型落ちベンツはお得?【激安中古車をおすすめする理由】:サムネイル

 

  • 「新車価格が一瞬だけ高くても、値下がり率がスゴすぎ!」
  • 「ちょっとアクセル踏んだだけで「あっ170km」はスゴイ!」
  • 「170Kmでも怖く無さすぎる!」

 

そんな中古ベンツの使い道は「安全で少しも怖くない運転」+「会社経費で簡単に落とす」、それしかありません。

 

初めに法人用としての中古ベンツのメリットを、次に若いアナタが個人所有するベンツのスーパーメリットをお伝えします!

 

読み時間2分がスタートします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

型落ち中古ベンツのスゴイ安全性能とは?

記事は中立の立場で書くべきものであり、個人的にベンツ、アウディ、ゴルフ、BMWを乗ってきた経験からベンツの安全性をお伝えします。

 

まず、ドイツのアウトバーンを200Kmオーバーで走るための基本設計、素材選び、強度、耐久性能がベンツにはあります。

 

それと比較し、日本の100km、120km走行、そしてアメリカの130、140km走行には大きな差があります。※個人のアウトバーン200キロ走行経験あり

 

それら走行スピードの大きな違いが安全性能につながっている、そう考えます。

 

  • ベンツの高い高速直進安定性、
  • 重めのハンドルは切った分だけ曲がり、
  • スピードを上げるごとに車体がピッタリ路面に吸い着く感じになる、
  • もっとアクセルを踏めば車体が低く身構えもっと路面へ密着、
  • 200キロなど高速走行でも運転が怖くない、

 

そんな安定感を安心感をベンツは与えてくれます。

 

万が一の急ブレーキでは、車体を沈めながら最短距離で止まる、その感覚はカッコイイ!?

 

忘れられません!

 

車内は走行情報を収集するために完全無音ではありません、そしてこれら性能です。

 

  • 運転状況把握に必要なエンジン音が聞ける、
  • どんな路面状況なのかを常時伝えてくる丁度良い情報量、
  • とても、とても疲れにくいシート、
  • ドライバー体形に対応するハンドル&シート位置微調整の豊富さ、
  • 踏み心地をシッカリ感じらる重めのアクセル、
  • アクセルは踏んだ分だけ加速し緩めた分だけ減速する、
  • ブレーキも踏んだ分だけ減速する、

 

もっとありますがこの辺で。※ベンツSクラスは無音でも路面状況が感じられマス。

 

自動ブレーキ含め先進安全装置では、日本車より何年も前にミリ波レーダー方式を採用している。

 

ミリ波レーダーでも2種類の周波数で近距離&長距離を使え分けるなど、安全なシステムを採用し続けている。

 

もしかしたら、先進技術からして世界で一番安全かもしれません。

 

レクサスLS最新型と最新ベンツSを比較すればどちらが優れているか分かるでしょうが、最新型は運転経験ありません。

 

とにかくベンツは運転していても疲れません!※国産車比較

ベンツ運転が与える精神的作用とは何か?

車を信頼できれば運転にも安心感がでます。

 

そんな安心感があれば精神的なストレスも感じにくくなります。

 

ベンツの安心感がどこから来るのかと言えばこれらです。

 

  • ガッシリと守ってくれるボディ、
  • ドライバーの指示どうりに進む、曲がる、止まるの緻密なコントロール性能、
  • アクセルもブレーキも㎜単位か1㎝単位で右足の踏む力を感知している、

 

それら感覚と緻密なコントロール感覚が安心感となっている、不安心や恐怖を起こさせない、個人的にはそう感じました。

 

一度でもベンツを運転すれば安心&安全な感覚を体が覚えてしまい、次の車もベンツとなる人が多い、そうベンツ営業マンにも言われました。

 

現実に、ベンツ含め何台ものドイツ車に乗る体質に変化していった私でした。

ベンツの耐用年数は壊れるまで!

日本車の耐用年数7年で価値ゼロとされ、10年経過なら完全ゼロ円でしょうか!?

 

ベンツは壊れない&いつまでも簡単な修理で走り続けられるので、耐用年数があるようで無い、そうご理解下さい。

 

ドイツのタクシーにベンツが多い理由は、50万キロどころか80万キロなど普通に走れるからです。

 

日本のタクシーも廃車走行距離70万キロ前後ですが、それは走れなくなったのではなく車内規定での廃車にすぎません。

 

つまり日本車、ドイツ車、アメリカ車でもメンテナンス次第で何十万キロでも問題なく走るんです。

 

それでもベンツをおススメする理由は、非常に高い高速走行性能と安全性能の両方を兼ね備えているからです。

 

さらに、高速走行性能+安全性能=疲れない運転、その方程式です。

 

そんなベンツでも中古なら新車保証期間3年経過、延長保証2年も過ぎていたら高額実費修理しかないのでしょうか?

 

⇒ 安心安全なガリバーで新車保証期間内の中古ベンツを確認してみる【検索&利用無料】

 

大丈夫です、もし新車保証期間過ぎていても激安修理の方法があります。

 

新車保証期間内であれば同手続き方法をお読みください。

 

 

次は輸入車の激安修理方法です。

民間整備工場利用とパーツ輸入で激安修理になる

万が一の故障では、ディーラーの高い修理代(部品が特に高い)に驚いてしまうかもしれません。

 

それでもベンツは滅多に故障しません、特に2006年以降のモデルはそうです。※ディーラーから聞きました。

 

現実に私のベンツでは電動トランクとサンルーフセンサーを調整してもらっただけでした。

 

それでも、万が一の故障となればこんな方法を使ってください。※経験済

 

ディーラー見積もりをしてもらった後に、町の整備工場でも見てもらってください。

 

か・な・ら・ず・整備工場の値段が安くなっています。※数割は安い

 

そんな整備工にはベンツが得意、BMW得意などネットに宣伝あるのをご覧になったことありませんか?

 

ベンツが得意の整備工場なら修理費用も必ず安くなっています。※ディーラー比較において

 

もっと安く修理させる方法もあります。

 

整備工場にお願いして修理に使う部品名と部品番号を教えてもらってください。

 

高価な部品を個人輸入したい」、そう整備工場に伝えれば事情を察してくれます。

 

アナタはauto parts」とネット検索し、イギリス、ドイツ、アメリカのオートパーツショップから個人輸入するだけでOK。

 

ほとんどのオートパーツサイトはこんな順番で部品検索&注文します。

 

メーカー名

車種名

年式&モデル

どのカテゴリーの部品か選ぶ(整備工場で教わった部分名&品番入力もできる)

カテゴリーからさらに詳細に選ぶ

クリックしてカートに入れる

クレジットカードで決済

日本の届け先入力&輸送方法を選ぶ(EMS、DHL、FeDEX等々)

 

以上は、私でもできたので誰にでもやれます!

 

でも&しかし、ムズカシイのであれば整備工場にお願いしてもやってくれる可能性大です。

 

まぁあ、その場合は菓子折りかもしれませんが!?

 

万が一の車修理部品を個人輸入すれば、ベンツをもっと気楽に楽しめるのは間違いナイ、そうなります。

 

次は、ベンツと日本車の決定的な違いを知ってください。

あきのこないデザインの不思議さとは?

ベンツデザインに飽きがこない事実はヨーロッパ、日本、アメリカで共通です。

 

それはベンツが何回モデルチェンジしても、古い&新しいをあまり感じられないからです。

 

良く言われる言葉に「ベンツはベンツ」がありますが、全くその通りです。

 

レスサスなど日本車がモデルチェンジしたら、古い新しいを強く感じてまうのは何故なんでしょうか?

 

日本車にはその感覚か認識があるからこそ、ついつい新しい車に乗りかえてしまうのかもしれません。

 

お隣さんや友人が新車にしたから、こちらも新車にしなくてはなどあるでしょう。

 

もしベンツにそれを感じないとすれば、ベンツはそこまで考え抜かれてデザインされた車、そう仮定できる、若しくは定義できます

 

そんな新旧モデルを感じない&感じにくいベンツなら10年、15年でも1台を乗り続けられます、ドイツ人のように。

 

1台に長く乗れるなら、満足できるのなら、買い替えない、安い車コストで人生を過ごせる、その論理になります。

 

つまり、ベンツならお得なんです。

 

⇒ 日本最大のガリバーで長く乗れてお得なベンツを長期保証付で探してみる【検索&利用無料】

 

お待たせしましたが、やっと中古ベンツの使い道、法人編スタートです。

【中古ベンツの使い道】法人編

使い道1つ目は法人で4年落ちベンツを購入することです。

 

厳密には3年と10カ月経過している中古車を購入すれば経費として1年で全額が落とせる、会計処理できる、そうなるのでお得です。

 

購入価格280万円を1年で経費として落とせればとても助かる、色んな意味でそう感じませんか?

 

もちろん、ベンツに限らずどんなメーカーであっても同じ耐用年数計算となります。

 

そんな法人購入する中古ベンツの使い道は経費もですが、仕事には全く使わず主にプライベート利用が多い様です。

 

どうしてプライベートにベンツかと言えば、安全、安心、怖くなーーーい、だからそうなります。

 

事故でも被害軽減される、それは決してイメージではなく法人仲間や自営業者同士で何十年間も言われ続けている、そう信じられている、だからです。

 

会社経営であれば、万が一を強く考えるからベンツ、中古4年落ちなら1年で全て経費で落とせる、でした。

 

次の項目から個人使用、安い価格の理由、本当の安全性、そしてベンツを運転する精神的作用(少し大げさかも)を順番にご説します。

【中古ベンツの使い道】個人編

使い道2つ目は独身や家庭を持ったアナタが、国産車より安全なカーライフを安いコストで過ごせる究極兵器としてのベンツ、そのお話です。

 

ベンツの売れ筋は大量輸入されている小型、中型車ですが売れていません、売れ残っています。

 

だからベンツレンタカーが開始されました。※利用料金が高過ぎますが、、、

 

レンタカー以前に、ディーラーは売れ残った新車を仕方なく登記して未使用車(中古車)にしています。

 

そんな未使用車を全国のオートオークションに大量投入している、そんな現実があります。

 

長引く経済不況により、そうぜざるを得ない、それが2020年の現実です。

 

新車400万円が1年落ちで300万円以下、2年で半額以下、3年では150万円台そんな感じかもしれません。

 

国産の中古車(未使用車含む)であれば輸出含めなど多くの販路あっても、輸入通関したベンツが売れ残ってもドイツには戻せません、中古車輸出もできません。

 

従って、こうなります。

 

  1. 国産車より早く確実に輸入車在庫を片付けるしかない、
  2. とても早いスピードで在庫車を動かす必要がある、
  3. 現金化する必要がある、

 

それら原因により、急激とも言える輸入車の価格下落となります。

 

しかし、新車や中古車に関係なく、ベンツの安全性&走行性能は国産車をはるかに上回っている、それを次でお伝えします。

 

そんなベンツは新車購入してはダメです。

 

理由は、2年少しすれば半額近くになることもある、だからです。

 

4年~5年落ちなら1/3 程度の価格となり買いやすいのは間違いありません。

 

⇒ ベンツのモデル、年式、走行距離比較で最安値の中古車を確認してみる【検索&利用無料】

 

まとめ前に、中古購入したベンツをどこでどうケアしてもらうか、それをお伝えします。

ベンツのメンテはディーラーか中古車店か?

確かに車検や整備は民間整備工場が安い、とても安い、それは確かです。

 

でも&しかし、中古ベンツをどこで購入しようとディーラーで定期点検&整備をお願いした方が良いかもしれません。

 

ディーラーにはこんな使い方があります。

 

  1. 良い状態の中古ベンツを安く購入できたとしても、万が一の完全整備をする
  2. 可能であれば、ディーラーで完全整備をお願いする
  3. ディーラーと付き合いが始まると毎年の定期点検を受けることを勧められる
  4. ベンツをいつまでも安全に乗るには定期点検があると安心になる
  5. 万が一の修理あれば、ディーラーと民間整備工場で安い見積もりの方を使う

 

まあ、私がそうしているからと言って、アナタに強制はしませんが!?

 

ディーラーでなくても、ベンツ得意の整備工場なら安心です。

 

どちらにしろ、信頼できる整備先を見つければ安心となります。

 

では、まとめです。

型落ちのベンツはお得なのか?:まとめ

私も周りの人達からも、ここ10年位のベンツ、BMW、ワーゲン、アウディで故障らしい話はほとんど聞きません。

 

従って安全、安心、故障知らずで乗り続けることができる、そう考えます。※2006年以降のモデル

 

ネット記事には外車は故障がつきもの、そんな書込みもありますが疑問です。

 

もしかしたら作り話で面白可笑しく書いているだけかもしれません。

 

私の記事は個人の経験、知識、感覚で書いたのでご安心ください。※感覚部分は個人の感想と考えて構いません。

 

アナタが「これわっ」、そう思えるベンツに出会えることを願っています。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

【車の買い方【119番】】でまたお会いしましょう。

関連記事⇒ 「値下がり率の高い外車での損しない購入方法」

関連記事⇒「運転しやすい左ハンドル車なら損をしない」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー