この記事は、車を売ろうとしているアナタ、そして買おうとしてるアナタにお伝えします!

 

2020年、この今に車保有されているのなら、売らないで持っておいてください。

 

車を持っていない人は10万円でも20万円でも維持費の安い車を買ってください。

 

そうすれば、この今とこれからを何とかできます!

 

何をどう何とかできるのかはお読みください。

 

読み時間1分です。

「えっ!新車が月々1万円から乗れるって本当!?
突然ですが、車ってお金掛かりすぎませんか?実は、日本は世界で有数の車保有にお金が掛かる国なんです!
「ガソリンには2つの税金」があるし、車を買えば「消費税」、保有すれば「自動車税」に「自動車重量税」、さらに「車検」と「自動車保険」。いったい庶民からどれだけ金をしぼりとれば気が済むんだ!と怒りを感じることもあります。
こんな状況に対して、年々車の保有について新しい形が出てきて「コミコミで月々1万円から」という新しい方法が出てきました!
もしあなたが車を持つことに対して維持費に不満があるならば、コミコミで新車に乗れる最新の方法を見てみてください。

月々1万円から新車に乗れるカルモはこちら

カルモバナー

シミュレーション消費し続けるとアウト!

記事タイトルから少しワープする言葉「シミュレーション」ですが、まずはここからスタートさせてください!

 

シミュレーション消費の意味はこんな感じです。

 

アナタは普段からこうやっていませんか?

 

  1. 興味あることをスマホ検索する
  2. 大量の情報から取捨選択する
  3. 気になったデータをスマホに保存
  4. あとで気になったモノを再検索しどうするか決める

 

そんな1~4を繰り返していると、やがて情報で頭がいっぱいになる情報だけで満足してくるやがて興味が失せてしまう、その論理になります!?

 

結果、気になる情報を知るだけで心が満足する、興味が失せてしまう!

 

だから、リアルな行動を取らないままで終わる、それです。

 

それが続くとリアルな世界でより良く生きられません。

 

理由は、モノを買ったつもり、何かを経験したつもり、そんなシミュレーション消費だけで終わることが多くなるからです。

 

本当に何がどうだか直接に感じないままで終わる、そんな疑似体験となる、だからです。

 

次は、経験と経験したつもりが大きく違うお話です。

経験したつもりはリアルにならない!

経験したつもり」だけならリアルにはなりません、、リアルに何かをした、楽しんだ&役立ったことにはなりません。

 

これってゲーム感覚に似ているのかもしれません。

 

もっと言えば、学校で学ぶ経済論理、机上の論理だけで、経済システムを理解した、そんなことにも似ているかもです。

 

そんなシミュレーションが車だとしたら、PC画面2次元情報だけで満足した、乗った気になった、やがて興味が失せていた、そうなるのではありませんか?

 

とても便利に使える車なのに、モッタイなさ過ぎます、もしそうであるのなら。

 

では、それら踏まえ本題に入ります。

車に乗っている自分を売れ!

人に役立つネット情報は正しく取捨選択すればとても大切なものになります。

 

そして次に大切になるのは、情報を形にする、そうなります。

 

別の言い方をすれば、情報や考えを手早く行動に移す、その行動に役立つモノの中に車があります。

 

従って、車があればシミュレーション情報をリアルに移行できるんです。

 

電車やバスに乗らなくても、24時間好きな時に行動できる、リアルを経験できる、それが車なんです。

 

それは友達に遭うでも、誰も居ない場所で過ごすでも、深夜2時からのアルバイトでも全てリアルを経験できる、それが車となります。

自分を売らないと生きられない時代とは?

新型コロナ渦では、それ以前の様な生き方はできません。

 

それはどんな短くても数年単位となります。

 

もしかしたら、一度、変更余儀なくされた社会システム自体は元に戻らないのかもしれません。

 

少なくともワクチン開発され投与されるまでは何もどうもならない、そう考えます。

 

従って、こうなります。

 

  • 仕事を探すにも家の近所では見つからない可能性あり
  • 通常の昼間時間帯の仕事は見つかり難い
  • そうであれば仕事を選ぶのではなく、自分を仕事に合わせていく

 

それらって、面倒でやり難い、自由ではない、そう感じませんか?

 

そうであっても、自分をその環境に合わせるしかないんです。

 

だから「自分を売らないと、売り込まないと生きられない時代」、そう目次しました。

 

そんな状況は日本だけではありません。

 

ロス・アンゼルス在住の友人からも教えてもらいました。

車あっても生きられないかもしれない!

アメリカの新型コロナ対策は超早く(日本比較)、4月には失業保険+新型コロナ助成金の支給が開始されました。

 

現実には現金とカード(買物用)による支給ですが、毎月合計3,500ドル(約37万円)となり、それが4カ月間継続されていました。

 

でも&しかし、7月31日で支給停止、それ以降の補助金は宙ぶらりんの状態であり、生きていけません。

 

アパート家賃値引や不定期無料などの団体交渉もとん挫したままだとか、、アウトです。

 

だからこそ、家からどんなに離れていても仕事を見つけたいとこですが、どこにもなかったそうです。

 

まぁあ、とても低賃金や危険が危ない仕事ならあっても誰も死にたくありません。

 

少し余談ですが、アメリカで車同士の事故があっても車外に出ない人がいます。

 

そうでなくても、日本みたいに双方のドライバーが事故現場で口論するなどありません。

 

理由は簡単です。

 

相手が犯罪者かもしれない、ドラッグやっていたり、ダッシュボードに拳銃あるかもしれない、だからです。

 

もし、そんなドライバーと口論にでもなれば命が危ない、そうなります。

 

だ・か・ら、アメリカのポリスは少しでも危険を感じれば銃で相手をいかくします、もっと危険が迫れば相手に発砲します。

 

どうして知っているのかと言えば、北米生活でそんな現場をニュースを見ていたからです。

 

では、次へ進みます。

仕事が無くなる前に仕事を作れ!

某大学が行ったアンケートではこうなりました、本当に驚くべき結果でした。

 

  • 約1割の生徒が退学を考えている
  • 約1/4の生徒が休学を考えている

 

理由は、新型コロナで授業が進まない、部活など課外活動ができない、アルバイト収入を得られない、等々です。

 

今の大学生の半分以上は奨学金を受けており、卒業後はその返済をしなくてはならない、だから今の全てが不安なんです。

 

不安だからこそ、学業を続けるか、退学して今後の生活に目途をつけるか、その選択に迫られてのアンケート結果だと考えられます。

 

もし、私が学生の立場なら、休学します、必要なら2年でも3年でもです。

 

それが可能なら、同級生の誰より早く仕事をゲットできる、それも退学せずに、だからです。

 

休学中に仕事を探すのと同時に、仕事経験を生かしながら自分だけの仕事作りに励めばもっと良い結果が期待できる、そうもなるでしょう。

 

自分の起こした仕事が軌道に乗れば、半分は人に任せて復学、そして数年後に卒業するでしょう。

 

もし、そうなれば奨学金返済なんて即!?、従って復学する必要さえ感じないのかもしれません。

 

この方法は使えます!

 

昔の話で恐縮ですが、日本の大学を2年で休学、そしてアメリカの大学に行った友人ですが、結局はどちらの大学も卒業せず起業してしまいました。

 

どちらにしても、若いうちから仕事に触れると、常識とされる考え方が変わる人達が居るのは間違いありません。

 

ひょっとしたら、アナタもそうかもです。

どんな仕事をすれば作れば良いのか分からない!

仕事って何をどうすれば良いのか不明、、、

 

そうコメントする人達は多く見てきました。

 

資格も経験もないのに、どこでどう働けば良いのか分からない、、などなど。

 

そんな場合は「片っ端から未経験なことをしてください」、そう彼ら彼女らに伝えてきました。

 

そんな行動を続ければ、これらが分かってくるからです!

 

  • 建設現場の作業はきつ過ぎる、無理だ
  • 工場組立ライン勤務は肌に合わない
  • 営業職はネットでも電話でも人とのやり取りが苦手すぎる
  • 飲食業は食事付きでも忙しすぎる
  • AI系のデータ入力作業ならOKかも、それも独りでなら、
  • 文章書いて人に伝えるのが好きかもしれない
  • 配送の仕事取って基本1人だし、自分に合っているようだ
  • どんな仕事でもこなせるが、人間関係全般がムズカシイ

 

アナタの過去とこれからの仕事で、自分のできる&できない、それを知って下さい、理解するようにしてください。

 

そうであっても、昔によくあった、仕事に対する根性論は不要です。

 

アナタが経験する多くから自分にマッチした仕事を取捨選択する、それで構いません。

 

もちろん、仕事の良し悪し、自分に合っている&合ってない、それら判断するのに数日間だでは無理です。

 

もし判断できたつもりになっても、実際はそうなっていません。

 

もう少しお伝えすれば、仕事内容+人間関係、それら含めての仕事環境だからです。

 

従って、まずは1週間働く、それができたら1ヶ月間、次は3ヵ月間、そして半年と進めてください。

 

そうすれば仕事内容だけでなく、アナタにフィットする人達に出会えることもあるでしょう。

 

アドバイス含めアナタを支えてくれる人達が見つかるかもしれません、だからです。

 

そんな自由な仕事選びを可能にするためにも、遠く離れた場所へ24時間移動を可能にする車はキープしておいてください。

 

もし必要なら10万円でも20万円でも安い中古車を持てばOKです。

 

⇒ 安心安全のガリバーで安くても保証付+車検付の車を確認してみる【無料車検索】

 

では、まとめです。

車は売らずに【車に乗っている自分を売れ】:まとめ

今回は、いつでもどこへでも24時間移動を可能にしてくれる車、便利に使える車を手放さない、それが結論になります。

 

昔、仕事相談、働き方相談をたまに受けていました。※ボランティア活動の一環で

 

でも&しかし、とても多くの相談者が求めているのは理想の会社、ご自身が考え作り上げた理想の会社でした。

 

従って、そんな会社はどこにも存在しません、実は。

 

それもあって、アナタご自身が多くの仕事を片っ端から経験する、そうすることをおススメしました。

 

そんな片っ端の中で、もし仕事が合わない場合でも、一緒に働く人達と仲良くなれるかもしれません、何か良いアドバイスをもらえるかもしれません。

 

もっと言えば、アナタに合う仕事が会社が見つからなかったとしても、最終的に自分自身で生きる判断をする、自営業になることを決意できる、そうなるかもしれません。

 

そうなる為にも、片っ端からの試行錯誤をしてください!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、「車の買い方【119番】」でお会いましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー