フォルクスワーゲン人気の理由【買ってはいけない?は嘘なのか】:サムネイル

フォルクスワーゲンが売れなくなったのはディーゼル排ガスデータねつ造問題の少し前からそうでした。

 

とても真っ直ぐ走る、安定したコーナリング性能、丈夫、故障知らず、価格も輸入車と性能からすれば高くない!※個人の意見含む

 

何故なんでしょうか?

 

調べるとフォルクスワーゲンは利幅が小さい、売上に対する利益がとても小さい会社なのが分かりました。

 

しかし大企業であり、ディーゼル不正では北米含め10兆円を超える罰金を払っています。

 

日本で利幅が高い車メーカーはトヨタやスバルが良く言われていますが、あまりそそられません(笑)

 

フォルクスワーゲンが気になっているアナタへ書かせて下さい。
※ここからフォルクスワーゲン=VWと明記します。

 

ゴルフGTIを数年間ほど所有した経験も併せてお伝えします。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

フォルクスワーゲン不人気と車の性能はベツモノだった

VWとポルシェの基本技術共有や両社間での部品供給は長年続いているのに、VW人気はイマイチです。

 

VWはアウディ、ランボルギーニ、ベントレー、そして一番長い取引先ポルシェを傘下に持つヨーロッパ最大の会社なのはあまり知られていません。

 

従ってVW性能はポルシェ並みなのは確かです。※個人のGTI所有とボルシェ試乗経験より

 

性能が良くてもデザインはドイツ人好み、少し田舎くさい、それはアナタや私が感じている通りかもしれませんね?

 

VWはポルシェやアウディを参加に持つ超巨大企業なのに、ポルシェやアウディよりはるかに利幅が小さい、利益率が低い、そう言われるのは何故でしょうか?

高品質薄利多売の考え方で車づくり

理由は、車一台の販売価格と利益が小さいのに対して開発費が巨額、そう昔に聞きました、それもポルシェ・ジャパンの関係者に。

 

VWは数を売らないといけない会社、利幅が小さい会社なんです。

 

それに対して傘下のポルシェは高級車を少なく売るこで高い利幅を取っています。

 

つまりVWを頂点として傘下のポルシェ、アウディの商品特性を使いながら上手に儲けている、そう言えます。

 

VWの大株主がポルシェ一族なので、基本技術は同じでも、それを突き詰めたのがポルシェ、そして汎用化など大衆向けにしたのがVWとなります。

 

ポルシェへ技術供与までできる高性能VWの人気が低い、だから買わないならモッタイナイ、そう思いませんか?

VWを買う理由を見つけた

VWのGTIに乗っていた4年前の感想ですが、参考になると思います。

 

  • とても高いボディ剛性
  • とても高い直進安定性
  • コーナリング性能は特筆モノ(XDS装着車)
  • 様々な運転モードを補助する「アダプティブシャシーコントロール“DCC”」
  • 速度が上がる度にボディーが低く地面に吸い着く感覚
  • 強く良く効くブレーキ
  • 高速安定性能の高さはスゴイ!
  • 硬めの足回りでも後部座席は快適
  • 全ての路面状況を感じられる高性能サスペンション
  • スピードを上げる度に重くなるハンドルの安心感
  • 燃費は悪かった(6年前のGTIでは)

 

これら装備にオプションが入っていても基本シャーシ性能はノーマルもGTIも同じです。

 

そんなVWはポルシェ911と同じ様な走りをするのには驚くしかありません(加速性能とトップスピード除き)。

 

昔プロレーサーのポルシェ911で首都高ドライブに付き合いましたが、VW GTIはそれに似ていました、同じ臭いを感じたのを今でも覚えています。

 

VWは過去も現在もポルシェのカイエン、マカン、そしてアウディにもエンジン供給をしているそれがVWの性能を示しています。

 

しかしポルシェやアウディからの部品供給は無い様なので、VWが多くの車種に関わる基本設計をしている、そう考えられます。

通常走行スピードで分かる安全性とは?

この内容も体験版なので信頼性があります(笑)

 

ドイツのアウトバーン200km走行は普通のVWゴルフでも見かけます。※アウトバーンの平均走行速度は150キロ前後と聞いています

 

こちらはレンタカーなので、アウトバーン途中で休み休み走っていると何台ものポルシェが止まっていました。

 

グループ走行だっかもしれません。

 

見ると、ほとんどのポルシェボディやフロンガラスにポツポツ跡を発見。

 

そこには本当に小さい小石がめり込んでいました(少し驚く)。

 

直ぐに分かったのは、200Kmやそれ以上の高速走行で小石が当たればこうなるんだ、、でした。

 

日本で速く走っても、中々こうはなりません。

 

つまりドイツ車は日本車よりはるかに過酷な状況高速走行で30万キロ、50万キロと走れる車安全性&耐久性の高い車を作っている、それが分かった経験でした。

ゴルフとA3は同じ車だった

VW(フォルクスワーゲン)傘下にアウディ社があります。

 

そんなゴルフとA3は部品共通化を大幅に行っていて、デザインは違っても基本性能は良く似ています、ほとんど同じ車です。
※個人的にゴルフGTI、A4セダン、RS4アヴァントの3台所有していた経験からのコメントです

 

ゴルフよりアウディが高級車に位置しますが、それは同一資本のVWグループが行う販売戦略です。

 

VWは大衆車と位置づけされていても、そこに使われている共通部品や技術ノウハウはアウディ、ポルシェとも共通です。

 

そんなスーパーな技術で生産されているVWのターゲットは一般層で安い販売価格であっても超高性能である、そうなります。

 

つまり数百万円で買えるVWってすごいんです!

やっぱりVWはスゴイ

VWデザインはそこそこでも多くの面で日本車より優れている、それが私の意見です。

 

  • 設計デザインも、
  • 使用する鋼材など全素材レベルも、
  • フロントピラー(Aピラー)を強固にする内部のらせん状スティール補強材、
  • とても高いボディ剛性が万が一でも守ってくれる、
  • 細かい路面状況を感じられるサスペンションの繊細な動き、
  • 高速コーナリングの高い安定性能、

 

スーパーなんです、、全てが。

 

VWだけに限らずドイツ車には共通な秘密があるんです。

 

それはVW、アウディ、ベンツ、BMWどこもシャーシ&ボディ性能がとても高いこと。

 

全メーカーともノーマルとチューン車で同じシャーシ&ボディを共用していることなんです。

 

チューンされたゴルフGTIやR、アウディSやRS、ベンツAMG、BMWのM、それらシャーシ&ボディはノーマル車と同じモノが使われています。

 

ノーマルとチューン車が同じ基本構造なんて、日本車やアメ車では絶対にあり得ません。

 

真面目にそう感じます。

 

そうコメントできる証拠は、個人でベンツ、アウディ、BMW、VW、アメ車、日本車など15台以上も乗り継いできたからです。※ポルシェは試乗経験のみ

 

⇒VWの中古価格を確認してみる【利用無料】

 

ここまでVWの良い面ばかりお伝えしてきましたが、最後にデメリットをお伝えして終わります!?

VWの整備費用に問題あり

VWふくめ輸入車全てに言えるのは定期点検費用が高い、もしもの修理費用がとても高いことです。

 

新車購入なら3年間は新車保証で問題ありません。

 

問題は4年や5年落ち以降の整備費用にどう対処するかです。

 

個人的に輸入車維持(車検ふくむ)&整備にはこうしてきました。

 

  1. 輸入中古車購入ではディーラーと民間整備工場の両方で見積もりを取る
  2. どちらから安い方で面倒を見てもらう

 

それ以上にコストダウンするにはこうします。

 

  • 見積書中で優先順の高いモノだけ整備&交換部品をしてもらう
  • 見積書で高額部品あれば、中古品を使ってもらう

 

上記は私がしてきたコストダウン方法です。

 

じつはもっと激安にする方法があります。

民間整備工場とパーツ輸入で激安修理

町中にある整備工場にはVW得意など明記するところが必ずあります。

 

ディーラー見積もりをしてもらった後に、そんな町の整備工場でも見てもらってください。

 

か・な・ら・ず・整備工場の値段が安くなっています。※数割以上も安い

 

それを更に安く修理させる方法もあります。

 

整備工場にお願いして修理に使う部品名と部品番号を教えてもらってください。

高価なパーツを輸入するべし!

「高価な部品を個人輸入したい」、そう整備工場に伝えれば事情を察してくれます。

 

アナタは「auto parts」とネット検索し、イギリス、ドイツ、アメリカのオートパーツショップから個人輸入するだけでOK。

 

ほとんどのオートパーツサイトはこんな順番で部品検索&注文します。

 

メーカー名

車種名

年式&モデル

どのカテゴリーの部品か選ぶ(整備工場で教わった部分名&品番入力もできる)

カテゴリーからさらに詳細に選ぶ

クリックしてカートに入れる

クレジットカードで決済

日本の届け先入力&輸送方法を選ぶ(EMS、DHL、FeDEX等々)

 

私でもできたので誰にでもやれます!

 

でも&しかし、ムズカシイのであれば整備工場にお願いしてもやってくれる可能性大です。

 

まぁあ、その場合は菓子折りかもしれません。

 

万が一の車修理部品を個人輸入すれば、VWをもっと気楽に楽しめるのは間違いナイ!です。

VW人気が出始めた理由まとめ

個人的にアウディで2回ほど事故をしても、ほとんど無傷でした。

 

歩道に乗り上げても、スティールフェンス数枚倒してもです。※日本での経験

 

ドイツのアウトバーンでもVWレンタカーを200キロ走行させました。

 

ドイツで初めての!?200キロ走行で少し手に汗でも、ほとんど怖くありませんでした。

 

昔の先輩たちに言われた言葉に「死にたくなければドイツ車に乗れ」、そういわれた記憶があります。

 

VWはリッターカーなので軽より維持コストはかかりますが 、同じ排気量の日本車と比べれば20%やもっと強いパワーと安心を感じられます。

 

それはドライバーにとって最高&最善な性能である、それを結論とさせてください。

 

関連記事GTIには、もっと経験談があります。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(かんたん車査定ガイドアンケートより)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー