35歳で車を「買う・買わない」節約できるお金:サムネイル

車は好きで持っているけど、週末にしか乗らない、、仕事が入れば週末も乗れない、、そうではありませんか?

 

このデータをご覧下さい。※日本モビリティ・マネジメント資料より

車サイズ1日平均コスト1年間平均コスト
小型車(1,000㏄)1,500〜2,000円55〜75万円
中型車〜大型車3,000〜5,000円100〜185万円

 

車両代金、保険、税金、駐車場、ガソリン、車検、オイル&タイヤ交換などメンテ費用他の年間平均支出がこれです。

 

車にガソリンを入れるだけで便利にどこへでも行けると思っていたら、現実はとても高いコストを車に使っていたことが分かります。

 

車を持たなくて良いのなら毎月5万円〜15万円も使えるお金が増える、貯められる、そんな事実は誰も知りませんでした。

 

もし車を持たない、手放したとしたらどんなメリット&デメリットがあるのかを考えて行きましょう。

都市部と郊外では車価値が大きく違う

都市部であれば電車、市電、バス、タクシーなど便利な交通機関があり、車を持たなくても生活上の不便さはほぼ感じません

 

都市部なら公共交通の利用以前に買い物は徒歩圏内、悪天候や少し離れた場所へもタクシーでワンメーターでしょう。

 

郊外であれば近くに商店街がない、品物が揃わなければ車で郊外型スーパーへ行くしかありません。

 

従って、車を手放せる可能性があるのは都市部にお住いのアナタに限定されます。

 

次ぎに、都市部と郊外比較での車維持費を考えていきましょう。

都市部と郊外の車維持コスト比較

車維持コスト最大のモノはお金ですが、時間も同様に考えています。

 

都市部と郊外の広い意味で車維持コストを比較しました。

車維持コスト都市部郊外
税金&メンテ費用同じ同じ
駐車場高い安い
走行距離短い長い
移動時間短い長い
移動距離短い長い
ガソリン消費少ない多い
公共交通利用頻度高い少ない
同利用金額多い少ない

 

上記項目に同意する&しないあるかもしれませんが、注目は「移動時間」です。

 

都市部は移動距離が短かく、郊外は長めなので移動時間も同様にしました。

 

しかし都市部の周辺道路渋滞を考慮すると移動時間は逆に長くなってしまいます。

 

と言うことは、都市部ほど車の有効活用をできない、その可能性が見えてきます。

 

いつも家で言われるのは「歩いて10分以内なのに、車渋滞で40分なんてあり得ない」です、、、

 

そんな時は私は悪くない、そう言いたいとこなんですが・・・

 

週末の渋滞、そして平日では5日、10日などの五十日(ごとうび)もですね。

 

車維持コストにはモノ、お金、時間が含まれる、そう書いてきました。

 

実はもう1つあるんです。

 

それは精神的コストです。

車所有での精神的コストとは何か?

車は便利でも、それにかかるお金や時間以外に精神的コストを支払わなければなりません。

 

精神的コストとは、万が一の事故による訴訟など精神的苦痛車同士のトラブルイタズラ被害盗難などなど。

 

車さえ無ければ、そん(損?)な目に遭うこともありません!

 

車が無ければ車ローンや維持費、税金の出費もありません、、だからお金が貯まります。

 

車が無ければモノや人が絡むトラブルに巻き込まれません、、楽です。

 

車を持たなければお金を使わない&貯まる、精神的に楽になる、、とてもイイなぁあと感じました。

 

個人の話ですが、車が無ければ楽であっても、趣味のロードバイクを続けられない、従って中古N-WGNを数年前に買いました。

車所有での金銭的コストはどの位?

車は家に次いで人生で2番目に高い買い物です。

 

それなのに新車購入翌日から中古車と呼ばれどんどん値下がる、、10年経過、7万キロ以上走行などなどで評価0円等!?

 

300万円新車の値下がり例;

経過年数値下がり率中古車価格
1年300万円 x 20% =60万円240万円
2年240万円 x 20% =48万円192万円
3年192万円 x 20% =38万円154万円
4年154万円 x 20% =31万円123万円
5年123万円 x 30% =37万円86万円
6年86万円 x 40% = 34万円52万円
7年52万円 x 50% = 21万円26万円

これは値下がりの一例ですが、ひどすぎます。

 

新車購入3年経過で約半額かそれ以下になり、7〜8年過ぎてコンディション悪ければゼロ円もあります。

 

しかし、2019年10月では、もっと車需要が落ち込んでいて1年で30〜40%ダウン、2年少しで50%もあると外車ディーラーから聞きました。

 

そして、2020年6月であれば、新型コロナの影響もあり、もっと早い値下がり率で進行中となっています。

 

車所有で感じる便利さ愛着など車への価値は日増しに上がっても、値段は逆に下がる(加速的に)、、、

 

それが当たり前だとしても少し不思議、違和感を覚えてしまいます。

 

家購入でも10年経過すれば建物は評価0となり土地だけの価値となってしまいますが、それでも土地に値段は付きます。

 

車だけ10年も待たず評価0は差別だ、、、こんな良く走ってくれるのに、役立ってくれるのに、です。

 

でも&しかし、10年選手の中古車価格がゼロになるのは日本市場の中だけであり、海外へ輸出され再評価を受けている&頑張っています。

 

さて、ここまでは車を買う、買わないはアナタの判断にお任せする内容でしたが、次から少し違います。

今を生きるのがムズカシイ日本

2020年6月現在、世の中は新型コロナ影響以下にあり、日本も世界経済も激変している、ノックアウトに近い状態です。

 

アナタが正社員でも非正規でも、この年末までにこれら可能性大と考えます。※人材会社経営の友人コメントより

 

正社員の場合;

 

  • 在宅ワークの期間に会社はの仕事能力の効果測定を実施している
  • 効果測定の結果により、人事異動、減給、希望退職者募集、など実行される
  • 最悪の場合は失業する、そして再就職がとてもムズカシイなど

 

非正規社員の場合;

 

  • 次の契約更新がなされない可能性が高い
  • 非正規のままでは新しい仕事を見つけられない可能性がある
  • 再就職がとてもムズカシクなる

 

どうしてそうなるかと言えば、昔から続く日本の出生率低下、それによる人口減少、経済含め様々な需要低下、低賃金、25年近く賃金が上がっていない、だからそうなります。

 

新型コロナ発生前までは、日本の現状をアバウトながらも認識していた社会そして会社でしたが、今回の新型コロナが全てを見直す機会、ガラガラポンするタイミング、そうなっている、それが今です。

 

これが日本以外の国々なら、人口増加、職種の多様化、賃金上昇(例:アメリカの時給平均は約25ドル+)、そうなっています、だから生きられます。

 

では、生きるのがムズカシイ日本なら、何をどうすれば良いのか?、です。

車でも何でも使って自営業になるしかない!

昔からそんな生きるのがムズカシイ人達とコンタクトを続けていた自分には分かることがあります。

 

世の中には「人を雇用する側=会社など」「雇用される側の人=サラリーマンなど」の二種類しか存在しません、そのことをです。

 

じゃあ、サラリーマンや非正規で生きるのが難しかったり、解雇されたりあれば自営業すれば良いんじゃないか、そう考え多くの人達にアドバスや協力もしてきましたが、ほぼ全てアウトでした。

 

そんな人達の多くは、私や仲間のアドバイスに答えて、こう言いました。

 

自分で何をどうして良いのか分からない」、、、

 

あれーーっ、そうなんだ?

 

サラリーマンは自分1人で何をどうして良いか分からない、だから大切な貯金や退職金迄使ってコンビニ経営なんだ、でした。

 

そんなコンビニ経営でも、結局はコンビニ本部が全て用意してくれる、そして店長の手取り27万円前後(全国平均)、それってサラリーマンと何も変わりません。

 

でも&しかし、独り生きるには「強い決断と実行力」が必要になる、そう考えます。

 

私の知っている人達は車でも何でも使って自営業をしています。

 

人がやらない若しくは気付かないこと、やりたがらないことで自営業できています。

 

そんな仕事は人間が生きる上で必要なこと、どうしても誰かに頼みたいこと、だからどんな経済状態であっても安定した需要がある、そうなります。

 

ちなみに、それら仕事では移動や荷物搬送目的で車は大切なパートナー、そうなります。

 

⇒ 2020年3月比較で15~20%も値下がりしている中古車を確認してみる【検索&利用無料】

 

まとめ前に、もう少しお伝えしたいことがあります。

車が命のメキシコ人達とは?

他の記事にも書きましたが、少しメキシコの話をさせて下さい。※昔の話です。

 

50年以上も前から、アメリカに不法入国して来る多くのメキシコ人達、、、

 

自国がとても貧しい、だからマフィアなどブローカーに大金を払って監視の薄そうな川を渡りアメリカへ不法入国する。

 

運よく国境警備隊にも捕まらずアメリカにたどり着いたとしても、着の身着のままでヒッチハイクで近くの町へ。

 

メキシコ人はアメリカ人から差別されている、だから、もし仕事に有り付けてもキツクて低賃金のモノばかり。

 

でも、やるしかない!

 

そうしなければメキシコに残した家族も親せきも食べれない、生きられない、借金も返せない。

 

そんな借金は不法入国アレンジしたマフィアへ支払うお金、もし返せなければ大変なことになる。

 

初めはどこか野外で過ごし、給料(週給制)が入ったら同じメキシコ人のアパートでいそうろう、そうしながら数か月や半年もしたらお金が少し貯まり中古車購入へ!

 

そこまでなれば、後は車に乗って給料が少しでも良い仕事場へ通えるようになる、アパートも借りられる様になる、です。

 

だから、不法入国するメキシコ人達には車がなによりも大切なんです。

 

それって、日本で自営業する人達と重なる部分がある、そう思いませんか?

 

この日本でも、万が一に生活が苦しくなれば、失業すれば、そして再就職がムズカシイのであれば、独りいろいろ頑張るしかありません。

 

35歳など若いアナタなら、独り何でもできる、そのエネルギーがある、そう考えます。

 

では、まとめです。

35歳で車を「買う・買わない!?」節約できるお金とは何か?:まとめ

35歳で独身、既婚であろうと生活に便利な地域に住んでさえいれば、車が不要になり、精神的リラックスが得られると考えます。

 

でも&しかし、2020年はそうも言ってられなくなりました。

 

そうであっても、ご自身で何かしようとすれば必ず壁にぶち当たる、もしくは少し進むとT字路や三差路が目の前に出現する。

 

アナタはどちらに進もうか迷ってしまう、それは誰であってもそうなります、そんなもんなんです。

 

従って、ご自身が少しでも可能性あると感じる道、良いと思う方向へ進む、それを何回も繰り返す、それしかありません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー