車の値引き交渉を解説【在庫車がねらい目!】:サムネイル

初めてのディーラーで車選びと値引交渉、ドキドキしてしまうのはアナタだけではありません。

 

ドキドキの理由は、素人だからダマされる、値引なしで売りつけられる、もっとあるでしょう。

 

そんな時にディーラー営業マンのセールストーク、売り文句さえ知っていれば、簡単に対処できてしまいます。

 

不思議なのは、アナタに車知識がなかったとしても、営業マンと適切な受け答えができれば、お店がアナタを不当に扱うことはありません。

 

2分以内に読める記事です。

 

もし必要項目だけなら、それぞれ30秒以内です。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

セールストークが意図するモノとは?

ディーラー営業マンが使うのは100%セールストークであり、それらトーク対応からアナタの考えを理解し、営業交渉に使われるのは間違いありません。

 

営業交渉とは、値引する&しない以外にも、ディーラーに取って大きな利益になるオプションパーツ装着を勧めたりする行為も含まれます。

 

従って、初めから高い車が、もっと高い買い物になる、そうなる可能性があります。

 

そんな営業交渉で使われるセールストークの意味を事前に知っていれば、アナタは焦ることなく余裕を持って営業マンと交渉できます。

 

まず最初に、営業マンのセールストークに真に受けてはいけません。

 

そんなセールストークの意味さえ分かれば、アナタが先回りして優位な立場を取れます、必ず!

 

ではセールストークを1つずつ解説します。

ご予算はおいくら位ですか?

このトークは手始めに必ず言われます!

 

店側;

  • ちなみにご予算はどれくらいですか
  • 希望の値引額はありますか
  • 逆に、希望額を言って下さい

 

アナタ;

  • 特にありません
  • 良い車があれば欲しい、それだけです

 

お店の意図は予算が分かれば車種を絞りこめる、交渉もしやすいと考えています。

 

もう1つは、アナタに車知識がなければ、在庫ある車、売りたい車を主導的にススメてくるパターンが考えられるでしょう。

 

そんな手には絶対乗ってはいけません。

 

店に出向くまえに、ライバルメーカー含め希望車種と最大値引額等を調べるようにしてください!

 

それが頭にあれば、営業マンに対し「この価格では無理です」、そう自信を持って!?伝えられマス。

今、決めて下さい攻撃(口撃)!

これも購入を即すために使われますが、もし初めてのディーラーで言われたのであれば、アナタを完全に素人だと考えている、そうお考えください。

 

  • 今日、決めて頂けるのなら、この値段です
  • 今日だけの特別価格です、次回はありません

 

アナタ

  • そんな直ぐには決められません
  • 「他の車と比較しなければ決められません」

 

返答はこの一言だけでOKです。

 

そんな特別価格を初めての客に提供する、その時だけの特別価格なんてありません。

 

私的には、客をなめてるのか? 

 

そう感じてまう位のトークです。

 

車、それも新車なら100万円から数百万円と高価なモノを、そんなノリで買う訳がありません、買ってはいけません。

 

しかし、こんなトークをする営業マンが居るということは、きっと言われるがまま、勧められるがままのお客が多いからだと想像できます。

 

アドバイスとしては、どんな良いオファーであっても即答は避けることです。

在庫車ならお安くできます(はウソ)

アナタが車に強いこだわりがない、そう判断された時に使われるトークが「在庫車なら安くします」。

 

  • 在庫車なら頑張って値引します
  • 近々にモデルチェンジするので在庫車を特別価格でどうですか

 

アナタ

  • どれくらいの値引ですか」 ← ただ機械的に聞くだけのニュアンスで。

 

このトークからは在庫処分をしたい気持ち110%が見え見えなんですが、アナタの予算と趣味が合うのならそれも有りでしょう。

 

もし値引が30万円、40万円であれば、少しだけ心が動くかもしれません。

 

どちらにしても、アナタが後悔しない車を適切な値引き+価格+サービス条件で購入することが最善となります。

 

この場合も即答は避けてください。

 

まずその車が高額値引される理由を雑誌やネットで確認することが大切です。

ウーん、これはキビシイ(全然!?)

お店は何もキビシクなんかないくせに、そんな言葉は一切気にしないで下さい!

 

  • それは無理です」 ← ウソ!
  • 値引幅が大き過ぎてPCエラーがでました」← バーカ!
  • あり得ない値引です」← ウソ!
  • 基本は値引ゼロなんです」← 同上
  • 限界の数字を出させてもらいました」← 同上!

 

アナタ

  • そんなにキビシイ金額なんですか? では他の店でも見積もってもらいます

 

そんなアナタのコメントに対しての答えが「ちょっと待ってください」的なモノであれば交渉余地はシッカリあると理解してください。

 

そんな値引幅はお店によって大きく違うのをご存知でしたか?

 

同じメーカーのディーラーでも販売地域が異なれば、ディーラー経営会社も違うので競争させるのは可能です。

 

逆にいえば、同じ経営会社のディーラー同士ならアナタの情報が共有されているので値引はできません。

 

そんな経営母体が違うディーラーの見分け方は簡単!

 

メーカー名の前後にある販売会社名の違いがそれです。

 

そんな経営会社が違うディーラーで価格交渉すれば納得が行く結果が得られるでしょう。

店長に聞いてきます(ウソ)

営業マンの事実は誰にも相談してないくせに、聞いていないくせに・・・

 

  • 店長に聞いてきます
  • 分かりました、お待ちください
  • 本部とも交渉をしました

 

アナタ

  • ありがとうございます」 

 

このトークのために10分、20分とアナタを待たせる訳ですが、これらはパフォーマンスとお考え下さい。

 

営業マンは各自の値引幅を持っているのは確かです。

 

しかし、全てのお客に対して店長決裁や本部問合せはしません。

 

ポイントは「そこまでの努力をした結果がこの最終値引になった」、そのストーリ―をアナタに認識してもらいたいためのパフォーマンスです。

 

そんなストーリー上の価格なので、即答、即決はダメです。

 

では、何をどうすれば良いのか?

 

競合店で同じ見積もりをしてもらうことで見積もられた車価格を確認してください。

仮契約書を作らせて下さい(アウト)

仮契約書、この言葉につい「いいよ」、そう言ってしまう人が多いのには驚きマス。

 

契約書に仮も正もありません。※注文書=契約書

 

もっと悪質なのは、契約書だとも伝えずに書類にハンコ、サインを求めてくる場合です。

 

アナタが全てを納得した後でない限り、ハンコもサインもしてはいけません

 

補足としては車業界の注文書契約書であることです。

ハンコを机の上に置いてからの最終交渉(使える!)

値引交渉ではいくつかのポイントがあります。

 

  • 同じメーカーであっても、そうでなくても、必ず3社以上と同時に交渉を始める
  • 各ディーラーでの交渉回数は3回か4回は必要ですが、相性が悪い、印象が悪い営業マンなら即決で交渉中止する
  • 交渉当初は車本体中心の値引交渉、最終交渉付近ではオプションパーツ無料や値引をさらに頑張る
  • 契約直前ではハンコを交渉テーブルに置きながら、これら諸費用のカットを要求する

 

車庫証明費用

納車費用

検査、登録、届出費用

ガソリン満タン納車

JAF会員1年間無料

 

ここまでして、やっと契約書=注文書へハンコとなります!

 

交渉経験の有無以前に、優しいアナタなら他人に何かを要求するなんて気が引ける、悪いなぁあ、そう思うのではありませんか?

 

私もそんなタイプの人間でしたが、何回交渉しても販売側や営業マンのペースで進められてしまうこと、それを嫌悪に感じている自分に気づきました。

 

自分をそんな嫌な気持ちにしない為には、自分が望む内容、損をしないための要求を自分の側からするしかありません。

 

ちなみに、値引交渉方法、駆け引きは新車でも中古車でも同じです。

 

それがガリバ―など大手中古車販売店なら定価があって定価が無い車販売となります。

 

従って、新車とは比較にならない値引も可能となるでしょう。※値引15%など普通にある。

 

⇒ まずは大手中古車販売店で希望車種の価格チェックをしてみる【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

車値の引交渉を解説します!:まとめ

初めての車であれば、全てが未経験でありご苦労されると思いマス。

 

それでも、まずは交渉する勇気を持ってスタートしてください。

 

そうすればディーラーを周る回数が増える度に、どんどん交渉&駆け引きになれて行く自分を感じられます。

 

そして最後は「ガソリン満タン+JAF会員1年間無料」、そうなるでしょう。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうとざいました。

 

また、いつか「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー