【新車契約後の変更可能?】:サムネイル

車を買う時は、早い流れでどんどん話が進んでしまうことがあります。

 

車に興味あるし欲しいと思っていても、ついついディーラー営業マンの誘いに乗ってしまうのはアナタだけではありません。

 

ただし「ディーラーに行ったその日に購入しちゃったトラブル」、に巻き込まれる可能性は99%ありません。

 

理由は、車購入では契約書注文書実印3カ月以内発行の印鑑証明書が必ず必要になるからです。

 

もしアナタが契約書に実印を押し印鑑証明書を提出した直後なら、契約内容変更や契約キャンセルはできるんでしょうか?

 

それは手続き内容と状況次第だとお伝えします。

 

万が一の契約変更やキャンセル含め、事前に知っているだけで命びろいするお話です。

新車契約後に変更可能?

たった今、契約書を交わしたばかりなのに契約変更できないなんてキャンセルできないなんて・・・

 

アナタはそう思うかもしれませんね?

 

実際はこうなります。

 

アナタとの正式契約をもとに、ディーラーからメーカーへ発注作業が開始され、メーカーの生産ライン管理システムへ全てが組み入れられてしまうんです。

 

そんな1つの注文を生産システムから外す、消す位はワンクリックで簡単だろうとお考えでしたら大きな間違いです。

 

数万点の自動車部品、多岐にわたる生産工程 x 受注台数 x 車種 x 色 xオプション等々となるので1台キャンセルがあれば、ぼう大な修正が必要だとお考え下さい。

 

そんな中でも、注文内容の変更可能と不可能なモノがあります。

 

変更内容〇可能  ✖不可能
価格
ローン
車種
グレード
カラー〇✖
メーカーオプション
ディーラーオプション

 

生産工程で独立している塗装は、タイミング次第で変更可能なケースがあるのは覚えておいて下さい。

 

ディーラーオプションは、ディーラーに注文車が届いてから取り付けるので融通が利くとお考え下さい。

 

そうであっても、契約後の変更になるのでシッカリお願いをする必要はあります。

キャンセルでなくモデル変更ならどうか

変更内容によっては可能と不可能あるとお伝えしました。

 

アナタ個人の感覚では注文したばかりだからグレードでも色でもオプションでも変更するのは可能なんじゃないか、そう考えるかもしれませんね?

 

でも&しかし、日本全国からの発注内容全てはメーカー本部で集中管理され、メーカーが受注した車の組み立て準備や部品手配&配送が瞬時に自動処理されます。

 

車注文&契約内容がPCワンクリックでメーカーへ「発注」されたその時点で全てが手配されます、車はまだ完成していなくても。

 

もしワンクリック分の注文内容を変更するためにはメーカー生産スケジュールの全てを変更しなければなりません、それは不可能です。

 

そこが目の前にある商品購入と受注発注の大きな違いとご理解ください。

 

では、メーカー発注がされていない段階、契約書(注文書)に印鑑を押したばかりならどうでしょうか

 

キャンセル可能なのでしょうか?

なつ印した直後ならキャンセル可能か?

冒頭に説明させて頂いた様に、契約書締結と伴に発注完了しているのでタダではキャンセルさせてもらえません。

 

もし契約書(注文書)をPC入力していなくても簡単にはキャンセルに応じてくれません。

 

せっかく入った注文なので、そう簡単にイエスと言わないのがディーラーなんです

 

ディーラー側がNOと言えば、アナタにはどうしようもないでしょうか?

 

ディーラーにとって、やっと販売できた大切な1台であり、アナタを脅し透かしてでもキャンセルさせないようにしてきます、絶対に。

 

アナタならどんな対処方を考えますか?

 

ひょっとしてクーリングオフ、そんな文字が頭に浮かんだのではありませんか?

 

できることならクーリングオフ、そうしたいところですね?

 

しかし、この法律は無理やり若しくはアナタの知らない間に契約がなされた場合にのみ8日間以内であれば解約できる、、、なんです。

 

もし車契約が少し無理やりであったとしても、知らない間にされたのではありませんよね?

 

クーリングオフがダメでも、何とかしてのキャンセルにはどんな交渉が可能なんでしょうか?

 

もしPC発注前なのが100%分かっているのなら、お願い攻撃(口撃)しかありません。

 

私がその立場であればこう言って回避しようとするでしょう。

 

  • 諸事情でどうしても今月に車購入はできません
  • 必ずいつかアナタからの車購入を約束します
  • 〇月まで若しくは時期が来るまで待ってください

 

ポイントは思いもよらないアクシデント&緊急事態で買えなくなった、それでも時期を見て御社&アナタから購入することを約束する、それがポイントです。

 

あとはひたすら謝ってください。

 

次は納車がすぐそこに迫っているケースでを考えましょう。

納車近くになってのキャンセルはどうか

ひょっとして登録(ナンバー)済で、車庫証明を取ってもらうなど納車直前キャンセルならモー大変!

 

アナタとは違うケースとは思いますが、お読みください、万が一の為に。

 

納車直前キャンセルでは、ディーラーも実費を使っているので完全無料キャンセルはできません

 

登録を終えている車なので、ディーラーは新車として販売するのは不可能だからです。

 

それでもアナタがディーラー実費(人件費除く)を支払い、新車を未使用車として売れるであろう価格差を支払うことでの問題解決もあり得ます。

 

ちなみに昔の知り合いは、現金購入したN社スポーツカーをエンジン不良問題で返却した強者もいました。※特殊ケースです。

 

でも&しかし、もしローンを組んでいたら信販会社や銀行とのお話になります

ローン組んだ後のキャンセルはどうするのか?

ローン借入契約はとてもキビシク、信販会社や銀行ローン解約なら簡単な話し合いだけでは済みません。

 

裁判をしても、個人理由でのキャンセルは99%負けるしかありません。

 

この問題解決のために、車売却してローン一括返済にしたくても問題があります。

 

  • ローン期間中は車検名義がローン会社やディーラーなので売却不可能
  • 信販会社や銀行はローン契約を理由に一括返済を認めたくない
  • 一括返済を認めれば信販会社や銀行の儲け(金利利益)がなくなる

 

納車近くでなくても、車購入時のローン契約した車キャンセルでも同様の問題を抱えてしまう可能性大なんです。

 

もしそうなれば、ディーラーとの話し合いどろこでは済みません。

 

従って、車キャンセルは1分でも1秒でも可能な限り早く行動する必要があるとお考えください。

 

ディーラーや中古車店でローン審査が通っても、申込み直後ならセーフになる&キャンセル可能な場合があるからです。

 

セーフになる場合とはローン会社内で正式手続きを完了していなかった、それです。

 

車など大金が絡む注文には要注意です!

 

では普通の契約直後キャンセルに話を戻します。

損失を最小限にするキャンセル方法

アナタが契約トラブルに巻き込まれた原因を推測します。

 

  • ディーラーの営業攻勢に負けて契約してしまった、
  • あまり多く考えずに契約をしてしまった、
  • 契約後に支払えるか不安になった等々、

 

もしそうであっても、契約もキャンセルもアナタの意向であることには間違いありません。

 

絶体絶命の問題でキャンセルしなくてはならないとしても、やはりアナタの意向となります。

 

ではキャンセルに際してどんな断り方があるのでしょうか?

 

実は最善のキャンセル方法はありません。

 

それでもアナタが誠意を持ってディーラーにお願いすればキャンセル可能になります。

 

もちろんディーラー側は簡単にキャンセルを認めません。

 

私であれば頭を下げ続ける、将来は御社で購入すると伝え、さらに念書を提出するかと思います。※なつ印後のキャンセル説明と同じです。

 

念書であれば単なる言葉と違い、ディーラー責任者が受け取りそれを本部へ提出できるのでその形式をとります。

 

し・か・し・現実にはキャンセルに対する違約金規定はどのディーラーも持っていません。

 

それでもディーラーが違約金など揺さぶりをかけてくる理由は、注文キャンセルをして欲しくない、キャンセル撤回してもらいたいからなんです。

 

そうであれば形式的でも念書をディーラーへ提出することで、ディーラーに一応は納得してもらえる可能性があります。

 

もし、それでもキャンセルできなければどうするのか?

キャンセル料を払っても損しない

最終的に新車キャンセル受理されなければ、違約金を支払うことになるとお考え下さい。

 

えっ、そんなぁあ、はアナタだけではありません。

 

それでもこれらにも間違いはありません。

 

  • 「ディーラーに正式な違約金規定がない」
  • 「キャンセル料に法的な決まりは一切ない」

 

まず上記を知ってください。

 

そうであれば、アナタの交渉次第で違約金が決まる、または念書提出だけで済む可能性も考えられます。

 

アナタはキャンセル料を最小にする努力をしながらも、将来の車購入などを約束しながら可能な限りキャンセル料は払わない努力をしてください。

 

その場合も、「誠意を持って」、それがキーワードであるとお考え下さい。

 

結論として、車注文では大きな金額負担リスクもあり慎重にのぞむしかない、、です。

 

万が一のキャンセルでは、可能な限り早くディーラーへ連絡する、必要に応じて念書を入れることで解決を図ってください。

 

可能なら車選びは新車や中古車含め数か月や半年などの時間をかけることをお勧めします!

 

理由は、その間に新車発売があったり、マイナーチェンジ実施、さらにアナタの生活環境変化もあるからです。

 

それら可能性も考え、まずはどんな車がどれ位の値段で売られているかを新車や中古車で確認することをおススメします。

 

⇒大手中古車店の売れ筋から大まかに車を確認してみる【利用無料】

 

そんな万が一のキャンセルを可能な限り防止するであろう車検討&購入方法があります。

購入方法の事前検討でリスク回避できる

万が一の車キャンセルはアナタだけではなく、誰にでも起こりうることです。

 

そんなキャンセルを防ぐには、車選びと購入に長い時間、十分な時間を使えば防ぐことが可能となります。

 

気に入った車が見つかった営業マンのトークに乗せられたなどあっても、肝心な支払が出来なければ購入契約は成立しません、できません。

 

アナタが現金購入なら関係ありませんが、ディーラーローン(信販クレジット)なら簡単審査5分や1時間なので車を真剣に考える時間としては短すぎます。

 

銀行マイカーローンなら金利が安くて車所有権もアナタ名義になるので、審査に1週間は必要です。

 

もしアナタに1週間の待ち時間=考える時間、それがあれば車をどするかの時間に使えます。

 

もう1つは、銀行マイカーローンは借入審査OKになっても、1年間は借りなくても良い「猶予期間」があることはあまり知られていません。

 

従って車購入予定も車種が決まっていなくても、事前に申し込めるローンなんです。

 

さらに、1年の間に気に入った車が見つからなければ使わなくてもOK、キャンセルできるローンなことも知られていません。

 

ご興味あれば、ネットの銀行マイカーローンなど条件比較して見てください。

新車契約キャンセルまとめ

新車キャンセル、車種変更、オプション変更、にはリスクがあり過ぎます。

 

特に車ローン購入にはディーラーとローン会社の2大リスクが必ず伴う、それをご理解ください。

 

そんな大切な契約では、「自分はこの車が本当に欲しいのか」それを真剣に考える、自問自答してください!

 

更に、本当に怖いのはディーラーではなく、ローン契約をする信販会社や銀行である、それをご理解ください!

 

どう怖いのかですか?

 

絶対にローン契約変更やキャンセルさせないぞ

万が一のローン契約変更やキャンセルなtら高額手数料を請求してやる

 

お金は本当に怖いんです!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー