今回もほぼ個人の経験からお伝えします。

 

コロナ禍もあり在宅勤務、テレワーク、それなら自然多い田舎に住んでみよう、移住してしまおう、そうお考えのアナタへ読んで頂きたい記事を書きました。

 

読み時間1分で、田舎への移住がどれほ高リスクかお伝えします。

 

では、スタートします。

田舎に住むのは楽より苦労の方が何倍も多い!

個人的に北から南まで、どこか景色良くて、楽しくて、良い人達ばかりの田舎を探して短期居住など繰り返していた頃がありました。

 

結果、沖縄以外は全滅でした。※全滅の市町村がどこかは失礼になるので申しません。

 

そんな沖縄でも、食事は好きになれなかった、好きな食べ物を見つかられなかった、良いレストランも無かった、です。※定住期間は1年少しです。

 

じゃあ、北から九州まではどうだったかですよね?

 

アウトでした!※個人の経験と感想

 

何がどうダメだったかは以下です。

 

  1. 田舎なのでよそ者を嫌う傾向が強い
  2. 努力し続けても昔から住む人達と仲良くなれない
  3. 田舎なりの地元ルールが多過ぎて疲れる
  4. 生活費(家賃除く)は都内の1.5倍どころかもっとかかる
  5. 食費、住民税、健康保険、水道、電気、プロパンガス全てとても高い
  6. 少ない人口なので各家庭毎の上記割り当てが大きくなり高額となる
  7. 何をするにも移動距離が長くなる、時間がかかる、病院も遠い

 

どうですか?

 

アナタが抱く田舎イメージとは大きく違う、そう思いませんか?

 

では、上記の1~7で気になる部分を説明していきます。

市町村ホームページにダマされるな!

田舎はどこも人口減少が止まりません。

 

だから移住者を募るのですが、良いことしか書いてありません、マイナスになる様なことは何も教えてくれません。

 

まずは、上記1,2,3にある田舎での人間関係を知って下さい。

 

市町村が移住者募集していても、赤字財政を少しでも+にするため、税収を増やすため、それが目的です。

 

でも&しかし、昔からの住民には迷惑なことであり、よそ者が定住すると昔からのルールが乱される、だから移住者を疑う&嫌う傾向が強くあります。※個人の意見含む

 

従って、田舎の人達に受け入れられる、そのための努力と辛抱は並大抵ではありません。

 

景色が空気が良いとこに住むだけで、それ程の労力を使う、精神がする疲弊する、それでは本末転倒ではありませんか?

田舎だから安く生活できるは大きな勘違い!

田舎はガソリンスタンドがとても少ない、ガソリン価格がとても高い、何をするにも移動は車なので時間がかかる、、です。

 

もっとありますが、だからこそ生活費が都内比較で1.5倍と書きました。

 

ここでは、残りの項目4,5,6,7お伝えします。

 

  • 生活費(家賃除く)は都内の1.5倍どころかもっとかかる
  • 食費、住民税、健康保険、水道、電気、プロパンガス全てとても高い
  • 少ない人口なので各家庭毎の上記割り当てが大きくなり高額となる
  • 何をするにも移動距離が長くなる、時間がかかる、病院も遠い

 

都市部の生活では必要なモノは全て近くにある、短時間で手に入る、車移動も簡単、でも田舎はほぼ真逆なんです。

 

特に気になるのは病院が少ない、小さい、とても遠い、それでは万が一あれば大変です。

 

家のエネルギーでは水道、電気、プロパンガスの全てが高くて参りました。

 

都市部なら都市ガスでも、田舎なら高額なプロパンガスしかありません!

 

じゃあ食料品他はと言えば、大型スーパーやホームセンターは車で1時間以上などもあり、往復他ではほぼ半日作業です。

 

それではと、必要最低限の食材や日用品は村の雑貨屋でとなりますが、品数少なく選べないどころか全て高い&定価販売となります。

 

ここまでお読み頂いて何をどうお感じになりましたか?

 

それでもアナタは田舎暮らしを選びますか、それとも今の便利な生活のままをえらびますか?

 

まとめ前に、自然の良し悪しを知ってください。

豊かな自然のささやきがノイズに変わるのが怖い!

田舎で家を借りた理由が都会にはない大きな自然を感じたい、それもあるでしょう。

 

家の近くに小川が流れている、近くに山林があり木々の緑がマブシイ、、等々。

 

アナタを失望させて申し訳ありませんが、その自然が嫌悪になる場合もあります。

 

こんな感じで自然は変身します、嫌悪に感じる場合があります!

 

  • 心地よかった小川の音でも朝から晩まで聞いていると雑音になる
  • 特に寝る時間帯の音は昼間の何倍も大きく聞こえウルサク感じる
  • 大雨でも降れば小川が大変身、濁流ガーゴーで寝ることもできない
  • 近くの山林に強風が吹けばザーザーと巨大なノイズを奏でる!?
  • 春になると花粉の嵐で息苦しすぎる※沖縄は花粉ありません
  • 見たこともない虫、大きな虫が外にも家にもいる、奥さんの悲鳴が!?
  • ヘビ、イノシシ、スズメバチもいるようで危険が危ない!?

 

上記は田舎経験した人にしか分かりません。

 

どうか、くれぐれも田舎選びは慎重にお願いします。

 

引っ越した田舎、ご主人が大丈夫でも奥さん苦手な環境なら長く住めない、それどころか即退去かもしれません。

 

あっ、それと沖縄では真っ青な海の直ぐ側(数十メートル)に住んでいましたが、波の音は凪(なぎ)でも強風でも心地よかった、そのことはお伝えしておきます。

 

もちろん、山など内陸にいる変な虫も獣をいないので安心です。

 

一番は海風がとても心地よく、毎日元気でいられる自分と家族がありました。

 

そろそろまとめと思いましたが、も1つアナタに伝えたいことがあります。

元居た場所に戻ること想定での田舎暮らし!

今現在を都市部にお住まいでも、自宅購入しているのなら、田舎に行くと決めても1年間(四季を感じられる期間)は自宅売却しない、そのままにしておいてください!

 

理由はお分かりと思いますが、もし田舎での生活が合わなかったら自宅へ戻れるからです。

 

そんな時に戻る場所が無ければ新たな住まい探しに疲れる、大変過ぎる、それがあるからです。

 

更にさらに、もし田舎暮らし5年や10年続けられたとしても、アナタやご家族が加齢すれば必ず環境含め変化があるからです。

 

自宅周辺環境、体調面、精神面、ファイナンス面、そして夫婦関係!?含め変化する、それは120%間違いありません。

 

もし、その変化が病気だとすれば、自分のため、家族のため、都市部へ戻るしかありません。

 

それができれば、近くの主治医に相談できる、主治医に大病院を紹介してもらえる、安心になる、、その論理!?です。

 

買物だって、都市部なら歩いたり自転車で5分や10分の距離で便利、それしかありません。

 

アマゾンの翌日配達も普通、、、

 

そして、ピザが30分以内に届くのは都市部で普通すぎても、超田舎ではあり得ません。

 

アナタにお伝えしたいのは、人間は成長とすると伴に、加齢と伴に内面も外面も変化することです。

 

その時の自分と家族に一番良い環境で暮らす必要がある、それが幸せにつながる、です!

 

従って「田舎に住むぞ」、そう決めても1年間(四季の間)を住み続けられれば良しとする、それでもご自身や家族に環境変化あれば便利な場所、元の住まいに引っ越す、そうしてください!

 

では、そろそろまとめます。

田舎へ移住するのは危険が危ないのか?:まとめ

田舎へ移住するリスクお伝えしましたが、それでも田舎とお考えならアドバイスできます。

 

それは、地元の人が絶対に住まない「別荘地に住む」、それです。

 

そうすれば田舎での近所付き合いもありません、、別荘地に住んでいるのは全員が移住してきた人達ばかりだからです。

 

ちなみに、私がそれを感じたのは北海道と東北でした。

 

最後のアドバイスですが、TVで田舎の生活や人達を良く見せる番組ありますが、それをまともの受取ってなりません!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また、このサイトでお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー