70歳過ぎても車ローンは組める?:サムネイル

61歳~65歳過ぎてからの車購入は思い付きではなく、必然、どうしても車が必要になったからではありませんか?

 

年金生活者の車ローン購入では、借入開始時点の年齢制限の多くが65歳未満返済完了時点の年齢は70歳限度となっています。※金融機関による

 

アナタが同年齢を見まわせば元気な人達ばかり、だから年齢制限なんて意味がない」、そう思われるかもしれませんね?

 

でも、お金を貸す側にはそれなりの理由があるんです。

 

今日はアナタの条件に合った車ローンがあるかどうか、一緒に見て行きましょう!

「えっ!新車が月々1万円から乗れるって本当!?
突然ですが、車ってお金掛かりすぎませんか?実は、日本は世界で有数の車保有にお金が掛かる国なんです!
「ガソリンには2つの税金」があるし、車を買えば「消費税」、保有すれば「自動車税」に「自動車重量税」、さらに「車検」と「自動車保険」。いったい庶民からどれだけ金をしぼりとれば気が済むんだ!と怒りを感じることもあります。
こんな状況に対して、年々車の保有について新しい形が出てきて「コミコミで月々1万円から」という新しい方法が出てきました!
もしあなたが車を持つことに対して維持費に不満があるならば、コミコミで新車に乗れる最新の方法を見てみてください。

月々1万円から新車に乗れるカルモはこちら

カルモバナー

70歳過ぎても車ローンは組めるのか?

全ての車ローンには団体信用生命保険が付けられ、契約者が支払途中で亡くなった場合は残債全てを生命保険で清算する仕組みになっています!※住宅ローンで加入する保険と同じ

 

それをご存知の方はあまり多くありません。

 

その団体生命保険の加入時年齢制限が70歳だったんです。

 

70歳以上の人が車ローンを希望すれば、親族など連帯保証人を付けたとしても通るのは少数のようです、そのリスクの高さから。

 

アナタからすれば何がリスクなんだ? 

 

きっと、そう思われるでしょうね、、、

 

独り暮らしなら、アパートを借りる、入院手術、何にでも保証人&保証人と言われる、、、

 

だからもうウンザリなのではありませんか?

 

「元公務員、サラリーマン、会社経営者、著名人であっても「保証人攻撃」は誰でも受けている」、それが現実なんです。

 

何でも頼める親族が側に住んでいればまだしも、遠くに住んでいたり、適当な人がいなかったりと、ローンは手間が掛かり過ぎです。

 

我々日本人は、離れた親族や友人に保証人になってくれなどと気安く言えない性格もあって、そうなのでしょうか?

 

それもあって、私のロードバイク仲間の先輩達(60歳~70歳前半)は安い中古軽自動車を現金購入しています。

 

どうして安いの中古車なんでしょうか?

 

ローン審査を通すお話の前に少し聞いてください。

ローン使わずに安い中古車を買う訳とは?

人によって車寿命を長く考える人と短く考える人が居ます。

 

高齢の方は昔のイメージから車をこう考えています。

 

  • 10万キロや20万キロ走ればもう使えない、
  • 直ぐに乗れなくなる、
  • 壊れやすく修理代がかかる、

 

若い人達の多くは車に興味ないので、走行距離でどうこうは分かりません。

 

でも&しかし、ロードバイク仲間の先輩たちは「車は30万キロでも40万キロでも乗り続けられる」、それをご存知です。

 

理由は、ロードバイク仲間に現役タクシードライバーが居るからです。

 

タクシー会社毎の点検基準があっても、ほぼ全てこうだからです。

 

  • タクシーは新車から1年車検、
  • 毎月の定期検査、
  • 最低でも70キロ走行はする※数年で70万キロは普通。

 

そして廃車基準はなんと走行70万キロ以上、それを教えてもらいました。※タクシー会社によって廃車走行基準は違う

 

70万キロ越で廃車されるかと思ったら、、、、

 

なんと、海外へ輸出されて第二の車生を何十万キロや、もっと長く過ごすとか!

 

車ってそんなにスゴイんです。

 

だからでしょうか?

 

ロードバイクの先輩達は安い中古車でも整備記録さえ確認できれば買って乗り続けています。※整備記録には過去の整備&修理などの全記載あり

 

従って、数十万円の安い車でも、定期メンテナンスだけでいつまでも愛おしい仲間のままでいてくれる、だそうです。

 

やはり車も歳を重ねることで優しく&丸くなってくるのでしょうか!?

 

それでも50万円や100万円もする車購入ならローンしかありません。

 

アナタに使えるローンはどれなんでしょうか?

 

これからお伝えするローン方法、その中にアナタが使える&相応しいモノが必ずあるはずです。

頭金増やしてローン審査を通す方法がある!

車ローンが信用不足で通らないのは、アナタの収入源が年金だけだからです。

 

そうであれば、車販売店の営業マンに、こう聞いて下さい。

 

「ローン信用不足を補うためには、頭金をいくら増やせば良いのですか?」

 

ローン会社審査はアナタの年齢と収入条件だけをPC入力し、貸せる&貸せないをPC判断で伝えている、それだけなんです。

 

それをそのまま受け取ってはダメです。

 

車販売店の営業マンは、自分からローン審査合否に影響するアドバイスをアナタに伝えてはダメなんです、借り方アドバイスをしてもダメなんです。

 

従って、アナタの側から何をどうしたらローンが組めるようになるか聞いてください、次のような内容で。

ローン審査の信用不足を補う方法とは何か?

ローンでの信用不足を考える際に、全てがダメで借りられないのはほんの一部の人だけです。

 

そうなら、アナタの側から車販売員に何をどうすればローンを組めるかのアドバイスを引き出して下さい、これらのように!

 

  1. 頭金を増やして、ローン金額を少なくする
  2. ローン支払回数(支払期間)を短くする
  3. 購入車種を予定より安い車に変更して、ローン金額&期間を短くする
  4. ローン保証人を付ける(最終手段として)

 

上記1,2,3でもムズカシイ場合は、4の「保証人を付ける」も選択肢に入れてください。

 

保証人なんて付けたくない!

 

そう聞こえてきましたが、まずは下記補足記事をお読みください。

保証人付でローン組むリスクとは何か?

70歳時点で完済する車ローンを組めば審査は通りやすくなる、そうお考え下さい。

 

アナタが65歳で5年ローンを組んだとすれば、完済時の年齢は70歳なので、冒頭説明の「団体生命保険加入」も全く問題ありません

 

さらに、年金収入に対してローン金額が少し大きくても、保証人または連帯保証人あれば借りられるでしょう

 

ただし、連帯保証人は無条件で何があっても保証しなくてはならないので、万が一を十分に考えてお願いするしかありません。

 

人に迷惑はかけられません。

 

ここまでにお伝えした「頭金を増やす方法保証人立てて70歳までに完済する方法」、これら2つでローンを組める確率がとても高くなりました。

 

必要に応じてトライして見て下さい!

 

次では最強の借り入れ方法をお伝えします!

年金から直接お金を借りられる

年金担保貸付制度を利用すれば一番簡単です!

 

高齢になれば、ローン審査はもちろん、キャッシング審査だってムズカシクなるのは誰も同じです。

 

そうかと言って、簡単に利用できるカードローンを使えば、金利15~18%にもなるので危険が危ない、絶対に使ってはダメです!

 

クレジットカードのリボ払い(毎月均等支払い)も高金利15%などもありアウトです。

 

少しくどいようですが、リボ払いを一度でも使えば、自己破産への第一歩を踏み出す、そなる可能性がある、そうお考えください。

 

それでも親族や友人に保証人を頼むのは少し気が引けます、出来ればそうしたくありません。

 

じゃあ、何をどうするんだ?

 

アナタには年金からお金を借りる方法があります。

 

そうなら誰に頼る必要もないので安心となります。

 

この制度を利用すれば誰にも頼らない、それが可能になります!

 

同制度に連帯保証人が必要でも、借りるのはアナタが積み立てた年金、だから誰にも頼らない」としました。

 

次で年金担保貸付制度の詳細を知ってください。

これが年金担保貸付制度の詳細

年金担保貸付制度

貸付窓口

独立行政法人 福祉医療機構

貸付申込み金融機関一覧

貸付条件 国民年金 厚生年金の受給者等
貸付限度額10万円〜200万円

需給年金額の8割以内

金利 1.8%
返済方法 機構が年金を受取、定額返済額に充当し、残額を口座振込される
保証人 連帯保証人
融資までに必要な時間 申込みから融資実行まで3週間

 

どうですか?

 

この制度に申込んで、アナタが積み立てた年金を数年間だけ借りれば、車を現金購入できます。

 

そうであっても、同制度利用のアドバイスをさせてください。

年金貸付制度利用の注意点とは?

車購入を考えるアナタは、これら理由があるからではありませんか?

 

  • 遠い勤め先にも楽に通える
  • 公共交通機関が動いてない深夜や早朝でも移動できる
  • 自分や家族の通院他が便利になる
  • 独り車の中で時間を過ごす&リラックスしたい

 

理由がどれであっても、購入する車を便利に有効に使う、そのことで時間とお金を捻出しなくてはなりません。

 

捻出したお金が一般ローンでも年金貸付でも、返済を完了しなくてはなりません。

 

万が一にも、年金から借りたお金を返せない状況になれば連帯保証人に全責任が及びます。

 

そして、アナタの年金受給にも大問題が起こります。

 

それらポイントを十分に理解することで、年金貸付制度を利用してください。

 

次は少し余談でも「日本が生き難い国だった」、そのお話をです。

日本は経済大国でも生き難いその1

在米15年以上の友人と話しながら、彼の年金話になりました。

 

そこで気になった言葉「年金あってもほんの少しだろうけど、SSIあるからあまり気にしてないよ」です。

 

SSIとは年金とは全く別に、低所得高齢層の最低所得保障を行う制度、それです。

 

そんなの初めて知った、誰から聞いたこともない、そう友人に伝えると「カナダだってどこでも同じ制度あるよ」、そう言われて唖然。

 

電話の後に調べたらありました、驚かないでくださいね、怒らないでくださいね、下記です。

 

主要各国の年金以外の収入&生活保障制度

国名制度名制度内容
アメリカSSI = 補足的保障所得低所得高齢者の最低限生活費を保障する
カナダGIS=補足所得保障基本年金不足の低年金者に支給される
オトーストラリア最低保障機能付き老齢年金低所得者に所得保障をする
イギリス年金クレジット60歳以上の低年金者に所得保障し、65歳以上には貯蓄資金を支給
ドイツ基礎保障65歳以上の低所得者を保障する
スウェーデン最低保障年金低年金者の生活保護をする
フィンランド裁定保障年金低年金者の生活保護をする
日本同定義できる制度なし低所得者の生活保護はあるが、高齢者向けの最低所得保障はない

 

これら主要各国の中で、日本はアメリカに次いで第2位(中国含めれば3位)の経済大国なのに、最低所得保障がないのが分かります。

 

上記の表は年金以外の最低所得保障や貯蓄資金保障のみを現しています。

 

どうして日本だけが年金制度に頼るしかないのでしょうか!?

 

これは個人的意見ですが、このような差が日本と欧米にあると考えます。

 

  • 日本は基本的に無宗教国なので、個人や団体としての主義主張を国に強くしてこなかった歴史がある
  • 海外なら国民の生活基盤は宗教思想にあり、全てを言葉と行動に出して自己を強く国へ主張する
  • それら生活基盤(常識)をもとに、自己の考えを強く主張し続けている
  • 欧米には国があって自分がある自分があって国がある=ギブ&テイクそんな考えが強くある

 

もっと簡単にいえばこうです。

 

  1. 国と自分は対等の関係にある
  2. 自国で生まれ育ち保護を受けてきたと同時に多くの税金も支払ってきた
  3. 従って国に必要な税金を払い続けた自分には国から保護を受ける権利がある

 

私も海外生活(欧米)をしてきましたが、極東に住む日本人は自己主張をしない、欧米の思考と大きく違ってる、そんな現実を多く見てきました。

日本は経済大国でも生き難いその2

日本以外の主要各国は宗教規範で社会生活が行われています。

 

そんな中、こんな光景を見て驚いたことがありました。

 

場所は10年ほど前のアメリカ、ロス・アンゼルス下町、黒人が多く住んでいる地域。

 

一台の大型バンが止まったと思ったら、全身白い患者服!?の高齢黒人女性を歩道に降ろして走り去っていきました。

 

それを目の前で見た私は「えっウソ?」、それしかありません!

 

1分もしない間に数人の男性が老人女性に駆け寄り担架で建物の中に連れていった。

 

その場所はボランティア団体が運営する介護施設前だった、それを看板を見て理解しました。

 

きっと年金が少ない&お金が無くなった女性だった、そんな女性を受け入れられなくなった施設が準備した行為だったのでしょう。

 

つまり女性を置き去りにした側も、新たに女性を受け入れた側も、約束事でそうしていた、そのことも後で知りました。

 

お伝えしたいのは、アメリカに限らず欧米で社会保障が受けられなかったとしても、民間ボランティアがあるので日本より安心と考えます

 

それらボランティア団体に資金提供しているのは企業であり、企業で働く人の多くは宗教を持っている、だから同システムが循環しているんです。

 

そして、私がアメリカの教会で聞いた言葉に「収入の10%を寄付しましょう」、それがありました。

 

そんな宗教規範に基づく行動ができる&できない、それが欧米と日本での生きやすさ&生き難さの違いとも考えられます。

 

以上が日本と欧米の年金含め社会制度の違いです。

 

全ての国民には生きる権利が保障されている」、その憲章は各国にあっても多くは宗教規範に基づいています。

 

日本にも同じ憲章があっても、ほとんど有名無実、その理由はお話した内容によるものと考えます。

 

次はローンを使わない車購入方法をお伝えします。

年金融資やローン使わない車購入方法その1

もし諸条件から融資が受けられない場合は、安い中古車を現金購入することを考えてください。

 

大手中古車販売店ならば10万円、20万円、30万円の中古軽自動車を保証付で販売しています※保証内容と期間は中古車価格による

 

そんな安い中古車はあっても、毎年5月に支払う自動車税は車種によってこんなに違いがでます。

 

従って、毎年5月に支払う税金想定した上での中古車購入を考えてください。

 

毎年5月に支払う自動車税一覧

排気量リッター新車登録から13年未満製造から13年以降
軽自動車10,80012,900
1.0以下29,50033,900
1.0超〜1.5以下34,50039,600
1.5超〜2.0以下39,50045,400
2.0超〜2.5以下45,00051,750
2.5超〜3.0以下51,00058,600
3.0超〜3.5以下58,00066,700

※自動車税が一番安いのは4ナンバー貨物軽自動車の5,000円です。詳細は関連記事参照。

 

軽自動車税は一律10,800円を年一回払うだけですが、他はこうなります。

 

  • 排気量1.0ℓ(1000㏄)以下は29,500円、
  • 排気量1.0ℓ(1000㏄)以上なら34,500円、

 

さらに13年より古くなると自動車税は約15%も上がってしまいます。

 

個人的な話ですが、私が軽の中古N-WGNターボにした理由はこれらです。

 

  1. 軽自動車税の安さ10,800円(自家用登録)、
  2. 高速道路など通行料金の安さ
  3. 駐車場が安い
  4. 消耗部品(タイヤ、オイル、ワイパー、整備費用)含め維持費がとても安い
  5. 車検費用が安い、※約6万円ほど(普通車は10万円前後)
  6. 燃費はリッターで15キロ前後走る※ターボ仕様の燃費
  7. 農道や山道など、狭い道を取れる&Uターン可能
  8. 190㎝近い荷台で寝れる&何でもできる※電気製品使用には予備電源が必要

 

個人的に車所有コストとリスクを最小にしたいと考えて中古軽ワゴンにしました

 

そんな車選び以前に、アナタが中古車お持ちなら10年落ちでも、20年落ちでも売却することが先決となります。

 

ご存知かもしれませんが、どんな古い車でも10万円やそこらで必ず売れるので安心となります。

 

⇒ 複数業者による同時(同日)一括査定なら、短時間の最大価格売却が可能になります【利用無料】

 

次は、クレジットカードが使える中古車のお話です。

年金融資やローンを使わない車購入方法その2

中古車はクレジットカードで買えるのをご存知ですか?

 

新車ディーラーでは無理でも、中古車店ならほぼ100%クレジットカード支払いが可能です。

 

クレジットカードの得する使い方です。※個人的に何回も経験済

 

  1. クレジット利用可能金額を確かめる※一か月間の利用可能額
  2. カード利用締め日の直後に車購入する
  3. カード利用金額が口座から引き落とされるのは1~2か月後
  4. カード利用ポイントが大量につく、得する

 

クレジットカードなら便利で得する車購入、それに間違いありません。

 

た・だ・し・リボ払い(均等支払い)は使わないでください。

 

記事初めでお伝えした通り、15%など金利が高すぎて危険、そして元金がどんどん増え続け一生涯に渡りローン支払い地獄から抜け出せなくなる、だからです。

 

クレジットカード1回払いなら、支払は1か月から2か月後となり、ポイントも手に入るので得しかありません。

 

⇒ クレジットカードが利用できる大手中古車販売店です【検索&利用無料】

中古車購入の注意点はこうなります!

もし中古車購入するのなら、これらに注意してください。

 

  1. 大手中古車販売店で購入し保証付であること(お店によって数か月から数年保証)
  2. 過去の所有者が判る車検証や整備手帳が揃っている車であること
  3. 中古でも試乗が何回もできること(乗りながら不具合をみれる)
  4. 車検期間が1年以上は残っていること

 

上記中でアナタが譲歩してダメなのは2番です。

 

車検証で過去の所有者1人や法人1社なら、丁寧に乗っている&定期的なメンテナンスが行われていた確率がとても高い=安心、そうなるからです。

 

中古車店側は売りたいので、「過去の所有者が複数で何でも、弊社保証を付けるので安心してください」、そんな営業トークがあってもダメです。

 

中古車は10万円以下もありますが、車検が切れていたり何かしらの理由で販売店保証がない車にも注意してください。

とても安い中古車限定の注意点とは?

私で一番安かったのは弟からタダでもらった車でしたが、メンテもされてありとても助かった記憶があります。

 

タダの車でも車検証(過去の保有者は弟1人だけ)と正規ディーラーの整備手帳があり、どこをいつ修理したのかが完全に分かったので重宝しました。

 

値段に限らずとも言えますが、特に安い中古車購入なら、車検証や整備手帳をチェックするだけで、こんな利点が想定&確定可能になります、リスク回避ができます!

 

  1. 前所有者1人で長く乗り続けていた車なら、良く整備されていた可能性大
  2. 都会より地方都市で使われていた車なら、信号STOP&GO回数も少ないので走行距離が多くても調子が良いと考えられる
  3. 最大ポイントは大手中古車販売店から購入することで、万が一でも広範囲な保証が受けられること

 

上記1&2の内容確認では、車検証と整備手帳をお店で見せてもらうだけで完了です。

 

手間で時間が掛かる中古車店めぐりの前に、大よその事前車情報をネットで把握できればもっと楽に車を探せます。

 

一番簡単なのは希望車種、年式での経費(税金、手数料、ローン)を含めた乗り出し価格(総支払額)を知れば、全体把握が瞬時に可能となるでしょう。

 

そんな乗り出し価格では、ご近所の中古車販売店でも併せて行うことで、安くても長期保証の車を選べる、そうなります。

 

⇒ 安心安全のガリバーだからこそ提供できる長期保証+正規ディーラー整備手帳の車を確認する【無料車検索】

 

次は、絶対に借りてはダメなローンのお話です。

絶対に借りてはダメなローンは何か?

若い方へ書く予定だった記事の一部をここでもご紹介します。

 

特に60歳代の先輩諸氏は見識もあり、失礼を承知で書きます。

 

シツコイようですが、ご高齢であってもこれらは絶対に使わないでください。

 

  1. 消費者金融カードローン(年収の1/3以上は貸してはダメ規制あり)、
  2. 銀行系カードローン(年収に対する貸し出し規制なし)、
  3. クレジットカードのリボルビング払い(いくらカードを使っても、毎月定額&均等支払)

 

2020年も上記利用者がとても増えているのと同時に自己破産者も多い、そうメガバンク勤務の友人からも聞いています。

 

中古車店はクレジットカード購入可能なところも多くありますが、カードのリボルビング払いは絶対に使わないでください!

 

それら金利は14%、15%、18%もあり、一度でも借りたら元金の何倍、何十倍にも「変身」してしまう可能性大だからです。

 

元金が大変身すると言うことは、自己破産の可能性も高まる、そうご理解下さい。

 

ディーラーローン金利6%前後、中古車店ローン金利10%(両ローンとも信販系ローン=クレジット)どれも金利が高い、そう言えます。

 

従って、高金利ローンは使わない方が良いのですが、もしもの利用ならが金利値引交渉は絶対に必要です、してください!※金利値引目安は20~30%前後

 

購入する車を通院や趣味そしてアルバイトに使えるのなら、ディーラーや中古車店ローン金利を払っても元を取れるかもしれません。

簡単な車ローンなんてあり得ない!

ローンさえ使えれば、車でも何でも購入可能となり便利かもしれません。

 

しかし、それが100%良いかどうか、それは少し立ち止まって考える必要があるでしょう。

 

その理由は、ローンでも年金担保貸付制度でも以下のリスクがあるからです。

 

  • お金を借りる、

  • 金利が付く、

  • 金利でふくらんだお金の返済が必ずある、

 

それら十分に理解された上で、どうされるかのご決断お願いします。

 

毎月の借入金返済分+車維持費分=生活が苦しくなる、それを想定しなければなりません。

 

絶対に無理のない返済計画を立ててください。

苦しい時の神頼みとは?

どんな名前のローンであってもお金を借りることに違いはありません。

 

借金には必ず金利が付きます、保証人も要求されて面倒です。

 

そうなら私のロードバイク仲間である先輩達の様に、10万円、20万円でも何とか現金を作り購入するのも方法の1つです。

 

もし私であれば、どこかで整備士の知り合いを見つけて廃車センターで車選びをお願いします。

 

そこで選ぶべき車は色とか年式は少し!?無視して、車検が1年以上残っているかどうかを判断基準とします。

 

車検付なら同じ期間の自賠責保険も付いているので、最低1年間は乗れます。

 

実際にはこのようにします。

 

  1. 整備士や車に詳しい人と廃車センターで車を選ぶ
  2. 中古車登録変更手続きをする。※代行業者を使えば2万円前後
  3. 最低限必要なメンテナンスや修理を激安オートショップで行う
    ※ショップではアレコレ言いますが本当に最低限走れる状態にすることだけお願いします。
  4. 任意保険(車両保険なし)に加入する

 

このような方法なら、10万円ほどで乗れる車になるでしょう。

 

以上が一番安く車を手に入れる方法です。

 

もしそれに手間が掛かり過ぎる、不安があるのなら、大手中古車販売店で安い車購入を考えます。

 

廃車センターより高くても事故車でない、整備済で保証が必ず付く、それがメリットです。

 

⇒ 安心安全のガリバーで最新在庫車の価格比較をしてみる!【検索&利用無料】

万が一へのアドバイスその1

余計なアドバスと思われるでしょうが、車が新車や中古であっても自動ブレーキなど安全装置が付いた車を可能な限り選んで下さい。

 

2019年2月のNHKニュースにこうありました。

 

「2018年の高齢者の死亡事故率は10%増」、、、2020年の現状は不明です。

 

そんな高齢者とは75歳以上のことです。

 

高齢者事故防止で特に大切な機能は「前後誤発進抑制装置」です。

 

それさえあれば万が一のアクセルとブレーキを踏み間違えても誤発進しません。

 

人にもぶつかりません!

コンビニにも突っ込みません!

駐車場フェンス突き破って下に落ちません!

 

上記は毎日のようにニュースで流される車が暴走&突っ込む、あれです、危険過ぎるアレです。

 

高齢者事故の特徴はブレーキとアクセル踏み間違いが突出して多いことです。

 

普段は冷静でも、何か一瞬の判断を急ぐ&焦るのは老若男女、誰にでもあります。

 

ただし、その頻度は加齢と伴に大幅にアップしていることを認識してください。

 

安全装置さえあればアクセルとブレーキを踏み間違っても安心、脇見運転していても前の車に追突することも避けられます。

 

ちなみにロードバイク先輩達は60代から70歳代でも、所有する軽自動車に安全装置も何もありません。

 

これら先輩達は体力と判断力がスゴイからこそ安全運転できていると考えます。

 

高齢でも先輩達は、こんなにスゴイんです。

 

  • ロードバイク(自転車)に派手なヘルメット&サングラス&ウェアで100キロ以上の距離を3,4時間で簡単に走り切る体力、
  • 平均走行スピードは平均30~35キロ前後、最高は50キロ以上を出せる体力、※私が後ろからあおられる位です

 

体力だけでなく一瞬の判断能力=車の運転能力も高い(自己診断による)、だから事故もしない、それも先輩達からお聞きしました。

 

でも&しかし、万が一に安全装置があればもっと安心&安全&楽それは間違いありません。

 

⇒ 安心安全のガリバーで2015年以降に製造された安全装置付き軽自動車をチェックしてみる【検索&利用無料】

 

次は、中古車がどんどん値下がりしている、その最新情報です。

万が一へのアドバイスその2

新型コロナにより、全てのビジネスが大きく縮小しています、仕事が減りつつあります。

 

車産業も同じであり、新車も中古車も売れていません、全然!

 

記事始めに、ローンを組むのが難しければ安い中古車の現金購入、そして車検付の廃車を格安で手に入れるお話をしました。

 

どうして同じ話を繰り返すのかと言えば、中古車価格が大きく値下がりしているからです。

 

それも「2020年の2月と5月比較では15~20%安い値札を付けている」、、でも売れていない、その現実があるからです。

 

そうであれば、通常20万円の車が15万円前後で買える、そうなる訳です。

 

もし、ローン購入が難しいのであれば、現金購入をおススメします。

 

ちなみに、中古車で20万円、15万円であっても、日本の中古車は車検制度もありとても良く整備されています。

 

そして走行距離も10万キロ以内など好条件なのは間違いありません。※海外の車走行距離と比較した場合。

 

一度、どんな車がいくら位であるのかだけでもチェックして見てください。

 

⇒ 大手中古車販売店サイトで格安+長期保証の車を確認してみる【検索無料】

万が一へのアドバイスその3

ここでは最新記事を添付させて頂きます。

 

新型コロナがまん延するアメリカの状況も書き加えた記事です。

 

新型コロナでは世界中の人が苦しんでいる、それに対して国の補助が弱い(特に日本は)、それは世界共通なんです。

 

さらに、81歳でも請負の宅配ドライバーをしているオジサンの話もあります。

 

この大変な時期にみんな頑張っています。

 

この記事をお読みのアナタも頑張ってください!

車さえあれば最小起業ができる!【車購入が投資になる理由とは何か?】

では、まとめです。

70歳過ぎてもローンは組めるの?:まとめ

アナタが安くて壊れない安全な車をローン購入ができることを願っています。

 

そうすれば、どんな季節や天候でも移動できる、24時間いつであっても仕事やプライベートに使えるからです。

 

特に近くになくても遠くにある仕事には使えます!

 

車が軽自動車ワゴンならロードバイク2台積めたり、寝れたり、予備電源でコーヒーを立てたりと何にでも使えます、楽しめます。

 

家に居たくなければ、扇風機や電気毛布(季節によって)+予備電源を積んで出かければ数日の車中泊も可能です。※経験者は語る・・・

 

現実に、家以外の場所で1人過ごせれば自分をもっと感じられます、少しだけ違う自分を理解っします。

 

安全、便利、安い、広い荷室、そんな車ならプライベートも仕事も何でもこなせる、そのことを最後にお伝えします。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」で、お会いしましょう!

⇒ 関連記事「軽4ナンバーを自家用にするのは損か得か?」

⇒ 関連記事「銀行マイカーローン借り方マニュアル・簡単!」

⇒ 関連記事「安全装置比較だけで分かる買っても良い車と悪い車」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー