軽バンの維持費は最強?:サムネイル

軽貨物車4ナンバー、通称軽バンを自家用に使えば、購入費も維持費も一番安くおさえられるのをご存知でしたか

 

つまり、日本で一番安く乗れるのは一般軽自動車5ナンバーではなく、軽貨物車4ナンバーだったんです!

 

軽自動車より軽貨物車の方がどれだけ安く便利かだけでなく、自動車税、車検の損得含め全てをお伝えします。

 

軽貨物4ナンバーの構造から、軽の中で最強&安全なお話もさせてください。

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

軽バンの維持費が安い理由「車両価格と税金」

軽自動車4ナンバーは貨物車扱いとなるために車両も税金も一番安くなります。

 

つまり維持費が日本で一番安い車、そう言って間違いありません。

 

普通軽自動車5ナンバーはどんどん重装備で重くなっていますが、軽貨物車4ナンバーは必要最小限の装備で軽いのが最大特徴であるとお考え下さい。

 

シンプルな最小限装備は車体を軽くし、燃費にも良い影響を与えるメリットは見逃せません。

 

加えて、これら安全面メリットもあります。

 

  • 使用する鋼板が少し厚めである
  • 取付&組み立てネジが太くなっている
  • 荷物積載目的で強化サスペンション採用されている
  • それら全て、万が一の事故でも安全面として作用する

 

それが軽貨物車4ナンバーなんです。

 

さらに自賠責保険や重量税は4ナンバーも5ナンバーも同じ、2年車検も同じです。

 

でも&しかし、一番大きく違うのは自動車税のメリットです。

 

ここから軽貨物車のメリットと1つずつお伝えしていきます。

軽貨物のメリットは軽自動車税の安さ

5ナンバー軽自動車税¥10,800が一番安いと思っていたら、4ナンバー軽貨物車なら¥5,000ポッきりなんです。

軽ナンバー 軽自動車税(13年超の税金)
4ナンバー(自家用貨物) ¥5,000(¥6,000)
5ナンバー(自家用乗用) ¥10,800(¥12,900)

 

もう、これ以上の安さなんて望めません、ありません。

 

13年超えた軽4ナンバーでも税金¥6,000なんて安すぎます!?

 

さらに軽4ナンバーのモデルチェンジは10年に一度ほどしかありません

 

2018年は安全装置付き軽4ナンバーの新車ラッシュとなり、2019年は安全装置が格段に進化しています。

 

モデルチェンジ頻度が少ない理由です。

 

「商用=貨物用なのでシンプル構造&頑丈に作ってあって壊れない&ヘタらない」

 

だから長いモデルチェンジ期間とお考えください。

 

使用部材も厚く補強され、ボルト太さも乗用と違う、だから重い貨物を積んで楽に走り周れるんです。

 

安くて丈夫で税金含め維持費が安ければ買いなのですが、中古市場在庫が少ないのが少々ネックかもしれません。

 

次は少し気になる車検です。

 

軽4ナンバーは本当に2年車検なのでしょうか?

軽4ナンバーは2年車検

軽自動車4ナンバーの車検期間を間違えているサイトが何件もありましたので、改めてお伝えします。

 

軽自動車4ナンバーの車検期間は2年間(自家用利用や事業用利用を問わず)です。

 

新車登録時 2年間
それ以降の車検 2年間

 

軽自動車の乗用5ナンバーは新車登録後3年車検でも、それ以降は2年車検。

 

軽自動車の商用4ナンバーは新車登録後2年車検であり、それ以降は2年車検。

 

そんな軽自動車の安い車検費用は、4ナンバーや5バーで変わることはありません。

 

国策で、戦後に安く便利に使える車として(古い話ですが)デビューした軽自動車なので、75年が経過した今でも一番安くて便利な車として税制が維持されているんです。

 

税制に限らず、高速料金、駐車場、そしてメンテ費用(部品代+工賃)も安くなっているんです。※個人でN-WGNターボ保有

 

そんな軽自動車で商用4ナンバーならシンプル装備で(乗用比較)丈夫です。

 

シンプル装備な分としてロードノイズは仕方ありませんが、強化された各種部品と足回りで乗用よりも安心です。

 

さらにシンプルなので故障もありません(乗用軽比較)。

 

使えます!

軽4ナンバー中古車が少ない理由

そんな軽4ナンバーの中古車探しには苦労します。

 

理由はこれらです。

 

  1. 需要が大きくない(製造台数が多くない)
  2. モデルチェンジが10年に1度ほどしかない
  3. とても丈夫な車なので壊れない&長く乗れる
  4. 市場に出回っている4ナンバー中古車数が少ない

 

それでも軽4ナンバー販売店に「中古が出たら連絡ください」、そうお願いしておけば大丈夫です。

 

販売店で新車か中古購入したお客が売りたい軽4なら安心と考えます。

 

それは販売店が売ってから現在までメンテしてきた軽4、車検前整備もして車履歴の全てが分かるからです。

 

身元!?がシッカリしている軽4なら、買いしかありません。

 

大手中古車量販店でも軽4ナンバーをチェックしてみる!

 

そんな軽4ナンバーがどれほど丈夫なのかをお伝えします。

自家用貨物の軽バンはこんなに使える車

軽4ナンバーは使える、それをイメージしてもらえる赤帽さんとの話があります。

 

私は年に1、2回ほど同じ赤帽さんへ仕事をお願いしますが、横に同乗していても乗用軽自動車5ナンバーとは全く違うシッカリ感が伝わってきます。

 

走行距離も30万キロオーバーなんて普通らしく、50万キロだってあるそうです。

 

いつも仕事をお願いしている赤帽さんのコメントです。

 

  • 「故障なんてしないよ」
  • 「長時間運転していてもそんな疲れない」
  • 「数十万キロ走行なんて問題ないよ」
  • ターボじゃなくても高速道路なんて楽に走れるよ」
  • 「この車は前の赤帽さんが引退したので、20万キロ越えて自分が引き継いだんだ」

 

つまり軽4ナンバーは乗用5ナンバーとは全くの別モノ、そうお考えください。

 

生産台数が少なく、長く壊れるまで乗られている軽4ナンバーなら市場台数が少ないのも仕方ありません。

 

では、どうやって軽4ナンバー中古を見つけるかと言えば、日頃から販売店(新車&中古)に声をかけておくことしかありません。

 

あとは大手中古車販売店ネットで非公車開車情報など限定データを調べるくらいしかありません。

 

⇒軽4ナンバーを非公開車情報で確認してみる【利用無料】

 

非公開車情報とは車仕入れて7~10日前後のフレッシュな車を意味します。

 

非公開車は7~10日ほどで整備され、それ以降は一般公開となるので貴重と言えます。

 

どうして貴重かですか?

 

一般公開される前に車を確認できる、売り切れる前に見れる」、だからです。

軽バンが最強な理由その1

軽自動車や普通車に限らず商用が最強な理由をお伝えします。

 

商用車の中でも、一番小さい軽4ナンバーが最強な理由を比較でお伝えします。

 

アナタの知っている普通車と商用車(軽4含む)を比較していきましょう。

 

簡単に言えば普通車は人を乗せる目的なので過酷な使用状況は設定されていません、重い荷物を積んでの長距離移動も考えられていません。

 

普通車はこんな論理で製造されています。

 

  • 人が中心に乗る車だから必要以上に強く頑丈に作る必要がない!?
  • 必要最低限+強度や耐久性があればいい(運転性能もそれに準ずる)
  • 便利な快適装備にお金がかかるので、強度や耐久性は少し・・・

 

軽バンなど商用車はどうでしょうか?

 

商用車はこんな論理で製造されています。

 

  • 貨物運搬や長距離移動など過酷な使用を想定して作られる
  • だからボディも足回りも強くシッカリ作られている(乗用車比較)、
  • その為には車体を軽くすると同時に素材強度を上げている(太いネジや厚い鋼板や補強材など)、
  • シッカリ作られたボディと足回りならエンジンパワーを確実に受け止め高い走行性能につながる
  • 高い走行性能とは走る、曲がる、加速、減速、止まるが高次元で行われること

 

それらは私が過去に何台も所有してきたドイツ車と同じなんです。

軽バンが最強な理由その2

ドイツ車は頑丈フレームの車体、エンジンパワーを確実に路面に伝えるサスペンション(タイヤ、ホイール、ハブ、アップライト、アーム、リンクなど)。

 

だから、どんな高速走行でも怖くなりません。

 

万が一の急ブレーキでは車体を低くかがめながら最短距離で止まってくれる、それも車体を真っすぐ維持したままで。※個人の経験含め

 

貨物軽自動車、商業バンやワゴンはみんなスゴイ基本構造(性能)なんです(乗用軽&普通車比較)、ドイツ車と車体構造意識が似てます。

 

だ・か・ら・夕方など仕事帰りと思われる商業バン(普通車)が猛スピードで高速追い越し車線を飛んでいる!?訳です。

 

走行距離も20万キロ、30万キロ、50万キロなんてヘッチャラです。

 

さらに多くのドライバー体系にジャストフィットするシンプルシートがあるので疲れません。※赤帽さんにも聞きました。

 

商用タクシーもそんなシッカリした作りとシートだから70万キロ走行が可能なんです。

 

70万キロで一応は廃車になっても、世界中に輸出され新たな数十万キロ走行する、それが日本製タクシーなんです。

 

それらも含めて軽4商用車の実力とご理解ください!

 

ここでシートのお話を少しさせてください。

軽4ナンバーシートがスゴイ!

車のシートほど理解できないモノはありません

 

スポーカーのレカロシートなら一発で着座位置が決定されるので問題ありません、体も動きません、急カーブでも左右に振られません。

 

普通車シートなら少し凹んでいる立体構造でも、いざ体をフィットさせようとすれば少し手間取ってしまいます。

 

言葉は悪いのですが普通車は形だけスポーツシートだったり、体を軽くホールドしてくれるようになっているだけ、そんな印象を受けた車が過去に多くありました。

 

でも&しかし、軽4シートは一発で着座姿勢が決まるんです。※普通車の商用バンやワゴンも同様です。

 

 

ほとんど一回でお尻が決まる、腰が決まる、そうなります。

 

理由はこう考えます。

 

  • シート形状がシンプルである
  • 乗り降りに手間がかけられない軽4だからのシート形状になっている
  • 直ぐベストな運転姿勢を取れるシートデザインと材質を採用している
  • 運転中でも腰が痛くならない(赤帽さんのコメント)、
  • コーナリングでも体をホールドしてくれる

 

それしかありません。

 

赤帽さんコメントの長時間運転してもそんなに疲れない、それはシートにも原因があると考えます。

 

軽くシンプルでシッカリと作られた車体構造(サスペンション含む)+ 運転手を疲れさせないシート(デザインと素材含め)使えるとなります。

 

複雑でカッコ良いシートに体を合わせるのは時間が必要でも、軽4ナンバーなど商用車シートならスッと座れば即ベストポジション、それで疲れにくい。

 

これは使えます!

 

⇒使える軽4ナンバーを年式+走行距離で価格比較してみる【利用無料】

軽バンのシートを外車に例えれば

お伝えした軽4ナンバーのシート特徴は、ベンツなどドイツ車シートに似ています

 

個人としてドイツ製の車はほとんど乗りました(ポルシェ以外)。

 

6台を所有しました。

 

あとは欧州出張で、ドイツ車には100回以上レンタカーで乗っていました。

 

軽4ナンバーのシートは、そんなドイツ車と同じに乗り込みしやすいく疲れません。

 

シート形状がシンプルで一回で腰位置が決まるもあります。

 

運転中は、下記要因がある考えます。

 

  • 使用する鋼板が少し厚めで強度がある
  • 取付ネジが太くなっている部分がある
  • 荷物積載目的で強化サスペンション採用している
  • それらは万が一の事故でも安全面として作用する
  • 軽く強固なボディ&足回りにより直進、曲がる、加減速性能が高い

 

荷物積載目的の軽4ナンバー=軽い車体+強いボディ剛性+強化サスペンション+シンプルシート=疲れない運転。※持論です

 

そんなスーパーな軽4ナンバーであってもデメリットはあります。

軽バンのデメリット

商用車である軽4ナンバーは便利な機能や見栄えの良いデザインは与えられていません。

 

それでもデメリットと言えそうなのはこれ位しかありません。

 

  • パワーウインドーなし(一部例外)
  • 折りたためないサイドミラー(一部例外)
  • オートドアロックがない(一部例外)

 

デメリットと言ってもこの程度であり、車に必要とされる基本性能は同じどころか頑丈に作られています(軽の乗用比較にて)。

 

パワーウィンドウ&サイドミラー&ドアロックはないので、逆にバッテリーは長持ちかもしれません!?

 

2017年頃から自動ブレーキなど装備する車種もありますが、上限作動スピードは30キロです。
※ダイハツ ハイジェットトラックならより良い緊急ブレーキが装備されています。
※ホンダN-VANは安全装置完璧でも、軽4ナンバーとしては少し高額です。

 

そんな少ないデメリットよりメリットはこれらです。

 

  • 軽い車体による燃費の良さ&丈夫さ、
  • 一番安い税金、
  • とても安いメンテ&修理などの費用

 

そんな少ないデメリットの軽4ナンバーでも、まだ良く分からないことがあるかもしれませんね?

 

⇒そうならチャットで何でも相談できるサイトで確認してください【利用無料】

任意保険が安いのは本当か

保険会社を比較すれば、一番安い軽4ナンバー任意保険料が分かります。

 

約20年ほど前の商用4ナンバーは年齢による任意保険料の変化がなかった為に、25才までは5ナンバーより安くなっていました。

 

それ以降は保険自由化に伴い軽貨物車4ナンバーの個人使用では年齢条件が設定されたことにより、4ナンバー理由での安い保険料は廃止されてしまいました。

 

でも&しかし保険自由化、自由競争の原理が働いてくれたおかげで保険料が安くなっている現実をご覧下さい。

 

そんな軽4ナンバーは保険料の安さだけでなく、保険会社で大きく違う料金に着目してください。

 

驚きます!

軽4ナンバーと5ナンバー保険料比較

保険会社によって、これほどにも料金が変わるのを確認してください。

 

保険加入年齢23歳 : 6等級

保険会社 4ナンバー軽貨物車 5ナンバー軽自動車
SBI損保 55,830円 52,860円
アクサダイレクト 48,270円 61,090円
ソニー損保 81,140円 84,660円

 

保険料比較から分かることは、保険会社によって4ナンバーと5ナンバーのリスク判定がバラバラであり、それが会社ごとの保険料に反映されていることです。

 

不思議なのは「ご存じない?、であんなにTV宣伝している保険会社がとても高いこと、だから宣伝しなくてならないのでしょうか?

 

保険料規定がバラバラならば、多くの保険会社を比較しアナタに一番合ったサービスと保険料を見つければ安い保険料の4ナンバーとなります。

 

軽4ナンバーと5ナンバーに限らず、任意保険加入は最低でも3社、できれば5社を目安に見積もりをして下さい。

 

保険会社による車ごとのリスク判定、事故率と保証金額等を各社が独自算定をしてるから保険料がバラバラ、そうもご理解ください!

 

上記保険料比較にあるように、数万円の価格差は珍しいことではありません。

 

バラバラな算定基準だからこそ探せば探すほどに安い保険料が判明する確率が大になります。

 

それにはネット型だから安い、代理店型だから高いもありません!

 

どんどん保険比較すればするほど、安い保険料が判明します!

 

保険料比較でのポイントをお伝えします。

ネットか代理店どちらを選ぶのか?

保険料比較で、ネットだから安い、近所の代理店だから高い、個人の経験からそれはないと考えます

 

ソニー損保の保険料金でお分かりの通です。

 

保険加入では、もっと大切なことがあるんです。

 

それは「アナタに決まった保険担当者がいるのか、いないのか」、それです。

 

TVのネット保険では、料金の安さ、万が一には担当者と相談できる等々のネット弱点を良く見せようとしている、そう感じます。

 

個人的に2回ほど事故経験ありますが、代理店の担当者はこうケアしてくれました。

 

「お怪我はございませんでしたか」

今後の対応は全て当方で行いますので、ご安心ください」

「○○様の車はレッカー搬送手配しディーラーか整備工場へ届けます」

「事故状況を詳しく教えてください」

「何日の何時何分頃にどこで事故に遭いましたか」

「警察は呼びましたか?」

「事故相手にケガはありましたか」

「事故相手の連絡先を教えてください」

「事故状況と内容は把握いたしました」

「今後の手配全て、事故相手との交渉は全ては弊社で行います」

「不明な点や保険処理など進行状況の全ては逐一お伝えします」

「○○様は安心されて、全て弊社にお任せください」

「事故相手と○○様では違う状況説明になっています」

「本当はお見せ出来ないのですが、これが事故調査員の調書です」

 

お分かりでしょうか?

 

上記のような細かい対応をしてもらえる、だから事故を必要以上に考えず仕事に専念できるんです。

 

代理店型保険では担当者が必ず付きます。

 

年に1回か2回は会う機会を作ってくれる、見知った相手なので安心。

 

保険で分からないことは全て目の前で説明してくれる、保険内容の全てを分かってから契約できる、それが代理店型です。

 

保険料比較も大事ですが、万が一の事故で見知った担当者がいれば安心感が全然違います。

 

当記事は保険サイトと無関係でも、どうしてもお伝えしたかったので書いてしまいました。

 

次の話はワープして、軽4ナンバーで使える荷室の広さです。

広すぎる荷室を比較する

軽4ナンバーと軽5ナンバーの大きな違いはこうなります。

 

  • 軽4ナンバーは貨物スペースが広く、後席はとりあえず的。※基本2人乗り
  • 軽5ナンバーは乗用として4人が乗れる便利な車

 

軽4ナンバーは荷室が広く、室内奥行き190センチ以上あるので何でもできてしまう感があります。
※車種で室内長が違います。※室内幅はほぼ同じです。

 

人気のスズキ「エブリイ」の室内サイズです
マツダ スクラムバン、日産NV100クリッパー、三菱ミニキャブバンはエブリのOEM車

 

  • 荷室長 191㎝
  • 荷室幅 132㎝
  • 荷室高 124㎝
    ※室内空間の合計3.12立法メートル

 

この大空間なら予備電源を積んで泊まれます、熟睡できてしまうでしょう。
※真冬と真夏以外

 

私はフロントタイヤを外さないままのロードバイク2台積んで、景色が良いとこをツーリングです。※所有するN-WGNターボにて

 

真面目に、軽4ナンバーは使えます!

軽に予備電源は必要なの?

話はスキップしますが、予備電源の必要性をお伝えします。

 

軽4ナンバーに限らず、全ての軽自動車は可能な限り重い装備は載せていません。

 

その最たるものがバッテリーなんです、重いんです。

 

従って軽には小さいバッテリーしか積んでありません

 

軽4ナンバーに豪華装備なく軽くても(軽5=乗用に比較し)、積まれているのは小さいバッテリーのみ。

 

私は4万円台の小型予備電源をいつも愛車に積んでいます(N-WGNターボ)。

 

何に使うのかですか?

 

PC、スマートフォン、小型冷蔵庫、電気ポット、電気毛布、扇風機、ライト、何にでも使えて便利です。

 

ちなみにN-VANは車体外部に12V電源を取るコンセントがあり更に使えます。※+STYLE FUN とCOOLに装備される

 

以上です。

軽4ナンバー車種はこんなにある

軽4ナンバーのメーカーサイトをご覧下さい。

 

実際はもっとありますが人気車種をアップしました。

 

トヨタ PIXIS バン

日産    NV100 CLIPPER

三菱  ミニキャブバン

スズキ エブリイバン

ホンダ アクティバン

ダイハツ ハイゼットカーゴ

スバル サンバーバン

ホンダ N-VAN

 

人気車種中のトップはスズキ エブリイバンです。

 

⇒人気スズキ・エブリイバンの中古価格を確認してみる【検索無料】

 

どれも無駄なモノをそぎ落としてカッチリした剛性感を出しています。

 

新車価格も100万円前後で安全装置も付いている、軽4ナンバーはどんどん進化しているのを感じます。

 

こんな小型軽量でカッチリ&シッカリ感があって働き者、丈夫で壊れない、安全装置付き、何かウレシクなってきませんか?

 

軽4ナンバーはスゴイ!

 

そんな中でホンダの新型N-VANは少し高額でも最新安全装置「ホンダセンシング」標準装備なので安心して乗れるのは間違いありません。

 

⇒ホンダN-VANなど軽4ナンバー中古価格を確認する【利用無料】

 

※中古市場にあるN-VAN全てがホンダセンシング標準装備です。

軽バンの維持費は最強?まとめ

同じ年式と車種の軽4と5ナンバーをネットで比較してみました。

 

機能が少し違っても、4ナンバーの中古軽貨物車は5ナンバーよりも15%〜20%ほど安い価格設定となっていたことを報告します。

 

4ナンバーは5ナンバーより購入価格、燃費、税金が一番安いのは間違いありません。

 

軽4は商用目的(荷物を積む目的)なので頑丈に製造されている&疲れにくい、それだけでスゴイと考えます。

 

軽乗用は便利な装備満載で全て高額になりますが、軽商用は必要装備だけなので税金含め全てが安くなる、それが結論でした。

 

ただし絶対需要が小さくモデルチェンジも約10年に1度位しかありません。※最近の各社モデルチェンジは2015年と2018年5月でした。

 

従って、軽4ナンバー中古車数が少ないのが現状です。

 

そうであればネットで探したり、車整備工場や大手中古車販売店に声を掛けておけば必ず見つかります!

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

⇒関連記事「軽トラックをファーストカーとして使う!」

⇒関連記事「軽トラックは乗りつぶせる最強の仲間」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー