BMWは長距離運転が疲れるがベンツは疲れない理由:サムネイル

アナタも私も車は直感で選んでいる!

 

それをご存知でしたか?

 

それとも、車はデザイン、走行性能、カラー、など様々な要素を頭の中で厳密に精査しながら選んでいる、そうお考えですか?

 

現実は、そうではありません!※心理学者の研究結果より

 

人は車など形あるものを直感で一瞬で選んでいるんです!

 

そんな感ピューター!?で選んだ後に論理展開し「ああだから、こうだから」、を自分なりに後付けで正当化している、それが我々人間なんです。

 

もしそれなら、アナタが数あるドイツ車の中からベンツを選んだのはナゼなんでしょうか?

 

もしかしたら、アナタの直感に作用した何かがある、それが理由なのではありませんか?

 

1分ほどお付き合いください。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

BMWで疲れてもベンツでそうならないのはナゼ?

アナタがベンツに魅かれる理由は「安心感」「安定感」「安全性」「豊かさ」「落ち着き」「高級感権威」、それらが中心ではありませんか?

 

私はそうです。

 

次に、BMWに魅かれる理由としては「スポーティー」「躍動感」「若さ」「高級感権威」、などではありませんか?

 

それらキーワードを比較しただけで、ベンツは安らぎある高級車BMWはスポーティーで躍動感ある高級車、そうイメージする自分が分かります。

 

ボディデザインや雰囲気だけでそれら感じ取れても、イメージできても、車の中身はどうなのでしょうか?

ベンツとBMWの所有経験から言えることは何か?

ベンツとBMWを所有した経験からお伝えします。※どちらも中型以上

 

どちらも高級&安全な車なのは間違いありません。

 

ただし、上記にある両車キーワードにマッチした味付けがされていました!

 

ベンツのハンドル操作はタイトに感じません、アクセル反応もシビアでクイックとは感じません。

 

感じないとは操作反応が遅いのでなく、操作から作動までの伝わり方がユッタリしているそのような味付けにセッティングされている、そうお考えください。

 

従って、強い安定感と安心感が生まれリラックスする、だからベンツ運転は疲れません。

 

仕事で東京と大阪を往復しても疲れません!※個人のベンツとBMWで経験済

BMWはスポーツに寄り過ぎなのか?

BMWはこうです。

 

BMWのハンドル操作はタイトであり、アクセル反応はシビアです。

 

一言の表現なら「躍動感ある車」、そうお伝えします。

 

従って、車に安定感はあっても、スポーツ感覚の方に大きく振れている、スポーツが勝っている、です。

 

だから安心感が少し不足と感じるのでしょうか!?

 

個人的には音と振動が多い、あまりリラックスできません。※安心感不足=安全性が低いのとは違います。

 

やはり、BMWイメージ通りスポーティー、躍動感ある、その表現になります。

 

もし運転初心者なら、アクセルを軽く踏むだけで強く速く進むBMWキャラに戸惑うかもしれません。

 

事実、私の家族はBMWに乗るのが、運転するのがキライでした。

 

ベンツ、アウディ、フォルクスワーゲンの運転は好きでした、楽しんでいたようです。

 

では、この辺でベンツとBMW比較は止めて、ベンツを選んでしまうであろう理由をお伝えします。

ベンツを選んでしまう理由は何か?

この記事を読んでいるアナタの年齢は30歳前後以上なのは容易に想像できます。

 

理由は、昔も今の20代でベンツに乗っている人をほとんど知らないからです。

 

私が知っている20代でのベンツ所有は、ヤナセの営業マンくらいかもしれません。

 

これらがベンツを選ぶ理由です。

 

  • 落ち着いたデザインでも強いベンツの個性がある、
  • 頑丈で壊れない
  • モデルチェンジして古くなっても気にならない
  • アクセルを一瞬で強く踏みこめる安心感は抜群
  • あっという間の速度200キロでも怖くない
  • 止まる⇒走る⇒止まるの動作がとてもスムース
  • 高速からの急ブレーキでも車体は真っ直ぐのまま
  • 急ブレーキ中のハンドル操作が容易
  • 厚く強い素材が使用され、補強材&溶接ポイントも多く丈夫
  • ドア強度が高い&ドアの大型鋳造ヒンジは輸入車で最強
  • 万が一の事故でも助かる安全な車、
  • 修理しながら何十年も乗れる車、

 

上記は個人的経験でのベンツを選ぶ理由ですが、それらにはBMWに共通な部分も多くあります。

 

もし、私がそれら理由まとめると「安心感」「リラックス」、その2語に集約されます。

 

その2語はドイツ車としての高い安全性と高度な走行性能から来ている、それを感じられるモノです。

 

それほどに高性能なベンツとBMWであっても、ベンツならスルーできる、気にしなくて良いことであっても、BMWでは気になりスルー不可、現実にそれがあるんです。

 

それって、何か少し不思議だと思いませんか?

 

でも&しかし、安心感をリラックス与えるベンツに対し、タイト、スポーティー、躍動感を感じられるBMW、その構図になります。

 

そんなベンツは1970年代後半から1980年代初は、こんな存在でした。

 

事故で死にたくなければ外車に乗れ!【大先輩達のアドバイスより】

次は、ベンツを選ぶ人にある共通店をお伝えします。

ベンツを選ぶ人には共通点がある!

これも不思議なんですが、ベンツに一度でも乗った人の多くは死ぬまでベンツなんです。※私は違いますが、、

 

もしベンツ以外であっても、一度でもヨーロッパ車に乗れば、最後まで同じブランドが多いようです。

 

日本車からヨーロッパ車への乗り換えがあっても、ヨーロッパ車から日本車への乗りかえは殆どありません、私の周りには居ません。

 

理由は、ヨーロッパ車の強い個性、飽きのこないデザイン、高い走行性能&安全性能、それらにあるとしか考えられません。

 

さらに長く同じ車に乗り続けると、何か不思議な一体感&愛着が生まれるのもあります。

 

あっ、私はベンツから軽N-WGNターボにしましたが、理由はロードバイク2台を積んで山坂道、裏道、細い道を走れるからです。

 

つまり、私の場合は車キャラの好き嫌いよりも、趣味が優先してしまったから、そうなります。

ベンツを選んで困ったことはあるか?

もし困ったことがあるとすれば、万が一の故障しかありません。

 

新車保証3年、延長保証2年の合計5年を経過したその日から、心臓ドキドキのスイッチON。

 

ドイツやアメリカなら普通に安い!?ベンツ修理なのに、日本の修理なら海外の数倍や10倍の部品代+高額工賃は当たり前、だからです。

 

でも&しかし、ベンツでシビアな故障をした話は私や周りの人達からも聞いていません。

 

特にベンツがクライスラーとの経営統合解除した2006年以降なら製品性能がとても高く安定しているからです。※ヤナセ営業マンに教えてもらいました。

 

そうであっても、もしもの故障ではベンツ修理が得意と書かれた町の整備工場にお願いすれば激安なるので安心してください!?

 

そして、修理をもっと安くしたいのであれば、整備工場のオジサンに部品番号を教えてもらい個人輸入すれば激安パーツがゲットできます。

 

そんなベンツで最も良いのは、2013年以降に安全装置「レーダーセーフティ―」が導入され、一番安全な車となりました。

 

詳細は下記の関連記事「ベンツEクラス」にあります。

 

お読みください。

 

⇒ 日本最大のガリバーで安全装置付ベンツをチェックしてみる!【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

BMWは超距離運転で疲れてもベンツなら疲れない!:まとめ

個人的に一番長く所有したのはベンツでした。

 

そんなベンツのデザインには安心感を覚えます。

 

普通に走っても、飛ばしても疲れません!

 

長距離を走っても安心感が続きます、それが変わりません。

 

仕事から自宅駐車場(自宅から1分少し)に到着しても、数十分や1時間など車から出ません!?

 

だって、居心地が良い、だからです。

 

ベンツのステータスもありますが、やはり運転する人にとっては安らぎ疲れないことは最大関心事である、そう考えます。

 

更に、ベンツは壊れない車なので10万キロ、20万キロ、30万キロでも最小メンテナンスだけで走り続けてくれる、それも安心なんです。

 

だ・か・ら、お金を使うのにとても慎重なドイツ人がローン組んでも購入する訳です。※ドイツから似た話を聞きました。

 

アナタの人生で良き相棒になるであろうベンツに出会える、そのことを願います。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー