「ランクル」「プラド」買うならどっち?:サムネイル
Mytho88 [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
安全で長持ちする車、そして中古車で購入しても価値を維持し続ける車、、、

 

そんなスゴイ車はランクルとプラドくらいしかありません。

 

理由、世界的に人気がある、市場は世界中なので価値がとても下がりにくい!

 

従って、ランクル、プラドが3年、5年、10年落ちであっても価値を維持し続ける、そうなります。

 

もし、10年選手のランクルやプラドなら数十万キロ走行しているかもしれません!

 

でも&しかし、そんな走行距離はまだまだ青いんです。

 

日本以外の大陸系国々では50万キロ、80万キロ以上でも整備しながら走行するのが当たり前だからです。

 

従って、日本のランクルやプラドなら新車はもちろん、中古車ローン購入で十分に楽しんだ後でも価値がある、高く売れる、元を取れるんです。

 

読み時間は2分以内ですが、アナタに必要な部分だけ確認すれば役立ちます!

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

「ランクル」と「プラド」買うならどっち?

海外で圧倒的な人気はランクルであり、何年も乗った後に車査定しても高値買取は間違いありません。

 

しかし、ランクルにはこんなデメリットがあります。

 

  • 車両価格が高額になってしまう、
  • 海外で需要あるのはガソリン車のみ、
  • 燃費も悪い、

 

それらが負担になってしまいます。

 

では、プラドならどうなんでしょうか?

 

プラドの海外人気はランクルの次であり、将来の買取価格もランクルより低く、値下がりが早い、でもこれらメリットがあります。

 

  • 車両価格が安い(ランクル比較)、
  • 燃費が良い(ランクル比較)、

 

ランクルもプラドも一長一短ありますが、アナタに合った車はどちらなのか?

 

下記ユーザーコメントを参考にしてください!

ランクルの評判:良い悪い

1024px-Toyota_Land_Cruiser_200_002
Tennen-Gas [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
ユーザーコメントで好意的なモノです。

 

  • 全てに高級感があり、車内も落ち着いていてリラックスできる、
  • 座席ごとにエアコン調整ができる、
  • LED室内照明で高級感を演出している、

 

さらに、肝心な走行性能では絶賛の声が ;

 

  • 舗装道や山道であっても路面状況を正確に伝えてくれて安心、
  • どんな路面状況でも安定感のある素晴らしい走りと乗り心地、

 

しかし、こんなマイナス点を指摘する声も ;

 

  • 低速時のパワー不足、
  • パワーのためにはディーゼルの方が良い、
  • カーブの切れ角度が悪い、最小回転半径が大き過ぎる、
  • 実燃費(200系ガソリン)7Km前後かそれ以下

 

ランクルの重い車重で走りだしは加速不足を感じたとしても、エンジンを大きくすれば燃費が悪くなります

 

燃費のためにディーゼルエンジンを選べば海外で再販できない、それもありガソリンが人気です。

 

ただし加速不足はレンジローバーなど本物オフロードカーには共通です。

 

そんな燃費なら、ベンツGクラス350や550クラスでも5km~6Km/ℓは普通です。

 

もし燃費だけで考えるのなら、ランクルやプラドは誰も選びません。

 

次はプラドのユーザーコメントを見てみましょう!

プラドの評判:良い悪い

1024px-2009_Toyota_Land_Cruiser-Prado_02
Mytho88 [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
ユーザーコメントで好意的なモノです。

 

  • 良いも悪いも「つり目ライトが個性的」、
  • 押しの強いデザインが好き、
  • 実燃費は約11キロ少しある、

 

好意的なコメントは少ないのですが、マイナス点は同なんでしょうか;

 

  • インテリアがチープ(同感です)

 

これは代表的なマイナスコメントです。

 

そんなプラドの比較対象はランクル、それしか考えられません。

 

これらマイナス点だけでランクルとプラドの価格差150万円にもなるのでしょうか?

 

次は新車でのランクルとプラド価格とデータ比較をしていきましょう。

サイズ&燃費比較表

大きさ、収納、燃費、価格差が分かればもっと両車比較がしやすくなります!

 

ボディサイズ

ランクルプラド
全長4,950mm4,760mm
全幅1,980mm1,885mm
全高1,870mm1,835mm

 

室内サイズ

ランクルプラド
室内長2,690mm2,520mm
室内幅1,640mm1,565mm
室内高1,170mm1,240mm

 

ガソリン代金

ランクルプラド
実燃費4.76 Km/ ℓ
7.42 Km/ ℓ
500Km走ったら¥13,655¥8,760

※レギュラーガソリン使用・@¥130円/リッター

 

ランクルに対してプラド燃費が圧倒的に良い、それは間違いありません。

 

次では、ローン購入での毎月支払額を確認してみましょう!

上から2つ目のモデルで比較してみる!

車種ランクルプラド
価格5,140,000円3,500,000円
3年ローン(36回)151,753円103,334円
5年ローン(60回)94,661円64,658円

※金利4.0% ※ボーナス払い無し

 

ランクル&プラドとも上から2つ目のグレードなら、両車価格差は150万円にもなってしまいます。

 

この金額差はもとても大きいと言わざるを得ません。

 

アナタは新車でランクルやプラド購入することを考えますか?

 

私なら中古車を選びます。

 

理由は、約3年で半額まで値下がりするのが新車だからです。

 

新車のランクルやプラド購入しても、3年後に200万円や300万円近いお金が消える!?のには耐えられません。

 

し・か・も・ローン支払い中なら売れません、アウトです。

 

では何をどうすれば良いのでしょうか?

 

次で説明します。

毎月の維持費が気になるなら中古車を買う

ランクルもプラドも日本国内なら他車と同じ様な値下がり率であり、それなりの価格でしか売買されていません。

 

従って、ランクルとプラドどちら新車購入しても、3年後には半額以下になってしまうのは同じなんです。

 

そうならランクルもプラドも中古車で購入するしかありません。

 

中古3年落ち前後で新車保証3年や延長保証2年が残っているなら買いしかありません。

 

新車保証(含む延長保証)付の中古を購入し、十分に楽しんだ後でも輸出用で売却すればウレシイ価格で手放せる確率大となるでしょう。

 

どうして、そんな走って楽しんでもウレシイ価格で売却できるんでしょうか?

頑丈で壊れないから50万キロ走行なんてヘッチャラ!

オフロードカー(SUV)はラダーフレームなので、頑丈&壊れにくい、50万キロ走行なんて超ヘッチャラで問題ありません!

 

アナタがどんなに走ったとしても、日本の何倍もの走行距離が普通の海外には問題なく売れる、だから安心なんです。

 

従って、中古輸出用を考えるのなら、どんなに古いオフロードカーでも高値売却となる、そうお考えください。

 

それさえ分かれば、走行距離ある中古車でも問題なく選べる&買える、そうなりませんか?

 

10万キロ程度の走行距離で査定価格マイナス要因になる、そんな国は日本くらいしかありません。

 

そうであれば非公開車情報などから、いち早くより良い中古を見つければゲットできる可能性大となります。

 

⇒ 安心&安全のガリバー非公開車両情報から「ランクル」「プラド」を確認する【検索&利用無料】

※非公開車両とは仕入れて7~10日以内のフレッシュな車です。

 

実は、そんなランクルやプラドが大きく値下がりしているんです。

「ランクル」「プラド」が15%以上も値下がり中!

2020年は新型コロナで全てがダウンしている、アウトになっている、それはご存知の通りです。

 

新車も中古車も売上オモイッキリ下がっている、それを中古車限定すとればこうなっています。

 

2020年2月と5月下旬で販売価格比較すれば15~20%下がっている、それでも売れない、それが中古車業界の現状なんです。

 

それなら、いつ中古車を買えばもっと得をする、もっと安く買えるのでしょうか?

 

それは、新型コロナの特効薬やワクチンが開発された後にそうなる、です。

 

従って、今直ぐにやることはランクルやプラドの中古車価格チェックしながら、どこでなら一番安く買えるか、それを調べるしかありません。

 

⇒ 最大の中古車サイトでランクルやプラドの価格比較をしてみる【検索無料】

 

そんな中古車値下がりがいつまで続くのでしょうか?

 

2020年8月28日、昨晩にこんな海外ニュースを見ました。

車の需要回復が予想外に早い現実!

海外ニュースにこうありました。

 

アメリカと中国の車販売台数(需要)が予想外に早く回復しつつある

 

新型コロナ問題が継続中でも、経済に必要な車がやっと売れ始めてきた、少しずつ元あった需要に戻りつつある、そんなニュースでした。

 

世界経済1位のアメリカ、2位の中国で車販売台数が戻りつつあれば、3位の日本も需要回復となる日は遠くない、そう考えます。

 

結果、値下がり続けてる中古車価格も予定は未定で元に戻る、通常の販売価格に戻る、そうなるでしょう。

 

じゃあ、値下がりし続ける中古車はいつ頃に通常販売価格に戻るのでしょうか?

 

我々ユーザーが中古車を安く買えるのはいつ迄なんでししょうか?

 

それは誰にも予想できません!

 

でも&しかし、新型コロナのワクチン開発が来年であったとしても、新型コロナ終息迄に時間がかかったとしても、車は徐々に売れて行く、元の需要に近づいていく、そうなります。

 

そうであるなら、欲しい中古車を安い価格で買えるのはそんな長い期間ではない、そう考えられます。※個人の意見

 

次はランクルやプラドが海外でどれほど人気があるのか、それをお伝えします。

ランクルやプラドの輸出先がスゴイ!

日本の中古車輸出先は100ヶ国以上もあるのをご存知でしたか?

 

日本が国として承認しているのが196ヶ国なので、その半分以上の国々に輸出されている、スゴイ需要であるとしか言えません。

 

日本の自然災害では必ず水に浸かったり、つぶれたりする車が多くあります。

 

それら可哀想な車達は国内再販がムズカシクても海外輸出用ならシッカリと需要があるんです。

 

理由はこれらです。

 

  • 海外で車メーカーを持たない国が多い
  • 国の経済が弱く新車輸入で100%や200%の高額関税の国が多い
  • 中古車の輸入関税が意図的にとても低くしてある国が多い
    ※車製品関税は高くても、分解された部品関税は安い
  • 日本車(2000年以降)は壊れない&燃費良く走る

 

個人の経験では、ベトナムで中古の日本車SUVを買ったベトナム人(取引先)と話して驚きました。※10年以上前の話です

 

次に続く!

ランクル系のリセールバリューはとても高い!

ベトナムのホーチミンで見せられたSUVは10年落ちなど古いルックス、、、

 

私はそのベトナム人に、ついこんな言葉を発しそうになりました。

 

日本なら20~30万円でしょう

 

でも&しかし、現地での購入金額は日本円換算で約300万円も支払ったとか、、、

 

あ然&騒然!?

 

私は何故か申し訳ない気持ちになり「良い車だね」、そう言うのが精いっぱいでした。

 

でも彼の自慢気な誇った表情に撃沈し、何も伝えられませんでした。

 

そうなんです!

 

人気のランクルやプラドなら、10年落ちでも10万キロ走っていても高値輸出できる!

 

海外現地では日本と比較できないほどの高値販売されている!

 

それを知ってください。

 

70万キロや80万キロ走行で廃車になった日本タクシーでさえ、どんどん輸出されているのが海外の高い日本車需要の現実なんです。

 

日本国内だけで7万キロ走行や10万キロ走行の車価値ゼロ円、そう言っているだけなんです。

 

どうして日本車走行距離が海外比較で短い、そうなるんでしょうか?

 

日本は島国、国土がとても狭い(大陸系国々との比較で)、それもあり、わずか7万キロ走行でも査定価値ゼロなどになる、安値取引されてる、それです。

 

それがタクシーならドイツでも日本でも走行距離50万キロなんて普通です。※昔、ドイツでタクシーに聞きました。

 

ドイツのタクシーも50万キロ走行なんて子供程度であり、もっともっと走り続けます。※日本のタクシーと同様に

 

日本で廃車になったタクシーも世界のどこかへ輸出され新たに数十万キロ走行しているのは間違いありません。

 

従って、ランクルやプラドなら走行距離に無関係で高く売れる、そうなります。

 

ここまでは価格&価値のことをお伝えしましたが、次は安全性能を知ってください。

ランクル&プラドのラダーフレームは最強!

ランドクルーザー、プラド、パジェロ、ジープラングラー、レンジローバー、ベンツGの全てがラダーフレームを採用しています。

 

ラダーフレームとはハシゴ状フレームのことであり、少々の衝撃ではびくともしない、そんな安心フレームなんです。

 

そんなラダーフレームの特徴です!

 

  • 分厚い鋼板を筒状に溶接して製造する、
  • サスペンションストロークを大きく取れる、
  • ラダーフレームは適度にしなり衝撃を吸収する、
  • 腐食などの劣化にスゴク強い、
  • フレームさえ頑丈なら、囲われた機械も壊れない

 

こんなに頑丈なランクル、プラドなら大型トラックとの正面衝突でない限り生き残れます、安全です。

 

車の価格が高い安いよりも、ドライバーや乗員の大切な命を守れる車なんです。

 

だからアラブや未開の地で好まれる、最高の車と称される訳です。

 

そして購入後、5年や10年経過しても十分に価値を維持し続ける、高値で売れる、最高と考えます。

 

アナタもきっとそうお考えなのではありませんか?

 

⇒ 大手中古車販売店サイトで保証範囲広いランクル・プラドを確認する【検索&利用無料】

 

まとめ前に、3年~5年以内のランクルやプラドなら中古車店保証をそのまま使ってはダメ、そのお話をします。

ディーラー保証が受けられる中古車がある!

新車なら3年間保証、そしてプラス数万円で2年延長保証に加入すれば、合計5年間は無償修理をディーラーで受け続けられます。

 

アナタが購入する中古ランクル&プラドが3年や5年落ちなら、中古車店でディーラー保証期間を確認してください。

 

もし、メーカー新車保証期間内の中古なら、必ずディーラーで保証継承ができるかの事前確認をおススメします

 

そんなディーラーで保証継承を受かられるかどうかは車が定期点検を受けていたか等の条件もあるので、ディーラーに問合せてください。

 

詳しくは、当サイト記事である「保証継承」で確認してください。

 

ランクルとプラド買うならどっち?:まとめ

車の完成度だけならランクルで決まり「そう判断できますが」、普段使いで小さいコストならばプラドしかありません。

 

両車とも数年後、5年後の買い取り価格は高いのですが、それが将来も不変であるかの保証はありません。

 

未確定の投資的な価値よりは、今のアナタに最善&最良な車はランクルかプラドどちらでしょうか?

 

今の自分に役立って楽しめる車、それを基準にお選びください。

 

ちなみにランクル、プラドであっても人気色と装備は更に高い買取価格につながる加点ポイントです。

 

  • ガソリン車、
  • 色ではホワイトパール系、
  • 装備はナビ、オーディオ、サンルーフ、

 

それらは絶対に必要とお考え下さい、特に将来の輸出売却を考えるのなら!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

⇒関 連記事「ハイオクとレギュラー比較」完全燃焼でCO2削減はどっち?

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー