大型駐車場で車が見つからずに焦ったことはありませんか?

 

個人的には成田空港沖縄のショッピングモール、そしてロス・アンゼルスにあるコンベンションセンター(ステイプルズ・センター)の3カ所で焦りまくりました。

 

そんな時に限って、急いでいたりするもんなんです。

 

急いでいたから無意識に駐車させた、何気なく車を止めた、だから記憶手ががり一切無しの状態、危険が危ない、そうなります。

 

どれも見つけるのに1時間以上かかり、オジサンは心底から疲れ切ってしまいました。

 

そんなに焦ることも、疲れることもない、そう聞こえてきましたが「もしも盗難だったら」、そう思うと「おじさん in Panic」!

 

今回は駐車した車を超簡単に見つける方法を発見しました。

 

簡単過ぎる方法なので読み時間30秒です。

駐車場で見つからない車を探す方法がある!

こうすれば完璧です!

 

どこにどう車を止めようと「その駐車場所と車を写真に撮るだけ」、それ以外は何も必要はありません。

 

駐車位置を探す手がかりとなるフロア階数&駐車場所など関連あるモノをスマホで写真に撮る、それだけです。

 

私はこうしてます。

 

駐車フロア階数、駐車場所の柱(A2とかB6とか)を写真に撮ります。

 

空港など何棟も同じビルあれば、駐車ビル番号と外観も写して完了。

 

たったこれだけで、あとは全てを忘れ飛行機に乗れたり、仕事に集中したり、買い物に専念できてしまいます。

 

もう説明が終わってしまいましたが、応用編もお伝えします。

リモコン使っても見つからな場合とは?

車を見失った際に駐車場でリモコンを何回もピッピしたことはありませんか?

 

それで直ぐに見つかる場合もあれば、探しまくることもあるでしょう。

 

そこで気づいたことが1つありました。

 

それはリモコンによって(車メーカーによって)、電波到達距離が全然違うことです。

 

私の憶測もありますが電波が数十メールしか届かないモノ、100メートルでもピッピするモノもある、そのことです。

 

ちなみに3階の自宅ドアを開けて、100メール近辺の愛車にリモコンするとピッと光りました。※昔に所有した外車で夜にピッピした場合

 

でも&しかし、車との距離が離れ過ぎていたり、駐車階が違えばピッピは使えません

 

だから、駐車位置など関連写真に撮るとなります。

 

次はレンタカーが見つからずに何時間も焦りまくったお話です。

レンタカーを発見できない理由とは?

国内でも国外でも、レンタカーしたばかりの車を覚えていない忘れてしまった、そんな経験はありませんか?

 

メーカー名はうろ覚え、車種も色も不明、レンタカーならそんなことはしょっちゅうです。※個人の経験

 

そうなら見つけるは超大変しかありません。

 

馴染のない車ばかりの海外では特にそうなります。

 

レンタカーなので何も気にせず速攻で運転し、目的地近辺の大きな駐車場にしばらく止めていた、そんな場合は車の何も思い出せません、アウト!

 

レンタカー契約書は車ダッシュボードなので、「わナンバー」と「記憶にあるボディカラー」を頼りに大捜索した経験が北の大地でありました。

 

でも&しかし、海外では「わナンバー」も「ピッピ」作戦も使えません。

 

海外の超大型駐車場で、私は何をどうしたのでしょうか?

極端な私の車迷子体験記 in USA!

アメリカで真面目に焦った経験です。

 

  • 馴染みが一切ないアメ車のレンタカー(メーカーと車種)、
  • ナンバープレートでレンタカーかどうか一切分からないシステム、
  • レンタカー屋さんステッカーも貼っていない(犯罪防止目的で張らない)、
  • ロス・アンゼルス巨大コンベンションセンター駐車場は広すぎる、探せない、

 

この時ばかりは、時差と仕事の疲れ、そして日本への飛行機出発まであと3時間半しかない・・・

 

オジサンに泣きが入りました、マジで!

 

巨大で何階層もある駐車場からは徐々に車の数が減り、外はだんだん暗くなって行く、本当に焦りました。

 

駐車場所を強く意識しなかったことを、車種を忘れたことをこれほど後悔したことはありません。

 

だからこそ、愛車よりもレンタカーにこそスマートフォン撮影を使うべき、そう結論します。

 

加えて、リモコン到達距離の長い車も良いかもしれません。

 

そうであれば、個人の経験からドイツ車、そうなります。

 

⇒ 安心安全のガリバーでドイツ中古車を確認してみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

駐車場で見つからない車を探す方法:まとめ

駐車した車の場所を見つけるソフトシステムもあるそうですが、スマホ写真さえあればOKです。

 

この方法は昨年から使い始め、愛車と多くのレンタカー(含むカーリース)写真がたまりました。

 

それらを見る度に、あそこはああだった&こうだったと思い出すのも楽しいもんです。

 

アナタも駐車場に限らず、車で行く先々を写真に撮れば楽しい思い出ができます。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー