コンビニも宅配ピザ店も、脱サラしてやる人がとても多い業種です。

 

そんな中、コンビニ経営しようとする人は本部から必ずこう言われるそうです。

 

開店したら休めないので、その前にご夫婦で旅行でも何でもしたいことは全部やって下さい!

 

でも、宅配ピザ店経営ではそんなことは言われません。

 

理由は、宅配ピザ店経営しようとする人達の多くはアルバイト経験もあり仕事内容を良く理解している、やり方も分かっているからなんです。

 

宅配ピザ店経営ノウハウは〇さん、アナタからいろいろ教えてもらいましたよね?

 

○さんは宅配ピザ店に10年も勤務し、経営本社の内情も現場も良く知ってる、ピザ生地(記事)には最適なん人です、ハイ!

 

読み時間30秒がスタートです!

コンビニと宅配ピザ店なら儲かるのはどっち?

答は宅配ピザ店さんです。

 

コンビニも宅配ピザ店も出店費用は数千万円や4千万円等となります。※土地や店舗取得か貸店舗か投じる資金に大きな違いあります。

 

出店する立地にもよりますが、どちらの店も需要があり、何十年も同じビジネスモデルが継続できている、存続できている、そうなります。

 

売上金額ではコンビニが上でも、利益率なら宅配ピザ店です。

 

コンビニの取扱い点数は千点以上、直ぐに売れる&売れない商品があり、仕入れ価格も安くない、従って利益率が低い、それは確かです。

 

加えて消費期限ある食材は期限内に売り切らなくてはならない、もし売れないまま期限が来れば廃棄せざる得ない、それも全額コンビニ負担でするしかない、だからです。※全額=仕入れ代金+廃棄費用

 

宅配ピザ店ならピザは100%受注生産、注文受けてからピザ焼くので食材損失はありません。

 

ピザ生地、粉、ソース、チーズ、各種トッピング材料も冷蔵や冷凍保存できるので無駄にすることも少なく、多くを使い切ってしまいます。

 

宅配ピザ店は全てを無駄にしないビジネス、従って利益率は相当に高い、それは昔から良く知られています。

 

だ・か・ら・半額とかできるんです。

 

半額で売ってももシッカリ!?儲かる商売なんです!

 

もう、、上記だけで記事の主要部分はお伝えしました。

 

10秒で読めてしまったかもですね?

 

もう少しお役に立てる内容あるので、次に進みます。

労働時間(営業時間)が違い過ぎるコンビニと宅配ピザ店!

ここでも労働環境(労働時間)が良い&短いのはピザ店なんです。

 

コンビニは24時間営業が多い、長時間営業の理由は客短単価が小さい&利益率が低い、だから長く店を開けて売り上げを積み重ねなくてはならない、それがコンビニのビジネスと言えます。

 

そこまでしないと儲けが出ない、食べて行けないビジネス、そうも考えます。

 

だから!?、コンビニ経営すれば絶えず売上による精神的プレッシャーがかかる、そうなります。

 

それが宅配ピザ店なら、ランチ、夕食の前後に注文が集中し、客単価も3千円前後から4千円と考えます。※我が家はピックアップ半額でも4千円程です。

 

そんな店舗ピックアップとデリバー併せて150件ほどの注文があった仮定しましょう。

 

それだけでも売上金額60万円以上ではないでしょうか?

 

加えて、低い原価率もあり高い利益率、なので儲かります。

 

営業時間もほぼ11時頃から23時や24時なので、人件費も抑えられます(コンビニ比較で)。

 

従って、24時から10時は寝れます、何でもできます!?

コンビニと宅配ピザ店で競争率が低いのはどっち?

コンビニと宅配ピザ店、それら業者間で競争率が圧倒的に低いのは宅配ピザ店、です。

 

2021年1月の全国コンビニ店舗数は56,850もあります。

 

2021年の宅配ピザ店舗数は1,886(1位から5位の主要ブランド合計)と多くありません。

 

昔のコンビニなら、同ブランド店舗で数キロなど距離を保ちながら店舗設置&運営されていました。

 

その後、出店競争にさらされ、数百メートルどころか斜め向かいが同じブランドのコンビニ、都内ならそんな光景は多くあります。

 

加えて、多くのコンビニブランドが出現し、どこもかしこもコンビニだらけ、全国で56,850店舗にまでなった、アーレーです。

 

でも&しかし、宅配ピザ店なら全国でも1,886店舗しかない、出店場所のルールも守られているようで、バイクでの配達時間10分前後の距離で店舗間隔が保たれている(同じブランド間で)、そう感じます。

 

良くある宅配ピザで注文受けて30分以内配達の内訳はこうです。※個人の考え含む

 

  • 調理時間が約15分
  • バイク配達時間が10分ほど
  • 残り5分は混雑時での予備時間

 

上記により、コンビニより宅配ピザ店に強い可能性を感じるのは私だけではないと考えます。

 

次では、もう少し突っ込んだコンビニとピザ店を考えて行きましょう。

コンビニ利益率を低くする更なる問題があった!

コンビニでは万引き被害が昔からあり、それが店の利益率を下げる要因にもなっている、そう言われてきました。

 

昔から万引き対策として店内カメラが24時間稼働していますが、気休め的な予防策でしかない、そう個人的に考えてしまいます。

 

理由は、万引きはアヤシイだけでは捕まえられません。

 

万引き現場を確認し注意する、それしか方法がないからです。

 

更に、そんな万引きする人は近所の人、いつものお客さんともなり、摘発はとてもムズカシイ、そうなるでしょう。

 

では、宅配ビザ店ならどうなのでしょうか?

 

宅配ピザ店は注文でピザを焼く、在庫を持たない、だから万引きはありません。

 

ここでも宅配ピザ店経営のリスクはとても小さい、そうなります。

 

次で、まとめます。

コンビニと宅配ピザ店なら儲かるのはどっちだ?:まとめ

結論でも儲かるのは宅配ピザ店、です!

 

コンビニ比較で儲かり易い宅配ピザ店ならこうなります。

 

  • 商品在庫リスクはゼロ、
  • 商材リスクあっても冷蔵&冷凍可能なのでとても小さい
  • 営業時間は11時頃から24時など長くない
  • 万引きなど一切ない
  • 利益率がかなり高い

 

あとは、本部へ毎月払いうお金(上納金!?)ですが、それは各コンビや宅配ピザ店でマチマチなので不明とします。

 

アナタならどちらの店を経営したいと思いますか?

 

私が若ければ宅配ピザ店経営を選びます!

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また、このサイトでお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー