もうハイブリッド車は死語になりつつあり、今はEV(電気自動車)とPHV(PHEV)に置き換わりつつあるのをご存知でしたか?

 

実際、2017年米国カリフォルニア州の排ガス規制ではハイブリッドカーがエコカー分類から外される、そんな速さで進んでます。

 

少し意地悪な言い方をすれば、あんなに古い車が多いカリフォルニアだからこそ、そんなキビシイ排ガス規制をする、、そう考えてしまいます、ハイ。

 

じゃはEVは直ぐに買った方が良いのでしょうか?

 

答えをお伝えします!

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

EVをまだ買ってはダメな理由

EVそしてガソリンで発電するPHV(PHEV)は値段も高く、国の補助金があっても数年間は保持しなければなりません。

 

価格と充電場所&時間の問題を考えれば、今すぐ購入してはダメです。

 

じゃあ買うのはいつか? それも含め考えて行きましょう。

充電方法と場所に問題がある

充電ステーションは新設され続けているとは聞きますが、最短でも30分もかかるので、ガソリン車の5分以内満タンとは大違い、そうとしか表現できません。

 

そんな充電方法と場所をご覧下さい。

充電方法充電場所充電時間&%
100V / 6A自宅(工事不要)14時間(100%)
200V / 16A公共場所
(工事必要)
2時間30分(100%)
急速充電専用充電施設30分(80%)

 

やはり充電時間が長すぎる、そう感じませんか?

 

EVで遠くに出かければ、行く先々での急速充電スタンドをナビで事前登録しておく必要がありそうです。

 

PHV / PHEVなら、EVとハイブリッド車の両方を備えているので、60キロ程の電気走行を終えそうになればガソリンを消費してハイブリッドで走れます。

 

もう1つはガソリンで電気を発電しバッテリー充電をすることでEVとしても走行可能なので便利なんです。

 

2017年9月時点では電気自動車よりもPHV/PHEV(プリウスPHV / アウトランダ―PHEV)の方が使いやすい、安心に感じてしまうのはアナタだけではありません。

 

しかし、ガソリンを一切使わずに電気走行だけなら、燃料費?は1キロで数円かもしれません。

充電施設不足と充電時間問題とは

充電施設が少ない、充電時間が長い、そして高速で走れば走るほどに電気が急激に減る現実。

 

高速を直ぐに降りて充電施設に辿り着いたら5人も並んでいた!

 

どうしますか?

 

1人に30分としても自分が充電完了するまで3時間も・・・。

 

さらにナビで充電施設の事前検索をしてあっても、みんな同じ行動を取る、特に行楽シーズンなら。

 

やはり充電に長蛇の列、スケジュールどころではありません。

 

アナタならどうしますか?

 

私ならEVはパスです。

高額な車両価格と燃費を比較

EVやPHV/PHEVに使う電気代金は無料ではありません。

 

トヨタ急速充電器利用なら16.2円/ 分なので20分充電では32円、、安いですね・・・。

 

それが自宅なら10円以下で満充電ですが14時間必要・・・。

 

しかし、価格300万円〜400万円台のEVやPHV/PHEV車は高価です。

 

ガソリン代金と電気代金のプラスマイナスも含めても高過ぎる、そう考えるのはN-WGN愛車の私だけでしょうか?

 

中古軽自動車を70万円で購入し、燃費15キロ/ リッター(@¥145)で10万キロ走行しても総額ガソリン代金は90万円、その方法は得であっても環境問題を軽視している考えなのでしょうか?

EV・PHV充電問題解決法とは

やはり現在の充電池&充電器では時間が掛かりすぎます。

 

ここ数年内でワイヤレス給電(コードを使わない充電)と対応する充電池が登場しそうなのをご存知ですか?

 

トヨタ、三菱、IHI(石川島播磨重工業)、TDKが、あの有名な二コラ・テスラの電気を飛ばす技術である電磁誘導理論を研究する会社と共同開発中であり、2019年、2020年にはワイヤレス給電ステーションの世界展開を開始します。

 

そうなる頃にはワイヤレス給電だけでなく、新しい記憶システムの大容量充電池や超短時間充電さえ可能になるかもしれません。

 

電池理論は100年以上も基本的に変わって来ませんでしたが、1900年代初頭に電磁誘導(ワイヤレス送電)の大規模実験に成功し、エジソンよりも天才と言われた人の理論が100年以上経った現代に実用化されるのは驚きとしかいえません。

 

ここまでEV問題をお伝えしましたが、どれも解決には数年以上も必要です。

 

そうならEV購入は今ではないと考えます。

EV&PHVの充電問題まとめ

電池と充電システムはここ数年で加速的進歩をする、それを端的に現しているのが「ワイヤレス給電」とそれの基となった「電磁誘導理論」です。

 

もし、この今が新しい充電地と充電システムの最終研究段階だとすれば、TV宣伝の車達は数年もすれば時代遅れにかるかもしれません。

 

そこで私はEVやPHVは少し様子見?、そう考えてます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー