軽トラックを自家用車として普段使い【ファーストカーとしてメリットとは】:サムネイル

軽トラックは本当に面白くて、使い勝手良く、壊れない、とても安い、だからいつの間にか人気がでていました。

 

軽トラックは軽自動車規格で製造されても、こんな高性能で便利な乗り物なんです。

 

  • 小さくても丈夫(補強部品等で頑丈に製造されている)
  • 乗り心地の良さに驚かされる(強化されたサスペンション)
  • 新車価格でも100万円前後、
  • 多くの荷物や宿泊用キャビンも積める、
  • 30万キロどころか50万キロもっと走れる、
  • 2017年、2018年製には誤発進抑制機能など装着、
  • パワステ、パワードアロック、オートマ、エアコン、オーディオ装備

 

もっと便利でスゴイことが沢山ある軽トラック!

 

アナタの知りたかった軽トラック情報全てお伝えしいきます。

 

なぜか中古車選びがうまくいかない理由とは
突然ですが、ネットで中古車を探すと微妙な車って多くないですか?実はこれ、良い車を先に業者に買われていることが原因なんですよ!(だから良い車は高い殿様価格なんです…)
「これでは一般人が太刀打ちできないのか…」といえば、今は部分的に業者と同じことが出来ます!ネットから業者だけが見られる流通前の非公開情報をあなたも知ることが出来ちゃうんです!
「ネットで車を買うの?」と心配になりますが、最長10年保証や返品対応など下手したら実店舗よりも保証が厚いので、すでに中古車の商談をしていても比較したい内容になっています。
一般人が見られる中古車情報は全体の3割と言われています。もしあなたが残り7割の非公開情報を見て車選びをしたいなら、ネットから優良中古車をお得に探してみてくださいね!

非公開車両からの車探しを「スマホから簡単1分」で試してみる【無料】

ズバット車販売バナー

ファーストカーとして使える軽トラック!

昔の軽トラックはマニュアル車のみ、その後の3速AT採用もありましたが、エンジンとミッションをクラッチでつなぐ5速MT車のパワーロスが小さく農家利用が主流でした。

 

今では3速ATに加えて4速AT、そして2014年にはMTとAT両方の利点を持つ5AGSが採用され、軽トラックがさらに乗りやすくなったことも人気要因とされています。

 

5AGSは初めて聞く言葉かもしれませんね?

 

5AGSはオートマ限定免許でも乗れて、クラッチとシフト操作を自動で行う便利な装備なんです。

 

そんな5AGS詳細は、記事中にあるスズキCARRYメーカーホームページで確認ください。

 

軽トラックがファーストカーとして使える、それは軽自動車が徐々に乗用車と同じ装備を持つようになったからです。

 

加えて、誰でも乗りやすいAT普及もその要因とされています。

 

ファーストカーとして使える軽トラック装備内容です。

 

  • エアコン
  • AM/FM付
  • CDプレイヤー
  • パワーウィンドウ
  • パアードアロック
  • パワーステアリング
  • 4速オートや5AGS採用によるオートマ運転
  • 運転席&助手席エアバッグ
  • 自動ブレーキなど安全装置採用開始
  • 4輪ABS(オプション)

 

あとカーナビ付ければ完了です。

 

これが2018年式の軽トラックの姿なんです。※2020年に中古して買える2018年式

 

これで安ければ、相当に使える、そう感じませんか?

軽トラックの税金が一番安い!

軽トラックは2人乗りでも、荷台にはバイク、自転車、家具、もちろん農機具なんでも積めてしまいます。

 

そんな便利な軽トラックでも軽自動車ほど人気がない、それには訳があるんです。

 

その訳は後述するとして、まずは車検や安い税金を先に確認して下さい。

車検の頻度

商用軽トラックなので車検期間が少しだけ自家用と違います。

 

  • 新車購入から2年後に初回車検年(軽トラックは貨物車なので)
  • 2回目から2年ごとの車検※乗用車と同じ

 

自家用新車なら3年後に初車検でも、商用は2年となります。

車検関係費用が一番安い!

自家用貨物での車検
検査手数量1,400円
自動車重量税6,600円
自賠責保険料26,370円
合計34,370円

 

営業用(商用)貨物での車検
検査手数料1,400円
自動車重量税5,200円
自賠責保険料26,370円
合計32,970円

※車検代行には別途手数料がかかります。

毎年の自動車税も一番安い!

自家用貨物5,000円
営業用貨物3,800円

※軽自動車は5ナンバー乗用なので自動車税は10,800円。
※軽トラックは4ナンバー貨物車なので自動車税5,000円。

 

軽トラックでは車検費用、税金どれも安いのが確認できました。

 

次は問題の?任意保険です。

任意保険に必ず入る理由

昔は商用車が加入する任意保険には年齢条件を付けられませんでした、保険値引もありませんでした。

 

現在は年齢条件など普通車と同じ割引が適用されているので、任意保険には必ず加入して下さい。

 

軽トラックを普段の足として使うのであれば農道や私道を走るのとは大きく違うことを理解して下さい。

 

さらに軽トラックはとても頑丈で山道、坂道、細い道などガンガン走破して楽しめるので、万が一の任意保険は乗用車以上に必要であるともいえます。

 

「とても頑丈」の意味は、これらです。

 

  • 乗用に比較して強化されたサスペンション(足回り)
  • 厚く丈夫な鋼材&パーツ
  • 太いビス(乗用比較)

 

だから10年、20年と壊れるまで農家に使われている、中古車数が少ない、そうなります。

 

こんな軽トラックを街中で使えば30年は行けるかもしれません。

 

そんな頑丈な軽トラであっても任意保険ですよ!

 

次は、任意保険加入の理由をお伝えします。

軽トラック安全装置と任意保険の関係とは?

もし自賠責保険にしか加入していなければ数千万程度が補償限界です。

 

その程度の補償金額なら万が一の裁判費用(弁護士費用)で全て消えてしまうでしょう。

 

軽トラックに安全装置があっても、最低限の機能しか付いていません。

 

それもあり、山坂道や高速道路走行の事故では危険が危ない、そう考えます。

 

だからこそ任意保険に加入してください。

 

TVニュースにある高齢者によるアクセルとブレーキ踏み間違い事故なら、莫大な補償金額となる、それは容易に想像できます。

 

交通刑務所の可能性だってあります。

 

それは老若男女問わず発生している事故でもあります。

 

アナタが購入するかもしれない軽トラックに安全装置有っても無くても、任意保険加入をお願いします。

 

それさえあれば運転中も安心でいられます。

任意保険の安い高いを考える

このサイトは任意保険とは無関係でも、もう1つだけお伝えしたことがあります。

 

任意保険加入なら、最低でも3社かそれ以上での見積もりをお勧めします。

 

個人の経験でこんなことがありました。

 

  • ネット型(通販型)保険会社は不要な補償まで含めたセット販売が多く高い
  • 代理店型なら、万が一の事故でも自宅まで来てくれて、細かな対応をしてくれる
  • ネット型(通販型)と代理店型どちらの保険料が安いかは比較でしか分からない

 

TVではネット型の保険が安い&便利なイメージで宣伝していますが、サービスと料金は比較しなくては分かりません。

 

もっと簡単に言えば、「ネットでも高い安いがあり、代理店型でも安い高いがある」、そうなります。

 

あっ、もう1つ使えるアドバイスがあります。

 

JAFには加入しておいてください。

 

理由は、万が一の事故で保険会社手配のレッカーを呼んでも素人が多い、機材レベルが低い等あるからです。

 

JAFなら完璧機材でどんなアクシデントにも対応してくれるプロ、それは間違いありません。※2回経験済

 

次は最新の人気モデルをご紹介します。

一番人気はこの2台しかない!

スズキのキャリーとダイハツのハイゼットがダントツ人気です。

 

こんな車が1台あれば、何でもできてしまう気がするのは何故でしょうか?

 

モデルCARRYHIJET
グレードKCエアコンエクストラ
年式2015年2015年
トランスミッション5AGS4AT
駆動方式2WD4WD
最小回転半径3.6m3.6m
パワーステアリング
パワーウインドウ×
パワードアロック×
AM/FMラジオ×
CD×
新車時価格85万8,000円111万円

※5AGSはオートマ限定免許でも乗れ、クラッチとシフト操作を自動で行います。

 

⇒ スズキ CARRY メーカーホームページ

 

⇒ ダイハツ HIJETメーカーホームページ

キャリーとハイゼットの特徴とは?

キャリーは実用車、男乗り的な車です。

 

ハイゼットは装備内容や乗り降りのしやすさから女性、年配者への配慮がある車です。

 

そんなハイゼットは装備の充実度、便利さ、そして四駆で4速AT車であるのが燃費に影響しているがこの数字です。

 

  • キャリー燃費は16.3Km/ℓ
  • ハイゼット燃費は10.8Km/ℓ

 

この燃費の違いに強く影響しているが各車のトランスミッションなんです。

 

  • キャリーのトランスミッションは5AGS ⇒燃費16.3Km
  • ハイゼットのトランスミッションは4AT  ⇒燃費10.8Km

 

この5AGSはフラットな道&高速道路はATで走り山坂道やいくつもコーナーが連続する道はメーター内に表示されるギヤにシフトすることで高燃費が得られる、それが良い結果となって現われています。

軽トラックが家にあるイメージをしてみる!

独身や夫婦なら、軽トラックはこんなに使えます。

 

今ある車を軽トラックに交換したら、こんなイメージが湧くかもしれません。

 

  • 軽トラックのイメージ通りにレンタルしている畑に行く
  • スコップやクワなど農機具を荷台に投げ入れる
  • 趣味のロードバイクを毛布にくるんで乗せる
  • 公園や川沿いで荷台に寝そべる
  • 簡単な引っ越しに使える
  • 家にある大量の不用品を積んでクリーンセンターへ
  • ホームセンターで買った大物を乗せて家まで運べる
  • 荷台に幌を取りつけてバイトに使う

 

アナタなら使えることがもっと沢山あるかもしれませんね?

 

1つ気づいたのは、車に荷台が有る無しでは使い方も意味も違ってくることです。

 

オープンな荷台があるだけで車用途をどんどん想像できる&増える、そう考えられるからです。

 

安くて便利の極致が軽トラックとすれば、新たな楽しみ方を発見できるのは間違いありません。

 

⇒ 安心安全のガリバーで中古軽トラックをチェックしてみる【利用無料】

軽トラックがアメリカで人気な理由とは?

AUTOCARレポートに「軽トラックがアメリカで人気」、その記事がありました。

 

日本でも小さく見える軽トラをアメリカ大型SUVと比較したら超カ可愛い、そんなミニサイズになります。

 

そんなアメリカで人気なのがスズキ・キャリー、そしてダイハツ・ハイゼットなんです。

 

何故人気なのかと言えば、日本からの中古輸出された軽トラックが意外な場面で使える、だからです。

 

意外な場面とは、街中だけでのちょっとした移動に使える、広大な農地での荷物運びや人の移動に使える、それらです。

 

そして、やはり軽トラックは低燃費で壊れない、それも理由で人気があるとこのレポートでした。

 

ただし、ハイウエイ(国道)やフリーウエイ(高速)では使えません。

 

アメリカならハイウエイだけでなく一般道でも100キロ走行など普通だからです。

 

どうして知っているのかですか?

 

私がアメリカに長く住んでいた経験からです。

 

日本でなら軽はどこでも走れますが、大排気量車が多いアメリカでなら走れる場所限定でしかありません。

 

ただし、アメリカでの軽は目立つ、それは確かです。

 

個人の考えですが、軽は日本だから使える、役に立つ車なんです。

 

話が70年程バックしますが、戦後の日本を復興させるために計画&製造されたのが軽トラだからです。

 

安い車両価格、小さく小回りが利くサイズ、丈夫で壊れない、低燃費、税金も整備費用もパーツも全て安い、だから戦後の経済復興に役立ってくれました。

 

そして、2020年の今でも役立ってくれる、それが軽となります。

 

⇒ 大手中古車サイトでキャリーやハイゼットを確認してみる【検索無料】

 

では、まとめです。

軽トラックを自家用車として普段使い!:まとめ

軽トラックには2人しか乗れなくても、1人や夫婦のファーストカーとして楽しく便利に使えます。

 

セカンドカーであればキャンピングカー用キャビンさえ乗せれば自分の部屋に大変身。

 

荷台に幌を付けるだけでも、用途は大きく増えます。

 

さらにベースがトラックなので20万キロ、30万キロでもガンガン走れる頑丈さ!

 

それが証拠に誰もが長期保有するので中古車数がとても少ない現状です。

 

個人的に軽自動車ワゴンは好きで買いましたが、同じ血筋の軽トラックデザインと用途にもほれ込んでしまいそうです。

 

そんな軽トラックに興味があるのはアナタだけではありません。

 

本日も最後までお読み頂き、本当にありがとうございました。

 

また「車の買い方【119番】」でお会いしましょう!

⇒ 関連記事「軽トラックは乗りつぶせる最強の仲間」

⇒ 関連記事「軽自動車と軽トラックは日本最高の車」

下取りはなぜ安い?平均18万円査定額を上げる方法とは

下取りを依頼して出された査定額にがっかりすることはありませんか?それは下取りを業者任せにすることが高値の査定額が出ない理由です!

実は下取りも相見積もりすることが可能で、平均18万円の査定額アップが期待できます。(ナビクル車査定が2018年12月の実施アンケートより:回答118件)

もしあなたが安い下取り額にうんざりしているならば、必ず相見積もりをして査定額平均18万円アップで損をしないようにしてくださいね。

⇒下取りでも相見積もりをして査定額を平均18万円上げるならこちら【無料】

大手車買取業者一覧

お得な非公開車両の情報をゲットする唯一の方法

あなたは一般の方が見ることが出来る中古車情報は全体の3割程度なのをご存知ですか?

残りの7割は業者しか見ることが出来ない流通段階の車で、良い車は業者によってこの時点で買われてしまうのです…

しかし、今はネットで一般人が見られない非公開車両を見ることが可能になりました!もちろん、全部ではなくその一部ではありますが、良い中古車選びをしたいという方に役立つのは間違いありません!

ネットでありがちな「保証なし」とは無縁で、最長10年保証も付けられるのでアフターフォローも万全ですので、失敗のない中古車選びをしたい方は詳細を確認してください。

⇒一般人に非公開な車両情報も含めてよい中古車探しをするならこちら【無料】

ズバット車販売のバナー