2017年12月下旬にホンダN-ONEマイナーチェンジが行われるとのニュースが入ってきました。

 

この記事を読んで頂いているアナタであればN-ONEの走りに強い興味があることが分かります。

 

軽なのにキビキビした走り、車高が1545㎜しかなく、4ドアモデル(ヒンジドアのみ)、現行車でのローダウンモデル仕様を採用するなど、走ることしか考えられていないモデルなのがわかります。

 

だから!?軽でありながら質量と剛性を感じられる唯一のモデルでした。

 

2017年10月には新型N-BOXやカスタムが発売され、同様の質感を持っていましたが、N-ONEはそれ以前からそうでした。

 

まだ発売にもなっていませんが、現行車との想定比較から書かせて下さい!

 

⇒ 関連記事「新型N-BOXカスタム試乗でショックだったこと」

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

ホンダ軽でN-ONEのポジションはどこにある

N-ONEポジションはN-BOXとN-WGNの真ん中にあります。

 

  • N-BOXはファミリー向けの多目的カー
  • N-ONEは2人乗車の走り屋向け
  • N-WGNは上記2車種の良いとこどり

 

ちなみにN-WGNターボ所有の私は、趣味のロードバイクを積んで出かける際にも、目的地までは走行性能を楽しんでいます。

 

N-ONE現行モデルもそうですが、2017年12月発売のマイナーチェンジモデルでも選ぶのはターボ仕様しかありません。

 

理由は、現行車での高速走行性能やキビキビした走り&、そして少しタイトな足回りとクイックなハンドリング性能がそれらを物語っているからです。

N-ONEのスゴイ装備が更に進化する

走りのためのN-ONEは現行モデルでも、こんなにスゴイ性能を持っています。

 

  • 現行軽自動車トップの10.6kgもの最大トルクを持つN-ONEターボ、
  • 高速運転&コーナリングでのローダウン仕様を採用
  • 高速G領域でもハンドルの利きが良く、ライントレース性能に優れる(N-BOX比較)
  • N-ONEツアラーやプレミアムツアラー・ローダウンには7速パドルシフトまで装備
  • 低速から7,000回転超まで伸びやかに吹け上がるエンジン

 

さらに付け加えれば、高速走行を想定するモデルなので、ホンダ普通車に採用されている防音材を三層にして使用してあります。

 

つまり、上記にある現行装備&性能がバージョンアップされるのが12月下旬発売のN-ONEマイナーチェンジです。

 

こんな走り屋向けの高性能車であるからこそ、マイナーチェンジで実施されるであろう内容をお伝えします!

 

  • 高張力鋼板1180MPaをボディ、シャーシに使い、さらに強度アップ(新型N-BOX採用済)
  • 最新安全装備のホンダセンシングを採用し標準装備にする
  • 高速&安定走行に寄与する新たな装備

 

このホンダセンシング詳細は次項でご紹介します。

N-ONE唯一の欠点が12月に改善される

現行モデルでも、素晴らしいN-ONE唯一の欠点は安全装備が時代遅れだからです。

 

理由は、現行N-ONEは時代遅れとなった安全装備「赤外線レーザー」のままだからです。

 

ホンダは新しい安全装備であるホンダセンシングをN-ONEマイナーチェンジに必ず採用します。

 

このホンダセンシング能力の全てがN-ONEマイナーチェンジに採用されれば、現行モデルよりもっと安心&安全になり、走る喜びを与えてくれるでしょう。

 

ホンダセンシング安全装備内容一覧です!

 

特に10の道路標識を認識してディスプレイに表示してくれる機能が軽自動車にあるのは驚きです。

 

道路標識を認識する能力を有する車はベンツの中でもSクラスとEクラスにしか採用されていません、スゴイ!

 

しかもベンツと同じミリ波レーダーと単眼カメラが安全を見守ってくれるのも似ています。※ベンツはステレオカメラ+複数のミリ波レーダーを採用

 

  1. ぶつからないために衝突軽減ブレーキ
  2. 飛び出さないために誤発進抑制機能
  3. 不意の後退を防ぐために後方誤発進抑制機能
  4. 歩行者に配慮の歩行者事故低減ステアリング
  5. はみ出さないために車線逸脱抑制機能
  6. 適切な車間距離を保つために
  7. ふらつないために車線維持支援システム
  8. 良好な視界かくほのためにオートハイビーム
  9. 発進の知らせ先行車発信お知らせ機能
  10. 道路標識を見逃さないための標識認識機能

 

何回も書いてしまいますが、こんな優秀な安全装備を全車標準とするホンダには脱帽しかありません。

 

理由は、我々が軽自動車を運転する上での最大不安材料は万が一の事故だったからです。

 

ホンダが普通車メーカーだからこそ、軽自動車にも普通車と同等の素材と安全装置を採用できる、それら巨額投資が可能になったと想像してしまいます。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

ホンダN-ONEがスゴすぎるのまとめ

N-ONEマイナーチェンジが発売される前に、それを待てずに記事を書いてしまいました。

 

以前よりN-ONEがホンダ軽自動車の第一号ホンダN360の血統を受け継ぐ唯一の車であることは知っていました。

 

だからこそ、多目的車としての軽ではなく、純粋に軽自動車最高のパフォーマンスをN-ONE(ターボ仕様)に与え続けているのだと感じてます。

 

そうでなければ低い車高、少しタイトな室内(後席)、キビキビの走り、クイックなハンドルと回答性、7,000回転超まで回るエンジンをN-ONEに与えていません。

 

もし、新しいN-ONEに触れる機会があれば、車全体から漂う質量&質感がどうかを感じて見て下さい。

 

きっと中味が詰まった密度の高い車なのが伝わると思います。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー