カーシェアビジネスの会社が倒産した、カーシェア会社でローン購入した新車が行方不明、車が行方不明でも残ったローン残債を払い続けなくてはない、、、

 

特に、2020年11月には高級車専門のカーシェアグループ全て倒産し、車提供していた投資家の怒り爆発、、、

 

そんなカーシェア会社倒産は計画的だったのではないか、そんなニュースに目がとまりました。

 

もし、アナタがカーシェアビジネス参入を考えている、カーシェア会社に車供給しようとしてる、そうであればこの記事を読んでからにしてください。

 

読み時間1分です。

カーシェア含めたレンタカーサービスの現状とは?

レンタカーは昔からのビジネスであり、現在はニッポンレンタカー含め車メーカー系が主流になっています。

 

それら大企業などの経営母体信頼性もあって、若くても年配でも料金が少し高いレンタカーを選ぶ人は多くいます。

 

個人的には、近所にニッポンレンタカーあるので、いつも洗車したりメンテしているスタッフをみているので安心感があります、カーシェアよりも。

 

同じく近所にあるカーシェアなら、いつ誰がどう車メンテしているのも不明、、だから少し心配です。

 

が、しかし、20年以上も続く不況、先が見えない不況により、レンタカーより安いカーシェアが主流になりつつあります。

 

そんな中、新型コロナにより、レンタカーだけでなくカーシェアビジネスもムズカシクなっている、ビジネスとして成立しにくい、それが2020年11月の現状です。

カーシェアビジネスの被害者って誰なの?

カーシェア倒産で被害に遭うのは、一般人、普通のサラリーマン、少しだけ楽にお金を儲けたい、そんな人達です。

 

失礼を承知で言えば、そんな人達の多くは普通収入、お金がない、そうなります。

 

だからでしょうか?

 

今回のカーシェア会社倒産はあまりにも被害者が多く、はじめは600人を超えるとか、それも20代から30代中心の若い被害者が多い、でした。

 

が、グループ全体が倒産となり、被害者数は1,000人どころではありません。

 

被害者の多くが若い人達中心(20代から40代)なこともあり、始めから詐欺目的、それも十分に考えられます。

 

理由は、こうです。

 

  • カーシェアに供給するのはほぼ高級車ばかり、
  • 高級車を7年など長期ローンで購入させている、
  • 低収入の若い人達を高額ローンに通すため、収入含めウソの内容でローン審査通す
  • 高級車とは名ばかりで、特別仕様とか意味不明装備でオリジナル価格の倍の車もあった
  • 若い人達が購入するのは新車ではなく、実は中古車を偽装してた可能性が強い

 

そして車が行方不明、車の場所が分かってもキーがないから動かせない、車が無事に戻ってきたとしても、本当は価値が小さい中古車の可能性大、、、、

 

これって、詐欺の往復ビンタ、そうなりませんか?

 

結果、支払った金額のほとんどが戻らない、そして毎月の車ローン返済は自身で払い続けなくてはならない、それもニュースにありました。

カーシェアビジネス仕組みはリスクだらけ!

本来のカーシェアなら自分の車、あまり使ってない車を貸し出す、だからリスクは小さい、そうなります。

 

でも&しかし、今回のカーシェア詐欺!?にはこれら問題があります。

 

  1. 始めからカーシェアに提供する目的で新車まま購入する、
  2. カーシェア会社の言いなりで車種も購入先もローン契約も任せてしまう、
  3. だから問題だかけ、ダマされるリ高い高い、

 

そう考えます。

 

それって、本来はやらない、知識ないことをするのはリスクが伴う、だから「しない」、となります。

 

でも、そうするのは若いから、経験が無いから、簡単にお金を儲けられると考えたから、そうなります。

 

でも&しかし、とても悪いのはダマした人達、それは確かです。

 

結果、カーシェアに供給した車が見つからなくてもローン支払いを延々と続けなくてはならない、7年間も。※高級車購入では長期7年ローンを組んでいた。

 

さらに、ボーナス併用支払いであれば、もう何をどうして良いのかも分からない、そうなります。

 

きっと、被害者の多くはこう考えるかもしれません、、、

 

  • 倒産したカーシェア会社にあったのは悪意だけだった、
  • 多くの人達をダマす目的が始めからあった、
  • カーシェアで車貸すより人をダマして得る金額の方がメインだった

 

それはカーシェアビジネスより、整備工場や板金工場とグルになって安い中古車を高級車に仕立て上げる、1台で数百万円儲ける、さらに車をどこかへ転売する、輸出する、もっと儲かる、、、何でもありのウソくそビジネス、詐欺ビジネス。そうなります。

 

もう結論ですが、若い人は、経験ない人はカーシェアビジネスには参入するべきではない、そうなります。

 

もし、家に余っている車があれば参入しても良い、信頼できる大手カーシェア会社もあるでしょう。

 

そうであっても、古い年式の車はカーシェアでの人気はありません、誰も借りません。

車で儲かる仕事なんてあるの?

他の記事にも書きましたが、カーシェアとかではなく、自分で車を使って稼ぐ仕事はそこらにあります。

 

もちろん、車なのでモノを運ぶ、配達する、営業、等々が中心になります。

 

でも&しかし、誰もが「そんな仕事なんだぁあ」となりますが、実は違います。

 

それでは読みが足りない、そうオジサンは思います。

 

始めは車を使った単純労働でも、そこで多くの場所を訪れ、人と会うことで将来のビジネスが浮かぶ、イメージできる、それです。

 

私の経験でお伝えしますが、今回のカーシェア含め間接的な仕事、投資的な仕事では何もアイデアが湧いてきません。

 

理由は投資を装ったビジネス、投資資金は使っても、自分の頭も体も使わない全てどこかの誰かの受け売り全部日にお任せ、だからそうなります。

 

それでは、サラリーマンと同じです!

 

会社の指示に従って動く、そのまんまです。

 

もし、新しい仕事を探す、自営業、起業を考えるのなら、まずは何かしら行動する、それが一番の近道に違いありません。※経験者は語る

 

人は誰であっても頭だけでは知った気になるだけ、本当の意味では経験してない、理解してない、だからです。

 

もう一度お伝えします、、、

 

時間をかけて詳細な行動計画建てるより、まずはリスクが小さい行動をスグに開始する、その行動から得られる情報で次へつなげる、進める、です!

 

まとめ前に、真面目すぎた記事の反省もあり!?、余談を少し。

レンタカービジネスは危険が満載!

昔から海外にはよく出かける仕事をしていました。

 

アメリカやドイツの展示会には毎年参加する、、今でも数年に一度はアメリカです。

 

そんな海外出張でお世話になるのがレンタカー。

 

日本から予約すれば、現地、空港近くのレンタカー駐車場サインボードに私の名前がピカピカ、、、

 

そこに表示された駐車番号の車に乗り込めば即スタート、便利です。※2020年は現地大手レンタカー会社がつぶれています。

 

そんなアメリカ出張で、安いレンタカー会社があるのを日本のTV放映で知りました。

 

そこは空港から少し離れた小さい会社だったのですが、日本から予約完了。

 

現地で予約した車を見ると、予約した車と違う、そして右か左ドアに穴が2つ開いている。

 

運転してから気付いた穴、それはなんと弾痕だった、、唖然騒然。

 

当然と言うか、アメリカ人が見ればそれは一目瞭然の穴、その穴あき車を運転する私にも変な目が(気のせいもあり)、参りました。

 

結論は、安いからと飛びついたモノに福はなし!?でしゅ。(笑)

 

では、まとめです。

カーシェアビジネスなら損するしかない!:まとめ

今回は少し真面目過ぎた記事内容、つまらなかったかもしれません。

 

そうであれば、申し訳ありません。

 

でも、私的には詐欺に遭った人達に何かを伝えたい、また頑張って欲しい、それしかなかったんです。

 

理由は、学生時代も、社会人になってからも、世間知らずで人にダマされた経験した私だからです。

 

そんなダマされる人の特徴は、ついつい自分より相手のことを考えてしまう、知識(経験)不足、それらです。※個人の意見

 

でも&しかし、1つ1つ実経験をすることで、誰にもダマされない最強のオジサンになります、、、誰かさんの様に!?

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」で会いましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー