軽自動車で所有権留保解除の方法:サムネイル

軽自動車はローン完済しても車をアナタ名義にする「所有権留保解除の案内」が届きません。

 

普通車であればローン会社から所有権留保解除手続き書類が自動的に送られてくる場合が多いのですが、軽自動車には何故かその案内システムがありません。

 

それって差別でなくても不合理ではありませんか?

 

そんな所有権留保解除の案内が届く届かないもありますが、それよりも所有権留保解除する&しないには別の意味がある、それをご存知でしたか?

 

今回はローン完済後に所有権留保解除をする本当の意味含めお伝えしていきます。

 

読み時間は2分です。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

車ローン購入と所有権の関係とは?

車をローン購入した場合「車は信販会社の担保」となっているので、ローン完済後は本当の車持ち主であるアナタに所有権を変更します。

 

そんな車所有権をアナタに変更する手続きを「所有権留保解除」といいます。

 

じゃあ、ローン返済中は車所有権が信販会社にあるから売れないの?

 

その答えは、「はい!売ることはできません」です。

 

ムズカシイ言葉かもしれませんが、ローン返済中の車は「所有権保留」の状態にあると表現されます。

 

では、ローン返済後に所有権留保解除を何故しなければならないのでしょうか?

 

そこからお伝えします。

所有権留保解除する理由は何か?

昔の私もそうでしたが、ローン返済後も所有権はずうっとディーラー系の信販会社名のままでした。

 

つまり、車検証名義を信販会社名から私個人に変更していませんでした

 

若い自分に知識が無かったもありますが、それ以前に所有権留保解除の必要性を感じなかった、だからそのままにしてありました。

 

それでも車を売る時は所有権留保解除が必要になったので、ディーラーが全ての変更手続き代行してくれてたのを覚えています。

 

それでは、何らかの必要に迫らなければ所有権留保解除をしなくてもよいのでしょうか?

 

実は所有権留保解除すれば、こんなメリットとデメリットがありました。

所有権留保解除するメリット

メリットあっても、使えるほどではありません。

 

  • 所有者をアナタ名義に変更してあれば、車売却、譲渡、廃棄の際も簡単に行える
  • 所有権留保解除すれば車検証名義が自分の名前なので財産として感じられる

 

メリットとしては少なく感じるかもしれませんね。

 

し・か・し・車所有権留保解除しないままなら、これらデメリットであり続けます。

所有権留保解除しないデメリット

もし所有権留保解除を行わなければ、これらデメリットです。

 

  • 所有権留保解除をしないままなら、車売却、譲渡、廃棄の際には販売店若しくは信販会社に出向かなくてはならない
  • なにをするにしても車所有者(販売店)の印鑑証明が必要になる

 

ローン支払完了した愛車なのに、何をするにもディーラーや中古車店(販売店)を経由して信販会社に頼まなければなりません。

 

アナタに手続きを頼まれた販売店はこう考えて営業してきます。

 

車売却、譲渡、廃車なら新しい車が必要になるだろう ⇒ セールス開始!

 

そんなビジネスメリットあるから販売店でも信販会社でも所有権留保解除の案内も何もしてきません。

 

これって一粒で二度おいしい!?

 

そんな昔の表現そのままではありませんか?

 

アナタのデメリットが販売業者のメリットになってしまうシステムです、完全に。

 

では、ローン使わず車を現金購入すれば、車検証の所有者=所有権は必ずアナタ名義になるのでしょうか?

 

じつは違います。

 

こんなケースがあるのを知ってください。

現金購入でも車検証名義が販売店になる場合がある

車を現金購入しても、車検証名義=所有者名が販売店になる場合をご存知ですか?

 

それはこんな理由からです。

 

車注文時=車登録前に支払完了していれば車所有者名義はアナタになっていたはずでしたが、、、

 

納車時(車登録後)の支払いならこうなります。

 

納車時=車登録後に代金を支払ったので所有者名義が販売店名で登録されていた、、、

 

この場合は販売店に所有権留保解除手続きをしてもらってください。

 

直ぐに車検証名義=所有権をアナタ名に変更してもらってください。

 

もちろん手続き費用の全ては販売店負担は当然です。

 

次は最速にできる、個人での所有権留保解除方法です。

時間節約の所有権留保解除方法

個人の普通車なら陸運支局で手続き、軽自動車なら軽自動車検査協会で所有権留保解除手続きするのですが、とても時間と手間がかかってしまいます。

 

普通車でも軽自動車でも販売店か信販会社に電話してこう伝えて下さい!

 

「所有権留保解除をお願いします」。

 

そうすれば手続き方法の説明と必要書類も送ってくれます。

 

もっと大きく時間節約するのなら販売店は飛ばして、直接の手続きを信販会社にお願いしてください。

所有権留保解除で信販会社に提出する書類一式

所有権保留解除に必要な書類です。

 

  • 印鑑証明(3カ月以内のモノ⇒住所、氏名が使用者と同じ)
  • 委任状(使用者の実印押印)
  • 自動車検査証
  • 自動車または軽自動車税納付証明書(コピー)
  • 信販会社から届いたハガキ

 

信販会社によって提出書類が違う場合があるので事前確認お願いします。

 

では、まとめです。

軽自動車の所有権留保解除する方法:まとめ

車を購入する時は販売店が全てしてくれましたが、ローン支払終えた車は自分から積極的に動かなくてはなりません。

 

今回はローンを組んだ信販会社へ連絡するお話を中心にしましたが、まずは販売店へ電話して可能な限り多くのアドバイスと手配をしてもらいましょう!

 

そんな販売店はアナタとの新たなビジネスが頭にあるのできっと良くしてくれます。

 

それ以前に販売店はアナタに車を販売したことで大きな利益を得ていた訳です。

 

従って、販売店として最後までサービスするのは当然でありアナタはそのサービスを受ける権利がある、そうお考え下さい。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー