コンパクトカーの安全性は軽よりダメ?:サムネイル

コンパクトカーは軽人気に押され続け、安全装置開発へお金を使ってきませんでした。

 

各メーカーは軽自動車とハイブリッドシステム開発にお金を使い過ぎてしまい、コンパクトカーへの高度な安全装置開発ができなかったのでしょうか?

 

そんなコンパクトカー自動ブレーキは時代遅れの赤外線レーザーが中心で、対物、対車しか検知しないシステム、それも遅い走行スピードでのみ反応するシステム。

 

人を検知しない赤外線レーダーなんて安全装備とは言えない2019年なんです。

 

赤外線レーザーは基本検知システム名称なので、付帯する安全システムが何種類あったとしても、一番買ってはダメな安全装置です。

 

使えません!

 

コンパクトカーに比較し、最近の軽自動車は人を感知するカメラ、高額なミリ波レーダー、前後の誤発進抑制機能搭載などスゴイ進歩を続けています。

 

その理由は日本を走っている車の約1/2が軽自動車、とても高い人気がありメーカーも予算をつぎ込みっぱなし、そんな状態だとお考え下さい。

 

ここから煮つめた内容でコンパクトカーお伝えします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

コンパクトカーを選ぶ理由を考える

アナタがコンパクトカーを選ぶ理由を明確にするためにも、少しQ&A形式で書かせて下さい。

 

Q : どうしてコンパクトカーを選ぶんですか?

 

  1. 軽自動車より広く、大人5人ギリギリ乗れるから
  2. 軽自動車より大きく、安全性そうなので選ぶ
  3. 軽自動車より荷物を多く積めそう
  4. 普通エンジンなので高速道路を楽に走れる

 

これらの回答で2と3は間違っています。

 

安全装置は軽自動車の方がコンパクトカーより2年以上も先に進んでいます。

 

荷物積載量でも軽ワゴンタイプなら長四角形で背が高く、荷室に出っ張りがない、従ってコンパクトカーより多く積めます

 

回答の1と5はその通りです。

 

コンパクトカーならギリギリ5人乗れ、約70馬力~110馬力あるので余裕で高速道路を走れます。

 

軽自動車ならノンターボ仕様で55馬力前後なので高速道路は少しキツクても、ターボ仕様64馬力(規制馬力)なら問題ありません。

 

そうなら事故にさえ合わなければコンパクトカーでイイかも、そう思い始めたでしょうか?

 

次では、そんな「イイかも」の気持ちを少し調整してしまうかもしれません。

コンパクトカーの安全装備と価格

コンパクトカーの新車価格帯は150万円後半から200万円前半となっおり、その中で目が行くのはトヨタのアクアです。

 

トヨタのアクアは210万円もしてしまいますが、安全装置にはレーザーレーダー+単眼カメラが搭載され対人も保護してくれるからです。

 

安全装置開発には巨額なコストが必要であり、トヨタだから売れてないコンパクトカーにも採用できたのかもしれません。

 

そう考えますと、各メーカーはコンパクトカーよりもっと売れて儲かる軽自動車に進んだ安全装置を搭載する、それはこれからも続くと考えます。

 

コンパクトカー購入であれば、こんな安全システムに注意してください。

 

  • 悪い安全装置(自動ブレーキ)は人間を感知しないレーザー(赤外線)

  • 良い安全装置はステレオか単眼カメラであり、人間もモノも感知する

  • その上の装備はミリ波レーダー+単眼カメラ(天候に影響受をけにくい)

  • もっと上はミリ波レーダー+ステレオカメラ+近赤外線投光器

 

ちなみに上記を搭載しているのはレクサスLSの1千万円越えの最高級車です。

 

コンパクトカーにステレオか単眼カメラ+前後への誤発進抑制機能があればかなり有利、安心だと言えます。

 

そんなステレオカメラならスバルを選ぶしかありません。

コンパクトカー衝突安全性能は軽より上?

国の衝突安全性テストでは正面衝突試験ではなく斜め衝突で行われてるので、もしコンパクトカーと軽自動車が斜め衝突してもリスクは五分五分と考えます。

 

正面衝突であれば、フロントのクラッシャブルゾーン少ない=フロントが短い車に大きなダメージが行くでしょう。

 

軽自動車重量の約900Kg前後とコンパクトカーの約1100Kg前後の斜め衝突であれば、極端に大きなダメージ差はありません。

 

でも&しかし、ここに安全に関わる大きなポイントがあるんです。

 

コンパクトカーは普通車と動力性能が近いので、普通車の流れの中で走行できます。

 

つまり周りが大型車でも何でも違和感なく走れます、たまに競いマス!?

 

結果として、コンパクトカーでの対車事故率は高い、若しくは普通車と同じ事故率となります。
※同カテゴリー&性能同士の車事故が多い

 

軽自動車も高速道路を走りますが、ターボでも64馬力規定性能なので普通車ほどは速く走れません。
※普通車比較

 

だからなのでしょうか?

 

公的な事故データがなくとも、軽自動車は高速でも街中でも対車事故率がとても低いとされています。

 

対車とは全ての車、そうお考え下さい。

 

軽の事故率が低い証明は、自賠責保険も任意保険も普通車に比較して安いことが証明しています。

 

保険料は過去に起きた膨大な事故データから算出されるので間違いありません。

 

そんな私もN-WGNなので普通車から少しだけ差別を受けているかもしれませんが、差別分としてなのか危ない目やシリアスな場面にはあまり出くわしていません。

コンパクトカーの維持費が高い

コンパクトカー維持費を知ってください。

 

車に一番必要なのは安全性能、2番には維持費だからです。

 

車維持費を比較すれば、軽自動車の約1.5倍多くかかるのがコンパクトカーです。

 

排気量違いで当然ですが、これら全てコンパクトカーが高く、軽自動車の方が安くなっています。
※一番安い維持費

 

  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 任意保険
  • 車検代金
  • 駐車場
  • 高速料金
  • メンテナンス費用全般

 

個人的に大型車から軽N-WGNに乗り換えて強く感じたのはこれらでした。

 

  • 自動車税(軽自動車税)10,800円と普通車の数分の1
  • 重量税も一番安い
  • 任意保険が安い(普通車より事故率が低い理由)
  • タイヤ4本ミシュランに交換しても3万円前後
  • バッテリー、オイル交換や工賃も安い
  • 駐車場も安い
  • 高速など有料道路が安い
  • 車検も一番安い
  • 洗車時間も短く普通車の1/2か2/3
  • 補助電源持ち込めば1泊できる、寝れる

 

真面目に安くて助かっている内容のみ書きました。

 

まとめに行こうと思いましたが、意外に気付かない燃料タンク容量です。

コンパクトカーの燃料タンク容量が問題

コンパクトカー選びではデザイン、使い勝手、安全装置に目が行っても、燃料タンク容量は気にしていません

 

小型車はエンジン性能も良いので燃費は軽自動車より上なのは間違いありません。

 

そうであってもタンク容量の下は32ℓ~上は40ℓオーバーのコンパクトカー選びなら、大きい燃料タンクの方を選んでください

 

覚えていますか? 

 

震災でのガソリンスタンドの長い順番待ちで数時間や半日、さらに給油規制で1台15ℓや20リットルしか入れられない、アウトです。

 

いつ起こるか分からない災害のために、燃料タンクが半分になる前に必ず給油することをおススメしています。

 

私の愛車は軽ワゴンは30ℓなのでガソリン残が60%になったら給油するように心がけています。

 

コンパクトカーでもシエンタ、ヴィッツ、フィットなら40ℓ入るので安心でも、ソリオやイグニスは32ℓしか入りません

 

万が一の災害に備える上でも燃料タンク容量を気にしながらコンパクトカーです。

 

⇒中古コンパクトカーを燃料タンク容量でも確認してみる【利用無料】

コンパクトカー安全装置が時代遅れまとめ

各社とも最新コンパクトカーのハイブリッド化を進めているので、安全装置も進化型が徐々に使われ初めているようです。

 

そんな現在、人を感知する安全装置付きのコンパクトカーはトヨタのアクア&ヴィッツ、日産ノートくらいしかありません。

 

アナタが購入するコンパクトカーは新車や中古車に関係なく、対人サポートする安全装置の車にして下さい。

 

最近の事故ニュースに多い車前後の誤発進を防ぐ「前後誤発進抑制装置付き」の車種がベストです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

「車の買い方【119番】」でまたお会いしましょう!

⇒関連記事「新型N-BOXカスタム試乗でショックだったこととは」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー