車さえあれば食べるのに困らない、本当にそうなの?

 

そう思うかもしれませんね?

 

ストーリー的に!?後半で車が参加するようにお伝えしていきます。

 

今は若くても必ず加齢する、いつか高齢になるアナタに関係あるお話です。

 

車さえあれば、取り合えず何とかなる、食べれる、生きられる、そんな内容を取り交ぜながらの内容となります。

 

車の話ではありますが、同時にコロナ過の生き方、そんなお話でもあります。

 

少しだけお付き合いください!

新型コロナでの社会構造変化とは何か?

新型コロナの前から、正社員と派遣社員、キャリアとノンキャリアなど労働条件格差はシッカリ存在していました。

 

でも&しかし、2020年、2021年現在ではコロナによる仕事環境がさらに激変しています!

 

  1. 人の行動範囲が規制され、移動範囲が極端に狭くなった、
  2. 既存の経済システムでの仕事が成立しにくくなった、
  3. ほぼ全ての仕事が劇的に縮小されつつある、オフィースが縮小化されつつある
  4. 一部の続けられる仕事、多くの続けられない仕事に分割される、
  5. 続けられる仕事でも完全な能力主義、成果主義が採用される、
  6. 能力主義ではシビアな仕事評価(効果測定)が絶えず行われる、
  7. 仕事能力高い社員だけが残り、その他大多数は解雇される
  8. 解雇された人達の再就職はほぼ不可能になる、
  9. 世界が日本が落ち着くまでに数年以上は必要になる、
  10. し・か・し、数年後の世界は今とは大きく違った社会構造になっている、
  11. 数年後の世界は企業に属さず独りで生きるフリーランスが激増すると予想、
  12. 会社に属さずフリーランスでも生きられない人は仕事も何も得にくい、

 

そんな状況に移行しつつある現在でも「失業保険や生活保護あるからイイや」、ではありません。

 

それら含め全てが変化する、削減されるからです。

 

企業や個人からの税収激減すれば、日本の社会保障制度はいつか&どこかで大幅変更&削減になる、だからです。

 

一般年金も障害年金も毎年の様に削減されており、いくら国が年金財源には手を付けない、別枠で財源運営&確保しているから安全と言っても、国の貯金?が激減しても増やせなければ、関係財源に手を付けない保証はどこにもありません。

 

そうであれば、今、若い人達が将来に貰えるであろう年金はミニマムになる、もしかしたらもらえない、です。

 

そんな現状もあり、アナタご自身で仕事をする、独り起業する、独り営業開始する、その最大チャンスが今となります

 

最新情報では、自民党はベーシックインカムを考えている、それがありました。

 

ベーシックインカムとは年金も色々な社会保障サービスを無くし、国民全員に毎月6万円ほどを配る、それです。

 

おいおい、なんだそれは?

 

ですよね?

 

日本国は我々国民に対し、毎月6万円やるから、おとは自己責任でどうぞ、それです。

 

こうなれば、ますます自営業、起業してでも生き残る2021年以降、そうなります。

 

次は、最新の有効求人倍率の数字が示す恐ろしい日本の現実です。

有効求人倍率が示す恐ろしい数字①

最新の厚生労働省発表の有効求人倍率は1.11倍です。※2020年7月31日発表

 

今までに見たことも無い、とても低い有効求人倍率としか言えません。

 

有効求人倍率は企業からの求人1人に対してハローワーク登録の求人数がどれくらいあるかを示しています。※一般求人情報の数字は含まれていない

 

有効求人倍率1.11倍の意味は、どんなキツイ仕事や低賃金の仕事でも選ばなければ、我慢をすれば就職できる倍率となりますが、現実は大きく違います。

 

男女の違い、年齢の違い、職種の好き嫌い、能力の違い、経験の違い、給料の安い&安い(高いはありません!?)、等々で就職できないケースも多々あるからです。

 

更に、雇用する会社がブラックもあるかもですね?

 

ブラックで時間外労働賃金を払わない会社かもしれませんね?

 

従って、今の有効求人倍率1.11倍は完璧にアウトな数字、そうなります。

 

もっと言えば、1.11倍が更に悪化する悪材料は200%揃っていても、好材料は0%、それが現実です。

 

ちなみに、1.11倍を下回り1.0倍以下となれば、仕事を選ばなくても就職できません。

 

そして、この有効求人倍率の低さは民間就職サイトでも同じです。

 

昔から求人宣伝に使われる「年収1千万円以上の仕事」などありますが、それは確率論的な数字であり現実には意味をなしません。

 

次も有効求人倍率に関してです。

有効求人倍率が示す恐ろしい数字②

厚生労働省の有効求人倍率1.11倍は、日本全体の平均的な数字でしかありません。

 

それが静岡労働局ではどうなるでしょうか?

 

2020年7月31日発表では6月31日時点の静岡県内の有効求人倍率は0.96倍でしかありません。

 

人を雇う企業も応募する側も、双方が全ての労働条件を受け入れたとしても全員は就職できない0.96倍です。

 

これがもっと人口が少ない県、仕事が少ない県に行けば0.80倍、0.70倍など、もっと仕事がありません、働けません。

 

2021年の今に仕事を探すと言うことは、就職しようとすれば、仕事を求める全員は働けない、それが現実なんです。

 

そんな今であっても、企業は、会社はどんな人材を必要と考えているのでしょうか?

 

新型コロナの今に企業が求める人材には何か特徴があるのでしょうか?

 

友人が人材会社経営なので、教えてもらった内容を彼に代わってお伝えします。

企業が本当に求める人材ってどんな人?

企業が一番に求める人材は「若くてやる気のある人材」です。

 

理由は、若くエネルギーあるから良く働いてくれる、でも低賃金、、、だからです。

 

二番目に求めるのは「経験豊富で高い能力ある人材」です。

 

そんな人材なら年収1千万円以上でも出すかもしれません。

 

でも&しかし、現在の新型コロナ蔓延では、採用人数を極限にまで削減する傾向があります。

 

理由は、いつ新型コロナが終息するか予測不可能、更なる経済悪化も予想される、だから最小限、ミニマム社員でだけ会社運営する、です。

 

従って、大きなオフィースは縮小したり無くしたりする、、、、

 

既存社員でも優秀な人材中心に在宅ワークで様子を見る、となります。

 

加えて、新型コロナが1年、2年と長引けば、既存社員も解雇、会社解散も経営者の頭にあるはずです。

 

えっ、会社解散したら経営者も全て失うんじゃないか、そう思うかもしれませんね?

 

ご安心ください!?

 

会社はまたいつか訪れるであろうチャンスを想定し貯えてある、そういうもんなんです。

 

そんなアナタも貯えてありますか?

 

もし、この今に貯えが無いアナタであれば、何とかするしかありません。

 

次は、私の知っている高齢の宅配業者さんのお話です。

81歳でも宅配業者の驚き!

私の自宅近辺で宅配してくれているオジサンがいます。

 

数年前からこの近辺担当しているようです、記憶では。

 

数カ月前、マンション1階の宅配ボックス前でオジサンと少しだけ話す機会がありました。

 

何を話したのかと言えば、宅配ボックスの使い方です。

 

オジサンが宅配ボックス解錠に手間取っていたようなので、使い方をお伝えしました。

 

その際、失礼でもお年をお聞きしたところ、なんと81歳とか。

 

私の返答は「お元気ですね」、それだけでしたが内心は驚きしかありません。

 

だって、夜10時過ぎでもピンポンして荷物を届けてくれる、それほどにお元気な方だからです。

 

つい先日も、夜遅く白い軽バンの中で何か作業をしているオジサンと遭遇しました。

 

きっと、早朝に運送会社で荷物受け取り、配送し易い道順で積み替える、汗びっしょりで、、もう配送前から疲れることでしょう。。。

 

それと同時にこうも考えました。

 

人って健康なら何歳になっても働けるんだ」、

宅配などの請負仕事(半自営業)なら年齢制限なくやれるんだ

 

、、、それらをです。

 

請負の宅配だからこそ配達個数分のお金がお貰える、だから夜遅くまで頑張れる、それです。

 

もし、これが工場や倉庫勤務だったら、モー大変!

 

何がモー大変かと言えば、60歳過ぎれば直ぐに低賃金になる、一か月働いても15万円にもならない、だからです。

 

お分かりでしょうか?

 

新型コロナ以前に、日本は高齢者が冷遇される国、同一労働同一賃金はお題目ばかりで不当差別がある国なんです。※個人の意見

 

じゃあ、この今に若いアナタは何をどうすれば良いのでしょうか?

 

私ならこう考えます。

キャリアに無関係な仕事を見つける!

2021年以降も生き続けようとすれば「自分で全てを考え行動する仕事をする」「起業、自営業、フリーランス」、それしかありません。

 

もちろん、一部の超優秀な能力、キャリアお持ちの人なら大企業で活躍するもあるでしょう、将来に上場できる会社設立も可能でしょう。

 

でも&しかし、一般人であれば特別な専門知識もキャリアもない、だからその道は選べません。

 

じゃあ、専門知識ゼロ、キャリアもほぼゼロ、お金もない、そんな人達が選ぶ仕事とはなんでしょうか?

 

そのキーワードは「24時間対応」「人が必要とするサービスを与える」、です。

 

それって具体的にはどんな仕事なのでしょうか?

 

それらキーワードで探せばいくらでもありますが、個人的にはこれら頭にあります。

 

  • 人が困っている&出来ないことをサポートする仕事
  • 買い物サポート、移動サポート、指導、整理、お掃除、修理、話し相手、等を含めた代行業

 

指導に中にはPCや携帯関係の内容も含まれます。

 

ひっとしたら「そんな代行的な仕事はしたくない」、そんなアナタが居るかもしれませんね?

 

では、こうアドバイスさせて下さい。

 

初めは経験も資格もないアナタでも始められる仕事をする、その選択しかありません。

 

当然として、仕事の宣伝も営業も自分1人で行います。

 

そうであっても実行する、それが絶対に必要となります。

 

それをしないのなら「低賃金」+「シビアな労働環境」に戻るしかありません。

 

でも&しかし、2021年の今、戻れる仕事環境は激減している、見つからない可能性大となります。

 

次は、初めて自分でする仕事で何をどう学べるかのお話です。

仕事こなす度に変化する意識とは何か?

生まれてから笑顔で営業なんてしたことない、お客様の気持ちを感じ&考えながらの会話なんてほど未経験、それがアナタかもですね?

 

でも&しかし、それらは全ては仕事をこなしながらの慣れでしかありません。

 

フリーランスになって、自分独りで生きようとすれば、自然に身に付くのが営業であり、顧客対応なんです。※技術系仕事除き

 

そんな顧客対応の中で、未知の経験をすることで、今まで埋もれていたご自身の才能に気が付くかもしれません。

 

参考になるか分かりませんが、個人の経験を少しお伝えします。

 

昔の私は無口でした、笑顔をあまり見せませんでした。

 

6年程の短いサラリーマン時代も、自分はバイヤー、仕入れをする側、いつも接待を受ける側でした。

 

従って、笑顔や営業トークなどは一切無用な仕事。

 

でも&しかし、独り起業したら大逆転となりモー大変しかありませんでした。

 

だって、話し下手、笑顔が固い、体全体を使うアピール方法など意味不明。← 使えません!

 

よくそれで起業したもんだ、それを強く実感したのは退職後のことです。

 

起業の現実&シビアさと向き合ってからでした。

 

これって、一般的には「おバカ」、そうるなでしょう!

 

でも仕方ありません。

 

毎日の電話や直接営業をすることで徐々に慣れていく自分がありました。

 

ここから少し話ワープしますが、そんなフリーランスの仕事を1年など続けられれば、やがて次のビジネスチャンスが訪れるので心配はほぼ無用となります

 

実は、そこからがフリーランスした本当の意味、本番となります。※個人の意見

 

次で深くお伝えします。

仕事内容さえ良ければ全てが連鎖拡大する!

フリーランスなど自営になれば、独り起業して1年もやり続けられればほぼ心配無用となります。

 

それどころか、1年間で培った顧客からの信頼&信用によって新たなビジネス展開も見込める、そうなります。

 

良いサービス、良い仕事を続ければ、いつか必ず評判となりそれが拡散していくのは間違いありません。

 

また、私の例ですが参考になればと思います。

 

独り起業して最初の半年は超大変でしたが、やがて扱った商材がいつの間にか評判となり、途中からは営業なしでも売れ続けて行きました。

 

業界誌、関係雑誌からも特集したいなどオファーを何回も受けました。

 

そうこする間に、全く違うビジネス商材と出遭うな様々な形で連鎖拡大、自分でも驚くしかありません。

 

それら商材は欧米製だったこともあり、輸入量増加と伴に値下げ交渉にも成功しました。

 

結果、大量商材を一度に輸入することでの経費削減、原価率を大きく下げることにも成功、、、

 

更にさらに、海外取引先が弊社(途中から会社設立)の好業績を他業種に話す、紹介することで一切の努力なしで安く良い商材を輸入できる様にもなったんです。

 

ここまで書いて車の話がほとんど出てきませんが、そんなフリーランス、独り起業、自営業なら、2021年のコロナでもやれる、それも車を使えればもっとやれる、それお伝えしたかったんです。

 

では、車が参加する内容をお伝えします。

車だけが可能にする最小起業とは何か?

記事の初めにあったキーワード「24時間対応」「人が必要とするサービスを与える」、それらがフリーランスなど個が始める仕事を可能にします。

 

加えて、そんな最小起業に車さえあればもっと役立ちます!

 

多くの仕事があってもネット系を除けば、顧客に直接サービスをすることがほぼ前提の仕事ばかりです。

 

モノを運ぶ、人を運ぶ、離れた場所に居る人の話を聞きに行く等々で車は必要です、外せません。

 

だから、アナタの最小起業に軽ワゴンなど最小コストで大きな荷物や人を運べる車が必要となる訳なんです。

 

荷物や人だけでなく、仕事で疲れたら寝れる&休める、そんな場としても使えるのが車なんです。※セダンタイプ以外の車。

 

ちなみに、私も車に荷物を積んで関東など近くのお客様には直接にお届けしていました。

 

起業したてはお金が無い、だから自分で配達するんです。

 

まぁあ、当時の最大顧客は大阪と北海道の会社だったので運送業者を使うしかありませんでしたが、、、

 

このお話は2000年過ぎ頃ですが、当時から車製造はPCシステム管理であったので、故障などのトラブル経験は一度もありませんでした。

 

有るとすれば、当時はナビがなかったので(ナビ普及は2014年頃から)道に迷う、それくらいだったと記憶しています。

 

⇒ 最小起業にも使える軽ワゴンなどチェックしてみる【検索&利用無料】

 

次は、他の記事にも書かせて頂きましたが、車が無ければ何もできない国のお話です。

車購入タイミングで大きく変わる人生とは何か?【車さえあれば大不況でも生きられる!】

車が無ければ何もできない国がある!

そんな国は多くあっても、特にアメリカなら車なければ100%何もできない、そうなります。

 

理由は、日本が50個以上も収まる巨大な国土だから、公共交通機関にバスや電車がたまにあっても場所や時間帯によっては使えない、危険が危ない、だからです。

 

従って、自分を守りながら安全に移動するには車を使うしかありません。※個人の在米経験より

 

そんな社会環境もあって、車免許は16歳から取得できます、それも半日若しくは1日で全て完了する試験で!

 

免許取得料金も昔は10ドル位でしたが、今は30ドルはかかると友人から聞きいています。

 

道も広い、交通量も少ない(日本比較)、国道ならほぼ左折専用道路がある(右側通行なので)、だから車初心者でも何とか運転できる、そうなります。

 

まぁあ、基本的には家で車運転練習している、無免許で、となります。

 

そんなアメリカで車がなければ、学校にも仕事にも行けません、何もできません。

 

当時、メキシコから越境してきた人達、不法滞在の人達でも少しお金が貯まれば即車購入し、その足で免許を取りに行っていたのを覚えています。

 

どうしてそうするのかですか?

 

車さえあれば歩いたりバスで仕事場へ行く必要がなくなるからです、時間を無駄にしなくて済むからです。

 

どんなポンコツでも車さえあれば、少しでも条件の良い仕事先、給料の良い職場へ通えるからです。

 

つまり、車さえあれば不法移民でも生きられるんです!

 

だから車が生きる為に一番大切な道具!

 

そうなります。

 

それって、2021年の日本でも同じと考えられませんか?

 

まぁあ,アナタは不法民ではありませんが(笑)

 

⇒ 取り合えず10万円で保証付きの車に何があるかチェックしてみる【検索&利用無料】

 

まとめ前に、1つ思い出したビジネスがあります。

ビラ配りだけで成功した奴がいた!

もう昔の話ですが、飲食店の割引チケットを訪問販売することで儲けた人がいました。

 

自分のPCで割引チケットデザイン、自宅でプリント1,000枚。

 

チケット一枚は2,000円でも、そのチケット使えば飲食代金が40%OFFになる、だから売れたそうです。

 

もちろん、チケット使える飲食店は限定でも(チケット営業行う地域の範囲)、多くの家庭が個人がチケット購入&飲食店で利用してくれたそいうです。

 

お分かりと思いますが、その彼hは予め駅周辺の人気店リサーチしチケット使える飲食店ゲット成功させていました。

 

飲食店の営業成功した直後から、駅周辺他を歩いてチケット販売、店舗が近いマンションや個人宅を一軒ずつ周りチケット完売した、それも1,000枚全てを。

 

2,000円 x 1,000枚=200万円ゲットです。

 

彼はチケット車に積んで営業目的地に向かいました。

 

彼の格好は、それっぽい白いシャツと黒い半エプロン(腰に結ぶやつ)、飲食店関係者の雰囲気120%かもし出しながらチケット売り歩いたそうです。

 

どうですか?

 

彼の人件費とチケットプリント手数料を差し引けば、2日ほどで200万円ゲットです。

 

それが個人でもできるビジネス、そうお考え下さい。

 

⇒ どんなに安い車でもビジネスに使えるであろう車はチェックしてみるしかない!

 

では、まとめです。

車さえあれば最小起業ができる!:まとめ

この記事を書きながらも、こんな大変な時代になるとは思いもよりませんでした。

 

新型コロナのワクチン開発がどこかで成功したとしても、日本はそれを輸入、国内でのワクチン接種順番待ち等で1年以上はかかる、2年になるかもしれません。※体の弱い人を優先にワクチン接種されます。

 

今現在もですが、2年もすれば大企業でも潰れてしまうところがあるでしょう。

 

従って、中小企業なら1年以内、飲食店関係なら既にアウト状態!?

 

そんな今、アナタには一人起業、自営業のチャンスが残されています、昔の私の様に

 

私のような社会経験不足(6年程度のサラリーマン経験)、作り笑いも上手くできないパフォーマンス不足でも何とかなった、だからです!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました!

 

車の買い方【119番】、でまたお会いしましょう!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー