車検証でわかる整備状況:指定整備車とは:サムネイル

車検証を見れば車の状態と価値判断がカンタンにできるのをご存知ですか?

 

少し車知識がある人が車検証備考欄を見れば、こんなことが分かるんです。

 

  • 「定期点検整備をどのように実施したか」
  • 「どんな工場で整備されたか」

 

それらが記載されてあるんです。

 

車検証に書いてあるのは走行距離や年式、型番だけではなかったんですね?

 

さらに、そんな車検証と点検整備記録簿を発行できるのは国で認められた指定工場」「認証工場」に限定されます

 

つまり、中古車を購入する際にも車検証の点検整備記録簿(整備手帳)見れば、買って良い車かどうかが直ぐに分かってしまいます。

 

アナタの車検証と整備手帳と併せてごお読みください!

 

読み時間1分です。

車検証にこれら記載あれば完璧!

車検証には愛車価値を守る&維持する検査項目が3つ記載されています。

 

アナタの車検証備考欄を確認してください。

 

  • 受検種別」⇒ 指定整備車  または 持込検査車
  • 検査時の点検整備実施状況」⇒ 点検整備記録簿記載あり
  • 受検形態」⇒ 指定整備工場 または 認証整備工場

 

アナタの目の前にある車検証備考欄にそれら記載あれば完璧です!

 

万が一「点検整備記録簿記載なし」 、とあれば問題あり、そうお考え下さい。

 

点検整備記録簿記載なしの記載理由は、国が認めた認証工場、指定工場で車検を受けていないことを意味しています。

 

例えば、ユーザー車検であったり、車検代行を使ったことを意味しています。

 

もし、認証工場、指定工場でちゃんと車検受けていれば、車の整備内容が記載された点検整備記録簿(整備手帳)を発行してくれます。

 

点検整備記録簿(整備手帳)はパスポートのような役目を果たしているんです。

 

つまり国の認可機関(指定工場や認定工場)が車を点検したことを証明している、そうなります。

 

従って、車売却や車購入に際しても、点検整備記録簿はパスポートの役目を果たしてくれる、そうお考え下さい。

 

次は車検証記載の「受検種別」点検整備実施状況」「受検形態」の意味を順番にご説明します。

 

⇒ 最強の中古車探しは、日本最大の中古車サイトを確認する【無料検索】

受検種別とは何か?

受験種別とは検査をどこで受けたかの意味です。

 

指定整備工場での検査は指定整備車と記載され、国の認定整備工場なら持込検査車となります。

 

  • 受検種別 ⇒ 指定整備車 ⇒ 指定整備工場
  • 受検種別 ⇒ 持込検査車 ⇒ 認定整備工場

 

何か、国のシステム、ネーミングはわかりにくいですね・・・。

 

あと2種類の説明が残っているので、もう少しお付き合い下さい。

検査時の点検整備実施状況が意味することとは?

車検を受けた際に点検整備がなされ、同記録が点検整備記録簿に記載されたなら「点検整備記録簿記載ありとなります。

 

前回の車検時に点検整備がなされていない場合は 「点検整備記録簿記載なしとなってしまいます。

 

この なし が車売買では問題であり、価値が下がってしまう、そうご理解ください。

受検形態とは何か?

これも分かりにくい表現ですね・・・。

 

簡単に、誰が車検を通したのかが書いてあります。

 

それが整備工場なら「指定整備工場」または「認証整備工場」の記載。

 

ユーザーならば 「使用者」との記載。

 

さらに 「その他」 であれば車検代行業者などを意味しています。

 

大切なので何回もご説明しますが、ユーザー車検や車検代行であれば「点検整備記録簿なし」となってしまうのでご注意下さい。

 

たった3つの記載内容の説明でしたが、少しムズカシカッタかもしれません。

 

名前はムズカシイくても、これら検査方法次第でアナタの車価値が証明される、価値が上がることになります。

車検証と点検整備記録簿はパスポート!

 国が認可した整備工場で車検を行えば、車検証、点検整備記録簿で車の価値を証明することになります。

 

その事実は、コスト的に安いユーザー車検、そして車検代行などと比較するまでもありません。

 

そんな認可整備工場かどうかを見分けるのは以下の看板でカンタンです。

 

  • 指定工場には 「指定自動車整備事業」
  • 認証工場には 「自動車分解整備事業」

 

上記業者なら車検に出して「安心」、そうなります。

 

まずは、アナタの車検証と点検整備記録簿(整備手帳)を確認してみて下さい!

 

⇒ 安心安全のガリバーなら全ての中古車に整備手帳は常識になっている【無料検索】

 

では、まとめです。

車検証でわかる整備状況:まとめ

車検証と点検整備記録簿がパスポートだから、世界100ヵ国以上に日本製中古車は輸出され続けています。

 

日本の車検は手間が掛かる、車検費用も高い、だから中古でも壊れない、安心して乗れるから海外で高値売買されているんです。

 

欧米では安い簡単車検(自分が希望するとこだけ)、新車購入後10年間は車検なし、車検制度自体が無い国など普通です。

 

理由は、車管理運行は自己責任中心とする考えがあるからです。

 

私個人は、アメリカで欠陥車購入してしまい「故障の嵐」、それで苦しんだ経験があります。

 

学生でお金が無いのに、お金にターボエンジン付いてるように故障修理代でどんどん飛んでいく、真面目に泣きました、本当にですよ!

 

でも、日本でちゃんとした車検を受け続けている車なら安心です!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー