるほど高額なお金が高速含め道路に使われている、日本はそんな国なんです。

 

これではガソリン料金の高さと伴に、走れば走るほどお金が飛んで行ってしまいます。

 

あっ、ガソリン料金の半分以上も税金であり、道路財源等にもなっていますね。

 

日本はこんな小さく狭いのに、いわゆる「道路財源」だらけなんです。

 

そんな自動車重量税の使われ方をもう少しお伝えします。

自動車重量税が道路財源他に使われている

高速道路や一般道路建設や補修には重量税が使われているのはお伝えしました。

 

そんな重量税はどんどん上がりますが、なんと13年経過と18年経過でもっと&もっと高くなるのをご存知でしたか?

 

自動車重量税はどんどん値上がる

重量(トン)通常税額13年超税額18年超税額
軽自動車6,8008,2008,800
0.5トン以下8,20011,40012,600
1.0トン以下16,40022,80025,200
1.5トン以下24,60034,20037,800
2.0トン以下32,80045,60050,400
2.5トン以下41,00057,00063,000
3.0トン以下49,20068,40075,600

 

車って古くなると重量が増すんでしたっけ?

 

重量税だけでも巨額な税収なのに、加えて超高い高速道路料金まで取り続けている。

 

本当は高額な自動車関連税を何に使っているのか明確にしろ、それしかありません。

高額な高速道路料金への対処方とは?

世界主要国中で高速道路料金が一番高いのは日本でした。

 

高額な高速料金の原因は建設コスト、維持費コスト、そして日本人の性格に起因するともお伝えしました。

 

さらに自動車重量税も道路財源です。

 

それなのに、それにも加えて、海外比較で日本はこれらもトップなんです。

 

  • ガソリン料金(ガソリン税等)もトップ、
  • 高速道路の平均走行スピードの遅さもトップ!?
  • 渋滞率も上記の主要国トップ(かもしれません)

 

つまり、これら全ての車コストが高すぎる日本では、高速料金だけでなく可能な限りのコストダウンをする、その方法しかありません。

 

  • 高速料金、
  • ガソリン料金、
  • 高速道路走行スピードの遅さ(渋滞以外の平均スピード)、
  • 主要都市部の渋滞率、
  • 車税金、
  • 維持費、

 

上記コストダウンを図るなら、トラブルが少ない車に出会う、税金の安い車&燃費の良い車を購入するしかありません。

 

⇒  安心安全のガリバーで174項目もの保証が付く車を確認する【検索&利用無料】

高速料金に併せて運転免許がバカ高い!

日本ほど(主要経済国中で)車の税金(自動車税、重量税、取得税)、車検、ガソリン、駐車場、高速道路、整備&パーツ費用の全部が高い国はありません。

 

運転免許費用だって北米と日本を比較すればもっと驚きます。

 

2020年、北米の運転免許取得費用は30ドルほど、しばらく前は10ドル前後、もっと昔は2ドル95セントでした。

 

私の時代は約10ドルで免許取得しました。

 

免許取得期間(時間)も学科と実技だけで1日もあれば取れる高速さ!?

 

2020年現在なら学科試験は午前中、実技は数週間待ちとか場所によってあるそうです。※北米在住の知人より聞きました。

 

北米では車購入してから免許を取りに行く、若しくは人から車を借りて免許センターに出向いていましたが、何か問題でも!?

 

ガソリンだってこんな価格でした。

 

  • 1978頃のアメリカは約3.8リットルで約50セント、
  • 1979年はオイルショックで約3.8リットルが1ドルに、
  • 2018年1月なら約3.8リットルで2.6ドル(約3.8ℓ=約400円)

 

そうなら排気量6000㏄ OHVエンジン全開でも気にしないで走り続けられますよね?

 

まとめ前に、もう少しアメリカのガソリン他のお話をさせてください。日本との比較目的で。

日本のガソリン含め車関係費用は異常に高い!

ここまでの記事と少しかぶりますが、お聞きください。

 

まず、アメリカで1ドルは日本の100円とほほ変わりません。

 

そして、自動車修理や部品価格は日本の半分位かもしれません。

 

駐車場はとても広く無料が多い、有料でも安い、そうなります。

 

アメリカ人の平均収入は伸び続け、こうなっています。※日本人の平均収入は20年以上停滞したまま

 

米国労働省統計局の発表では、平均時給は$24.98ドル(時給で約2,500円)※2019年12月時点

 

日本も最低賃金がどうこうあっても、アルバイトなど非正規なら1,000円~1,200円程度でしょうか?

 

正社員で社会保健加入であっても、時給換算で1,500円少しであり、そこから税金が引かれます。

 

そうであれば、我々日本人が車を持つ、維持するのは収入に対して超大変でしかない、そうなります。

 

だからこそ、我々に必要なのは、可能な限り維持費の安い車、それしかありません。

 

アメリカの友人とたまに話す機会がありますが、都市部の家賃高騰はあっても給料は伸びている、生活に必要な食材は安い、そうなります。

 

従って、日本で生きるのって超大変なんです、それをお伝えしたく追記しました。

 

日本の車コストが高すぎる、でも必要な車なら軽自動車しかありません。

 

軽なら安い高速料金は確かであり、税金、燃費、車検、駐車場、メンテなど全てがそうなります。

 

⇒ 大手中古車販売店で全ての維持費が安い軽自動車を確認してみる【無料検索】

 

では、まとめです。

高速道路料金が高すぎる日本!:まとめ

車所有してから、最大で継続的な出費は車維持費と多くの車関連税しかありません。

 

車検含め税金は車に乗っても乗らなくても必ず支払うお金であり、尚且つ世界一高額です。

 

そうであれば税金の安い中古車を購入する、新車購入なら10年以上の長期保有することでペイさせる、それしか方法はありません。

 

私個人は大型外車から中古軽N-WGNターボに変えたので、税金、燃費、維持管理費、便利さ全てが改善されて満足しています。

 

なんと言っても、ロードバイクを簡単に積める軽ワゴンターボは最高です!

 

アナタも少ないコストで維持管理ができる車に出会えることを願います。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー