仕事での海外駐在歴、渡航歴、そして学生での滞在歴長い私でした。

 

それら経験から、日本のタクシードライバーがどんなに良くて優秀なのか?

 

それが分かるお話をします。

 

アナタが外国を訪れ、タクシーにぼられないように、ダマされれないように、そんな役に立つであろうお話をします。

 

読み時間30です。

海外ドライバーの特徴とは何か?

私が利用したタクシードライバーは欧米各国、そして東南アジアも含みます。

 

そんな日本以外のタクシードライバーには、ある共通点が、特徴があります。

 

それはこられです。

 

地元に不案内な客、初めて同国を訪れたであろう客には「ぼってやろう」、それです。

 

そんな出来損ないタクシードライバーは「指定タクシー乗車場に並んでないタクシー」、そうなります。

 

日本でもどこでもそうですが、指定のタクシー乗車場を使えるのは「駅や空港、そして町と解約したタクシーに限定される」、そうなります。

 

従って、まず一番のルールは「タクシー乗り場にあるタクシーを使う」、そうなります。

 

じゃあ、そんな場所以外での通りすがりタクシーを使えばどうなるのでしょうか?

通りすがりの流しタクシーの危険とは何か?

そんな通りすがりタクシーを呼び止め、使えるのは東京、NY、パリ、ロンドンなどの大都市しかありません。

 

理由は、タクシー業者への指導もありますが、大勢の人が行きかう大都会ならタクシーを呼び止めても許認可タクシーなので安全、多くの人達が乗り降りを見ていて安全、そうなります。

 

だ・か・ら、映画にある様にNYやロンドンでは普通にタクシーが呼び止められ、多くが利用しています。

 

でも&しかし、それ以外でのタクシー呼び止めは少し危険が伴います。

 

それが海外の大都市であっても、変な所に1台ポツンと止まっているタクシー、夜で人通りの少ない場所でのタクシー、それらではぼられる可能がある、そうお考え下さい。

 

私個人として、数回は少し危ない思いをしました。

 

それは、目的地へ遠回りするタクシー、料金メーターが初めからONになっていたタクシーです。

 

それを感じ取ってクレームしようが、車を止めろ、何をどう言おうが無視して走り続ける、そんな経験もしました。

 

でも、それ以外にもダメダメなタクシーは多くあります。

お涙ちょうだいタクシーとは何か?

個人的は、このお涙ちょうだい、を一番多く経験しました。

 

日本は違いますが、欧米のタクシードライバーの多くは貧しい人達、特に移民してきた人達がする職業なんです。

 

そんな中、客数は多くない、でも稼ぎを上げたい、それがタクシードライバーの本心となります。

 

じゃあ、何をどうするるのか?

 

それは「自分の身の上話をしてチップを多くもららう」、それしかありません。

 

そんな欧米各国(アジア圏タクシードライバーはあまり英語が得ではありません)では、身の上話攻撃(口撃)でチップをゲットしようとする、それがとても多い、それを覚えておいてください。

 

では、お涙ちょうだい以外の方法をお伝えします。

お金持ゲット大作戦!

「お客さんはお金持ですか?」

 

こんな唐突な質問を日本語でしてくるタクシードライバーは「韓国」限定です。

 

もし、少しでもお金持ぶろうとすれば、数時間、半日観光の誘いがスゴイ&スゴイ!

 

それは間違いありません。

 

個人的に、韓国も数十回以上は訪れた経験ある私なので、確かです。

 

どうして、短時間でも観光営業して来るのかと言えば、いろんな食堂、お土産屋さんに連れて行く、そこでお金を使えば各店舗から手数料をもらえる、だからそうしてきます。

 

昔は、そのタクシードライバーのビジネスとも知らず、進められるがままに買い物していたおバカな私でした。

 

従って、韓国ではそんなタクシードライバーに要注意、そう覚えていてください。

 

では、空港でもどこでも列を作らないタクシードライバーにはどう対処すれば良いのでしょうか?

東南アジアでのタクシー交渉術がある!

個人の経験では、タイ、ベトナム、フィリピンなど少し貧しい国々では生きるのに必死、それしかありません。

 

従って、空港降りたらタクシードライバーから無茶苦茶に声を掛けられ、モー大変です。

 

今でも、タクシーメーターも無い車でいっぱい!

 

じゃあ、何をどうやって目的地のホテルや場所に安くたどり着けるのでしょうか?

 

こうやって下さい。

 

アナタはいくらで、何分で○○〇まで到着できるの?

 

それを数人から5人ほどに聞きまくってください。

 

その中で、一番安く早く着けると答えたタクシーを使う、それしか判断基準はありません。

 

私なら、そうやってドライバーを選び、尚且つチップは5ドルだからな!

 

そう言いながら、契約!?を結びます。

 

ちなみに、どうして到着時間まで聞くのかと言えば、たまに遠回り、若しくは適当な道を通り、時間がかかるドライバーもたまに居るからなんです。

 

では、まとめです

タクシー運転手は日本と海外では大違い!:まとめ

日本のタクシードライバーの質はとても高い、それは間違いありません。

 

でも、数十年前は流れ者がたどり着く場所、そんな町ではヤクザまがいのタクシードライバー、それもありました。

 

でも、今のタクシードライバーは言葉遣いも丁寧、万が一の忘れ物も保管してくれる、こんなスーパーなタクシーは世界中(私の知っっている数十か国)どこにもありません。

 

従って、アナタが利用するタクシーは世界一、そうなります。

 

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、「車の買い方119番」で会いましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー