2020年総務省発表の労働人口は約5,600万人とありますが、統計に入らない数を想定すれば優に6,000万人は突破しているはずです。

 

その中で、非正規はと言えば2,150万人とデータにあっても、実際は楽に2,500万人超え、日本の労働者の約半分は非正規であると言われています。

 

派遣、非正規は雇用先と結んだ労働契約書だけの関係でしかありません。

 

従って、3か月、半年などの労働契約満了と伴に解雇される、若しくは再契約もあるでしょう。

 

でも&しかし、非正規社員は常に解雇される(労働契約満了時)不安を抱えながら働くしかない、不安な心が休まることがありません。

 

車サイトではありますが、ボランティアで非正規や路上生活者支援の経験もあり、書かせて頂きます。

今を生きるには受動態から能動態になるしかない!

日本人の私ですが、我々、日本人の人生を将来を政府に頼ればアウトに成りかねません。

 

従って、国を頼って生きる、会社頼りに生きる受動態ではもうダメです。

 

これからは、自分で仕事を作り生きる能動態へのと大変身する、それしかありません。

 

大震災後も国は大幅増税しました。

 

2021年は未だにコロナ収束も見えないのに、既に大規模増税がほぼ決まっている、、、

 

コロナ後にどう生きてよいか分からない国民に対し、何の提案もしないまま増税だけが先に進んでいる日本はアウトです。

 

2021年コロナ禍、そんな中でも日本政府対応は全てが稚拙であり、遅すぎます。

 

コロナ発生がアメリカより早かったのにワクチン開発もしてこなかった、、きっとアメリカ政府判断を仰がなくてはならなかった!?

 

だって、そこには日本を見下しているアメリカの利権があるから、、、

 

いつもの様に!?

 

そんな中、G7サミットが6月上旬にイギリスで開催されますが、その際のメインテーマはコロナとオリンピックに違いありません。

 

そこでも、オリンピック開催国である日本は欧米からの論理的質疑に対し論理的に答えられない可能性大。

 

コロナの巨大リスクを無視してまで強行開催するオリンピックメリットを論理展開できなければアウトです。

 

そのメリットを論理的にG7メンバーに説明できれば日本人にもメリットの多少はあるでしょうが、出来なければアウト、そうなります。

コロナが日本人の自立心を加速させることになる

2020年3月初めは、アメリカの友人達も他人事のように「日本で変な病気が流行っているみたいで大変だね」、でした。

 

今は、アメリカ人も失業給付や無料の食材配布に頼っています。

 

それどころか、お金が無くなりロス・アンゼルス都心部でテント生活、それも身なりが良い格好で!?

 

そんな中、日本だけが欧米比較で生き難い、そんなデメリットがあります。

 

それは人口減少、出生率低下、高齢者増加、、従って国の経済がどんどん小さくなってる、年を追うごとに貧しくなる日本があることです。

 

欧米なら土地が広く移民受け入れもあって人口増大であり、コロナ収束すれば経済拡大は割と容易と言われています。

 

でも&しかし、そんなデメリットあるなら日本で仕事を見つけるのは難しい、それが正規でも非正規でも同様です。

 

だからこそ、自営業の道を選ぶべきである。そう私は考えます。

 

コロナはあまりにも大変すぎますが、そのことで働き方が変わってきている、自分で生きなくてはならない、それが進行している2021年です。

仕事探しよりも自営業準備の方が簡単その1

私は記事も書いていますが、会社は2社設立、事業は5つほど行ってきました。

 

そのどれを思い出しても割と簡単だった、です。

 

会社と言う箱さえ作れば、運用システムだけ考えれば、あとは自分1人だけでも頑張れる、だからです。

 

もし、雇用するのであれば、自分の知らない知識ある人を見つけて頑張ってもらう、それだけなんですが!?

 

あっ、それとお金が無くたって、自分1人なら何とかなる、車とスマートフォンさえあれば何とかなるので心配いりません。

 

あと税金など細かいことは後から考える、儲けがでれば考える、税理士でもお願いする、それだけです。

仕事探しよりも自営業準備の方が簡単その2

もし、高い競争率で仕事を見つけても、後が大変なんです。

 

何がと問われれば、お分かりと思いますが「仕事が自分に合っているかどうか」「上司や同僚との人間関係の構築」、それです。

 

仕事は好きでも、会社の雰囲気(人間関係)で辞める人がどれほど多いことか、それが在ります。

 

私は経営者であったので分かりますが、どんなに高学歴で能力高くても社内営業ができない、人間関係構築が苦手なら直ぐに辞めていまいます。

 

結果、仕事は人間関係で大きく作用される、それです。

 

でも&しかし、独り起業などであれば、全てアナタの思い通りに仕事を進められる、若しくは顧客最優先に考え進める、それでOKとなります。

 

そこには偉そうな社長も上司も誰も居ません。

 

まとめ前に、1つ大切なお話をします。

楽に簡単に儲ける方法は絶対にない!

ネットでは、「これで儲けられます」「30万円で誰も知らない必勝法を教えます」、、そんなのばかりです。

 

最近の記事にも書きましたが、人の真似をして儲けることはできません。

 

詐欺師達が勧誘する儲かる必勝法なんて存在しません。

 

もし、そんな必勝法あれば自分だけでやれば儲かるのに、人には教えないはずです!

 

でも、お金を取って人に教えようとするのは嘘だからです。

 

私などは、本に書いてあるノウハウも信用しません。

 

その投資ノウハウが本当だったとしても、その人がやったから成功しただけで、他人がやっても同じ結果がでるとは限りません。

 

理由は、各個人によって知識&経験レベルが違う、投資行動から受ける恐怖レベルが違う、、何かに耐える精神レベルが違う、資金レベルが違う、、、もっと多くの違いがあるでしょう。

 

従って、成功本にあるノウハウ通りにアナタが実行しても、成功者と同じ結果にはならない、です。

 

何かを成功させるためには、自分で全てを考え実践する、それしか方法はありません。※個人の経験より

 

では、まとめです。

派遣含む非正規社員は生きられない!まとめ

記事を書きながら、起業した当時の自分を思い出しました。

 

初めは独り起業であり、社員は業績アップと伴に少しずつ雇いました。

 

起業資金は100%借入でしたが、1年未満で完済しました。

 

中小企業ではありますが、2社合計で数百人が勤務するまでになった、嬉しかったです。

 

勤め人時代は貿易関係だったので、海外担当バイヤーであっても、国内営業の経験などありませんでした。

 

つまり営業どころかお客様と接することも未経験の自分。

 

そんな自分が120%営業職となり、毎日の営業活動、、でもやれました。

 

従って、未経験なアナタでも何でもやれますよ!

 

頑張ってください。

 

本日は最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、いつか、当サイトを訪ねてくださいね!

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー