若者の車離れと原因【良いこと・悪いこと】:サムネイル

若者が車購入をしないどころか、免許取得率もどんどん下がっています。

 

記事はそんな若者に読んで欲しいのですが、車に興味ない若者が「車の買い方【119番】」を訪れる可能性は確率論なのを分かっても書かせて下さい。

 

そんな車に触れる第一段階である東京の免許取得率は、ここ20年間で10%低下しているデータも見つけました。

 

⇒関連記事「車維持費を究極にまで下げる方法!」

 

⇒関連記事「安い中古車の価値は車検残存期間にある」

 

読み時間は計測で1分以内です。

若者の車離れ原因を考えました

日本のサラリーマン年収は約30年近くほぼ固定され、もし上がっていても少しだけ、さらに終身雇用制度の崩壊も進行中。

 

もっと正直に言えば、若い人達が給料から天引きされている年金料では将来の年金は出ません。

 

さらに消費税、所得税は上がり、年金は出ない、物価上昇は小さいと言われても商品材料劣化&容量減少など実質値上げが続いている。

 

そんな中で車は1から8の順番で車の需給変化が起こっています。

 

  1. 新車購入に対して中古車購入比率がどんどん上がっている
  2. 新車購入しても保有期間がどんどん長くなる
  3. 新車購入比率が明らかに減少している
  4. 中古車市場がとても拡大している
  5. 中古車購入しても保有期間がさらに長くなっている
  6. 新車在庫で半年以上、9カ月以上は未使用車として中古市場へ放出
  7. 市場での中古車占有&販売率がもっと高くなっている
  8. 新型コロナで更にさらに新車及び中古車需要が激減中!

 

これら市場変化は経済不況要因中心ですが、同時にこのような若者達の行動変化が加わっています。

 

  1. 年を追うごとにコミニュケーションツールとしてPCからスマホへのシフトが加速中
  2. スマホゲームやSNSが加速度的に浸透している
  3. 仕事はあっても収入が少ない
  4. 収入の多くを通信費に使う同時に、個人で独り過ごす時間が長くなる
  5. 加えて日本には多種の公共交通機関がるので移動に困らない
  6. 車保有意識も意義も小さくなる&車購入する意味が分からない

 

これらが原因+人口減少+新型コロナで車ビジネス全体がアウトです。

 

でも&しかし、地方に住む若者にとっては車はまだまだ必須アイテムの1つであり、それに変更はありません。

車あればコミニュケーションが広くなる!

都市部でも地方でもお金は大切ですが、同時に時間(=タイミング)も同じ位かもっと大切であると考えます。

 

その大切な時間を最大限に有効&拡大して使うのに車はとても役立つんです。

 

仕事及びコミニュケーション関係では;

 

  • 自宅から遠い会社や交通不便な会社でも、通勤&就職範囲にできる
  • シフト勤務の深夜や早朝でも移動できる
  • 季節や天候要因がどんなにあっても移動が楽にできる
  • 行動&活動地域が広まる=人との出合いが増える
  • 意外な人達とのコミニュケーションが開始され、見識やチャンスが広がる

 

プライベートへの影響では;

 

  • 車という密閉空間で、独りや自分自身100%を感じられる
  • 公共交通機関の運行時間や天候に関係なく好きな時に好きな場所へ移動できる
  • イヤホン無しで好きな曲を大音量で聞ける
  • 知らない場所で星を眺めながらの車中泊!?
  • 家がなくなっても短期間なら小型発電機で生活可能になる
  • 山を越えて、海側をロードバイクで走れる喜び(完全に私見です)
  • 車を操るコントロールする喜びを感じられる
  • などなど

 

いろいろ書きましたが、車さえあれば仕事でもプライベートでも制限が少なくなる=車があれば自由に楽に活動できる、そうお考え下さい。

 

次は、車関係で気になるコストです。

車で自由に活動できる費用はいくら?

車を自分に必要なアイテム&移動可能空間と考えれば、車所有コスト=利用料金、そんな考え方もできるでしょう。

 

アナタが若ければ乗り出し価格で20万円〜99万円程度の中古車を現金か3年以内ローン(ボーナス返済無しで)で選んでください。※長期ローンは生活パータンの変化に対応できないので使ってはダメです。

 

そんな車購入しても、維持費があります。

 

  • 駐車場
  • ガソリン
  • 高速道路使用料
  • 洗車(またに)
  • 1年に1回の自動車税
  • 2年に1回の車検
  • 3年〜4年に1度のタイヤ交換
  • 5,000キロから10,000キロに1回のオイル交換
  • その他

 

上記コストは車種と使用頻度などで大きく変化するので、もし車に興味を持ったなら試算してみてください。

車維持費を計算してみる!

下記1~9が維持費計算に必要な項目です。

 

  1. 自動車税(÷12ケ月)※毎年5月支払
  2. 重量税(÷24カ月)※車検時に支払う
  3. 車検費用(÷24カ月)※新車は÷36カ月
  4. 自賠責保険(÷24カ月)※車検時に支払う
  5. 任意保険(÷12カ月)※毎年の契約更新時に支払う
  6. ガソリン代(月の平均)
  7. 駐車場(毎月分)
  8. タイヤ&オイル交換、バッテリー、その他メンテ必要経費(÷12カ月)
    ※メンテ費用見積もりはカーショップに聞くと便利です。
  9. 洗車に熱心ならシャンプー&ワックスと労務費で月1回=1500円?

 

上記1~9をこうやって計算することで月単位の車維持費が全て判明します!

 

  • 税金や保険の金額を12カ月や24カ月で割れば1カ月分が判明する
  • ガソリンは月平均を想定する
  • 駐車場は毎月に金額
  • 項目8や9のメンテ費用はおおよその月平均
  • 最後に1~9の毎月金額を足せば、毎月の車費用が判明します。

 

車でこんな計算するとは思わなかったのでは?

 

一度すれば、毎月いくら車に使うのかほぼ分かります。

 

更に、ローン購入であrば、毎月の支払いを平均に加算すればOKです。

車所有コストがペイしなければ買わない!

アナタが車を有効に使える状況にあれば購入すれば良い、そう考えてください。

 

昔の様に誰かが持っているから自分も買おう、、そんな必要はありません。

 

現実を見て、アナタに車所有のメリットがあり、精神も充足できるのであれば車購入すれば良い、そんな単純思考で判断してください。

 

少し説明方法が違うかもしれませんが、現在から延長した将来のアナタを意識的に想定すると今とは違うアナタが見えてきます。

 

上記の「車保有でコミニュケーションが広く強くなる」にあるように、車保有することで行動範囲も活動時間もエネルギー放出量も変わってくる、だから違うアナタになる、そう考えます。

2次元の車情報だけならツマラナイ!

デジタル情報のやり取りは面白い、初めての人達と同じ情報を共有できる、知り合える、そう誰もが感じています。

 

そんなやり取りや情報交換は便利で楽しくても、2次元情報は確認できない、触れられない、肌で感じにくい、そう考えています。

 

youtubeで車に乗った気にさせる動画が多くあっても、2次元情報なのでスピード感、風も振動も臭いも何も感じられません、ツマリマセン。

 

そこにはアナタはいません、ガーフルレンドも友達もいません。

 

ヤフーやグーグルは便利でも、人間は3次元からの直接情報や経験を一番多く欲する&必要とする作りになっていています。

 

それが2次元情報だけならばエネルギー不足&ツマリマセン!

 

3次元体験は車がなくてもできますが、アナタ自身の2次元を3次元へ移行開始すれば多くの人達と出会い、知らない場所を訪れ、食べ物を味わい、違う何かを知ることにつながります。

 

親友と呼べる人がいない&少ないアナタに車は役立つ、そうお考えください。

 

それは、友達を作るために役立つではありません。

 

車で移動できれば、誰にも会わずに自分独りで行動できる&過ごす自由な時間を作れるからです。※経験者語る

 

大手中古車販売店を多く集まったサイトではこうなります。

 

⇒ サイト二次元情報で中古車を見て、販売店3次元で車を眺め、触り、試乗して感じてみる(つもり!?)【検索&利用無料】

 

では、まとめです。

若者の車離れの原因:まとめ

私もネットから多くの情報ゲットします。

 

そんな情報の中には手にしてみたい、試したい、欲しい、そう思わせるモノも多数ある、それは確かです。

 

でも&しかし、車を見るだけでは何も感じません、使った気にもなりません。

 

その理由は、車をサイトで見るだけでは、あの質量も、スピード感も、排気ガスの臭いも、高揚感も、便利さも、喜びも、悲しみも!?、何も感じられない、だからです。

 

最近の記事では、コロナの影響で解雇される人達に向けて、車で食べて行くのはどうするのか?

 

それを書きました。

 

車ってスゴイ奴なんです!

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう。

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー